誰でも多少は顔の左右が非対称なものですが、笑顔が左右均等じゃないことが他の人より際立ってしまう人もいます。笑ったときに片方の口角がもう片方より高くなったり低くなったりする場合、やや不揃いな笑顔と言えるでしょう。ただし、それは悪い事ではありません!顔を傷つけることなく、笑顔のバランスを整えて、自分の外見に自信を持つ方法を学びましょう。

方法 1 の 6:
不均等な笑顔についてのよくある疑問

  1. 1
    笑顔が不均等になる原因は何ですか? 食べる際に片一方で噛んでいる、歯並びが悪い、歯が混み合った状態になっている、ケガ、組織が傷つくほどの外傷、ベル麻痺(顔面神経の麻痺)、遺伝など、さまざまな要因が考えられます。笑顔が完璧に左右対称でないのにはいろいろな理由があり、中には一時的なものもあるでしょう。[1]
    • その時の感情によって、笑顔のバランスが少し崩れてしまう場合もあります。
  2. 2
    自分の笑顔のバランスはどうやって確かめればよいでしょうか? 写真や鏡で確認できるでしょう。笑顔になったり、声を上げて笑ったり、写真を撮ったりするのを避けている場合もあるかもしれません。[2]
    • 自分自身の認識が少しずれている場合もあるでしょう。自撮り写真やウェブカメラの動画、写真などでは、実際にはきれいな笑顔でも歪んで見えることがあります。
  3. 3
    不均等な笑顔は治すべきでしょうか? 治したくなければ治す必要はありません!どんな人の顔でもある程度は非対称であり、不揃いな笑顔には個性が現れます。笑顔が不均等なことで、自信が持てなかったり自尊心が傷ついたりする場合にのみ、治せばよいでしょう。[3]
    • 歯が曲がっていたり、歯並びが悪かったりする場合、長い目で見ると健康を害することにつながります。気になることがあれば、歯科医に相談してみましょう。
    広告

方法 2 の 6:
習慣を改善する

  1. 1
    両側で噛む 片側だけで噛んでいると、一方の顎にだけ筋肉がついてしまいます。片方だけではなく、左右両方で噛むようにしましょう。[4]
    • 一口を右で噛んで、次に左で噛んで、次に右で噛んでと、意識しながら食べましょう。
  2. 2
    寝る時に下にする時間を左右で均等にする 顔の片側だけを枕に押しつけて寝ていると、顎の筋肉が偏ってしまいます。寝ている時には、右側と左側を交互に向いて寝るようにしましょう。[5]
    • 仰向けで寝ている人は、左右の切り替えを気にする必要はありません。
  3. 3
    口が大きい人は歯を見せて笑う 口が大きい人が、笑うときに唇を閉じたままにすると、不均等さが際立ってしまいます。歯を見せてにっこり笑うことで、顔全体が引き立つ笑顔になるでしょう。[6]
    • これは必ずしも守らなくてはいけないルールではありません。自分の見た目や感覚に合う笑い方を探しましょう。
  4. 4
    口が小さい人は笑うときに口を閉じる 唇が薄かったり、口が小さかったりする場合は、歯を見せない方がきれいに見えることがあります。写真を撮ったり、自撮りをする際には、唇を完全に閉じた状態で笑ったり、ほんの少しだけ口を開けて笑ったりしてみましょう。[7]
    • この場合も、自分の顔に一番似合うと思う笑顔で笑いましょう。
    広告

方法 3 の 6:
フェイシャル・エクササイズを行う

  1. 1
    「イー」「ウー」と声を出す 大げさな笑顔を作り「イー」と声を出しましょう。それを15秒ほど続けます。次に笛を吹くように唇をすぼめ「ウー」と、15~20秒ほど声を出し続けましょう。[8]
    • これを1日10回繰り返すことで、笑顔に使う筋肉を鍛えることができます。
    • フェイシャル・エクササイズを行うことで、笑顔のバランスの改善につながるかもしれませんが、効果を裏付ける科学的な証拠はありません。
  2. 2
    魚顔エクササイズを行う 両頬が口の中で触れ合うくらいまで吸い込みます。10秒ほどその状態をキープしつつ、唇を上下に動かしてみましょう。[9]
    • これにより、頬の筋肉を鍛えることができます。
  3. 3
    鉛筆を口にくわえる 鉛筆を犬歯のすぐ後ろの位置に挿し込み、口をできるだけ閉じて鉛筆が動かないようにくわえます。その状態のまま右を向き、次に左を向きましょう。その後、同じように上下に顔を向けます。[10]
    • このエクササイズを毎日3回繰り返すことで、顎の筋肉を鍛えることができるでしょう。
  4. 4
    上の歯を舌でなぞる 口をほとんど閉じたまま、上の歯の右から左へと舌を動かします。これを2、3回繰り返すことで、舌と顔の筋肉を鍛えられます。[11]
    • このエクササイズを1日10回は行いましょう。
  5. 5
    スプーンを口にくわえる スプーンの平たい方の端を唇の間に挿し入れ、もう一方の端がまっすぐに突き出た状態にします。唇でスプーンを挟んだまま、5~10秒、あるいはできる限り長く動かさないようにしましょう。[12]
    • スプーンの重さで、筋肉を鍛える効果が上がるでしょう。
    • 最終的に、スプーンを唇で挟んだまま1分程度キープできるようになりましょう。
    広告

方法 4 の 6:
唇の形を整える

  1. 1
    コンシーラーを使って唇の輪郭を整え、均一に見えるようにする コンシーラーやファンデーションを唇全体に塗り、均一なベースを作ります。自然な唇の色よりもやや暗めのマットなリップペンシルを使って、不揃いな部分がなくなるように唇を大きめに描きましょう。ペンシルで描いた線の内側に口紅を塗ることで、唇が均一でふっくらとした印象になります。[13]
    • 慣れないうちは、唇を大きく描きすぎてしまわないよう注意しましょう。唇を大きくしすぎたり、膨らませすぎたりすると、特に自然光の下ではとても目立ちます。
    • こうしたメイクを毎日する必要はありませんが、グラマラスなメイクやフルメイクの時にはよいアクセントになるでしょう。
  2. 2
    リップフィラーで唇をふっくらさせる リップフィラーを注入して、唇をふっくらさせる方法について、整形外科医に相談してみましょう。より自然に見せるために、唇が均等になる程度のごくわずかな量のフィラーを注入してもらいます。[14]
    • この施術は短時間で済みます。通常は1回につき15~30分程度しかかかりません。
    • リップフィラーの施術を受ける場合は、免許を持った整形外科医を選ぶようにしましょう。
    • リップフィラーの効果は永続的ではないため、後々のメンテナンスが必要になります。
  3. 3
    リップタトゥーで色味と立体感をプラスする 半永久的なリップタトゥーなら、色味や色素を加えることで唇をさらにふっくらさせることができます。プロのタトゥーアーティスト(彫り師)に、自分の希望通りの唇にできるかどうか相談してみましょう。[15]
    • パーマネントメイクアップの場合、従来のタトゥーとは異なり、色素がいつまでも唇に残るわけではありません。色落ちしていくため、2~3年ごとにメンテナンスが必要になるでしょう。
    • 大抵のリップタトゥーはとても繊細な施術で、施術をしたことがわからないような仕上がりになります。
  4. 4
    永久に形を変えられる、唇のインプラントまたは移植の施術を受ける バランスの悪い唇がどうしても受け入れられない場合、唇の形を永久的に変える方法がいくつかあります。リップインプラント(唇の内側に長いインプラントを埋め込み、均一にふっくらとさせる)、脂肪移植(お腹周りから唇に脂肪を移植する)、組織移植(体のどこかから唇に皮膚の一部を移植する)について、整形外科医に相談してみましょう。[16]
    • これらの手術は侵襲性が高く、それぞれにリスクがあります。これらの方法を選択する前に、免許を持った整形外科医に相談して情報を得るようにしましょう。
    広告

方法 5 の 6:
歯の手入れをする

  1. 1
    歯列矯正器具(ブリッジ)で歯をまっすぐにする 歯が曲がっているせいで笑顔のバランスが崩れているという場合は、歯列矯正医にブリッジを使った歯列矯正について相談してみましょう。歯列矯正は即効性のある方法ではなく、歯並びがきれいになるまでに1年以上かかる場合もあります。ただし、その効果は絶大です。[17]
    • 歯列矯正用のブリッジをつけたくない人は、インビザライン(マウスピースを使った歯列矯正)について、歯科医や歯列矯正医に相談してみましょう。[18]
  2. 2
    歯を長くするラミネートベニア修復法の施術を受ける 歯が欠けていたり、短かったりする場合は、歯科医師にラミネートベニア修復法について相談してみましょう。磁器製のシェルを歯の上にかぶせることで、真っ直ぐで白い歯を簡単に手に入れることができます。[19]
    • 歯と歯茎が健康でないと、ラミネートベニア修復法の施術を受けることはできません。日常的に歯磨きと歯間掃除を行いましょう!
    • この方法は永久的なものですが、時間の経過とともに施術した箇所が緩んでくることがあります。将来的には補修や交換が必要になるかもしれません。
  3. 3
    クラウンを装着して歯の形を整える 曲がっていたり、欠けていたりする歯が数本だけの場合は、クラウンの装着を検討しましょう。クラウンは1つ1つの歯に被せるカバーで、歯に装着することで、欠損のない健康な歯の形に修復できます。[20]
    • クラウンを装着することで、弱い歯や欠けた歯の補強にもなるでしょう。
    広告

方法 6 の 6:
写真を撮る際のポイント

  1. 1
    舌を歯の後ろに押し込んで均整の取れた笑顔にする 笑う前に、舌を口蓋に押し上げてから上の歯に押しつけます。こうすることで、笑ったときに歯茎が(見え過ぎず、隠れ過ぎず)適度に見えるようになるでしょう。[21]
    • 有名人はレッドカーペットなどで写真を撮る際に、この方法を使って笑顔をキープしています。
  2. 2
    唇を突き出してふっくらした唇に見せる 笑う前に、キスをするときのように唇を突き出してみましょう。その状態をキープして笑顔になることで、唇が自然にふっくらして見える写真が撮れます。[22]
    • この方法なら、使う化粧品を変えなくても、少しふっくらした唇に見せることができます。
  3. 3
    カメラから遠い位置に立つようにする 撮影の際にカメラに近づき過ぎていると、画像が歪み、バランスが崩れてしまいます。カメラから0.91~1.22 m以上離れて立ち、少しずつ後ろに下がったり前に出たりして、きれいに撮れる画角を探しましょう。[23]
    • カメラから遠ざかりすぎると、顔の形がおかしくなったり(ぼやけたり)します。ベストショットの撮れる、近過ぎず遠過ぎずの絶妙な距離感をつかみましょう。
  4. 4
    最も自然な画角で撮影するために、70〜100mmのレンズを使用する プロ仕様のカメラで撮影する場合、レンズによって仕上がりが大きく変わります。70mmや100mmのレンズなら、歪みが少なく、均一なバランスの写真が撮れるでしょう。[24]
    • あなたにぴったりなのは、ちょっと違うサイズのレンズかもしれません。好みのサイズのレンズが見つかるまでいろいろと試してみましょう。
  5. 5
    編集ソフトのワープツールを使って笑顔を修正する 写真を編集ソフトで開き、ワープツールで口角を強調します。口角の片側を上下に微調整して、バランスが悪く見える箇所を修正しましょう。[25]
    • 写真の編集の際は十分注意しましょう!やりすぎると、不自然な仕上がりになってしまうかもしれません。
    • プロに写真を撮ってもらった場合、撮影後、写真家に修正を依頼しましょう。
    広告

ポイント

  • どんな人でも笑顔は少なからず非対称になるものです。あなたの場合は、それほどバランスの悪さが際立っていないかもしれません。
広告

注意事項

  • 美容整形を受ける場合は、必ず免許を持った整形外科医に依頼するようにしましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ワンピースのウエストを詰める
生理を早める生理を早める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Tu Anh Vu, DMD
共著者 ::
認定歯科医
この記事の共著者 : Tu Anh Vu, DMD. ツ・アン・ヴー医師はニューヨーク州ブルックリン市にて歯科医院を経営している認定歯科医です。子供から大人にいたるまで、あらゆる年齢層の患者たちを対象に歯科治療恐怖症を克服する手助けを行っています。カポジ肉腫の治療法発見に関する研究にも取り組んでおり、メンフィス市で開かれたヒンマン学会にて研究論文を発表。ブリンマー大学にて学士号を、ペンシルバニア大学歯内療法学科大学院にて歯学博士号を取得。
このページは 340 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告