彼女と電話しているときに、会話を長続きさせるのは意外と大変です。特に長電話に慣れていない人は、会話が止まってしまうこともあるでしょう。顔が見えない分、相手の反応は分かりにくいものです。また、特に話したいことが思いつかないときに、話題を探すのにも苦労します。しかし、そんな大変な思いをするのは、今日までにしましょう。彼女との電話を続かせるための方法を知っておけば、きっと電話をすることが楽しみになるはずです。

方法 1 の 3:
話題を探す

  1. 1
    相手にたくさん質問をしましょう。会話を長続きさせる最大のコツは、多くの質問を投げかけることです。一般的に人は自分のことを話すのが好きなので、相手にたくさん質問をすれば自然と会話は続くでしょう。[1] 「はい」か「いいえ」の二択の質問ではなく、話が広がるような質問を心がけます。あくまで自然と会話を続かせることが目的です。面接のように質問攻めにならないように気を付けましょう。
    • まずは、今日一日のことを聞いてみましょう。「元気?」と質問されれば、恐らく相手はすぐに「元気だよ」と答えるでしょう。これでは、会話が続きません。「今日は何か面白いことがあった?」や「今朝は大雨が降る前に職場に着けた?」など、具体的な質問をしましょう。話が大きく広がるわけではないかもしれませんが、会話の導入としては十分です。
    • お互いの共通の趣味や友達について質問しましょう。自分も興味がある話題であれば、話が広がりやすくなるはずです。例えば、お互いが好きなテレビ番組や、好きな作家のインタビュー記事についてなど、感想を共有してみましょう。あるいは、「最近、○○に会った?」など、共通の知人について話すのも一つの手です。
    • 自分の悩みについて、アドバイスを求めてみましょう。彼女が悩んでいるときは、相談に乗りそばにいてあげることが大切です。しかし、あなた自身の悩みも打ち明けなければ、相手は自分が重荷になっているのではないかと勘違いしてしまうかもしれません。女性は、弱みや感情を見せないロボットのような男性とは付き合いたくないでしょう。悩みを作り上げる必要はありませんが、何か心配事があるときは彼女に相談してみましょう。男性が恋人に弱みを見せるのは格好悪いことではありません。
    • 彼女が子どもの頃になりたかった職業について聞いてみましょう。これは、ちょっとした変化球の質問です。「君のことがもっと知りたい!」というアピールができる上に、彼女の新たな面を知るチャンスです。[2]
  2. 2
    その日にあった最も印象深い出来事について話してみましょう。何か面白いことがあった日には、真っ先に彼女にそれを伝えてみましょう。電話では、どうしても学校や職場の愚痴を話してしまいがちです。しかし、それでは「文句が多い人だ」と思われる恐れがあります。愚痴を言うのであれば、面白おかしく話してみましょう。
  3. 3
    計画を立ててみましょう。例えば、週末の二人の予定について、たくさん案を出し合ってみましょう。既に予定が決まっている場合は、その行き先について調べた感想を伝えてみましょう。「コンサートすごく楽しみだよ!」や「今度観に行く劇のレビューを読んだよ」など、前向きな感情を彼女に伝えます。あなたがワクワクしていることを知れば、彼女もきっと喜ぶはずです。彼女があなたの人生において大切な存在であることを感じさせましょう。
  4. 4
    今後の目標や願望について話してみましょう。熱くなりすぎて会話を独占するのは問題ですが、野心が全く無い男性は退屈だと思われてしまいます。自分の将来の夢について語れば、彼女もきっと喜んで聞くでしょう。
  5. 5
    噂話をしましょう。人の秘密や悪口ばかりを言うのは禁物ですが、噂話で少し盛り上がるくらいならば問題ありません。話題が無くなったら、最近聞いた噂話を彼女に話してみましょう。きっと会話が弾むはずです。[3]
  6. 6
    話題を深く掘り下げましょう。彼女が話した内容について更に詳しく掘り下げれば、彼女も喜んで続きを話してくれるでしょう。一つの話を引き延ばすことで、次の話題をすぐに考える必要も無くなります。
    広告

方法 2 の 3:
彼女の話に共感する

  1. 1
    親身に彼女の話を聞きましょう。相手に共感しながら話を聞くことを「共感的傾聴」と言います。共感的傾聴は「積極的傾聴」や「反映的傾聴(繰り返し)」とも呼ばれます。これは、相手の立場から物事を考え、相手の言葉を言い換えながら話を聞く態度のことです。恋人の話を聞くときは、この手法がとても有効的です。彼女との会話が自然に弾むだけでなく、彼女からの信頼を得ることもできます。「私の話を真剣に聞いてくれている」と彼女が感じれば、二人の距離も一気に縮まるでしょう。[4]
  2. 2
    ときには、彼女の話を聞くことだけに集中しましょう。健全な恋人関係の中では、どちらかが一方的に話すのではなく、お互いが常に会話に参加しているものです。しかし、ときには一人がたくさん話したい場合もあるでしょう。共感的な聞き手になるためには、彼女が話し終わるまで口を挟まないことが大切です。
  3. 3
    真剣に話を聞きましょう。たとえ聞いているふりをしても、女性はすぐに気付きます。次に何を言おうかを考えるあまり、相手の話に集中しなくなってしまっては意味がありません。彼女が話している最中は、聞くことに徹しましょう。
  4. 4
    断定的なきつい口調は避け、優しく共感してあげましょう。例えば、「とても辛そうだね。君にとって、あの犬は大切な存在だったもんね。」と、シンプルな言葉で相手の気持ちに寄り添ってあげましょう。それだけで相手は「聞いてもらえている」、「共感してもらえている」と感じ、気持ちが楽になるはずです。相手の話の邪魔にならないために、自分の発言は短くまとめましょう。
  5. 5
    彼女の気持ちに寄り添った発言を心がけましょう。例えば、友達との喧嘩について彼女が愚痴を言ったとします。そのような場合、「君の友達は最低だね。君の優しさが全く分かっていないんじゃない?」など、彼女の友達を責める発言は控えましょう。 彼女は本心では友達のことを大切に思っているはずです。したがって、あなたのきつい発言は却って彼女を傷付けます。代わりに、「君は、友達の発言が失礼だと感じたんだね」と、優しく共感してあげましょう。友達を悪者扱いせずに、彼女を慰めることができます。
  6. 6
    彼女が話し続けやすくなるように、相槌を打ちましょう。「もっと聞かせて」や「今の話について詳しく知りたい」、「君はその時どう思ったの?」、「その後は何をしたの?」など、彼女の話を深く掘り下げる発言をします。あなたが興味を示せば、彼女はどんどん話してくれるでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
彼女を支える

  1. 1
    相手が以前話していたことについて、近況を聞いてみましょう。これは、いつも彼女の話を真剣に聞いているという証明になります。また、彼女にとって大切なものはあなたにとっても大切だということが彼女に伝わるでしょう。例えば、「今日は、上司に何か嫌なことを言われなかった?」や「お母さんの具合はどう?」、「あの本は読み終わった?」など、彼女から以前聞いた話について質問をしてみましょう。[5]
  2. 2
    相手が求めない限り、アドバイスをすることは避けましょう。男性が人に相談をするときは、多くの場合、相手からの解決策を求めています。一方で女性は、解決策ではなく、相談相手からの共感を欲しているのです。彼女があなたに悩みを相談して来た場合、あなたはまず何かしらの解決策を提示したくなるかもしれません。しかし、そのような気持ちは一旦抑えましょう。彼女は、ただ話を聞いて欲しいだけかもしれないからです。アドバイスを求めている場合は、相手から直接言って来るはずです。それまでは彼女の話を聞き、共感してあげましょう。[6][7]
  3. 3
    彼女に共感するために、具体例を出しましょう。彼女の気持ちに理解を示すために、あなたの過去の経験について話してみるのです。この方法は、必ず上手く行く保障はありません。しかし、自分と似たような経験をした人が近くにいると分かれば、彼女の気持ちが楽になる可能性はあります。ただし、長話は禁物です。あくまで彼女の悩み相談なので、自分の話ばかりしないようにしましょう。
  4. 4
    彼女の気持ちを否定するような発言は控えましょう。「大げさだな」や「心配しなくても大丈夫だよ」、「明日には気持ちが楽になっているよ」、「大したことじゃない」、「そんなに悲しむ必要ないよ」など、思いやりに欠ける発言は彼女を傷付けるだけです。彼女が大げさな悩み方をしているように見えたとしても、彼女が悲しんでいることに変わりありません。したがって、彼女の気持ちを否定するのは止めましょう。また、相手の発言が常に論理的なわけではありません。感情と理性は別物なので、落ち込んでいる人は論理的な考え方ができないこともあります。したがって、彼女が悩んでいるときは、論理や理性を強要しないようにしましょう。まずは、しっかりと話を聞いてあげることが大切です。[8]
    広告

ポイント

  • 健全な恋人関係には、お互いの思いやりが重要です。会話を長続きさせることは、あなただけの責任ではありません。また、あなたが一方的に相手の悩み相談に乗る必要もありません。彼女もあなたと同じだけの努力をする必要があります。相手からの思いやりを感じないのであれば、一度そのことについて話してみましょう。自分を主語にした発言をすると相手を責めている印象が弱まり、自分の気持ちを伝えやすくなります。例えば、「ときどき僕だけが会話を続かせようとしている気がするのだけど、どう思うかな?」や「最近、僕は君の悩み相談にたくさん乗っていると思うのだけど、僕の悩みも聞いてくれる?」など、本音を伝えてみましょう。相手が冷たい態度しか見せない場合は、相手との今後の関係について考える必要があるでしょう。
  • 電話以外の連絡手段も考慮に入れましょう。電話で話すのが苦手な人もいます。自分や彼女が電話に慣れないのであれば、ビデオ通話やチャット、メールなど、他の連絡手段を使ってみましょう。相手と話すのが嫌なのではなく、あくまで電話という手段が好きではないということをきちんと伝えましょう。別の手段を取れば、楽しく会話ができるかもしれません。
  • 長電話は控えましょう。悩み相談なのであれば、普段より長く話しても問題はありません。しかし、話題が尽きてしまう前に、電話を切るようにしましょう。話すことが無くなり沈黙が続けば、とても気まずい雰囲気になってしまいます。直接会ったときの話題を残しておくためにも、電話で話し過ぎないように注意しましょう。
  • 自然な流れで会話を止めましょう。せっかく楽しい会話をしていても、最後に気まずくなるのはもったいないことです。
  • 優しく話すことを意識し過ぎて、親のような口調にならないように気を付けましょう。相手を心配するあまり「かわいそうに」などといった言葉をかけると、相手に違和感を与える可能性があります。話し方には気を付けましょう。

広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む126人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は17,686回アクセスされました。
このページは 17,686 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告