恋愛時代はいつも仲が良く、毎日楽しく過ごす事ができます。しかし、結婚するとトキメキが薄れ、お互いの情熱が徐々になくなるのではないか、と不安に思う人もいるかもしれません。幸せな結婚生活の秘訣は、お互いにロマンチックな感情を持ち続け、パートナーと一緒に、また個人的にも成長し続ける事です。簡単ではありませんが、充実した結婚生活にはお互いの努力が大切です。

パート 1 の 3:
相手を思いやる

  1. 1
    パートナーを尊重します。健全な結婚生活を送るには、お互いが同等であると感じられるように行動しましょう。物事を決断する時や、自分の仕事を進めている時でも、常に相手の感情を考慮しましょう。パートナーの意見を軽んじたり、自分の意見を常に通したりしていると、結婚生活に不均衡が生じます。パートナーの意見にも真剣に耳を傾け、相手の意見が自分にとっても重要だと態度で示しましょう。[1]
    • 相手には、親切に、愛情深く、思いやりを持って接しましょう。面白くないことがあって、ついパートナーの発言や反応に当たってしまったら、すぐに謝ります。結婚しているのだからと、相手に対してわがままな態度をとるのは良くありません。相手を尊重し、思いやりを持って接します。
    • パートナーのプライバシーも尊重しましょう。プライバシーが尊重されているとパートナーにわかってほしいのであれば、相手の携帯電話や手紙、メール、銀行の預金明細などを盗み見してはいけません。
  2. 2
    今の2人の関係に焦点を当てます。パートナーを大切に思い、健康的で生産的な関係を保つには、過去の過ちに拘ったり、相手が犯したミスを事あるごとに持ち出したりしてはいけません。前向きな行動を取りましょう。2人が一緒に経験できる「今」を楽しみ、これからの2人の未来に思いを馳せます。パートナーを心底大切に思っているのならば、パートナーの感情を尊重しましょう。反応を見たいが為に、過去の出来事を持ち出してはいけません。
    • 相手に傷つけられた経験は、簡単に忘れられないかもしれません。しかし、腹いせに相手の過去の過ちを持ち出すのはタブーです。誰も完璧ではありません。済んだ事を持ち出して、相手を傷つけてはいけません。
  3. 3
    時間を割いて相手の話を聞きます。思いやりを態度で示すには、相手の話に耳を傾けることがとても大事です。パートナーがその日の出来事を話している時に、上の空で聞くのは失礼です。また、意見があっても、相手の話が終わるまで待ちましょう。親身に話を聞き、真剣に考える努力をしましょう。携帯電話を置き、相手の目を見て、相手の気持ちになって聞きましょう。
    • 会話の最中に集中力が途切れることはよくありますが、聞いている振りをしてはいけません。まず謝って、もう一度話してもらい、内容を理解するように努力しましょう。
    • 時々、パートナーに声をかけたり何かを尋ねたりして、気にかけているのだと態度で示しましょう。相手の話が退屈だ、と感じさせてはいけません。
    • 仕事で忙しく過ごした日の終わりには、真っ先に誰かに話を聞いてほしい、と思うことがあります。聞く側は、真剣に聞くだけで十分です。アドバイスをしなければ、と身構える必要はありません。
  4. 4
    パートナーを優先します。常にパートナー中心の生活を送る必要はありません。しかし、結婚を決意した時、お互いに相手にとって一番大事な人になりたい、と思ったはずです。その時の気持ちを思い起こしましょう。大きな決断はパートナーと一緒に下す、と誓った当時を思い出し、自分にとっても相手にとっても最善の方法を取るように心がけましょう。
    • 自分の家族や友達とパートナーが上手くいかない場合は、たとえパートナーに非があったとしても、パートナーを責めてはいけません。パートナーの気持ちを思いやり、愛情を持ってサポートしましょう。
  5. 5
    コミュニケーションを円滑に図ります。幸せな結婚生活には、コミュニケーションが欠かせません。お互いの考えを納得行くまで話し合います。2人で一緒にしよう、と決めた事であればなおさらです。話し合いを繰り返すうちに深いコミュニケーションが取れるようになり、強固な信頼関係が生まれます。コミュニケーションは、健全な結婚生活を送るための鍵です。
    • 相手を傷つけようと、怒りながら言葉を発してはいけません。意図しなくても、つい放ってしまった酷い言葉は、相手にとっては大きな衝撃で、簡単に忘れることができません。2人の関係に致命的な痛手となります。すぐに謝りましょう。
    • 口論になったら、その問題だけに焦点を当てます。相手の性格を攻撃してはいけません。
    • コミュニケーションを円滑に図るには、パートナーの考えや気分に普段から注意を払いましょう。ボディランゲージや表情などから、問題を抱えているか、話をできるタイミングか、を判断します。
    専門家情報
    Allen Wagner, MFT, MA

    Allen Wagner, MFT, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロスアンジェルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。
    Allen Wagner, MFT, MA
    Allen Wagner, MFT, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    気持ちの上でつながる時間を作るために、家庭事務的な用事を片付けましょう。週に一度、家庭における実務的なことを夫婦で話し合う場を設けると効果的です。そうしてお互いに顔を合わせて事務的な用事を忘れないように念押しするだけではなく、「今日はどうだった?」などと相手に尋ね、色々と会話をすることでつながりが深まるでしょう。

  6. 6
    相手の秘密を暴露したり、相手の弱みを武器に口論をしてはいけません。パートナーが、あなたを信用して話してくれたプライベートな事を軽々しく扱ったり、他の人に話してしまうと、信頼関係が損なわれます。相手の辛い過去や個人的な悩みを口論の道具に使うのは、もってのほかです。パートナーは、あなたを信頼して自分の弱みを打ち明けたのに、とショックを受け、裏切られたと思うかもしれません。パートナーからの信頼を損なわないように、細心の注意を払いましょう。
    • あなたは、パートナーが世界で最も信頼を寄せる人です。信頼を裏切らない為にも、過ちを犯したら謝りましょう。
  7. 7
    パートナーの気持ちを敏感に察知します。問題を抱えている様子が見えたら、スキンシップをとり、理由をきいてみます。言葉をかけてほしいサインかもしれません。その機会を逃さないようにします。パートナーがまだ話したくない様子ならば、強要してはいけません。話す気になるまで待ち、いつでも話を聞く用意があることを態度で示します。
    • パートナーの異変に気づいても、公の場で様子を聞くのは避けましょう。プライベートになれる場所に呼んで、気持ちを尋ねます。
    広告

パート 2 の 3:
愛情を表現する

  1. 1
    「愛している」の一言を積極的に言います。自分の気持ちは相手に伝わっているはずだから、わざわざ言う必要はない、などと考えてはいけません。1日に少なくとも1回か2回は「愛している」と言葉をかけましょう。ふざけて言うのではなく、相手の目を見て真剣に伝えます。家を出る間際に「好きだよ!」と口早に言ったり、メールに「大好き!」添えたりするのではなく、相手が自分にとても大切な存在だと、真剣に、直接伝えましょう。
    • 「愛している」という言葉は神聖で特別な意味を持ちます。きちんと真面目に伝えると、2人の関係が格段に向上します。
    • また、こうした言葉は相手に何かを期待して、あるいは喧嘩の後の仲直りの印として伝えるものではありません。心の底から相手を大切に思っている、という気持ちを表すための言葉です。相手にもあなたの思いが伝わります。
  2. 2
    1日の始めには、キスやハグをしましょう。1日の始めにお互いの愛情を確かめ合うと、お互いの気持ちが強くなり、1日を有意義に、またロマンチックな気持ちを持ったまま過ごせます。朝はコーヒーと身だしなみだけで精一杯かもしれません。しかし、合間を縫ってパートナーにハグやキスをすると、良い形で1日のスタートが切れます。日中離れ離れになるのであれば、愛情たっぷりの幸せな時間を朝少しでも持つと、夕方の再会までお互いに良い気持ちで過ごせます。
    • 1日の始めにほんの5、6分を割いてパートナーにキスをするだけで、お互いの愛情が一気に強まり、より親密になります。どんなに急いでいても、ただ、通り一遍に頬にキスをして「いってらっしゃい」と言うだけでなく、愛情をきちんと形にしましょう。
  3. 3
    2人の時間を作る努力をします。関係が長くなるとお互いに仕事が増え、2人だけの時間を過ごす事が難しくなります。友達や家族との時間を削ってでも、パートナーとのプライベートな時間を毎週作るように努力しましょう。2人で行く友達の誕生パーティや実家のバーベキューパーティは、あくまでも公の行事です。[2]
    • 2人ともスケジュールが目一杯の場合は、どちらか一方の時間を削って一緒の時間を作ります。家族揃っての外出時に2人だけで散歩に行ったり、パーティの席からそっと抜け出して時間を取りましょう。
    • デートを計画したら、お互いにその日は他の予定を入れてはいけません。
  4. 4
    スキンシップを大切にします。ハグやキスをする、手を握る、お互いに褒め合う、あるいはパートナーの側にいるだけでも十分に効果があります。スキンシップは2人の関係を強固にし、たとえ毎回意見が合わなくても親密感が増します。ソファに一緒に座っていても、肌の触れ合いがなかったり、冷たい素ぶりばかりではますます気持ちが遠のくばかりです。
    • スキンシップが苦手な人もいます。特に公衆の面前での愛情表現やハグがあまり得意ではない場合は、自分のできる範囲内でスキンシップをとり、思いを相手に伝える努力をしましょう。
    • 健康的なセックスライフが2人の関係を新鮮に保つ鍵であることは言うまでもありません。お互いに心を開いて正直に、自分の好き嫌いを伝えましょう。
  5. 5
    小まめな愛情表現をしましょう。手にキスをしたり、夫のために用事を済ませたり、仕事に出かける前に夫へのラブレターを洗面台の鏡に貼ったりなど、些細な事でも気持ちは通じます。相手は嬉しくて思わず笑みをこぼすでしょう。疲れていても、いい関係を築けていても、相手を喜ばせる努力は大切です。惜しまずに気持ちを表現しましょう。愛している、と伝えれば、相手の心も和みます。
    • 忙しすぎて、パートナーの為に毎日している事が出来ない時は、時間ができた時に埋め合わせをします。また、相手を決して忘れているわけではない、と伝えることも大事です。
  6. 6
    相手への感謝を伝えます。洗濯やベッドメーキングなど、パートナーにいつもしてもらっている事に感謝の気持ちを伝えましょう。してもらって当然だ、と決して思ってはいけません。ありがたい気持ちを伝え、感謝をします。時には、相手に手を貸して感謝の意を表します。
    • これまでにパートナーにしてもらって嬉しかった事、病気の時に犬の世話をしてもらったことや、サプライズで誕生パーティを開いてもらったことなどに、手紙で感謝しましょう。
  7. 7
    小さなプレゼントで感謝を示し、お互いに驚かせます。サプライズの瞬間が特別な思い出になります。豪華なプレゼントである必要はありません。大切なのは気持ちです。心温まる瞬間や素敵な思い出作りが2人の関係に大きな役割を果たします。相手を常に気に留め、欲しているものを察知して、サプライズで素敵なプレゼントをしましょう。
    • 誕生日や記念日などの特別な日にプレゼントを贈るのはもちろんですが、思いついた時にも贈りましょう。プレゼントが義務感からではない、と相手も気づき、嬉しくなります。
  8. 8
    パートナーに必要とされたら手を貸します。夫が忙しければ、料理や家事などを積極的にこなして理解を示します。自分が忙しい時は協力を求めます。もちろん、家事はお互いが分担し合うべきですが、大切な夫の為に、必要とされている時には積極的に手を貸しましょう。
    • 助けはいらない、と言われても、パートナーがストレスで疲れ切っている様子であれば、料理や犬の世話、その週の用事などを進んで済ませましょう。
    広告

パート 3 の 3:
関係を長続きさせる

  1. 1
    お互いが離れて、自分の事に没頭する時間を作ります。幸せな結婚生活の為には、何でも2人ですべきだ、と思うかもしれませんが、2人の絆を強くするには、双方の自立が大切です。いつもべったりしていては、それぞれの趣味を深めたり広げたりすることができず、共依存の関係に陥ってしまいます。結果として、自分のアイデンティティを失うことになりかねません。[3]
    • 双方が自分自身の趣味や興味を追求できる環境にいると、人間として成長し続けることができます。20年後も今と全く同じ、成長のない自分でいるのは悲しい事です。
    • また、お互いが離れてみて初めて、一緒に過ごす時間の素晴らしさも分かります。常に一緒にいると、お互いのありがたみを忘れがちです。
    • 友達と会う時に、夫婦なのだからと毎回パートナーを連れて行く必要はありません。お互いの社会生活に溶け込むのは重要ですが、「男同士の時間」「女同士の時間」を持ち、友達との友情や自分自身の支援ネットワークを発展させることも大切です。
  2. 2
    ロマンスを絶やさないようにします。結婚生活は、ロマンチックな時間をできるだけ多く作ると長続きします。2人の生活が長くなると、あるいは子供ができると2人の関係が様変わりします。パートナーはあなたにとって特別な存在です。喜ばせる努力をしましょう。夜のデートを計画し、結婚後何年経っても恋愛関係が続くように工夫しましょう。そのためのヒントがいくつかあります。
    • 毎週または隔週で夜のデートを計画し、出かけましょう。デートの内容も毎回変えます。
    • 家でもロマンチックな時間を作りましょう。テレビで恋愛コメディを見たり、キャンドルを灯してのディナーを用意したり、家に居てもいつもと違った雰囲気作りを心がけます。
    • 記念日にはカードを交換し合いましょう。時間をかけて相手の好きな所をカードに綴ります。
    • 2人がいつまでも新鮮な気持ちを保てるように工夫しましょう。相手に対して本能的に行動すると、ロマンチックな気持ちが高まります。思いついたまま、週末、旅行に出かけたり、ダンスクラスに参加したり、あるいは、取っておいたワインを唐突に開けてみたりすると刺激的です。
  3. 3
    お互いに歩み寄ります。結婚生活を長く続ける秘訣は歩み寄りです。多少の犠牲を払ってでも相手の為に尽くしましょう。結婚生活はいつも楽しく簡単にいくとは限りません。大きな決断を迫られる時があります。住む所、子どもを作る時期、今後のキャリアなど、家族に影響を与える一大事を1人で決めてしまう前に、腰を据えて2人で話し合い、お互いの考えやニーズをきちんと伝え合いましょう。
    • スケールの大小に関係なく、互いに相手の考えや望みなどを理解してから決断しましょう。
    • 相手の話を聴くことが大切です。途中で遮ったり、頭ごなしに反対したりするのではなく、最後まで相手の話に耳を傾けます。自分の意見は、相手の話を最後まで聞き、理解した後で言いましょう。
    • 妥協するときには、「誰が正しいか」ではなく「どうしたら幸せになれるか」を念頭に置くことが大切です。闘ってまで手に入れたいものが本当に自分の欲しいものなのか、単に頑固になっているだけではないか、と考えましょう。お互いのために歩み寄ることが重要です。
  4. 4
    お互いの友達や家族を自分たちの生活に迎え入れます。パートナーとの関係が進んで来たら、自分の家族や友達を2人の生活に加えるようにしましょう。全員と親友になる必要はありません。家族が増え、共通の友達が出来たと感じられれば、2人の絆は一層深くなります。また、困った時に頼れる仲間が増えたと実感でき、心強く感じます。
    • 好きで結婚した相手の家族や友達も、好きになるように努力しましょう。気難しい人の場合は、本人の事情を理解するように努力し、相手を傷つけずに良い関係築く方法をパートナーにも相談しましょう。
  5. 5
    良い時も悪い時もパートナーに寄り添います。結婚生活を持続させるには、パートナーが大変な時に状況が良くなるまで待つのではなく、近くで支えます。パートナーが家族の死を経験したり、仕事で悩んでいる時は、自分が同じ状況に陥ったら、パートナーもきっと傍で支えてくれる、と確信して、手をさしのべましょう。パートナーが四六時中、上機嫌でいるとは限りません。パートナーに必要とされたら、寄り添って心の支えになりましょう。
    • 常にサポート役ではイライラも募り、疲れも出ます。そういう時は、パートナーの支えが欲しいと、率直に伝えましょう。自分も悩みを抱える一人の人間だと、理解してもらいます。
  6. 6
    パートナーへの過度な期待は禁物です。幸せな結婚生活を送る上で、全てが簡単で上手くいくとは限らない、と肝に銘じましょう。 だからと言って、全てが単調で暗く、失望の連続という訳ではありません。ある時は、困難な問題に対処しなければならず、ある時は、暗く落ち込み、またある時はパートナーと一緒の部屋にいたくもないと思うこともあります。いつも100パーセント、お互いに幸せでいられるとは限りません。最も大切なのは、充実した結婚生活にはお互いの努力が必要だと認識する事です。
    • 結婚生活が幸福の連続だと期待しているのであれば、簡単に失望してしまいます。
    • 誰にでも欠点はあります。パートナーに完璧を求めていては、寂しさや悲しみを覚えるだけです。パートナーに直してほしい所(遅刻癖など)があるならば、正直にオープンに話し合いましょう。また、自分の悪い所も進んで改善しましょう。
  7. 7
    一緒に成長できるように努力します。時を経るにつれ、永遠の愛を誓い合った時と比べて、お互いに変わった、と感じることがあります。知識を深め、英知を養い、失敗から経験を積み、世界観が変わるのは自然なことです。子どもを持つ事から政治に対する見解まで、一変することもあります。自然な変化を受け入れることが、健全な結婚生活を続ける上で大切なことです。大事なのは、二人が共に成長することです。
    • パートナーの変わり方に理解を示しましょう。夫婦間に問題が起こり、相手が全く別人になってしまったと感じる場合は、話し合いましょう。
    • 成長する過程で自己啓発に励むのが大切である一方、パートナーと共通の趣味を育むことも重要です。料理を一緒に楽しんだり、好きなスポーツチームを見つけて応援したり、決まったテレビ番組を一緒に見るなど、その時間が待ち遠しく思えるアクティビティを規則化することが重要です。
    • 一番大切なのは、何があってもお互いに愛し続ける事です。そして、長い人生で起こる浮き沈みを覚悟して、お互いに理解を示す事です。真のパートナーであれば、更に強い、より優れた愛情深い人間に一緒に成長できるでしょう。
    広告

ポイント

  • 愛情深く接し、相手を尊重し、お互いに礼儀正しくある事が幸せな結婚生活の基本要素です。
  • 正直に振る舞い、誠実に感謝の念を示します。
  • お互いに理解し合います。
  • お互いに感謝の気持ちを忘れず、一緒に過ごして来た素晴らしい日々を決して忘れてはいけません。
  • 愛情を注ぎ、敬意を払い、サプライズを演出します。
  • 充実した時間を一緒に過ごします。
  • 隠し立てはしません。あなた自身も外に出るなと隠されるのはいい気分ではありません。
  • パートナーとの関係とパートナー以外の人との関係のバランスを図ります。
  • 過去の恋愛関係をパートナーに話してはいけません。相手を傷つけてしまいます。
  • 全てシェアします。秘密を持ってはいけません。パートナーにはオープンになりましょう。気になる事や賛成できない事がある場合は、素直な気持ちを正直にパートナーに話しましょう。

広告

注意事項

  • お互いに礼儀正しく誠実に接しましょう。「ありがとう」「お願いします」「ごめんなさい」を言いましょう。
  • パートナーを裏切ると自分の人生も台無しになります。パートナーには常に正直でいましょう。
  • パートナーには正直に接しましょう。嘘からは何も得られません。
  • 何よりも感謝の気持ちを忘れず、きちんと表現しましょう。感謝していることを見つけて、ありがとう、と言いましょう。
  • 一緒に食事をとったり、軽いおしゃべりをしたりするなど、少なくとも1週間に1回は2人だけの時間を作りましょう。
  • 相手の言う事を真剣に聞きましょう。原因もわからないような些細な喧嘩で人生が台なしになることもあります。
  • 他のカップルを見て、うらやましがってはいけません。隣の芝生も青くはないのです。お隣さんも常に芝を刈り、雑草を取り、懸命に庭の手入れをしているはずです。
  • コミュニケーションが人間関係の鍵です。相手の反応を恐れずに、何でも話せる関係でいることが大切です。
  • 結婚生活に生きがいが見いだせず、情熱もなくなってしまったときには、パートナーのいない生活を想像し、大切な人を失った人と話をしてみるとよいでしょう。おそらく皆、口を揃えてパートナーを取り戻せるならば何でもする、と言うはずです。
  • あなたの結婚生活です。困難を乗り越えてここまできました。最善を尽くしましょう。結婚生活における自分の役割を全力で果たしましょう。
広告

関連記事

How to

タバコを吸う

How to

生理を早める

How to

家庭での陣痛促進

How to

双子が生まれる確率を高くする

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

好きになった人が既婚者かどうかを確かめる

How to

母乳を自然に止める

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

男の子を産む

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

母乳の分泌量を増やす

How to

お尻を叩いて叱る

How to

自閉症の子供を落ち着かせる
広告

このwikiHow記事について

Allen Wagner, MFT, MA
共著者 ::
マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事の共著者 : Allen Wagner, MFT, MA. アレン・ワグナーはカリフォルニア州ロスアンジェルス市在住の認定マリッジ・ファミリーセラピストです。アレンは2004年にぺパーダイン大学にて心理学の修士号を取得しています。個人やカップルを対象に、人間関係や家族関係の改善を目標としたカウンセリングを専門的に行っています。また、妻のタリア・ワグナーと共に、自己啓発本「Married Roommates」を出版しています。 この記事は2,847回アクセスされました。
カテゴリ: 家族
このページは 2,847 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告