PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

衣類、カーペット、布製家具などに油をこぼすと、その製品はもう使えないと考えてしまいますが、家庭にあるもので簡単に油シミを落とすことができます。車のオイル、調理油、バター、ドレッシング、マヨネーズ、ワセリン、化粧品、制汗剤をはじめとした油性のシミを簡単に落とす方法があります。こぼしたばかりの油汚れだけでなく、時間の経ったシミにも効果があります。

方法 1
方法 1 の 2:
衣類の油シミをとる

  1. 1
    できるだけ多くの油を吸い取ります。こぼしたらすぐに、ペーパータオルを使って、できるだけ多くの油を衣類から吸い取りましょう。シミが広がるので、こするのはやめましょう。[1]
  2. 2
    洗濯表示を確認します。シミ抜きを始める前に、洗濯表示を確認しましょう。ドライマークがあれば、早いうちにクリーニング店に持って行きます。手洗い、平干し、吊り干し、洗濯機を使用できるかなどを確認します。また、洗濯表示の温度にも注意しましょう。洗濯表示に従って、必要に応じてシミ抜き方法を調整しながら行います。[2]
    • 例えば、洗濯表示の水温が「30」なら、シミ抜きに30℃以上の水を使わないようにします。
  3. 3
    シミに粉をかけて30分間そのままにします。ベビーパウダー、重曹、タルカムパウダー、コーンスターチ、ピンク石鹸などを使って、衣類から油を取り除くことができます。油シミに粉を振りかけると、粉が油を吸い取ります。30分間待ってから、スプーンで油と粉を衣類からこすり取ります。
    • 油シミに白いチョークを塗って、油を吸い取る方法もあります。
  4. 4
    洗剤と水でシミをこすり洗いします。衣類を湯ですすいでから、シミに食器用洗剤を数滴つけます。歯ブラシを使って、衣類に洗剤をこすりつけて洗い、湯ですすぎます。[3]
    • 使用する食器用洗剤は無色・有色を問いませんが、保湿成分を含まない洗剤を使いましょう。
    • 食器用洗剤の代わりにシャンプー、洗濯洗剤、アロエベラジェルを使うこともできます。
  5. 5
    シミ抜きをする衣類を単独で洗濯します。洗濯機を使える衣類なら、普段通り洗濯機で洗います。洗濯表示で最高水温を確認しましょう。傷みやすい衣類は手洗い します。
    • 傷みやすい衣類には、低刺激の洗剤を使いましょう。
  6. 6
    洗濯後シミが残っていたら、干して乾かします。洗濯後、乾燥機を使う前にシミがおちたか確認しましょう。乾いてからシミを確認する場合は、干して乾かします。シミをおとさずに乾燥機を使用すると、熱でシミが定着します。[4]
    • 傷みやすい衣類は、乾燥機を使わずに干して乾かします。
  7. 7
    頑固なシミには、ヘアスプレーやWD-40を使います。干して乾かした後に残ったシミや、定着した古いシミでも取り除くことができます。ヘアスプレーやWD-40をシミに吹きかけます。20分間おいてから洗濯しましょう。[5]
    • WD-40の成分は油ですが、定着した油分を「再活性化」する作用があるので、洗濯してシミをおとせるようになります。
    • WD-40は、傷みやすい衣類には使えません。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
布製家具やカーペットの油シミをとる

  1. 1
    油を吸い取ります。古いタオルやペーパータオルで、油をできるだけ多く吸い取ります。シミが広がるので、タオルでこするのはやめましょう。[6]
  2. 2
    粉を振りかけて15分間そのままにします。重曹、タルカムパウダー、ベビーパウダー、コーンスターチなどを振りかけて、油を吸わせます。シミに粉を振りかけて15分間そのままにします。[7]
  3. 3
    粉をこすり落とし、必要に応じて繰り返します。スプーンで粉をこすり落とします。または、掃除機で吸い取る方法もあります。まだ表面に油が残っていたら、粉を新しく振りかけて15分間そのままにします。スプーンでこすり落とすか、掃除機で吸い取りましょう。[8]
  4. 4
    洗剤や溶剤でシミを吸い取ります。ボウルやバケツに水450mlと食器用洗剤大さじ1杯を混ぜます。この溶剤に浸した清潔な布を使って、シミを吸い取ります。シミが消えるまで繰り返します。[9]
    • 洗剤と水のかわりに、ドライクリーニング溶剤や作業着用洗剤を使うこともできます。その場合は、目立たない部分で試してから使いましょう。
  5. 5
    清潔なスポンジを濡らして洗剤を取り除きます。清潔なスポンジを水で濡らします。シミに押し付けて、残っている石鹸、溶剤、洗剤、油を取り除きます。[10]
  6. 6
    水分を吸い取り、乾かします。清潔なタオルを濡れた部分にあてて、できるだけ多くの水分を吸い取ります。干して乾かしましょう。[11]
    広告

必要なもの

衣類の油シミをとる

  • ペーパータオル
  • ベビーパウダー、重曹、タルカムパウダー、コーンスターチ、ピンク石鹸
  • スプーン
  • 食器用洗剤、シャンプー洗濯洗剤、アロエベラジェル
  • 古い歯ブラシ
  • 洗濯洗剤
  • WD-40又はヘアスプレー

布製家具やカーペットの油シミをとる

  • 古いタオル又はペーパータオル
  • コーンスターチ、重曹、タルカムパウダー、ベビーパウダー
  • スプーン又は掃除機
  • 石鹸水、ドライクリーニング溶剤、作業着用洗剤
  • 清潔な布
  • スポンジ

関連記事

銅製品の汚れを落とす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
キャンドルの蝋を落とす
嘔吐物で汚れたソファを消臭する嘔吐物で汚れたソファを消臭する
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
濡れたカーペットを乾かす
ソファに付着した尿をきれいにするソファに付着した尿をきれいにする
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
服についたワセリンを落とす服についたワセリンを落とす
ステンレス冷蔵庫のへこみを直すステンレス冷蔵庫のへこみを直す
ゴムを洗うゴムを洗う
タワーファンを掃除するタワーファンを掃除する
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 掃除
このページは 675 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告