様々な理由から、彼女が生理中かどうかを確かめたいと思うこともあるでしょう。しかし、生理はデリケートなことなので、確認したり聞いたりする方法がわからないかもしれません。ぜひ、この記事を読んで参考にしましょう。ここでは、彼女が生理中であることを示すサイン、彼女の気持ちに配慮しながら直接聞く方法、生理中の体の変化、生理中の彼女を助ける方法などを紹介します。

方法 1
方法 1 の 4:
生理中のサイン

  1. 1
    気分のむら 気分のむらを含め、これから紹介する生理中のサインは、月経前症候群の症状や生理の最初の数日間に見られる症状です。生理が始まる14日ほど前からセロトニンの分泌量が変化し始め、イライラしたり悲しくなったり、気分がコロコロ変わったりするかもしれません。[1]
    • 通常、月経前症候群の症状は生理の14日前に始まり、生理(膣からの出血)が始まって数日経つと治まります。一般的に、月経周期は規則的なので、毎月同じような時期に症状が見られるでしょう。
    • 彼女の機嫌が悪いからといって、生理中だと思い込むのはやめましょう。彼女の機嫌が悪くなる理由は様々であり、生理のせいにしたり生理だと思い込んだりするとさらにイライラさせてしまうかもしれません。
  2. 2
    食べ物への渇望 月経前症候群の期間と生理の最初の数日間には、プロゲステロンとエストロゲンというホルモンの量が変化し、血糖値が下がる可能性があります。そのため、エネルギーを補給するために食欲が増すかもしれません。体内のセロトニンが減るとセロトニンを作り出すために炭水化物が必要になるため、無性に食べたくなる可能性があります。[2]
  3. 3
    倦怠感と夜の睡眠障害 特に気分が落ち込んでいる場合は、ホルモンの量が変化すると普段より眠くなる可能性があります。生理前の数日間にプロゲステロンの量が変化すると夜間の体温が上昇し、不眠症のような症状が現れるかもしれません。そのため、寝つきが悪くなったり朝までぐっすり眠れなくなったりする可能性があります。[3]
  4. 4
    性欲の変化 ホルモンの量の変化により、生理前に性欲が高まる可能性があります。生理が始まる14日ほど前にテストステロンとエストロゲンの量が増え、性欲が高まるかもしれません。[4] また、生理中は膣への血流が増すため、性欲が高まる人もいます。
    • 生理中は体に不快感を覚えて、セックスに興味を示さない場合もあります。
  5. 5
    生理痛 彼女がお腹を押さえて痛みを訴えたり加熱パッドでお腹を温めたりしている場合は、生理中なのかもしれません。生理中は子宮が収縮し、お腹がひきつるような強い痛みが生じます。この痛みは、生理痛と呼ばれています。[5]
    • 生理痛を和らげるために、バファリンやイブなどの鎮痛薬を服用する人もいます。
  6. 6
    頭痛 エストロゲンとプロゲステロンの量が変化するため、生理前や生理中に頭痛が生じる可能性があります。この時期には、体内のエストロゲンとプロゲステロンの量が普段より少なくなるため、頭が痛くなるかもしれません。彼女が普段よりひどい頭痛を訴える場合は、生理中の可能性が高いでしょう。[6]
  7. 7
    胸の圧痛と腫れ プロゲステロンとエストロゲンの量の変化により、胸の圧痛と腫れが生じる可能性もあります。ホルモンの量が減ると胸が敏感になったり腫れたりして、ランニングのような激しい運動ができなくなるかもしれません。[7]
  8. 8
    ニキビや吹き出物 ホルモンの量の変化により、ニキビや吹き出物ができる可能性があります。プロゲステロンとエストロゲンの量が減ると皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができるかもしれません。[8]
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
彼女が生理中かどうかを正確に知る方法は?

  1. 1
    真剣に付き合っている場合は、まじめな態度で彼女に聞いてみましょう。2人が親密な関係なら、問題ないでしょう。あなたは、彼女の体調を心配して、またはセックスに誘おうと思って生理中かどうかを確認したいのかもしれません。どんな理由であれ、彼女の気持ちに配慮しながら聞き、彼女が言いたくなければ無理に聞き出そうとするのはやめましょう。
    • たとえば、「お腹が痛いみたいだけど、生理中?言いたくなければいいよ」「体調が悪そうだけど大丈夫?僕には何でも話してほしいな」などと言っても良いでしょう。
    • 生理中のセックスは、不衛生でも危険でもありません。ただし、事前に2人で話し合い、お互いに同意する必要があります。生理中にセックスをする場合は、タオルを敷くと良いでしょう。
    • 生理中のセックスに抵抗があれば、挿入なしのセックスを試したり他の方法でイチャイチャしたりしても良いでしょう。
  2. 2
    彼女が生理について話したくなければ、生理中かどうかを確実に知ることはできないでしょう。付き合い始めて間もない場合、彼女は生理のような自分の体のことを話したがらないかもしれません。考え方は人それぞれですが、秘密にしておきたいと思う人もいます。彼女が話したくない場合はその意思を尊重し、彼女をサポートすると伝えましょう。[9]
    • 彼女が生理中かどうかを言いたくなければ、一般的な意味でサポートすることを伝えましょう。たとえば、「必要ならいつでもサポートするよ」「僕がついてるよ」などと言います。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
彼女が生理の時にしてあげられることは?

  1. 1
    彼女をサポートしてあげましょう。生理中の彼女は、イライラしたりお腹が痛くなったりして辛い思いをしているかもしれません。必要な時には力になると言うだけでも、彼女は安心するでしょう。自分にできることをしてあげると、彼女は感謝してくれます。[10]
    • 彼女に会う時には、彼女の好きなお菓子やチョコレートを持っていくと、喜ばれるかもしれません。
    • 自分の家にもタンポンやナプキンを用意しておきましょう。
    • 必要に応じて、バファリンやイブなどの鎮痛薬を買いに行ってあげましょう。
  2. 2
    普段以上に彼女を思いやりましょう。生理中、彼女は外出したりあなたと一緒に過ごしたりしたがらないかもしれません。我慢して、個人的に受け止めないようにしましょう。彼女は気分の落ち込みや生理痛で苦しんでいるのかもしれません。彼女の気持ちを尊重して状況に理解を示し、思いやることが彼女を助ける一番の方法です。[11]
    • 彼女がいつもより機嫌が悪くても我慢しましょう。彼女の機嫌を損なうことを避けるようにします。生理が終わるまで、2人の関係の問題などの面倒な話題を持ち出さないようにしましょう。
    • 生理中だとわかっていても、機嫌が悪い時にそのことを指摘しないようにしましょう。「生理中は意地悪だね」などと言うと、彼女は傷ついたり怒ったりするかもしれません。
  3. 3
    彼女に何をしてほしいか聞きましょう。彼女に何をしてあげれば良いのかわからなければ、彼女に聞くのが一番です。生理中の体調や必要なことは、人によって異なります。彼女が気軽に頼めるように、何をしてあげられるか具体的に聞きましょう。
    • 「今週辛そうだけど、僕に何かできることはあるかな?」
    • 「必要なことがあればいつでも僕に言って」
    • 「君には僕がついてるよ。できることがあれば何でも言って」
  4. 4
    症状が深刻な場合は、病院で診察を受けるように勧めましょう。気分の落ち込みや不安、自殺願望などの症状が毎月数週間続く場合は、月経前不快気分障害の可能性があります。これは、月経前症候群より深刻です。このような症状に気づいたら、病院で診察を受けるように勧めましょう。[12]
    • 「ここ数日気分がかなり落ち込んでいるみたいだけど、病院で原因を確認したほうが安心できるんじゃない?」などと言いましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
月経周期の4つの期間とは?

  1. 1
    月経期 月経周期全体は約28日(一般的に21~35日)です。月経周期は4つの期間に分けられ、同じ順序で毎回繰り返されます。生理は月経期に起こります。月経期は通常5日間であり、子宮内膜が剥がれる期間を指します。通常、この期間には、剥がれた子宮内膜が血液とともに体外に排出されます。[13]
    • 月経期は、平均して5日間ですが、正常な生理期間は2~7日間です。
  2. 2
    卵胞期 通常、卵胞期は、月経周期の6日目に始まって約14日間続きます。この期間には、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されます。このホルモンにより、小さい卵子を含む原子卵胞が卵巣で成長を始め、10~14日経つと1つの卵子が成熟します。[14]
  3. 3
    排卵期 通常、排卵期は月経周期の約14日目です。排卵期には、子宮内膜が厚くなり、卵巣から成熟した卵子が排出されます。この卵子は卵管に送られ、そこで精子と出会うと受精卵となります。[15]
  4. 4
    黄体期 通常、黄体期は月経周期の15日目に始まり、28日目まで続きます。[16] 排卵後、卵子は黄体という組織に変化します。黄体は、プロゲステロンとエストロゲンを分泌し、卵子の着床に備えて子宮内膜が厚くなり始めます。受精しなかった場合、黄体は体内に吸収され、プロゲステロンが減って子宮内膜が剥がれます。[17]
    広告

このwikiHow記事について

Lisa Shield
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Lisa Shield. リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 69 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告