小規模事業の起業は大仕事ではありますが、良いアイディアとしっかりとした職業倫理や才能が揃えば誰にでも始める事ができます。起業には、事業コンセプトの考案、事業計画書の作成、財務の理解、マーケティング、事業の公開という手順が含まれます。

パート 1 の 6:
基本の設定

  1. 1
    目標を明確にします。いずれ最も高額で買収してくれる人に事業を売却して、経済的に独立する事を望んでいますか。小規模で持続性があり、自分の好きな事をしながら継続的に収入を得る事を望んでいますか。これらの点を早い段階から熟知しておくと良いでしょう。
  2. 2
    アイディアを選択します。自分で作りたいと思っていた製品や、他の人が必要としていると思われるサービス、あるいはいままで存在しなかったために必要であることに誰も気付いていないものでも良いでしょう 。
    • 気軽なブレーンストーミングのセッションを開いて、聡明で創造性の豊かな人たちに参加してもらうのも良いでしょう。「何をしたらよいと思いますか」というような簡単な質問から始めます。このセッションの趣旨は可能性のあるアイディアを探ることで、事業計画を立てることではありません。大半のアイディアはぱっとしないありきたりのものでしょうが、可能性があるアイディアも生まれてくるかもしれません。
    • 自身の才能、経験、知識を考慮してコンセプトを選びます。特定の技術や才能があれば、そういった資源が市場のどんな需要に答えられるものか考えてみましょう。技術と知識が市場の需要と合致すると、事業アイディアの成功率がぐっと高まります。
    • 例えば、長年電子関連の仕事に従業員として携わってきたとしましょう。地域社会でのある特定の電気工事の需要に気付くかもしれません。自身の経験と市場の需要を結びつけると顧客を引きつける事ができるでしょう。
  3. 3
    事業の名称を考えます。名称は事業アイディアの前に考えてもかまいません。良い名称が決まると事業アイディアを明確にする助けにもなります。計画が具体性を帯びて物事がより明快になってくると、さらに適切な名称を思いつくかもしれません。だからといって早い段階で名称を考える事をやめるべきではありません。計画期間中に使用する名称を考え、必要があれば後から変更しても一向にかまわないのです。
    • 同名称が他の人に使用されていないかを名称を選択する前に必ずチェックします。簡単で記憶に残る名称にしましょう。
    • 「Apple」のような人気ブランド名を考えてみてください。記憶に残り簡単で発音がしやすいはずです。
  4. 4
    事業のチーム構成を考えます。事業は一人で、それとも数人の信頼できる友人と共に展開しますか。数人が加わるとお互いにアイディアのやり取りができて相乗効果を生み出します。二人が一緒になると1たす1が2以上の効果を生み出す事が往々にしてあるのです。
    • ジョン・レノンとポール・マッカートニー、ビル・ゲイツとポール・アレン、スティーブ・ジョブスとスティーブ・ウォズニアック、ラリー・ページとセルゲイ・ブリンなど、最も成功した人たちの成功談を考慮してみましょう。すべての事例で互いの最も良いところが引き出されている事が分かります。
    • 自分の弱点や知識が欠如している分野を考慮します。自分の知識や技術に欠けているところを穴埋めしてくれる相性の良いパートナーを見つける事は、事業の成功に欠かす事のできない重要な要素です。
  5. 5
    パートナーは賢明に選びます。事業を共に構築していくための人材は慎重に選択しましょう。親友が必ずしも事業運営のための最良のパートナーになるとは限りません。信頼できる人と事業を始めましょう。共同リーダーや支援スタッフを選択する際には次の点を考慮しましょう。。
    • 自分の弱点を補ってくれる人でしょうか。あるいは両者とも同じような技術を持っていますか。後者の場合は大勢の人が同じ作業に集中してしまい、他の事項がなおざりにならないように注意しましょう。
    • 大局的に物事を見る事ができますか。詳細について論じる事は物事を正しく行うために不可欠ですが、事業目的という大局を無視すると修正不可能な分裂を生みかねません。事業目的に同意し、配慮を示すことのできるチームを構築しましょう。
    • 面接をする際には、資格や学位の有無を超えた部分でその人の真の才能を見分けられるようにしましょう。教育を受けた分野がその人の最も優れた才能の分野であるとは限りません。例えば、経理の背景がある人を面接するとしましょう。その人の経験と面接評価の結果、マーケティングにより適している人材と判断するかもしれません。
    広告

パート 2 の 6:
事業計画書の作成

  1. 1
    事業計画書を創出しましょう。事業計画書は、事業の大小に関わらず、事業の立ち上げに必要だと思われる事柄を明確にするのに役立ちます。事業計画書は自身の事業観念を一枚の紙にまとめたものです。さらに、出資者や銀行または事業に関心を持つ関係者が援助を差しのべる際の最善の方法を吟味したり、事業が現実味のあるものかどうかを判断したりするのに有用です。事業計画書には後述する要素が含まれるようにしましょう。
  2. 2
    事業の説明を記します。事業そのものを具体的に、また一般の市場に事業がどう適合するのかを解説しましょう。株式会社、合同会社、あるいは個人事業のいずれの形態を選択するのかを、選択をする理由も含めて説明します。製品とその主な特徴、そして需要が見込める理由について解説します。その際、次の質問を考慮しましょう。
    • 潜在的顧客は誰ですか。顧客が誰でどんな需要があるのかを理解したらマーケティング戦略をたてます。
    • 製品やサービスに対して顧客が受け入れてくれる対価はいくらでしょうか。顧客が競合相手ではなく、自身の製品やサービスを選択する理由は何でしょうか。
    • 競合相手は誰ですか。競合分析を行って主な競合相手を見極めましょう。自身の計画と類似した事業を誰が行っているか、どの程度成功しているかを見極めます。同時に失敗例についても失敗した原因を含めて調査します。
  3. 3
    業務計画を記します。製品やサービスの生産と物流、またそれに伴うコストを解説します。
    • 製品をどのように創出しますか。サービスを提供しますか、それともソフトウエアやおもちゃ、トースターのような物理的な製品といったより複雑なものですか。どのように製造しますか。原料の調達から製造完了までの行程、包装、入庫、発送の行程を明記します。人手がさらに必要になりますか。労働組合が関与するようになりますか。これらすべてを考慮しましょう。
    • 誰が主導し、誰が追従しますか。受け付けから最高経営責任者まで組織を確定し、業務と予算を決めていきます。組織の構造を知る事で運営費の計画ができ、効率的に機能する上で必要な資本の微調整を行う事が可能となります。
    • 意見を聞きます。友人や家族は質問をして意見を聞くための貴重な資源ですから、反響板としてぜひ活用しましょう。
    • より大きな場所が必要となります。これは意外によくある事です。在庫が届き始めると居間、寝室、庭の倉庫などに保管せざるを得なくなるかもしれません。必要に応じて貸し倉庫を借りる事も検討しましょう。
  4. 4
    マーケティング計画書を記します。業務計画書は製品をどのように製造するかについて解説しますが、マーケティング計画書は製品をどのように販売するかについて解説します。マーケティング計画書を作成する時には、「どのように」潜在的顧客に製品を知ってもらうのかという質問に答えるようにします。
    • 採用するマーケティング手法の種類について記載しましょう。例えば、ラジオ広告、ソーシャルメディア、販売促進キャンペーン、広告板、ネットワークイベントへの参加のいずれか、あるいはすべてを活用しますか。
    • マーケティングメッセージも確定しましょう。顧客に製品を選んでもらうために何を語れば説得できるかということです。独自のセールスポイント(あるいはUSP)に注目しましょう。顧客の問題解決のための独自の強みということです。同業者と比べて低価格、迅速さ、あるいは高品質という点が挙げられるかもしれません。
  5. 5
    価格設定モデルを作成しましょう。まず、競合相手を調べる事から始めます。類似製品の販売価格はいくらでしょうか。自身の製品に何かを(付加価値)を加える事で差を付け、魅力的な価格にすることができますか。
    • 競争は商品やサービスに限られてはいません。自身の社会的、環境的信用性も関与しています。消費者は事業が労働環境や、自然環境に優しい配慮を行っているかを以前にも増して意識するようになっています。ラベルや星マークなどの認定を信用ある機関から受けるなら、認定を受けていない事業よりも顧客との価値観の共有を強調できます。
  6. 6
    財務について記します。財務報告書はマーケティング計画書と業務計画書を、利益と現金流量という数値に変換するものです。財務報告書は必要な資金額と想定利益額を示します。計画書の中で最も動きが激しく、かつ長期的な事業安定のために最も重要なものですから、事業初年度は毎月、2年目は四半期ごと、それ以降は毎年更新するようにしましょう。
    • 立ち上げ費用を工面します。初期の費用をどのように調達しますか。銀行、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、小規模事業金融公社、自分の貯金などは検討できる選択肢です。事業を始める際には現実的でありましょう。すべての計画が100%実現できるわけではないので、事業が軌道に乗るまでの間の当面の資金を調達しておきましょう。資金不足は失敗の元です。
    • 製品やサービスの価格をいくらに設定しますか。製造にかかるコストはいくらでしょうか。賃料のような固定費や光熱費、給与などを考慮に入れて純益の概算を算出しましょう。
  7. 7
    事業計画概要をまとめます事業計画書の最初の部分が事業計画概要にあたります。事業計画書の他の部分をまとめあげた後、事業計画概要に事業コンセプトの全体像、収益化のための手段、必要な資金額、法的地位も含めた現在の状況、関係する人材と簡単な履歴、事業をより魅力的な提案にするための情報などを記載します。
  8. 8
    製品の製造やサービスの開発を始めます。事業の計画が整い、資金の準備ができて必要な人材がそろったら、計画を先に進めます。エンジニアとの会議やソフトウエアのコードをテストしたり、原料を調達して製造室(別名「ガレージ」)に運搬したり、製品を仕入れて価格を決定するといった準備作業期間中に、次のような事が判別するかもしれません。
    • アイディアを微調整する必要があるかもしれません。製品の色、肌合い、サイズが異なっていた方が良いでしょうか。あるいはサービスの範囲を変えたりより詳細にしたりする必要があるかもしれません。試験期間や開発期間中に起こる問題に今対処しておきましょう。改善をするためや、競合相手の陳腐な提供品のようになる事を避けるために微調整が必要となる時には本能的に気がつくものです。
    広告

パート 3 の 6:
財務の管理

  1. 1
    立ち上げに必要な資金を確保します。起業するにはたいてい資金が必要となります。必要なものや装置を購入したり、収益をあげる事ができるようになるまで継続して事業を運営するためにお金は欠かす事ができません。資金源としてまず自分自身を検討しましょう。[1]
    • 投資や貯金がありますか。その一部を事業の財源に使えるか検討しましょう。事業は失敗する事もあるので、事業のために貯金のすべてをなげうってはいけません。緊急時(専門家は3ヶ月から6ヶ月分の収入に当たる額を取り分けておくように勧めています)のための貯金や、今後数年内に生じる責務を顧みるために必要となるお金にも手を出すべきではありません。
    • 住宅担保貸付制度を考慮してみてください。自宅を所有しているならば、住宅担保貸付制度の活用は賢明なアイディアでしょう。(自宅を担保にするので)融資が受けやすく、金利も通常低く設定されます。
    • 貯蓄を積み立てるのも一つの方法です。現在仕事に就いているならば月収の一部を事業資金のための貯蓄にまわしましょう。
    • 銀行で小規模事業用融資や与信枠に付いて尋ねます。必ず複数の銀行を訪ねてもっとも有利な金利を提示してくれる銀行をみつけましょう。
  2. 2
    運営費の管理をします。運営費に注目して予算内に収まっているかに気を配りましょう。光熱費や電話代、事務用品、梱包費など無駄な出費に気付いた時は、本当に必要かどうかを再検討し、無駄を省いて支出を最小限に抑えましょう。立ち上げの時は、必要品の購入の代わりにリース契約をする、あるいは契約するサービス類を長期契約ではなくプリペイド式のものにするなどして、節約を旨としましょう。
  3. 3
    必要最低限額に余裕を持たせましょう。事業を立ち上げるのに必要な資金を600万円と決めたとします。その600万円で必要な事務用品や原料を購入しますが、2ヶ月経っても製品はまだ製造途中の上、賃料や従業員の給与の支払いや他の請求書もまとめて届くような状況に陥ると、早々に事業を撤収しなければならないかもしれません。できれば1年間収益がなくても運営できるだけの余裕が欲しいものです。
  4. 4
    支出を切り詰めましょう。立ち上げ時は、事務用品や固定費を最低限に押さえるようにしましょう。豪華な事務所や最新の椅子、値が張る絵画などは必要ありません。ふさわしい住所だけを確保して、顧客との会合には上手に(ロビーで会ってから)近くの喫茶店へと誘導していきましょう。多くのベンチャービジネスが失敗するのは、事業そのものに注力する代わりに高価な目新しい装置類にお金をかけてしまうからです。
  5. 5
    支払いの受け取り方法を決めます。顧客からの支払いを受け取る方法を決めなければなりません。例えばスクエアは、最小限の手続きと予算で利用できますから、小規模事業にはぴったりです。技術的に不安があれば従来のマーチャントアカウントについて尋ねましょう。
    • マーチャントアカウントとは、口座のある銀行が業者に与信枠を準備して特定のクレジットカードブランドでの決済を受けるものです。従来はこのような口座契約がなされていないと、主立ったクレジットカードでの決済は受ける事ができませんでしたが、スクエアの登場で状況が一変しました。従来の方法にとらわれず別の選択肢も検討しましょう。
    • スクエアはクレジットカードの読み取り装置で、スマートフォンやタブレットに接続することでレジに早変わりします。すでに喫茶店やレストラン、フードスタンドや他のビジネスでも一般的になっていて、あなたがよく訪れる所でも利用されているのを見た事があるかもしれません(タブレットやスマホにさし込まれた切手大のプラスチックが目印です)。
    • ペイパルやインテュイット、アマゾンのいずれも類似のサービスを提供しています。選択する前によく吟味しましょう。
    • オンラインビジネスを展開するなら、ペイパルの様なサービスは支払いの受け取りや振込をするのに大変便利です。
    広告

パート 4 の 6:
法律面の網羅

  1. 1
    弁護士や法律アドバイザーを探します。一般労働者から過労で低賃金の小規模事業オーナーまでを兼任するあなたは多くの障害を乗り越えなければならないでしょう。 建築基準法や市条例、行政からの許可や地方自治体からの要求事項、税務、諸費用、契約書、株式、パートナーシップなど、障害の中には山のような書類からなる規則や法規もあるでしょう。必要に応じて声をかけられる人がいるという事は安心感につながるだけでなく、計画を成功へと導くための必要不可欠な人材といえます。
    • 事業を理解してくれる気の合った人を選びましょう。経験不足の法律アドバイザーを選任すると、後で法的問題に巻き込まれたり、罰金や禁固刑をうけたりする結果を招きかねません。経験のある人を選びましましょう。
  2. 2
    会計士を雇用しましょう。事業を展開するうえで、経理をきちんと扱える人材が必要になります。簿記は自分でできると思うかもしれませんが、事業の運営に当たり税制に関する知識を持つ人が必要です。事業に関する税制は複雑ですから、(最低でも一人)税理士が必要になります。財務をどの程度任せるのかに関わらず信頼のできる人を選びましょう。
  3. 3
    事業体を設立しましょう。税金のためや将来的に投資者を呼び込むために、事業形態を選択する必要があります。株式や融資など外部から資金を調達するのか、法律や経理の専門家の意見を参考にした後形態を決定します。実際にお金を支出するか出資を依頼する直前の作業段階となります。株式会社や合同会社はよく知られていますが、大半の小規模事業者は次のいずれかを選択します。[2] :
    • 個人事業主は(被雇用者を含まない)あなた自身かあなたの配偶者とのみで事業運営を行う際にこの形態をとります。
    • 合名会社はあなたともう一人の共同運営者が事業を運営する際にこの形態をとります。
    • 合資会社は会社の抱える負債に対して責任を持つ複数の無限責任社員と、会社への出資分だけに責任を持つ複数の有限責任社員で構成されます。損益をすべての社員が分担します。
    • 有限責任事業組合(LLP)では、組合員の瑕疵に対して他の組合員が責任を持つ必要はありません。
    広告

パート 5 の 6:
事業のマーケティング

  1. 1
    ホームページを取得しましょう。オンラインでの販売を行うなら電子商取引を円滑に行うためのホームページを自分で、あるいは誰かに依頼して作成しましょう。ホームページは店のショーウィンドウに当たるものですから、できる限りの術を尽くして、訪問したい、お店にとどまっていたいと思われるように作成しましょう。
    • 事業が「対面」経験を重視するものであれば、従来のマーケティング手法も大切になるで、ょう。例えば庭の設計事業を始めるなら、ホームページを作成する前に近所に人伝てに伝えてみましょう。
    • ホームページを作成する際は簡単明瞭を旨としましょう。効果的な方法は何を、どのように、いくらで提供しているのかを簡単なデザインではっきりと示すことです。ホームページを作成する際には、自分の事業が顧客の問題に対して最も効果的な解決策を提供していることを強調しましょう。
  2. 2
    専門のデザイナーを採用しましょう。ホームページを作成するならプロらしい出来映えのホームページを作成してください。専門のデザイナーの採用には初期費用がかかるとしても、デザインの優れた信頼されるサイトは不可欠です。プロらしい出来映えと容易な操作性はサイトに欠かせません。サイトで代金の取り扱いを行うのであれば暗号化によるセキュリティシステムにも投資をし、提携する送金サービス会社が健全で信頼の置ける会社かどうかの確認を怠らないようにしましょう。
  3. 3
    自身の内に秘めた広報担当の出番です。成功するためには自身の製品やサービスが最善であるとの自分の信念を、他の人たちも共有してくれることが必要です。宣伝やマーケティングに経験がなく売り込みが苦手であるなら、今こそそのような感情を克服して広報担当としての人格を前面に打ち出しましょう。自身の製品やサービスが提供する価値や目的、そして可能性を包含した説得力のある簡潔な宣伝文句を考えます。語りたいすべてのことが自然な形で表現できるように、自分が納得できるまでいくつもの宣伝文句を書き記します。それから徹底的に宣伝文句を練習しましょう。
    • 事業によっては、興味を起こさせる人目を引く名刺を印刷するのもよいかもしれません。
  4. 4
    ソーシャルメディアへの露出準備に時間をかけましょう。事業を開始する前から期待感を高めましょう。フェイスブックやグーグル+、ツイッターなどのソーシャルメディアに参加して期待感を高めて情報を広めましょう。話題性を持たせて事業の進捗度に注目してもらいます。(個人用アカウントとは別に事業用アカウントを開設しましょう。メッセージを発信するメディアの種類に応じて内容を調整します。)
  5. 5
    マーケティングと流通の計画を実施しましょう。製品の製造やサービスの開発が完了し、販売可能時期に関する妥当な予測ができたらマーケティングを開始します。
    • 定期刊行物に広告を掲載するのであれば、最低でも発売の2ヶ月前には広告内容や画像を出版社に提出する必要があります。
    • 店頭販売を行うのであれば、予約販売の受付や陳列棚のスペースの確保を行いましょう。オンラインで販売を行うのであれば、オンラインショップで販売できるようにしましょう。
    • サービスの提供を行うのであれば、業種や専門にふさわしい雑誌や新聞あるいはオンラインで広告を載せましょう。
    広告

パート 6 の 6:
事業の公開

  1. 1
    場所を確保しましょう。自宅のガレージや空いた寝室では収まりきらなくなったら、事務所であれ倉庫であれ、必要な場所を確保しましょう。
    • 通常は自宅の事務所で間に合うものの、ミーティングのために時々場所が必要になるという需要を満たしてくれるサービスがあります。「ビジネスミーティング レンタル [住んでいる市/県]」とグーグルで検索すると、近所で会議室を貸し出しているところを簡単に見つけることができます。
    • 地方の土地区画整理法に準拠するようにしましょう。小規模事業の種類によっては個人宅で運営できない場合がありますから、事業の運営が適切な地区内で行われていることを必ず確認しましょう。
  2. 2
    製品やサービスの販売を開始しましょう。製品の製造、梱包、番号付けが完了してオンライン上に乗ったら、あるいはサービスが完成して販売準備が整ったら、事業開始のための特別イベントを催しましょう。報道発表を行い世間に広めましょう。ツイッターやフェイスブックも活用して、新規事業を始めたことが狙った市場の隅々に響き渡るようにしましょう。
    • パーティーを開催してニュースを広めてくれる人たちを招待しましょう。高額である必要はありません。まとめ買いの安売り店で食べ物と飲み物を購入して、家族や友人にまかないを手伝ってもらいましょう(お礼として製品やサービスを渡すことができます)。
    広告

ポイント

  • 今は取引がなくても必ず顧客には価値とサービスを提供しましょう。そうすれば製品の「必要」が生じたときに、真っ先にあなたのことを思い浮かべてくれるでしょう。
  • インターネットの発達により、オンライン事業は物理的な店舗を構える事業と比べてはるかに手軽で安価に始めることができるようになりました。
  • 継続的に学習して変化に対応しましょう。仲間や師と仰ぐ人、地元の小規模事者団体やインターネットフォーラム、ウィキなどを通して小規模事業の運営に関する日常の詳細事項を話し合いましょう。社内管理に関する既存のノウハウを活用することで無駄な時間や労力を省き、全員が各自の中心業務に集中して事業発展に貢献することができるようになります。
  • ネットワークビジネスの多くは、物理的店舗を構える事業より初期投資の必要を低く抑えることができます。伝統的な業務形態と比較して収支があわせやすくなります。
  • イーベイやオーバーストックで取引をすることも一考に値します。
  • 最初は小さく1つか2つの製品から始めて、優れたアイディアが出てきたら徐々に製品を増やしてもよいでしょう。
  • 様々な価格設定を果敢に試してください。 収支を合わせるために製品やサービスの最低価格は定めなければなりませんが、低価格帯もしくは高価格帯の間で、異なった価格を設定してみましょう。
  • たとえ財政が厳しくなるとしても必ず自分を信じて頑張りましょう。

広告

注意事項

  • ビジネスを始める前からお金を要求する人には警戒をしましょう。「相互」利益により商いは発展するのです[3] から、ビジネスから得られる収益は仕事に対する対価であるべきです。(フランチャイズ式事業やネットワークビジネスの場合は適正な初期投資が求められますが、妥当な額に設定することでビジネスを始めやすくし、ただ単にビジネスを紹介することでお金を儲けようとするのではなく、あなたのビジネスが成功することによって紹介者の利益が上がるようにすべきです。)
  • 「代金はいただきません」という事業提案には注意しましょう。誰か(おそらくあなた)から、何かを奪い取るための策略だからです。より巧妙なものを含めて様々な手法があります。ピラミッド商法[4] や前金詐欺 [5] がその一例です。
広告

関連記事

How to

アメリカ国籍を取得する

How to

偽造アメリカ紙幣を見分ける

How to

商標マークの入力

How to

実効金利の計算

How to

無料でビジネスを広告する

How to

利息の返済額を計算する

How to

電話会議をする

How to

起業する

How to

利益を計算する

How to

スモールビジネスの事業計画を書く

How to

企業用Facebookページを開設する

How to

値切る

How to

ネットショップを開業する

How to

事業を始める
広告

このwikiHow記事について

Helena Ronis
共著者 :
Helena Ronis
経営アドバイザー
この記事の共著者 Helena Ronis. ヘレナ・ロニスは人声や音声教育の素材を提供するプラットフォームサービス会社「VoxSnap」の共同設立者、そして最高経営責任者です。2010年にイスラエルのサピル学院大学にて学士号を取得後、IT業界で8年以上働いています。 この記事は2,404回アクセスされました。
カテゴリ: ビジネス
このページは 2,404 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告