小さな胸を美しく見せる方法

胸が小さいことに問題はないものの、気にしている女性は少なくありません。大きな胸を美しいと捉える風潮があっても、小さな胸を美しく魅惑的に見せることは十分に可能です。まず体に合う下着とトップスを選びましょう。そして、より自信が持てる体の部位と相性の良い形状、色、柄の服を選ぶことで胸元の見た目を良くしましょう。

方法 1 の 8:
胸の小ささを活かす

胸を大きく見せる方法を考える前に、小さな胸を活かした見せ方がないか考えてみましょう。大きな胸には似合わないけれども、胸の小さな女性であれば素敵に着こなせるというスタイルも多々存在ます。

  1. 1
    ストラップレスのトップスで肩を見せる こうしたトップスはブラジャーを着用するとストラップが見えてしまうので着こなしが難しくなります。胸の小さな女性であればノーブラでも大丈夫であることが多いので、この問題も解消されます。あるいは、ストラップレスブラをつけてみるのも良いでしょう。胸が大きな女性がストラップレスブラを着用するとサポート力が足りないと感じられることもありますが、胸が小さければ大丈夫でしょう。
  2. 2
    オープンカットのワンピースを着る オープンカットの入ったワンピースはブラジャーとの相性が良くありません。外から見えてしまう可能性があるためです。同様に、こうしたドレスは胸元を大きく露出するので、胸の大きな女性には着こなしが難しいと言えるでしょう。胸の小さな女性であれば不適切な印象を与えてしまうことを心配する必要もなく、堂々と着て楽しむことができます。
  3. 3
    スカーフやバンダナをトップス代わりに用いる エルメスのスカーフといった大判の正方形のものが特に使いやすいでしょう。胸の小さな女性はスカーフやバンダナも上品に着こなすことができます。胸の大きな女性が同じスタイルに挑戦すると、うっかり胸が「ポロリ」してしまいそうで落ち着かないかもしれません。また、こうした着こなしはブラジャーをつけないことが多いという点も、胸の小さな女性に適している理由です。
    • スカーフを巻きホルターネックのトップスを作ってみましょう。まず、三角形になるように半分に折ります。底辺の二つの端を腰で結び、頂点の2層を分けて持ち、首元でさらに結びましょう。
    • あるいは、ノースリーブトップスのように着こなしても良いでしょう。対角線上にある2つの角をスカーフの中心に合わせて下ります。折り目のある辺が上下になるように体に巻き結びましょう。
  4. 4
    バンドゥトップスに挑戦する バンドゥトップスとは、腹部を露出させて、胸の周りにのみ布が巻かれているスタイルを指します。こうしたスタイルが適さない場もありますが、ビーチや浜辺沿いの道、あるいは南国の島でのバカンスで挑戦してみましょう。胸元がゆったりとしたカットのセーター、あるいはジャケットの下に合わせると、より多くの場で着ることができるでしょう。
  5. 5
    オープンバックのドレスを探す 背中が大きく開いたドレスも、ブラジャーを着用することが難しいので、小さな胸の女性に最適です。
  6. 6
    マニッシュな服装に挑戦する 体に曲線がないことに抗うのではなく、その体系を利用してしまいましょう。メンズのジャケット、一般的に「男性らしい」印象を与えるグラフィックTシャツ(からだにピッタリと合うもの)、あるいは「ボーイフレンドジーンズ」などを試してみましょう。さらに、ガンメタのアクセサリやベルトの太い腕時計などを加えましょう。胸の小さな女性だからこそ挑戦し着こなすことのできるお洒落なスタイルです。
  7. 7
    クロップドジャケットやボレロを探す こうしたスタイルの上着は胸のすぐ下までの長さなので、胸元が強調されます。逆に胸の大きな女性が試すと、より胸が大きく見えてしまうので適しません。

方法 2 の 8:
大胆な色と柄で胸を大きく見せる

色や柄を上手に取り入れることで、胸の見え方は大きく変わります。明るい色と柄を用いて、胸元に視線を向けましょう。

  1. 1
    色で遊ぶ パステルカラーや明るい色を、特に胸元に取り入れましょう。暗い色は細身に見せる効果があるので、胸も小さく見えるようになります。
  2. 2
    ボーダー柄を取り入れる ボーダー柄には幅を広く見せる効果があるので、小さめの胸に合わせると、より大きく豊かな印象を与えます。
  3. 3
    胸元にボーダーが入り、単色の生地がそれより下の胴の部分を隠しているようなブラウスを探す ボーダーの位置と色の組み合わせが、ボーダーの効果をより際立たせます。このコツは他の柄でも参考になります。例えば、胸元に柄が入っていて、それより下の部分は単色の生地でふわりと隠すことのできるトップスが良いでしょう。
  4. 4
    水玉、幾何学模様、花柄も検討する 様々な柄を試し、自分の体と好みに最も合うものを見つけましょう。

方法 3 の 8:
胸元を強調することのできるフィット感を見つける

比較的ぴったりとフィットするような着心地の服を選ぶようにしましょう。また、ウエストを強調させるようなスタイルのトップスを着ると、胸をより大きく見せることができます。

  1. 1
    ゆったりとした服は選ばない だらしなく見えるだけでなく、曲線が隠れてしまうので避けましょう。
  2. 2
    エンパイアウエストのトップスやワンピースを選ぶ エンパイアウエストであれば腹部を隠しながら胸を大きく見せることができるので、胸が小さく、お腹周りが気になっている女性に特に適しています。逆に胴の細さが気になっているという人もエンパイアウエストを試してみましょう。
  3. 3
    ウエスト部分が絞られているデザインを選び、砂時計のような体型に見せる 
  4. 4
    体にぴったりとフィットするラップブラウスやラップドレスを着ることで、砂時計のような曲線美を作る 
  5. 5
    ピッタリとした着心地のトップスを選ぶ 胸の小ささが気になっている女性は、ピッタリとしたトップスも似合います。胸を強調し過ぎたような不適切な着こなしになることもありません。

方法 4 の 8:
ネックラインを利用して視線を誘導する

胸の小ささを目立ちにくくするネックラインもあれば、胸の小ささを上手に利用することのできるネックラインもあります。

  1. 1
    ドレープの入ったデザインを探す 首元にドレープが入っていると、生地が重なっていることで胸が大きく見えます。
  2. 2
    ハイカラー、アシンメトリック、あるいはクルーネックのトップスで胸を大きく見せる 
  3. 3
    ホルターネックを選ぶ ホルターネックは肩を露出させます。また、視線を胸に集めることで実際よりも大きく見せる効果があります。
  4. 4
    大きく開いたVネックや大胆な丸首のトップスを試す こうしたネックラインは必ずしも胸を大きく見せるものではありませんが、胸の小さな人であれば優雅に着こなすことができます。胸の大きな女性がこのようなネックラインのトップスを着ると過度に露出させているような印象を与えてしまう可能性もありますが、胸の小さな女性には、多少肌を見せても、きちんとした印象が崩れないという強みがあります。

方法 5 の 8:
細かな装飾でボリュームを加える

飾りなども上手に取り入れて、胸元にボリュームを与えましょう。

  1. 1
    特にネックラインにフリルやプリーツのついたブラウスやワンピースに挑戦する こうした装飾があることで、重くなり過ぎることなく胸元にボリュームが加わります。
  2. 2
    胸元に特徴的な装飾のあるトップスを探す エンパイアウエストで、そのウエスト部分に少し装飾が施されているようなトップスが特によく似合います。
  3. 3
    襟に装飾が施されているトップスも検討する アクセントになるような色、かすかに光るゴールド、あるいはシルバーのシークインといった装飾が含まれていると、首が長く見えます。その結果、胸から視線を反らすことができます。

方法 6 の 8:
胸以外の部位を強調する

自分の体で自信を持っている部位がある場合は、胸をあまり目立たせず、代わりにその部位を強調しましょう。

  1. 1
    ふんわりとしたブラウスやチュニックとタイトなジーンズを合わせて脚を強調させる さらにお気に入りのハイヒールも合わせると、脚長効果が高まります。
  2. 2
    ぴったりとしたブラウスとひざ丈のペンシルスカートを合わせ、引き締まった腹部と曲線の美しいお尻を強調させる 
  3. 3
    ノースリーブのタンクトップやスパゲティストラップのトップスで、ほっそりとして繊細さの感じられる腕を強調させる 

方法 7 の 8:
胸元を強調するアクセサリで仕上げる

アクセサリを取り入れることで胸元を強調することも、視線を遠ざけることもできます。

  1. 1
    チェーンが細く、ジュエリー部分が小ぶりなネックレスで胸を対照的に大きく見せる 
  2. 2
    大ぶりのブレスレット、リング、イヤリングなどで視線を胸元から反らす 
  3. 3
    あるいは、チェーンの短めの大胆なネックレスをつける 目立つネックレスをつけると、胸ではなく首に視線を向けさせることができます。

方法 8 の 8:
メイクをする

メイクは顔だけにするものとは限りません。

  1. 1
    メイク用パウダー駆使して胸を大きく見せる 
    • 自然な肌の色よりも1トーン暗いパウダーを用意しましょう。
    • 胸の谷間にパウダーを薄くのせます。このように影をつくることで、胸が実際よりも大きく見えます。
    • 自然な肌の色よりも明るいパウダーや、著しく暗いパウダーは使わないようにしましょう。
  2. 2
    グリッター(ラメ)入りボディパウダーを肌につける
    • ラメが小さく控えめなパウダーを選び、左右の胸につけましょう。こうすることで乳房の上部の丸さが強調され、ふっくらとし印象を与えます。
    • グリッター入りのジェルや濃厚なボディグリマーは使わないようにしましょう。

ポイント

  • ブラジャーのサイズを測ってもらいましょう。百貨店の下着売り場や下着メーカーの実店舗などで無料で行っています。

必要なもの

  • メジャー
  • アクセサリ
  • 化粧品

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む33人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 113 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?