PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

水滴が衣服の生地などにつくと見苦しい跡が残る場合がありますが、心配はいりません。このような汚れは楽に落とせます。衣服や取り外し可能な生地などに汚れが付着した場合は、湿らせた布とアイロンで汚れを取り除きましょう。布製家具などに水シミが付着した場合は、水と酢の溶液で水シミを浮き上がらせます。あっという間に衣服などが元通りになるでしょう!

方法 1 の 2:
洗濯可能な衣服の汚れを落とす

  1. 1
    白いタオルをアイロン台の上にのせる タオルをアイロン台の上に平らにのせます。こうすると、吸収力のある滑らかなタオルの表面に衣服をのせることができます。色付きのタオルを使用すると顔料が衣服の生地に浸透する恐れがあるため、色付きのタオルは避けましょう。[1]
  2. 2
    タオルの上に水シミの付着した生地を下向きに置く 生地をタオルの上に置く前に水シミの場所を確認しておくと、生地のどの辺りを濡らしたらよいかわかるでしょう。衣服にプリント柄やキラキラの装飾品などが付いている場合はアイロンの熱で破損する恐れがあるため、事前に衣服を裏返しておきましょう。[3]
  3. 3
    マイクロファイバークロスで水シミの部分を湿らせる マイクロファイバークロスを蒸留水に浸し、余分な水分を絞ります。汚れている箇所をクロスで軽く押さえて湿らせます。水分が生地を通過してしまうようであれば、クロスを押さえつけて水分が生地に染み込むようにしましょう。[4]
    • 蒸留水には鉱質沈着物や不純物があまり含まれておらず、生地に跡が残る可能性が低いため、水シミの手入れには最適です。自宅に蒸留水がなければ、水道水でも代用できます。[5]
    • マイクロファイバークロスを使用すると、衣服に糸くずが残りません。[6]
  4. 4
    衣服の濡れている箇所にアイロンをかけて乾かす 生地の種類に適した温度にアイロンを設定して乾かします。適温が不明な場合は、衣服のラベルを確認しましょう。衣服の汚れている箇所が完全に乾くまでアイロンをかけます。アイロンを長く同じ場所にあてると焦げ跡がつく可能性があるため、注意しましょう。[7]
    • シルク製の衣服の場合は、最低温度に設定しましょう。
    • アイロンが温まるまでには、通常5分程度かかります。
    • 完全に生地が乾いた状態を確認してから、次の工程に進みましょう。
  5. 5
    汚れが落ちるまで、濡らして乾かす作業を続ける 衣服の汚れている部分を、タオルの乾いている場所に移動します。再度汚れに水をつけてから、アイロンをかけて乾かしましょう。汚れの大半が落ちるまで、この作業を繰り返します。[8]
    • 4回作業を繰り返した後は、それ以上の汚れは落ちない可能性が高いでしょう。
  6. 6
    残りの水シミの上をスプーンでこする 衣服を表向きに戻し、残りの水シミ部分の場所を確認します。その部分を清潔なスプーンの裏でこすり、最後まで残っている汚れを落としましょう。スプーンの使用により、汚れ周辺の繊維が僅かに伸びて水シミが目立ちにくくなります。[9]
    • 頑丈なアイロン台の上に衣服を置いたまま作業を行うと、スプーンで押さえやすいでしょう。
    • 指で汚れを落とすことも可能です。指を湯に浸してから、円を描くように汚れを5秒間程度こすりましょう。[10]
    広告

方法 2 の 2:
布製家具などの水シミを落とす

  1. 1
    スプレーボトルに酢125mLと水500mLを入れて混ぜる この作業には、鉱質沈着物や不純物がほとんど含まれていない蒸留水の使用が最も適しています。また、生地がさらに汚れるのを防ぐことができます。酢と水を計量してスプレーボトルに入れ、きつく蓋を閉めてからボトルを振って液体を混ぜ合わせます。[11]
    • 小さいスプレーボトルを使用する際は、材料の分量を半分にします。例えば、酢を約65mLと水を約250mL使用しましょう。
    • 生地の汚れを落とすには、ホワイトビネガーが最適です。
  2. 2
    生地の目立ちにくい箇所でスプレーを試す こうすると、誤って余分な汚れが付着するのを防げるでしょう。生地の目立たない箇所に溶液を軽く吹きかけ、5分間そのまま乾かします。[12]
    • 溶液を吹きかけた後に跡が残った場合は、スプレーボトルを空にして蒸留水を入れましょう。
  3. 3
    汚れに洗浄液を軽く吹きかける まず最初に汚れの輪郭に溶液を吹きかけてから、中央部分にも溶液をかけます。汚れ全体に酢と水の溶液がかかっていることを確認しましょう。[13]
    • 生地を濡らしすぎないようにします。軽く霧を吹きかける程度にしましょう。
    • スプレーボトルのノズルに強弱の設定があれば、最も弱い設定にしましょう。
  4. 4
    マイクロファイバークロスで汚れを押さえて液体を吸収する マイクロファイバークロスの上を優しく押さえて生地の汚れを吸い取ります。こうすると、布製家具の下のクッション部分に酢と水の溶液が染み込むのを防げるでしょう。乾き始めると生地の色が明るくなるため、そのような状態になるまで拭き続けます。[14]
    • 生地にファイバークロスの染料が染み込むのを防ぐため、白いクロスを使用しましょう。
  5. 5
    水シミがまだ目立つ場合は、再度汚れの周辺に溶液を吹きかけて乾かす 水と酢の溶液を再度汚れの周辺に軽く吹きかけ、マイクロファイバークロスで拭き取って乾かします。汚れが落ちるまで、この工程を繰り返しましょう。[15]
    • 溶液を吹きかけて乾かす作業を4回繰り返した後は、それ以上の汚れは落ちない可能性が高いでしょう。
  6. 6
    ヘアドライヤーで乾かし、カビの発生を防ぐ 生地の下の詰め物やクッションなどが濡れると、カビの温床になってしまいます。カビを防ぐには、周辺を完全に乾かしましょう。ヘアドライヤーを低温に設定し、湿っている箇所に吹き出し口をあてます。湿っている部分の上でヘアドライヤーを動かし、 きれいに乾かしましょう。[16]
    • ヘアドライヤーがなければ、扇風機を湿っている部分に向けて乾かしましょう。
    • ヘアドライヤーの温風をあてると生地が焦げる可能性があるため、温風を使ってはいけません。
    広告

関連記事

銅製品の汚れを落とす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
天然成分の消毒剤を作る
薬品を使わずにノミを退治する薬品を使わずにノミを退治する
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
カーペットの臭いを消すカーペットの臭いを消す
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
衣服についたホワイトボードマーカーを取り除く衣服についたホワイトボードマーカーを取り除く
濡れたカーペットを乾かす
キャンドルの蝋を落とす
服についたバターを取る
窓ガラスについた接着剤を落とす窓ガラスについた接着剤を落とす
白いシャツを漂白する
広告

このwikiHow記事について

Safir Ali
共著者 ::
ドライクリーニング専門家
この記事の共著者 : Safir Ali. サファー・アリはテキサス州ヒューストンにある「Hamper Dry Cleaning & Laundry」の共同経営者兼最高経営責任者です。同社を6年以上運営しており、家族に伝わる技術と経験をもとに、ドライクリーニングの簡略化を実現。洗濯とドライクリーニング業界の改革にも取り組んでおり、配達システム及びキヨスク( 洗濯物の引き渡しを行うクリーニングロッカー)を導入し、24時間年中無休のオンディマンドサービスを提供。その業績はHouston Rockets、Station Houston、Houston Business Journal、BBVA、Yahoo Finance、InnovationMapに取り上げられました。テキサスA&M大学にて経営管理学の学士号を取得。
カテゴリ: 掃除
このページは 158 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告