あなたは、彼女と大げんかをした時、どのように対処しますか?大げんかをすると、二人とも腹を立てたり、怒りを表したり、気が動転したりするでしょう。そんな時、二人の関係を維持したいのなら、以下に仲直りする方法があります。まず目の前のけんかを理解し、思いやりと謙虚さを持ちましょう。

パート 1 の 3:
けんかについて整理する

  1. 1
    冷静になりましょう。大げんかをしたら、すぐに解決することは期待できません。二人の意見が合わない時には、時間をかけて気持ちを落ち着かせましょう。数時間、あるいは数日、時間をかけて気持ちを落ち着かせ、感情をきちんと整理します。遠くまで散歩に出かけたり、友人に会ったり、映画を観たりしましょう。状況を客観的に見ることができるくらい落ち着くまでリラックスするように努めましょう。[1]
    してはいけないこと: 何も言わずに怒って出ていくこと
    すべきこと: 「今は混乱しているから、気持ちを落ち着かせるのに時間が必要なんだ。明日話してもいい?」と伝えること
  2. 2
    けんかの原因を分析しましょう。何もないのにけんかが起こることはめったにありません。じっくりとけんかの原因を分析し、何か他に違った対応ができなかったのか考えてみましょう。
    • 起きた出来事を振り返りましょう。なぜけんかが始まったのでしょうか?何が原因で言い合いが始まったのでしょうか?どんな言葉を言いましたか?自分の発言を後悔していますか?自分の行動について、なぜしたのか、あるいはなぜしなかったのか考えてみましょう。[2]
    • 特にストレスを受けている状況では、記憶には主観が入るということを心に留めておきましょう。きっと、彼女はけんかをあなたとは違うように記憶しているはずです。しかしそれが普通なのです。これは、二人のうち片方が嘘をついているということではありません。ストレスによって記憶が正確でなくなることがあるということです。[3]
  3. 3
    自分の感情を表現しましょう。けんかの後には、自分の気持ちを受け入れる必要があります。私たち人間は怒りや悲しみのような感情を嫌いますが、それを無視するのではなく認めることが重要です。自分の感情を抑えつけると、そのうち爆発する可能性があります。
    • 人は必ずしも常に理性的ではないということを受け入れましょう。例えば、彼女があなたを傷つけた時、わざとそうしようとしたのではないと分かっていたとしても許すことが難しいかもしれません。彼女がまったく論理的でないとしても、けんかをする時には二人には感情的になる権利があるのだと考えましょう。[4]
      してはいけないこと: 「なんでこんなことするの?!」と声を上げること
      するべきこと: 「昨日の約束を守ってくれなかったから腹が立った」と伝えること
    広告

パート 2 の 3:
けんかを解決する

  1. 1
    話し合いの時間を設けましょう。二人が落ち着いたら、けんかについて話し合う時間を持とうと提案しましょう。大げんかをした後、お互い落ち着いて話し合いができる日程に設定することが重要です。[5]
    • 外部からの制約がない時間帯を選びましょう。つまり、二人とも翌日朝早くに用事がない日の夜を選びましょう。また、空腹や眠気が話し合いの邪魔にならないように、夕食後の早い時間に話すようにします。[6]
    • 二人が一緒に住んでいないのであれば、中間地点で会いましょう。二人の関係について公共の場所で話すのは変だと思うかもしれませんが、中間地点で会えば誰も不快な思いをしません。広くて静かな喫茶店や、混雑していない公園などの人の少ない場所を選びましょう。[7]
  2. 2
    オープンボディランゲージを使いましょう。けんかについて話し合う時には、対話に積極的に臨んでいるいうことを姿勢や表情で示します。そうすることで、落ち着いて効果的に話し合いを進めることができます。[8]
    • アイコンタクトをとりましょう。時折うなずくと、相手の話をちゃんと聞いているということを伝えられます。腕は組まず、また緊張しているように見えるようなことは絶対にしません。また、洋服をいじったり、指を鳴らしたり等の神経質な癖が出ないようにしましょう。[9]
    • 時折うなずいて、相手の話をよく聞いているということを非言語でも示しましょう。[10]
  3. 3
    言語コミュニケーションをうまく使いましょう。けんかについて話し合う時には、口頭でのコミュニケーションもしっかり行います。積極的にけんかを解決したいと考えていることを彼女に分かってもらえるように、けんかの後には効果的にコミュニケーションを取りましょう。
    • 話す時には明確に、簡潔に話しましょう。多くのことを話そうとせず、話の要点を明確にします。また、彼女が話している時には遮らないようにしましょう。自分が話していることを彼女が理解しているか常に確認し、自分が彼女の話を理解できなかった時には、説明してもらいましょう。[11]
    • 「わたしメッセージ」を使いましょう。これは、ある状況を客観的に判断して話すのではなく、自分の感情を表現する方法です。例えば、「遅刻したことに必要以上に反応して、友達の前で恥ずかしい思いをさせられた」と言うのではなく、「遅刻したことを友達の前で指摘されて私は恥ずかしかった」のように言います。[12]
  4. 4
    彼女の感情を認めてあげましょう。恋愛関係において、相手が自分の気持ちを分かってくれないとかなりがっかりします。たとえ彼女の判断に同意できなくても、彼女が自分の気持ちを分かってくれていると感じられるよう努力しましょう。ただ相手の行動や感情を理解してあげるだけで、その場の緊張感がほぐれるということは少なくありません。こうすることで心の中に閉じ込められていた負の感情が発散され、彼女は、あなたが本当に自分を幸せにしようとしてくれているという気分になるでしょう。[13]
    してはいけないこと: 「悪意のない冗談だったけど、もしそう受け取ったならごめん」と言うこと
    すべきこと: 「傷つけるつもりはなかったよ。怒らせてごめんね」と言うこと[14]
  5. 5
    意見が合わない部分を見つけ出しましょう。多くのカップルには、お互い同意できない部分がいくつかはあるでしょう。人間は皆個性があるので、これは普通のことです。このけんかを、二人の違っている部分を見つけ、その違った部分をどのようにすり合わせていくのかを考える良い機会だと思いましょう。一緒に過ごす時間や全体的な関係性、生活様式等において違った部分があるのなら、その違いを確認し、解決策を見つけることが重要です。
    • けんかの原因となった根本的な問題があるなら、それを解決できるかどうか確認しましょう。大げんかをしたのであれば、その原因はささいなことではないはずです。どこで食い違ったのか、それをお互いすり合わせるためには何ができるのかについて考えてみましょう。時に、単にある物事に対して自分の考え方が違うと認めるだけで、緊張感が和らぐこともあります。性格的にどの部分が違うのかが分かれば、二人は個人的な考え方をしなくなるでしょう。[15]
      してはいけないこと: すべての相違点において彼女(あるいは自分)の考え方を変えるよう強要すること
      すべきこと: 一緒にいる時には連続で同じ活動をしたり、同じ話題を出したりしないなど、けんかを減らす方法を提案すること
  6. 6
    謝りましょう。けんかをした時の自分の行動についてしっかり考え、自分の間違いを謝罪します。彼女のことをよく理解しているということを示すために、謝罪はできるだけ具体的に、誠実に行いましょう。[16]
    してはいけないこと: 「でも……」という言葉を使ったり、彼女の行動について言及したりして自分の行動を正当化すること
    すべきこと: たとえ彼女が「あんた最低」と言ったとしても、冷静に受け入れること
    広告

パート 3 の 3:
けんかを防ぐ

  1. 1
    新しい問題が起きたらすぐに話し合いましょう。問題が起きていることに気づいたら無視せず、問題が深刻化する前に話し合います。こうすることで未然に大げんかを防ぐことができます。[17]
    • 問題が積み重なると、次にけんかした時に過去のことを持ち出すようになります。そうすると彼女は攻撃されているような気持ちになります。そのため、問題が起きた時にはすぐに対処しましょう。小さな問題でも、時間が経てば怒りが募っていきます。[18]
  2. 2
    腹を立てずにけんかを解決するしくみを作りましょう。怒りの感情があると、理性的に対応することが困難になります。人は怒りをぶつけてしまって周囲の人々と疎遠になることがよくあります。そのため、腹を立てずに問題を解決する方法を彼女と一緒に見つけましょう。けんかをした時には、すぐに話すよりも、自分の気持ちを5分かけて考えてから表現するのも良い方法です。[19]
  3. 3
    心の奥に隠れた感情的な欲求に耳を傾けましょう。けんかは、感情的欲求が無視されたということに関係していることが多くあります。彼女が怒ったり、イライラしたりしている場合には、欲求不満を感じているのかどうか考えてみましょう。最近距離を置いていましたか?忙しくて彼女と過ごす時間があまり取れませんでしたか?彼女が何に欲求不満を感じているのか、それを満たすためには何ができるのか考えてみましょう。[20]
  4. 4
    話し合いの内容をまとめて確実に理解しましょう。けんかの後には、必ず時間を取って何を話し合ったのかを整理しましょう。あなたは何を感じましたか?彼女は何を感じましたか?また同じことを繰り返さないために、二人はこれからどう向かい合いますか?5分間時間を取って状況を整理することでけんかの再発を防ぐことができます。[21]
    広告

専門家からのアドバイス

  • 相手の話を聞きましょう。 一般的にけんかは、お互いがお互いの話に耳を傾けてくれない、理解してくれないと感じることから始まります。そこからけんかにつながり、たいていの場合非常に傷つくような悪口を言うようになります。これを直すためには、相手と向き合って相手の話に耳を傾けるような心がまえをしましょう。彼女もけんかをまたしたくないので、けんかを防ぐために彼女は自分の感情を話すことになるでしょう。
  • 自分が正しいという考えを捨てましょう。 たとえ自分が100%正しいと心の中では思っていても、おそらくそれは違います。ごめんね、実際はそんなつもりはなかった、許してほしいと言えるようになりましょう。自分が正しいということよりも、二人の関係がもっと重要だということを心に刻んでおきましょう。
  • これからのコミュニケーションをより良くするために努力しましょう。 二人がよくけんかをするのであれば、二人のコミュニケーションの方法を変えることが重要です。けんかをするたびに二人の関係にはひびが入り、最終的には関係を終わらせてしまいます。一緒に向き合ったり、必要であればカウンセリングを受けたりしましょう。

ポイント

  • 自分にとって有害な関係を認めましょう。「一緒にいて幸せな時間」よりも「物事を解決しようと努力する時間」が長いのであれば、努力する価値はないのかもしれません。

広告

関連記事

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

男性からの好意に気付く

How to

恋に落ちたか判断する

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

女の子を笑わせる

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

男性が自分への興味を失ったことを見分ける

How to

彼氏の気を引く

How to

男性を興奮させる

How to

疎遠になった子供との関係を修復する
広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 :
John Keegan
デートコーチ
この記事の共著者 John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
カテゴリ:
このページは 45 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告