彼女が激怒した時に許してもらう方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

自分のミスで彼女を怒らせてしまいました。激怒している彼女にどうしたら許してもらえるのか、あなたは頭を抱えています。映画の登場人物がしているように、花束や彼女の好きなカップケーキ、またはBMW の新車をプレゼントするのはどうか、もしくは、とりあえず謝っておくべきか、などと悩んでいるのなら、この記事を読んで、彼女との関係を修復するための対処法が学びましょう。

ステップ

  1. 1
    とにかく真っ先に謝る 謝ることは何よりも重要です。しかし、そこに誠意がなければ通用しません。決して、「僕のせいで誰かに不快な思いをさせていたらごめんね」などと言って謝らないようにしましょう。そうしてしまった場合、相手にはあなたが「おいおい、ちょっと神経質すぎるよ」と言っているように聞こえます。[1]
    • 例えば、「君の妹に手を出したことで怒らせていたら、ごめんね。あの時、僕はすごく酔ってたんだ」などと言おうものなら、まるで彼女の不機嫌を責めているように聞こえるだけでなく、どんな謝罪の言葉をどれほど言ったとしても、言い訳にしかなりません。
    • 代わりに、「僕のせいで不快な思いさせてごめんね。僕が悪かった。言い訳のことばもないよ。もう二度としないと誓うよ」と言いましょう。彼女はすぐには許してくれないでしょう。しかし、少なくともあなたは、自分のことを棚に上げて誰かを批判したりせず、自分の行動に責任を示し、後悔していることを彼女に伝えました。これはとても重要なことです。
  2. 2
    謝罪の手紙を書く 言葉では伝わらない、ということはよくあります。しかし、あなたが行なった些細なことが大きな打撃を与えたのと同じように、手紙で自分の言葉を伝える、というシンプルなことが大切なのです。自分が間違っていたと自覚していること、とても反省していること、今後二度と繰り返さないと誓ったことを書いて送りましょう。謝罪の気持ちが伝わるだけでなく、彼女はあなたの手紙を何度か読み返して、これからのことを考えはじめてくれるかもしれません。花束を添えれば、手紙も届けやすくなるでしょう。[2]
    • 上述のようなケースには、手紙を1通だけではなく、2通書く必要があります。1通目は彼女宛てに薔薇(または彼女が好きな花)を添えておくります。2通目は彼女の妹宛てです。自身の母親に贈るような花束でもない限り、彼女の妹には花を贈らないようにしましょう。
  3. 3
    彼女のことをどれだけ愛していて、感謝しているかを伝える 自分がとても反省していて、傷つけるつもりは全くなかった、と伝えましょう。会話を一旦止める、いいきっかけにもなります。自分自身もまずは一息入れましょう。
  4. 4
    冷静になる 謝り続けるばかりでは、彼女の怒りが増していく一方です。自分の気持ちをしっかりと伝えてから、弁解をしましょう。もし同棲しているのであれば、少し散歩をしたり、彼女の好きなものを探しに買い物に出かけ、鬱屈とした雰囲気から、束の間だけでも離れましょう。別々に住んでいるのであれば、まずは家に帰りましょう。[3]
  5. 5
    次の日、彼女に確かめる Eメールやメッセージを送って、少し会話をしましょう。元通りになったように感じるかもしれませんが、自分が間違いを犯したという事実は決して消えないということは、しっかり肝に銘じましょう。[4]
  6. 6
    必要ならば、彼女に時間をあげる もしかしたら彼女は一生許してくれないかもしれませんが、もはやあなたができるのは、彼女が許すと言ってくれるまで待つことのみです。[5]
    広告

ポイント

  • 誰かを身代わりにして謝らせるなど、もってのほかです。男らしく自分で責任を持つことが大切です。
  • 彼女を心から愛しているのならば、それを伝えましょう。
  • 彼女を怒らせた原因になった物事について、いきなり全てを変えると言わない方がよい時もあります。不言実行で誠意を彼女に示しましょう。
  • 彼女が怒っている原因を彼女の友達に聞くなど、言語道断です。本人から更なる怒りを買うばかりか、彼女はその友達にも激怒するでしょう。もし、本当に彼女があなたに理解して欲しいと思っているのなら、しっかり話してくれるはずです。
  • 犯した過ちについて謝罪し、許しを得る、という過程は、人間の社会生活において、ごく自然なことです。あなたが誠実に向き合ったことで、事を大きくこじらせることなく、彼女が許してくれているのであれば、とても恵まれています。自分の思った通りに行動しましょう。
  • 自分がどれだけ反省をしているかを伝えたら、彼女の気持ちを聞くことが大切です。彼女があなたにとって特別な存在であることを実感してもらえるようにしましょう。
  • すでに彼女の母親と顔見知りである場合は、助言を求めてみるとよいでしょう。効果的な解決方法を提案してくれるかもしれません。もし母親とだいぶ親しい間柄であるなら、仲裁にはいってもらうようお願いしてみるのもよいでしょう。
  • 彼女自身が「愛されている」と感じられるように努力しましょう。キス、セックス、ロマンチックな台詞などは特に効果があります。
  • メッセージを送ったり電話をするのではなく、直接会って、自分が真剣であることをアピールしましょう。
  • 彼女の友達までもが怒っている場合、接触しないようにしましょう。それよりも、彼女へチョコレートや薔薇を贈るようにしましょう。
  • 1日に何度も謝らないようにしましょう。彼女にも謝罪の言葉を受け入れるための時間が必要です。やり過ぎると、かえって彼女を苛立たせてしまうかもしれません。
  • 約束は絶対に守りましょう。もし破った場合、彼女は二度とあなたを信じてくれません。
  • 謝るときは冷静になりましょう。

広告

注意事項

  • 「ごめん」とばかり言い続けないようにしましょう。じわじわと苛立ちを募らせてしまうだけです。
  • 許してもらえるかどうか、結果を急がないようにしましょう。彼女の中で整理がついたら、伝えてくれるはずです。
  • 壁や自分自身を殴ったりなど、荒ぶるのはやめましょう。たとえそれが怒りを発散できる唯一の方法だったとしても、彼女を怖がらせてしまうだけです。
  • 女性は「色っぽいね」と言われるのがあまり好きではありません。もし褒めるのなら、「美しい」と言いましょう。
  • 彼女が許してくれたのなら、それ以上こだわらず、決して話題を蒸し返したりしないようにしましょう。
  • ジュエリーや思い出の品になるような長持ちする贈り物を渡すのは避けましょう。良くない記憶は残しておきたくないものです。
  • 彼女を質問攻めしないようにしましょう。怖がらせてしまうだけです。
  • 今回のようなことは二度としないと伝え、彼女を一生傷つけないと約束しましょう。それ以降、「ごめんなさい」の乱用は避けましょう。
  • 一見とても怒っているようでも、実際はそれほどでもないことがよくあります。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 742 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告