PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

パプリカの栽培は少し手間はかかりますが、育てる時に必要な作業は、屋内でも屋外でもあまり変わりません。最も手間のかかる作業は、苗の土を常に湿らせておくことと、パプリカに適した室温を保つことですが、パプリカに適した状態を知っていればそれほど難しいことではありません。

パート 1 の 3:
種をまく

  1. 1
    種を水に浸す[1]  パプリカの種を小さなプラスティックのカップに入れ、ぬるま湯を注ぎ入れます。種がカップの底に沈むまで2~8時間置きます。種を水に浸すと、種皮が破れて発芽の速度を速めることができます。
    • パプリカの種を薄めのカモミールティーか濃度3%の過酸化水素(過酸化水素小さじ1~2杯(5~10mL)を250mLのぬるま湯で薄めたもの)で浸してもよいでしょう。こうするとぬるま湯で浸した時よりも種皮が破れやすくなり、種を消毒することができます。
  2. 2
    使い捨てのプラスチック発芽トレイに土を入れる 滅菌済みの鉢植え用の土(水はけと通気性のよいもの)を用意します。園芸用品店やホームセンターで入手可能です。
  3. 3
    指か鉛筆で土に穴を開ける 穴の深さは0.5cm程度です。[2]
  4. 4
    種を埋める 種を一粒づつ開けた穴に入れてその上から軽く土をかけます。
  5. 5
    発芽トレイを温かい場所に置く パプリカは土の温度が21℃以上で最もよく発芽します。あれば園芸用ヒーターマットの上で発芽させるとよいでしょう。[3] なければ日光が当たる窓台に置きます。
  6. 6
    種を湿らす 土の表面が乾いていたら、水をスプレーします。水浸しにしてはいけませんが、土が乾かない程度に湿らせます。[4]
    広告

パート 2 の 3:
苗を移し替える

  1. 1
    本葉が2本生えてきたら鉢に移し替える[5]  「本葉」とは、十分に成長した葉のことを言い、最初に小さい双葉が生えた後に出ててきます。
  2. 2
    適した大きさの鉢を使う 1苗ごとに別々の鉢を使って植える場合は、直径5~10cmの鉢が適しています。そのサイズより大きければ、同じ鉢に苗を数本分を植えることができます。
  3. 3
    鉢に土を入れる 土は、水はけがよく、通気性のよいものを使います。有機物をたっぷり含むものがよいでしょう。[6]
  4. 4
    土に小さな穴を掘る 発芽トレイの苗と同じ幅と深さの穴を掘ります。ひと鉢ごとに苗を1本ずつ植える場合は、鉢の中心に穴を掘ります。1つの鉢に苗を何本か植える場合は、5cm以上の間隔を空けて苗の数だけ穴を掘ります。
  5. 5
    苗を鉢に移し替える 発芽トレイの両側を押しながら、やさしく「小刻みに動かし」、苗を取り出します。取り出したら、根も土も全て掘った穴に入れます。
  6. 6
    苗を固定する 苗をしっかりと安定させるため苗の根元を押さえて固定します。
    広告

パート 3 の 3:
栽培中の世話

  1. 1
    温かく日光の当たる場所に置く 植え替えをした後の適温は21~27℃です。また、パプリカの成長にはたっぷりの日光が必要です。日光が当たる窓際なら成長に必要な温度も日光も確保できそうですが、最も日当たりのよい窓際でも十分でない場合があります。植物育成用ライトを使うと順調に成長します。苗の上から7.6cm以上離れた所から1日14~16時間ライトを当てます。
  2. 2
    水を欠かさず与える 2~3日ごとに水を十分に与え、その間も土の表面は少し湿った状態を保つようにします。
  3. 3
    pH値を測る パプリカはpH値が5.5~7.5の土でよく育ちます。土のpH値を上げたい場合は、土に農業用石灰を加えます。pH値を下げたい場合は、培養土や肥料を加えます。
  4. 4
    花が咲いたら受粉させる 綿棒を使って、雄しべの花粉を雌しべにやさしくつけます。綿棒につけた花粉を雌花につけます。この時、花粉を集める雌しべの先端部分(「柱頭」と呼ばれる)に塗るようにします。受粉をすると収穫量が増えます。
  5. 5
    パプリカが大きくなったら収穫する パプリカが食べられる大きさになり、よく色づいたら収穫することができます。よく切れる剪定バサミを使ってパプリカを収穫します。ヘタから2.5~5cmのところを切ります。
    広告

ポイント

  • パプリカは冷蔵庫の野菜室で保存します。パプリカは収穫してから冷蔵庫で保存すれば1~2週間持ちます。その期間内に使い切れない場合は、細かく刻んでから密閉袋に入れて冷凍庫で保存すれば、10~12ヵ月ほど持ちます。
広告

必要なもの

  • プラスティックのカップ
  • カモミールティー
  • 濃度3%の過酸化水素
  • 水はけのよい土
  • プラスティック製の発芽トレイ
  • 鉛筆
  • スプレーボトル
  • じょうろ
  • 園芸用ヒーターマット
  • 小~中サイズの鉢
  • 移植ごて
  • 植物育成用ライト
  • 土壌pH測定器
  • 綿棒
  • ハサミまたは剪定バサミ

関連記事

コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
きのこを駆除する
鉢植えのアリを駆除する鉢植えのアリを駆除する
ミノムシを駆除するミノムシを駆除する
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
木の根を枯らす
バラを種から育てるバラを種から育てる
ツタを取り除くツタを取り除く
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
デーツの種を発芽させるデーツの種を発芽させる
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
水をやり過ぎた植物を復活させる水をやり過ぎた植物を復活させる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 280 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告