大切な人の両親に初めて会う時には緊張するかもしれません。好感を持ってもらいたいと思ったら、話題選びにも慎重になるでしょう。今、まさに彼の実家へ向かう車の中で必死に話題を探している場合でも準備に1週間ある場合でも、ストレスを感じる必要はありません。ここでは、彼の両親に好印象を与える会話のヒントと話題を紹介します。

方法 1 の 11:
彼の長所について話す

  1. 1
    両親の子育てが成功したことを示します。彼の成功や行動を称え、自分を大切にしてくれていることに感謝の気持ちを表しましょう。彼を高く評価していることが両親に伝わると、あなたの好感度も上がるでしょう。[1] [2]
    • 彼が素晴らしい人だというエピソードを彼の両親に伝えましょう。「浩次さんは本当に思いやりがある人で、私は幸せです。昨日は、チェーンが外れて困っている子供を助けたんですよ」などと話しましょう。
    • 「孝之さんは、その仕事ぶりが認められて昇進しました。彼は努力家です」などと言って彼の成功を褒めましょう。
    広告

方法 2 の 11:
彼が子供の頃の話を聞く

  1. 1
    彼がどんな子供だったのかを尋ねます。彼の両親と何を話したら良いのかわからなければ、このようなシンプルな質問を投げかけると会話が弾むでしょう。一般的に、親は子供の話をするのが好きなので、面白い話を聞けるかもしれません。[3]
    • 「中学時代の一郎さんはクラスの人気者だったんでしょうね。先生からはどのように言われていましたか?」
    • 「剛さんはどのような子供でしたか?」

方法 3 の 11:
家族の写真にまつわる話

  1. 1
    額に入れて飾られている写真やスクリーンセーバーに設定されている写真について尋ねます。飾られている写真にまつわるエピソードを聞くと、大切な人の子供時代の様子や家族の歴史を知ることができるでしょう。ただし、大切な場所や人との思い出が詰まった写真かもしれないということを念頭に置き、感想を言う場合は言葉を慎重に選びましょう。[4]
    • たとえば「こちらは博之さんの御祖父様でいらっしゃいますか?目元がよく似ています」のように似ているところを挙げましょう。
    • 「この写真はどちらで撮影されたのですか?とてもきれいな場所ですね」のように写真の場所について尋ねましょう。
    広告

方法 4 の 11:
家族の旅行や行事について聞く

  1. 1
    旅行の思い出、または予定している旅行に関する話を聞きます。彼の両親が旅行に行ったことがなければ、憧れの旅行先を聞いても良いでしょう。彼の両親が旅行をしない場合は、家族の恒例行事や地元でよく行く場所について尋ねます。[5]
    • 「毎週日曜日には家族でピクニックに行くと和也さんから伺いましたが、どちらへいらっしゃるのですか?」のように、家族の行事について尋ねましょう。
    • 「バックパック旅行はいかがでしたか?」などと過去の旅行について聞いても良いでしょう。
    • 「行ってみたい旅行先はありますか?」などと将来の旅行先について尋ねましょう。

方法 5 の 11:
彼の両親の故郷について話してもらう

  1. 1
    初めに、彼の両親の故郷がどこか尋ねましょう。次に、故郷の魅力、引っ越した理由(引っ越した場合)、引っ越さなかった理由(引っ越さなかった場合)などを質問して、より具体的な話を聞きます。通常、人は自分自身について話すことが好きです。彼の両親の話に耳を傾けると、彼を育てた家族について深く知ることができるでしょう。あらかじめ彼の両親の故郷を確認してその場所について調べておくと、より具体的な質問をすることができます。[6]
    • 彼の両親の故郷についてよく知らなければ、「その地域の一番の魅力は何ですか?」と聞きましょう。
    • その土地について知っていることがあれば、「大きな野球場がありますよね。試合を見にいらっしゃったことはありますか?」などの質問をしても良いでしょう。
    広告

方法 6 の 11:
好きな本、映画、音楽について聞く

  1. 1
    彼の両親の好みを知り、自分との共通点があるか確認しましょう。彼の両親についてあまりよく知らない場合は、このような話題なら会話を始めやすいでしょう。彼の両親の好みがわかったら、関連する質問をして話に興味があることを示し、会話を続けましょう。彼の両親と好みが似ている場合は、自分が好きな本や映画、音楽について話をしても良いでしょう。[7]
    • 「最近読まれた本でお勧めの本はありますか?」
    • 「一番感動された映画は何ですか?」
    • 「どんな音楽を聴いていらっしゃいますか?」

方法 7 の 11:
共通の趣味の話をして絆を深める

  1. 1
    彼の両親が好きなことついて彼に聞いておきましょう。趣味、特技、経歴などをあらかじめ確認しておきます。自分との共通点があれば、そのことについて気が利いた質問をいくつか用意しましょう。ただし、会話をするために自分を偽って興味があるふりをするのはやめましょう。彼の両親は、あなたの本当の姿を知りたいと思っているはずです。[8]
    • 「明彦さんから園芸がご趣味と伺いました。私もハーブの栽培を始めようと思っているのですが、アドバイスを頂けますか?」
    • 「私は医師を目指して勉強しようと考えていますが、ご両親のお仕事の魅力は何ですか?」
    広告

方法 8 の 11:
彼の家族について聞く

  1. 1
    彼の家族のことを知りたいという気持ちを表します。彼のきょうだいに会ったことがあるかどうかにかかわらず、きょうだいの近況や人柄を尋ねましょう。彼の両親がペットを飼っている場合は、ペットの名前の由来について尋ねたりかわいい写真を見せてもらったりしても良いでしょう。[9]
    • 「彼の妹さんは看護師になるために勉強していると伺いましたが、学校では楽しく過ごされていらっしゃいますか?」
    • 「彼のお兄さんにお会いしたことがありませんが、どのような方ですか?」
    • 「本当に賢いワンちゃんですね。子犬の頃の写真を見せていただけますか?」

方法 9 の 11:
何かを褒めて謝意を表す

  1. 1
    話題が見つからなければ、この方法を試しましょう。彼の家(または両親と会っている場所)の素敵なところ、装飾品、おいしい料理などを褒め、心からの感謝の気持ちを表します。礼儀正しく振舞って彼の両親に好感を持ってもらい、そこにあるものを話題にして会話を始めましょう。何かを褒めたら、それについてオープンエンドの質問を投げかけます。[10] [11]
    • 「明るくて居心地が良いリビングルームですね。このソファはどちらで購入されたのですか?」などと家や装飾品を褒めましょう。
    • 「大変おいしいお食事をありがとうございました。このお料理はどちらで習ったのですか?」などと料理を褒めましょう。
    広告

方法 10 の 11:
デリケートな話題を避ける

  1. 1
    家族の揉め事、宗教、政治に関する話題を避けましょう。誰かがこのような話題を持ち出した場合は、自分がその意見に同意できなくても敢えて反対を表明する必要があるかよく考えましょう。その意見や問題についてどうしても黙っていられない場合は、丁寧な言葉を選び、情報に基づいた客観的な意見を言います。反対意見を言い出しづらい場合は、彼の両親と親しくなるまで自分の意見を言う必要はないでしょう。[12]
    • 失礼がないように意見の相違を伝えるには、「私はそう思いません」と言うより「私は少し異なる捉え方をしています」と言うほうが穏やかです。[13]
    • 答えづらい話に対しては笑って誤魔化すか、「本当に何と答えたら良いのかわかりません」と言いましょう。[14]

方法 11 の 11:
不平不満を言わない

  1. 1
    映画の感想を聞かれた場合でも、仕事について聞かれた場合でも、前向きな言葉を選んで使いましょう。自分が嫌いなことに関して聞かれたら、さりげなく話題を変えます。多少の不快感をにじませたり賛成できないことをほのめかしたりしてもかまいませんが、失礼にならないように気を付ける必要があります。上品な言葉を選び、控えめに話しましょう。[15]
    • 「得意な科目ではありませんでしたが、多くのことを学びました。ところで、大学時代に苦労したことはありますか?」のように、相手に質問を返して話題を変えましょう。
    • どうしても自分の意見を言いたい場合は、「あの映画はあまり好きではありませんが、音楽は素敵でした」のように角が立たない言い方をしてみましょう。
    広告

関連記事

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
女の子が自分に気があるかどうかを見極める女の子が自分に気があるかどうかを見極める
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
女性に愛撫する女性に愛撫する
彼女との電話の会話を続ける彼女との電話の会話を続ける
フレンチキスをする
彼氏の気を引く彼氏の気を引く
彼氏を信頼する彼氏を信頼する
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
心の浮気を見抜く心の浮気を見抜く
彼が本当に愛してくれているか知る彼が本当に愛してくれているか知る
彼に許してもらう彼に許してもらう
いい彼氏になるいい彼氏になる
広告

このwikiHow記事について

Erika Kaplan
共著者 ::
マッチメーカー
この記事の共著者 : Erika Kaplan. エリカ・カプランは国内9都市にてエグセクティブを対象とした出会い仲介サービス業を展開している会社「Three Day Rule」のデートコーチ及びマッチメーカーです。6年以上の経験を有し、独身クライアントが好条件のパートナーと出会えるよう、デートコーチングや上級仲介サービスを提供。ペンシルバニア州立大学にて広報学の学士号を取得。Rolling Stone、Us Weekly、Men’s Journalの出版部勤務を経て、元来情熱を抱いていた「人々を結び付ける」マッチメーキング業界に転職。これまでにLifetime、Philadelphia Inquirer、CBS、Thrillist、Elite Daily、Men’s Health、Fast Company、Refinery 29など数多くのメディアで取り上げられました。
カテゴリ: 恋愛関係維持 | 社交
このページは 174 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告