PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

尿素肥料は効果的な有機肥料で、土壌の質を改善して植物に窒素を供給し、収穫量を向上させます。[1] 尿素肥料は、通常乾燥した顆粒状で販売されています。尿素を肥料として使うとさまざまな利点がありますが、問題点もあります。土壌に尿素肥料を適切に散布する方法と、他の肥料との相互作用を知ることで、問題を回避して最大限に活用することができます。

方法 1 の 2:
尿素肥料を単独で散布する

  1. 1
    涼しい日に散布し、アンモニアの消失を最小限に抑える 尿素肥料は涼しい日に散布するのが最も効果的で、温度が0~15℃の風が弱い日が適しています。それより温度が低いと地面が凍るため、土壌に浸透しにくくなります。また、気温が高く風が強い場合は、土壌に浸透するよりも早く分解してしまいます。[2]
  2. 2
    植え付け前に、ウレアーゼ阻害剤入りの尿素肥料を散布する ウレアーゼは、尿素を分解して植物に必要な硝酸塩に変える酵素です。尿素肥料を植え付け前に散布すると、植物へ作用する前に多量の尿素が失われます。ウレアーゼ阻害剤を含む肥料を使うと尿素の分解を遅らせるため、尿素が土壌に長く留まります。[3]
  3. 3
    尿素肥料を土壌に均等に散布する 尿素肥料は小さなペレット状または顆粒状で販売されています。肥料散布機を使うか、手で土に均等に散布しましょう。大抵の植物は、根の近くまたは種を蒔く場所に肥料を散布します。[4]
  4. 4
    土を湿らせる 尿素は植物に必要な硝酸塩に分解される前に、まずアンモニアガスに変化します。ガスは地表からたやすく消失するため、土壌を湿らせることで、化学反応が始まる前に尿素が土中に浸透します。そのため、より多くの尿素が土壌に留まります。
    • できるだけ多くのアンモニアガスを土中に留めるには、表面から1cmほどの深さまで土を湿らせる必要があります。肥料を散布してから水を撒く、あるいは肥料を雨が降る前または地表の雪が完全に溶けた後48時間以内に散布しましょう。[5]
  5. 5
    土を耕して尿素を混ぜ込む 尿素肥料の散布後に畑や庭を耕すと、アンモニアガスが消失する前に尿素肥料を土に混ぜ込むことができます。鋤や鍬を使って表層の土に尿素を混ぜ込みましょう。[6]
  6. 6
    イモ類に与える窒素肥料の量を調整する イモの品種によっては、高濃度の窒素が害になるものもあります。イモ類全般の尿素肥料の施肥には注意が必要です。窒素肥料と尿素肥料を同時に散布する場合は、多量の窒素肥料を使わないようにしましょう。
    • 尿素肥料をイモにそのまま散布するか、窒素の含有量が30%未満であれば他の肥料との配合溶液として与えることもできます。
    • 尿素の配合肥料に窒素が30%以上含まれている場合は、イモを植え付ける前に施肥しましょう。[7]
  7. 7
    穀類への施肥は、涼しい日に行う 尿素肥料はほとんどの穀類に与えることができますが、気温が15℃以上の日に散布してはいけません。高温時に施肥すると、作物からアンモニア臭が放出されます。[8]
  8. 8
    トウモロコシの種は、離れた場所に尿素肥料を散布する トウモロコシの種から少なくとも5cm離れた土の表面に尿素肥料を散布します。種の近くに散布すると種に害を及ぼし、収穫量が大幅に減少します。[9]
    広告

方法 2 の 2:
尿素肥料を他の肥料と混ぜる

  1. 1
    最適な比率を調べる 肥料の成分比はNPK比とも呼ばれ、全体の重量に対する窒素、リン酸、カリウムの割合が3つの数字で示されています。土壌のサンプルテストを行うと、土壌に欠乏している栄養分を補う肥料のNPK比を知ることができます。[10]
    • 家庭での栽培であれば、大抵の場合は土壌に合った配合肥料を園芸店やホームセンターで購入することができます。[11]
  2. 2
    尿素肥料に他の肥料を加え、栄養豊富な肥料を作る 尿素は植物に窒素を供給しますが、リン酸やカリウムなども植物が健康に生育するために重要な成分です。尿素と混ぜても安全な肥料は次のとおりです。
    • 石灰窒素
    • 硫酸カリウム
    • 硫酸カリ苦土
  3. 3
    特定の肥料は、尿素肥料と混ぜた後にすぐ散布する 尿素肥料と混ぜた後、直ちに散布する必要がある肥料もあります。肥料の成分が尿素に反応すると、2、3日後には有効性が失われる場合があるためです。次の肥料はすぐに散布する必要があります。
    • チリ硝石
    • 硫酸アンモニウム
    • 窒素マグネシウム
    • リン酸アンモニウム
    • 塩基性スラグ
    • リン鉱石
    • 塩化カリウム
  4. 4
    作物に有害な化学反応を防ぐ 尿酸肥料と混ぜると揮発性化学反応を起こしたり、配合肥料の効果を消失させたりする肥料があります。次の肥料と尿素肥料を混ぜてはいけません。
    • 硝酸カルシウム
    • 硝酸アンモニウムカルシウム
    • 硝酸アンモニア石灰
    • 硫酸アンモニウム硝酸塩
    • ニトロカリ
    • 硝酸カリウム硝酸アンモニウム
    • 過リン酸石灰
    • 重過リン酸石灰[12]
  5. 5
    リン酸とカリウムを豊富に含む肥料に尿素を加え、バランスの取れた肥料を作る 尿素と混ぜることで効果がある、または効果がない肥料のリストを参照し、リン酸とカリウムが含まれる肥料を選んで配合肥料に加えましょう。園芸店やホームセンターでは、多様な種類の肥料が販売されいます。
    • 必要な成分の割合から分量を割り出し、それぞれの肥料を混ぜ合わせます。肥料を大きなバケツ、一輪車、または電動ミキサーに入れてよく混ぜ合わせましょう。[13]
  6. 6
    尿素ベースの肥料を作物全体に散布する 尿素肥料と同様の方法で配合肥料を土の表面全体に散布します。そして、水を撒いて土を耕し、肥料を土に混ぜ込みましょう。
    • 尿素は他の肥料より比重が軽いため、広い農地に回転式の散布機を使って尿素ベースの肥料を散布する場合は、均等に散布するために散布範囲を15m以下にしましょう。[14]
    広告

ポイント

  • 市販の肥料を使う場合は、必ず取扱説明書に従いましょう。
  • この記事では、肥料中の成分の比率を説明しています。比率を含有量と混同しないように注意しましょう。成分比率から、肥料に加えるべき特定の成分の量がわかります。含有量は肥料に含まれているそれぞれの成分の量です。窒素、リン酸、カリウムの含有量から比率を計算するには、それぞれの含有量を3つの数字の中で最も小さい数字で割ります。[15] 例えば、窒素、リン酸、カリウムの含有量が5-10-15の場合、比率は1-2-3となります。
広告

注意事項

  • 土中に過剰な硝酸が含まれていると、植物が肥料焼けを起こすことがあります。[16] 尿酸肥料を湿らせた土壌に散布することで、肥料焼けを防止できます。
  • 尿素肥料と硝酸アンモニウム肥料は常に離れた場所に保管しましょう。[17]
広告

関連記事

レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
庭にミツバチを呼び寄せる庭にミツバチを呼び寄せる
芝生のタンポポを除去する
木の根を枯らす
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
切り花のチューリップを長持ちさせる切り花のチューリップを長持ちさせる
バラを種から育てるバラを種から育てる
ツタを取り除くツタを取り除く
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
ヒマワリを鉢植えで育てる
レモンの木を室内で育てるレモンの木を室内で育てる
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
ヤシの木を植えるヤシの木を植える
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者 ::
園芸家
この記事の共著者 : Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。
このページは 478 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告