外出時に尿失禁がパンツに染みると恥ずかしい思いをします。子供だけでなく大人にもよくある問題ですか、誰にも気づかれたくない状況でしょう。周囲に気づかれないようにトイレへ行き、シミを乾かしてにおいを取る方法を説明します。

パート 1 の 2:
周囲に気づかれずにその場を離れる

  1. 1
    今行っていることを中断します。人数の多いグループで行動していると難しいかもしれません。[1]
    • 周りの注意をひかないようにその場を離れます。
    • 周りの人が気が付かないうちに急いでその場を離れましょう。ただし、慌てて前から来た人にぶつからないように自分が歩く方向に注意を向けましょう。
    • 落ち着きます。びくびくしていると周りの人に気づかれやすくなります。周りが他人なら、ゆっくりその場を離れると周囲の注意をひく心配がありません。友人などと一緒でなければ急いでトイレに避難します。前かがみになったりシミを隠そうとすると逆に目立ってしまうので気を付けましょう。
  2. 2
    ジャケットやセーターでシミを隠します。尿失禁で濡れた部分を隠してトイレに行きましょう。一般的にセーターなどを腰に巻く方法と同じように後ろから巻きます。シャツが長ければパンツから裾を出すと前を隠せます。[2]
    • 腰にジャケットを巻きます。
    • 怪しまれないように落ち着きましょう。何事もなかったように振舞います。
    • 落ち着いてトイレや自宅へ向かいましょう。
  3. 3
    膝に飲み物をわざとこぼします。レストランにいるときや手元に飲み物がある場合に限って有効な手段ですが、ジャケットなど覆うものを持っていない場合は、シミを隠す良い方法です。
    • こうするとトイレに行く前にパンツが濡れていてもおかしく思われません。
    • 「手元が狂った」などと笑い飛ばして、うっかりこぼしたふりをします。
    • その後トイレに行って処置しましょう。
  4. 4
    できるだけ早くトイレに行きます。シミをその場で処置できるか帰宅する必要があるかをトイレで確認しましょう。
    • 鏡で確認するか個室に入ります。
    • シミが小さければその場で処置できるでしょう。その場で処置できそうになければ口実を作って帰宅します。
    • 「○○時には家にいないと」や「家に帰って宿題(またはプロジェクト)を片付けなきゃ」などと言い訳しながら帰宅しましょう。
    広告

パート 2 の 2:
シミとにおいを消す

  1. 1
    パンツを水で濡らします。水で濡らして尿を繊維から取り除きましょう。[3]
    • 水で濡らすとにおいも消すことができます。
    • 誰にも見つからないようならトイレで水をかけましょう。
    • 他に人がいれば、濡らした手拭き用ペーパータオルを持って個室に入りシミをこすります。
    • 下着のシミやにおいも消す必要があります。トイレの個室で処置すると誰かに見られる心配がありません。
  2. 2
    ペーパータオルでシミを叩いて乾かします。下着やパンツをほぼ乾かすことができます。
    • ペーパータオルをたくさん使いましょう。
    • 時間をかけてシミの水分をペーパータオルで吸い取ります。
    • シミの水分がほぼなくなったら、ハンドドライヤーで乾かしましょう。
  3. 3
    ハンドドライヤーで乾かします。ハンドドライヤーに近づいてシミに風を当てましょう。[4]
    • 脚を開いて立つと早く乾きます。
    • 濡れた部分全体が乾くように腰を左右に揺らしましょう。
    • パンツが乾いたと感じるまでハンドドライヤーを使います。
    • 手で触って乾いたか確認しましょう。
  4. 4
    トイレの鏡で確認します。パンツに目立つシミがないか鏡で確認しましょう。
    • 目立つシミがあれば、再度ペーパータオルで拭き取ります。
    • その後ハンドドライヤーで乾かします。
    • 帰宅する口実を作れなければ、パンツが乾いたら元の場所に戻りましょう。
  5. 5
    水とハンドソープを使ってシミを処理しましょう。尿のにおいをきれいに消すことができます。
    • ハンドソープ少量をシミにこすりつけます。ハンドソープを手に取り、個室に入ってからシミにこすりつけましょう。
    • ペーパータオルでシミの水分を吸い取った後ハンドドライヤーで乾かします。
    • 自分でシミのにおいをかいで確認しましょう。
  6. 6
    香水やオーデコロンをつけましょう。パンツについたにおいをごまかすことができます。
    • シミに直接香水やオーデコロンをつけます。
    • 香りの強い香水を選ぶとシミのにおいをごまかせるでしょう。
    • トイレを出る前に再度においを確認しましょう。
    広告

ポイント

  • 健康上または精神的な問題で頻繁に尿失禁する場合は、替えの下着とパンツを持ち歩きましょう。
  • 頻繁に尿失禁する場合は、尿失禁に対応した下着をつけると安心です。
  • 誰かに気づかれたらできるだけ騒がれないように対応しましょう。
  • シミやにおいに対処できない場合は、できれば帰宅して着替えるのが最適です。

広告

関連記事

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

自分で身長を測定する

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

体温計を使わずに熱があるか知る

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む49人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 注目記事 | 衣服 | 健康
このページは 599 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告