彼女と喧嘩をしてから少し冷静になったとき、また連絡を取りたいと思うのは当然です。一方で、物事を上手く進めるための適切なメッセージを考えるのは、感情的になっているときには難しいかもしれません。愛情のこもった思慮深いメッセージを送ることで彼女との絆を取り戻し、どれほど彼女を愛しているかを再認識してもらえるはずです。この記事では、喧嘩の後に再び彼女との会話を始めるときに使える様々なメッセージ内容を紹介します。

方法 1
方法 1 の 15:
「本当にごめん。傷つけるつもりは全くなかったんだ」

  1. 1
    シンプルな謝罪によって、自分の過ちを相手にわかってもらえるはずです。自分から口論を始めたのであれば、思いやりのある短いメッセージを送り、自分の過ちを相手に伝えましょう。[1] メッセージの中で詳しく説明する必要はありません。実際に直接会ったときに説明すればよいのです。
    • 「昨日の夜は君をすごく怒らせちゃったね。気持ちを傷つけてしまって、本当にごめん」
    • 「君が泣いてるのを見たら悲しくなったよ。もう2度とそんなふうに君を傷つけたくないんだ」
    広告

方法 2
方法 2 の 15:
「俺がバカだったよ。言い訳はしないよ」

  1. 1
    自分の過ちを認め、全責任を負いましょう。喧嘩の原因を作ったのが自分であれば(恥じることではありません。よくあることです)、自分の過ちを自覚している旨を彼女に伝えます。例えば彼女に意地悪な態度を取ったことや、喧嘩の最中の自分の落ち度について謝罪し、物事を解決するようにしましょう。
    • 「気持ちを傷つけるつもりはなかったんだ。もうこんなことはしないって約束するよ」
    • 「俺ってほんとにバカだよな。とんでもないことをしたよ。やっぱり君が正しかった、ごめん。許してくれるかな」

方法 3
方法 3 の 15:
「冷静になって考えてみたんだ。俺が間違ってたよ」

  1. 1
    少し考えてから冷静になった姿を見せましょう。彼女との喧嘩がヒートアップしている最中に喧嘩が終わってしまった場合には、その後に少し自分を見つめ直して冷静になった旨を伝えます。[2] 悪いのは彼女ではなく自分であることを伝え、共に前に進んでいく努力をしましょう。[3]
    • 「少し考えてみて、話したくなったんだ。僕のしたことは間違ってたよ。君を苦しめてしまって、本当に悪かった」
    • 「今朝は本当にひどい気分で目が覚めたよ。昨日の夜の喧嘩で熱くなりすぎちゃって、悪いことをしたと思ってる。僕の態度がひどかったことも申し訳ないって思ってるし、僕が間違ってたのもわかってる。許してもらえるといいんだけど……」
    広告

方法 4
方法 4 の 15:
「一緒に解決したいんだ。話せるかな?」

  1. 1
    まだ話すことが残っているのであれば、再び会話を始めてみましょう。場合によっては物事を解決する前に、喧嘩の途中にどちらかが(またはお互いに)飛び出していってしまったのかもしれません。もしそうだとすれば、喧嘩の最中に実際に何が起こったのかについて話し合いを続け、喧嘩を終わらせることが重要です。彼女にメッセージを送り、近日中に話がしたいと伝えましょう。こうすると、喧嘩の状況を振り返り、終わらせることができるはずです。[4]
    • 「あんなふうにその場を去ってしまってごめん。悪いことをしたよ。でも話を続けたいから、今夜は空いてるかな?」
    • 「まだ話すことがあると思うんだ。一緒に解決したいから後で会えないかな?」

方法 5
方法 5 の 15:
「説明するチャンスをもらえるかな?」

  1. 1
    彼女に話を聞いてもらい、物事を正しましょう。喧嘩の途中で脱線してしまった場合は、そのときの自分の振る舞いについて説明したい部分が他にもあるかもしれません。彼女にメッセージを送って話し合いができるどうかを尋ね、もう1度チャンスをもらえないか聞いてみましょう。[5]
    • 「傷つけるつもりはなかったんだ、本当にごめん。僕があんなに怒ってた理由を会って説明したいんだ。会ってもらえるかな?」
    • 「君の彼氏としての態度がよくなかったのはわかってる、ごめん。だけど、どうしてあんな態度を取ったのか、説明させてもらえるかな?」
    広告

方法 6
方法 6 の 15:
「君は僕の全てだ」

  1. 1
    何よりも2人の関係を大切にしている気持ちを伝えましょう。恋人と喧嘩をすると、お互いに心から愛し合っていることを忘れてしまいがちです。このような甘いメッセージを送り、彼女こそが1番大事な存在であることを思い出してもらいましょう。
    • 「どんなに喧嘩しても、2人の関係が一番大切なんだ。本当に愛してる」
    • 「さっきはちょっとヒートアップしちゃったね。でも、君を愛してることと、君こそが最高の彼女だってことを覚えていてほしいんだ」

方法 7
方法 7 の 15:
「喧嘩の埋め合わせ、できるかな?」

  1. 1
    彼女を傷つけた場合には、埋め合わせができるかどうか様子を見てみましょう。かなりひどい過ちを犯してしまった場合、2人の関係が持続可能かどうか確信が持てなくなっているかもしれません。そんなときには彼女に連絡を取り、何かよい提案があるかどうか聞いてみます。一緒に解決策を見つけ、2人の関係修復に向けて取り組んでいくようにしましょう。
    • 「何でもするから言ってね」
    • 「反省してることをわかってもらえるにはどうすればいいかな。今は何を言っても嘘っぽく聞こえるかもしれないけど、何とか君とうまくやっていきたいんだ」
    広告

方法 8
方法 8 の 15:
「今、何をしてほしいか教えて」

  1. 1
    何をすべきかよくわからない場合は、どうしたらよいか相手に聞いてみましょう。喧嘩の後に一緒に話し合いたい人もいれば、少々距離を置きたい人もいます。彼女が何を求めているのかを尋ね、意思を尊重する姿勢を示しましょう。
    • 「話したいことがあれば、いつでも言ってね」
    • 「後で会えるかな?喧嘩のことは本当にごめん。どうしたいか教えてくれる?」

方法 9
方法 9 の 15:
「愛してるってこと、忘れないでほしいんだ」

  1. 1
    今後もずっと2人の愛が続いていくことを彼女に思い出してもらいましょう。彼女と喧嘩しているときは、お互いへの愛情を思い出すのが少々難しく感じる場合があります。彼女への愛と気遣いをメッセージで伝え、甘い感情を再燃させましょう。
    • 「今まで付き合った人の中で君が1番なんだ。1回喧嘩しただけで仲たがいをしたくないんだ。すごく愛してる」
    • 「僕にとって、君が全てなんだ。昨日の夜は喧嘩しちゃってごめん。早く仲直りしたいよ」
    広告

方法 10
方法 10 の 15:
「君に夢中なんだ。嫌な思いをさせて本当にごめん」

  1. 1
    2人の関係に安心感を持ってもらいましょう。大喧嘩をした後であっても、以前と変わらず相手を大切に思っている旨を伝え、不安を取り除くようにします。強く愛していることと、真剣に相手を思っていることを伝えると、彼女はより安心できるはずです。
    • 「喧嘩をしても君への想いは変わらないよ。愛してる」
    • 「昨日の夜、君が泣くのをみて心が痛んだよ。君は素晴らしい人なのに、傷つけてしまうなんて情けないよ。君は僕にとって1番の幸せで、僕の人生に君がいてくれて本当にラッキーだよ。僕が言ったこと、申し訳ないと思ってる」

方法 11
方法 11 の 15:
「僕は君にひどいことをした。あんなに熱くなるべきじゃなかった」

  1. 1
    口論中の自分の落ち度について謝罪しましょう。完全にあなたが悪かったわけではないかもしれませんが、自分の振る舞いが好ましくなかったと感じている場合もあるでしょう。自分の発言や行動が間違っていたこと、そして状況を混乱させてしまったことを謝罪するようにします。
    •   「あのときはその場の雰囲気に流されちゃって、ごめん。大声を出したりひどいことを言って悪かったよ」
    • 「あの喧嘩のとき僕は、本当の僕じゃないんだ。怒りに支配されて、君をすごく傷つけてしまって本当にごめん」
    広告

方法 12
方法 12 の 15:
「本当にとんでもない失敗をしたよ。謝りたいんだ」

  1. 1
    直接会って謝りたいと伝えましょう。メッセージで謝るのも構いませんが、直接会って謝るほうが効果的です。彼女に短いメッセージを送って自分が悪かったことを伝え、会って話せるかどうか聞いてみましょう。[6]
    • 「いくら謝っても足りないよ、本当にごめん。あとで会えるかな?すごく会いたいんだ」
    • 「心の底から謝りたいんだ。メッセージで謝るだけだと気が済まないから、直接会って謝りたいんだ」

方法 13
方法 13 の 15:
「がっかりさせてごめん。今後はもっと努力するって約束するよ」

  1. 1
    今後は態度を改める旨を伝えましょう。同じ過ちを2度と繰り返さない決意を伝えるのが、最も効果的な謝罪方法です。自分の失敗を自覚している旨を伝え、2度と同じ過ちを繰り返さないように心底努力する決意を伝えましょう。[7]
    • 「心の底から悪かったと思ってる。僕がしたことは間違ってたし、喧嘩なんてするべきじゃなかった。これからは君の気持ちをもっと考えるようにするよ」
    • 「僕たちの関係を疑わせるようなことをしてしまって、本当にごめん。でも本当は君を傷つけたくないんだ、愛してる。これからはもっといい彼氏になるよ」
    広告

方法 14
方法 14 の 15:
「怒鳴るべきじゃなかった、ごめん」

  1. 1
    このようなメッセージを送り、具体的に失敗した言動の責任を取りましょう。時には口論が少々ヒートアップして、一線を越えるような言動をしてしまうこともあるかもしれません。口論中の言動で後悔している点を自覚しているのであれば、メッセージを送って謝りましょう。こうすれば、それが本心であること、そして2度と同じ過ちを繰り返さないように努力する気持ちが伝わるはずです。
    • 「昨日の夜の発言について説明させてもらえるかな。言ったことは後悔してるし、取り消せるならそうしたいよ。君がいるのが当然だなんて、もう絶対に思わないよ、ごめん。君は僕の全てなんだ」
    • 「言ったことを取り消せるなら何でもするよ。でもそれは無理だよね。今言えるのは「ごめん」ってことだけ。許してもらえるかな?」

方法 15
方法 15 の 15:
「君が僕たちのためにしてくれてること全てに感謝してる。愛してるよ」

  1. 1
    2人の恋愛関係において彼女がしてくれることに対する感謝の気持ちを示すようにします。喧嘩をした後には、相手の好きなところを伝えて思い出してもらうとよいでしょう。彼女がしてくれることがどれほど素晴らしいかを伝えて褒め、心から感謝している気持ちを伝えるようにします。
    • 「君がしてくれたことなしには、僕たちの関係は成り立たないよ。君は最高だよ」
    • 「君は最高の彼女だし、いつも君からの愛を感じてるよ。さっきはごめん」
    広告

ポイント

  • どんなときでも直接謝罪するのが効果的ですが、実際に会う前に謝罪のメッセージを送って誤解を解いておくとよいでしょう。
  • メッセージを作成する際はよく考えてから声に出して読んでみるようにして、適切な内容になっているかどうかを確認しましょう。怒りや防衛的な雰囲気を見せることなく、適切な表現を使って謝罪の気持ちを伝えるのが重要です。
広告

関連記事

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる - wikiHow専門家からのアドバイス
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
キスを嫌がる彼女に対処する恋人がキスを嫌がる10の理由とその解決法
女性に愛撫する女性に愛撫する
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
女の子が自分に気があるかどうかを見極める女の子が自分に気があるかどうかを見極める
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
彼女に嘘をつかれたときの対処彼女に嘘をつかれたら、どう対処すべき?
彼氏を興奮させるキスをする彼氏を興奮させるキスをする
山羊座の男性を夢中にさせる山羊座の男性を夢中にさせる
彼が体目当てで付き合っているかを判断する彼が体目当てで付き合っているかを判断する
Instagramで好きな男の子に話しかけるInstagramで好きな男の子に話しかける
広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 59 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告