PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

恋愛関係を維持するには、献身的な努力が必要です。口論や誤解とは無縁な関係を築こうと、必死になる場合があるかもしれません。しかし、愛が冷めてしまったとしても、忍耐強く努力を重ねれば、幸せな関係を長く維持することができます。

パート 1
パート 1 の 2:
自分に合った人を見つける

  1. 1
    自分に合わないと思ったら、すぐに別れる 初めから、破局に終わることが明らかな恋愛が大半を占めます。満足できない関係にズルズルと留まるのは、時間の無駄です。関係を築いてすぐに、恋人との間がギクシャクし始めたら、すぐに別れた方がよいでしょう。いつかは良くなる、と期待を胸に関係を続けてはいけません。好ましくない関係に共通する事柄には、次のようなものが含まれます。
    • 相手を幸せにするために、自分を変えなければいけないと思う。例えば、相手に非難されるのではないかと恐れて、自分の意見や気持ちを伝える前に、頭の中で修正を加えたり、どのように思いを伝えるべきかを、常に慎重に考えているなら、関係解消を考える時かもしれません。[1]
    • 友達や家族に対してパートナーを常に擁護する。著者であり心理学者のゲイリー・ニューマン氏は「あなたが相手をどんなに好きでも、家族や友達全員が、同じように好ましいと思うとは限らない。ただ、彼らが一貫して、新しい相手はあなたには相応しくはない、という見方をするなら、慎重になるべきだ」と、言います。[2]
    • 頻繁にパートナーから批判を受ける。
    • 離れている時に、パートナーの様子が気になって不安になる。
    • 関係を築いて以来、自己嫌悪を覚える。
    • パートナーが、あなたの気持ちを真剣に考えてくれない。
  2. 2
    パートナーへの期待は現実的なものにする 2人の関係に非現実的な期待を寄せるのは避けましょう。非現実的な期待には、次のものが含まれます。
    • 口に出して言わなくても、自分の欲するものや、気持ちを、パートナーに分かって欲しいと期待する。パートナーに気持ちを汲んで欲しい、と思う人がほとんどです。「欲しいものを、わざわざ相手に伝えたくない。わかるはずだから」と考えがちです。[3]
    • 相手には、自分の気持ちを第一に考えて欲しいと期待する。パートナーが自分の趣味ばかり追いかけると、寂しい気持ちになるため、止めて欲しいと願います。
    • パートナーが別の人を魅力的だと思っていると知り、怒る。私達の脳には、他者にロマンチックな感情を抱かせたり、魅力的だと感じさせる働きがあり、パートナーができても、その機能が衰えることはありません。[4]
    • この関係は、初めから絶望的なものなので、何があっても変わることがなく、2人が幸せを見つけることはできない、と自分を確信させる。
    • 2人で幸せを掴むのに、多くの努力は要らないと信じている。
  3. 3
    パートナーの潜在力ではなく、ありのままの姿を尊重する 恋愛の最大の落とし穴は、パートナーは自分の気持ちを理解しているはずだ、という思い込みです。そういった期待をかけていると、パートナーが、2人にとって特別な日を忘れたり、若しくは、ある状況で自分の期待通りに振る舞わないと、イライラするかもしれません。自分の幸せのために、相手に過大な期待をかけのではなく、パートナーのありのままの姿を尊重し、自分との共通点が発見できたら、その意外性を嬉しく感じられるように、努力しましょう。
    • ブロガーのメリッサ・ドーン・リバーマン氏は、「夫が、あなたの気持ちや、欲するものを分かっている、と思ってはいけません。感情、世界観、考え方が全て同じ、ということはありません。例えば、あなたは、台所の流しに溜ったお皿に目が向くかもしれません。また、子供達が宿題を終えていないことにも、気づくでしょう。しかし、あなたが気づくからといって、あなたの夫もそうだとは限りません。疑問に思ったら、きちんと言葉で伝えましょう」と、提唱します。[5]
    専門家情報

    「相手の感情や考えに寛容であることは、愛情を示す一つの方法です」

    Allen Wagner, MFT, MA

    Allen Wagner, MFT, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロサンゼルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。
    Allen Wagner, MFT, MA
    Allen Wagner, MFT, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト
  4. 4
    パートナーを尊重しても、言いなりにならない 恋をすると、相手の気持ちを自分に向けておこうと、自分の力の及ぶ限り何でもしてしまうことがあります。時には、自分の信念を曲げることも厭わない、と思うこともあるでしょう。しかし、相手を幸せにしたいからといって、自分らしさを失ってはいけません。もちろん、パートナーの素晴らしい所を見つけたら、相手に伝えましょう。ただし、気分を害されたら、その問題に建設的に取り組みましょう。人を愛するということは、自分らしさを失くすことではありません。
  5. 5
    似たような理想を持つ人を探す パートナー同士で、全く同じ世界観を持つ必要はありません。しかし、グローバルな話題で意見が合うと、より良い関係を築けるでしょう。特に、フェミニズムといったジェンダー問題において、2人が同じような考えを持っていると、良好な関係を築き易いかもしれません。
    • ラトガー大学の研究者らが、男性パートナーがフェミニストのカップルを対象に、男女両方に自分たちの関係について尋ねたところ、女性は、質の高い関係を維持していると答えた一方で、男性は、性生活が充実していて、関係も安定していると答えた、とのことです。[6]
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
関係を長続きさせる

  1. 1
    一緒に時間を過ごす 強い絆を築くには、2人の時間を賢く使うことが大切です。ただ一緒にテレビを見るだけではなく、運動をする、旅行に行く、キャンプに行くなど、良い思い出になる前向きな活動に、2人の時間を費やしましょう。
    • 「Psychology Today」で紹介された研究報告によれば、運動で得られる高揚感のような生理学的覚醒には、性的かつロマンチックな体験を通して得られる興奮状態と似た症状が見られるのだそうです。[7]
  2. 2
    1人で過ごす時間を持つ 人間は自立したい、自由でいたい、という欲求があります。それは、パートナーから離れて初めて得られます。パートナーとは共有しない趣味がありませんか。あるなら、自分の趣味を楽しみ、パートナーにも、パートナー自身の趣味を追い求める自由を与えましょう。また、離れて過ごすことで、お互いに会いたいと思う気持ちが募り、改めて、パートナーが自分にとって重要な存在なのだと、認識できるでしょう。
    • お互いに1人の時間を尊重し合うことで、2人の絆が一層強くなります。[8]
  3. 3
    2人で一緒に成長し、自分自身も独自に成長する 独身の間は、人との繋がりに必要性をあまり感じないかもしれません。しかし、一度恋に落ち、起きている間中ずっと相手と一緒にいたい、と思うようになると、その気持ちは、一変します。恋愛関係を成就する鍵は、バランスです。「人生を共有しながらも、別々の時間も過ごす、という簡単なことです」。
  4. 4
    正直に論理的にコミュニケーションをとる 相手に対する不信感や、自分を必死に守ろうとする姿勢は、恋愛関係において最大の脅威と言えますが、それらを避けることも可能です。パートナーと意見が合わない時でも、相手の話を遮らず最後まで聴いて、パートナーの視点から物事を見るように努力しましょう。パートナーの意見に、同意出来るか出来ないかは、二の次です。また、2 人の意見が合わないことがある、という事実を受け入れましょう。強引に物事を推し進めるのではなく、自分の信念に従いながらも、相手の考えも尊重しましょう。
  5. 5
    性生活を充実させ、毎日セックスするのが理想 ダートマス大学とイギリスのウォーリック大学の研究員らによれば、カップルが良好な関係にあるかどうかを示す指標は、セックスそのものではなく、その頻度だと報告しています。[9] また、セックスは、身体的かつ精神的に、多くのメリットをもたらします。次にその一部を紹介しましょう。
    • 免疫システムを高める。
    • 性欲を改善する。
    • 血圧を下げる。
    • 心臓病のリスクを減らす。
    • 鎮痛剤として働く。
    • ガンのリスクを減らす。
    • 睡眠を改善する。
  6. 6
    最高の自分を見せ、時の経過と共に起こる身体的変化を受け入れる 良好な関係とは、最悪の時でも、常に最高の自分を見せる努力をして、お互いが愛し合っている状態を指します。最高の自分を見せようと頑張る姿に、パートナーは敬意を示すだけでなく、恋に落ちた当初のあなたを思い出し、感情が一層刺激されるでしょう。また、時間の経過とともに、お互いに歳を重ねて変化が起こりますが、これも人生の一部だと納得し、欠点があっても、相手の魅力を見つけることが大切です。
  7. 7
    常に気を配る 恋愛関係を維持するには、大変な努力が必要です。また、長く幸せなカップルでいるためには、この記事で紹介したステップを、常に実践する姿勢が求められます。常に完璧でいることは難しいことですが、幸せな恋愛関係が成就できるかどうかは、相手を十分に気遣い、尊重できるかに大きく依存します。
    広告

ポイント

  • 「愛しているよ」と頻繁に言いましょう。口に出して言うことで、パートナーに愛され、大切にされていることをお互いに確認でき、幸せが実感できるでしょう。
  • 夜、デートに行きましょう。時々、ときめきを感じられなくなることがあります。パートナーと長い関係にあると、尚更です。ふだん行わないことを、2人で一緒に実行することで、ロマンチックな感情を持ち続けることができ、お互いの幸福感も高まります。
  • 折に触れて、特別なことを実行しましょう。プレゼントを隠しておく、気が向くままに甘いメッセージを送る、気の利いたデートを計画してパートナーを驚かすなど、ちょっとした工夫に、相手が喜ぶことは、間違いありません。
  • 今後の計画を立てましょう。パートナーとの関係が上手くいっている、ということが実感できるため、自信がつき、幸せな気分にもなります。また、2人で将来のことを考えれば、浮き浮きします。1日だけの休日の過ごし方であっても、一緒に計画をすれば、満足感が得られます。
  • 共通の趣味を始めましょう。ダンスのサルサ、乗馬、あるいは星の観察など、一緒に楽しめる趣味を持つと、親密度が増し、話題も増えるでしょう。
  • パートナーの日常生活に興味を持ちましょう。パートナーの全ては分からない、と当たり前に考えて知ろうと努力せずにいるのは楽でしょう。パートナーがその日食べた物、パートナーの母親の様子、パートナーが友達としたこと、といった細かいことは、あまり重要には思えないかもしれません。しかし、お互いについて深く知れば、絆も強くなり、また、訊かれた側は、自分の日々の過ごし方にも気を留めてくれていると感じることができ、嬉しくなります。
広告

注意事項

  • あなたが常に正しいとは限りません。しかし、とても頑固な人が、少なからずいます。彼らは、常に自分が正しいと思い、引き下がることがありません。そういった態度は、口論の元になり、周りの人が楽しくできません。「自分も間違えることがある」と、事実を受け入れることが大切です。また、些細なことにイライラする必要はない、と悟ることも大切です。そうすれば、他愛もないことで衝突せずに済み、本当に大切なことに焦点を当てることができます。また、時折、お互いの正当性を認め合えば、お互いが幸せな気持ちになるでしょう。
  • パートナーが思いやりに欠け、虐待的なら、すぐに関係を絶ちましょう。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Allen Wagner, MFT, MA
共著者 ::
マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事の共著者 : Allen Wagner, MFT, MA. アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロサンゼルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。 この記事は1,820回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,820 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告