平方フィートを想像する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

不動産の一覧やその他の広告で「平方フィート」という言葉を見てもピンとこない場合があるでしょう。100平方フィートは約9.3平方メートル、約2.8坪ですが、平方フィートで表記された場所が実際にどのくらいの大きさなのか思い描くのは難しいことです。アパートや家の大きさを想像する際、平方フィートを頭に思い描くためのざっくりとした方法がいくつかあります。また、手足やその他の物で測る方法もあります。

方法 1 の 3:
平方フィートをイメージできるようにします

  1. 1
    500平方フィートの一般的な間取りを想像します。アパート、家、土地などの広告で500平方フィートと書かれていた場合、比較的小さめですが、複数の部屋があることが想定されます。500平方フィートの家には、独立したダイニングキッチン、居間、寝室、浴室があります。クローゼットも通常500平方フィートの中に含まれます。[1]
    • ダイニングルームは比較的小さくなりますが、台所と寝室は広めです。
    • 全ての500平方フィートの家がこの通りの間取りに作られるわけではありませんが、このように描くと、500平方フィートがどのくらいの広さなのかおおよそ検討がつくはずです。
  2. 2
    400平方フィートは、車二台分の駐車場をイメージしましょう。400平方フィートは、大体乗用車二台分の駐車場の広さです。少し余裕を持たせて二台の車を停めるのに十分な広さの空間をイメージしましょう。[2]
    • アパートや家の広告の場合、400平方フィートの場所には通常独立した台所と寝室がありますが、大概非常に小さな部屋になります。
  3. 3
    300平方フィートは、寝室を除いてイメージしましょう。約400平方フィートの場所を想像します。そして小さな寝室分の空間を差し引きます。これが300平方フィートの広さです。[3]
    • このサイズのアパートの場合、賢く戦略を練る必要があるでしょう。例えば、ベッドを隅に寄せたり、一つの家具をテーブルとデスクとして兼用するといった工夫です。
  4. 4
    200平方フィートは車一台分の駐車場を考えましょう。200平方フィートは、車一台分の駐車場の大きさと大体同じです。言い換えると、乗用車は200平方フィートの場所に少し余裕を持たせて止められるということです。[4]
  5. 5
    100平方フィートは寝室より小さい空間を想像しましょう。100平方フィートは非常に小さな空間です。平均的な寝室よりも小さいのが一般的です。通常、不動産一覧で100平方フィートかそれ以下のものが載っていたら、家全体ではなく一部屋の広告です。[5]
    • また、平均的なダブルベッドは約27平方フィートなので、それを思い浮かべる方法もあります。これは100平方フィートの約3分の1です。
    広告

方法 2 の 3:
体を使って平方フィートを測ります

  1. 1
    縦と横の長さを掛けて平方フィートを算出します。体を使って想定の平方フィートを導き出すには、平方フィートが何か理解することが重要です。平方フィートは、一辺が12インチ(30.5㎝)の正方形であるというのが基本です。およその平方フィートを知るには、その場所の縦と横の長さを測ります。そしてその数を掛け合わせれば平方フィートが算出できます。[6]
    • 例えば、4フィート(122㎝)×3フィート(91㎝)のテーブルは、約12平方フィートです。
    • しかし、変わった形の部屋の場合はよく考察する必要があります。これらの計算は平方フィートを大まかに思い描いたり、見積ったりするのには役立ちますが、正確な広さを求める方法としては使えません。
  2. 2
    自分の身長を使って平方フィートを想像します。自分の手、足、あるいは他の体の部分の長さが分からなくても、恐らく身長は分かるでしょう。身長を使っておおまかな平方フィートを算出できます。アパートの正確な平方フィートを知る必要がある場合は、壁沿いに寝転がって縦と横を測りましょう。[7]
    • 例えば、あなたの身長が6フィート(約1.8m)で、アパートの短い方の壁沿いに2回寝そべることができる場合、横は12フィート(約3.7m)ということです。長い方の壁で4回寝そべることができる場合、長さは48フィートです。これを掛け合わせると約576平方フィートという答えが出ます。
  3. 3
    自分の歩幅を測ります。自分の歩幅を使って場所の広さを測ることもできます。巻き尺を地面に置き、自分の歩幅を測りましょう。部屋の広さを測る場合、壁沿いに歩いて何歩になるか調べ、縦と横の長さを測りましょう。[8]
    • 一歩の平均が約1フィートで、片方の壁が15歩、もう片方が12歩の場合、部屋の縦と横の大体の長さは10と5です。これを掛け合わせて、180平方フィートという面積が求められます。
  4. 4
    自分の足で測ります。多くの人は自分の足の大きさを即答できます。靴屋で自分の足の大きさを測ったことがあり、覚えている場合は、それを使って平方フィートをイメージしたり測ったりできます。[9]
    • 3平方フィートのエンドテーブルを買うことを想定します。正確な縦横の長さは分からなくても、そのテーブルがどのくらい幅を取るかを想像するため、横1.5フィート(約50㎝)、縦1.5フィートのテーブルをイメージしましょう。あなたの足が9インチ(約22.9㎝)の場合、テーブルの一辺は自分の足の約2倍です。
  5. 5
    小さな物を測るのに、指を使います。とても小さな物を測る場合、手を使って測ることができます。指先から手のひらまでの大体の長さが分かれば、手を測りたい物の脇に沿わせて、大体の平方フィートを知ることができます。[10]
    • 例えばエンドテーブルを測る場合で、縦横がどちらも手3つ分だとします。自分の手が約6インチ(約15㎝)だとすると、テーブルは1.5フィート(約50㎝)×1.5フィートです。よって、約3フィートの面積を取ります。
    広告

方法 3 の 3:
物を使って大体の長さを測ります

  1. 1
    床のタイルを使います。家のリフォームなどで残った床のタイルが手元にある場合、その大きさが分かるかどうか確認しましょう。床用タイルが1平方フィートであれば、これを使って家や家具の平方フィートを想像できます。[11]
    • 例えば、絨毯に30平方フィートと書かれているとします。タイルを床に置いて、30タイル敷き詰めたらどうなるか想像し、絨毯の大きさを掴みましょう。
  2. 2
    米ドル札で測ります。普通の米ドル札の横幅は、約6インチ(15㎝)です。より小さい物の平方フィートを測りたい場合は、米ドル札で調べられます。[12]
  3. 3
    新聞を使います。多くの新聞は縦が約11インチ(約28㎝)です。これは大体1フィートなので、何かの縦横の長さを大まかにフィートで測りたい場合は新聞が使えます。テーブルの長い辺が新聞4つ分の場合、テーブルの長さは4フィート弱だということが分かります。[13]
    • これはアメリカの一般的な新聞の大きさです。大きさには色々な種類があり、全ての新聞が約11インチ(約28㎝)というわけではありません。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 数学
このページは 205 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告