恋人は、かけがえのない特別な存在です。以下のステップに従って彼女をお姫様として扱い、愛しい思いを形にしましょう。

パート 1 の 3:
敬意をこめて優しく接する

  1. 1
    敬意をこめて優しく振る舞う 彼女は特別な存在として扱われていることに気づくはずです。常に優しく語りかけ、彼女の言葉に耳を傾けましょう。彼女を個人として尊敬しましょう。
    • 恋人は性欲の対象以上の存在です。親密な仲であっても、時として欲望を表に出さない振る舞いが必要です。
    • 丁重に挨拶をしましょう。彼女が部屋に入る時は、立ち上がって手の甲にキスをしましょう。目の前のお姫様に対して身をかがめて会釈をしましょう。
  2. 2
    恋人には紳士的に優しく触れる 移動中は手をとってエスコートしましょう。気分が高まってきたら、手の甲に優しくキスしましょう。優しく後ろから抱きしめて、安らぎのひと時を過ごしましょう。
    • 彼女に触れるときは、そっと触れましょう。上品な態度で愛情を注ぎましょう。
  3. 3
    彼女の願いを聞き、叶える努力をする
  4. 4
    思いやりを持って尽くす 決して彼女をぞんざいに扱ってはいけません。怒りを露わにしたり、辛く当たったりしないように、自分を抑えましょう。特に口論の最中は、悪口や侮辱的な発言は禁物です。よくある失敗ですが、無礼な振る舞いはいずれ自分に返ってきます。それがきっかけで破局につながる場合も少なくありません。
  5. 5
    彼女を誇りに思い、その気持ちを態度に表す 腕を組んでデートをする時は、彼女を誇らしい恋人として扱いましょう。彼女がお姫様であることを忘れてはいけません。
    広告

パート 2 の 3:
寛大かつ大胆な心を持つ

  1. 1
    彼女に贈り物をあげる 贈り物は、大きいものもあれば、小さいものもあります。何気ないものもあれば、大切な記念日のプレゼントもあります。彼女のことが好きで、大切にしたいと思うのであれば、少しでもその気持ちを形にして伝えましょう。花束や宝石などの贈り物は常に喜ばれます。
    • 記念日でなくても、彼女のお気に入りのキャンディーや花を買うなど、親切な振る舞いで愛の気持ちを伝えましょう。
  2. 2
    時折朝食を作って驚かせる ベッドに朝食を運んだり、彼女の好物を使って特別な朝食を作るのも効果的です。また、昼休みにランチやコーヒーの差し入れをすれば、大いに喜ばれます。昼に時間が取れない場合は、弁当箱に愛の言葉を書いたカードを添えて渡せば、きっと彼女は笑顔になるでしょう。
  3. 3
    時には贅沢なデートをする 恋人のためにお金を使いましょう。彼女は、自分のために時間やお金を使ってくれたと感激するに違いありません。ますます一緒にいることに幸せを感じるでしょう。
  4. 4
    マッサージをする マッサージはとても効果的です! 肩から、背中、足にかけて揉んでいくと、彼女は至福のひと時を過ごせます。マッサージのやり方がわからなくても、痛みを与えない限り、彼女はその心遣いに感謝するはずです。彼女に力加減やツボを教えてもらいましょう。
  5. 5
    旅行をする 時折(年に2、3回ほど)、二人旅を計画しましょう。週末に小旅行に出掛けたり、彼女が心底行きたいと思っている国があれば、本格的な海外旅行を計画しましょう。ホテルや航空チケットを予約し、場合によっては、彼女の上司に相談して仕事のスケジュールを調整しましょう。
    広告

パート 3 の 3:
愛している気持ちを伝える

  1. 1
    彼女の話に耳を傾ける 恋人が不満のはけ口を求めているときは、聞き役に徹しましょう。彼女の気持ちを尋ね、彼女の意見や考えを真剣に聴いているという姿勢を見せましょう。
    • 細心の注意を払って聴いているという態度を取りましょう。
  2. 2
    折に触れて、愛している気持ちや、一緒にいる幸せを言葉で伝える
  3. 3
    恋人を褒める どれほど彼女を大切に思っているか、そしてどれほど彼女を注意深く見ているかを伝えます。
  4. 4
    一途な思いを伝える 彼女一人を思い続けていることを伝えましょう(宗教上の帰依の対象は例外です)。
    広告

ポイント

  • 人にはそれぞれ個性があります。「私にとって大切だ」と言われなくても、彼女が大切にしているものには注意を払い、相手の個性を尊重しましょう。彼女の話に頻繁に登場するようであれば、それは彼女にとって大切なものです。注意深く話を聞けば、どのように扱うべきかを詳しく教えてもらえるでしょう。
  • ありのままの彼女を受け入れましょう。世の中のあらゆる人々が100点満点の恋人やデート相手を求め、周囲に身勝手な理想を押し付けようとします。くれぐれも注意しましょう。
  • 「私のことを誤解している」と言われた場合は、たとえ彼女が「間違っていた」としても、努めて自分の非を認めましょう。二人は味方同士であることを忘れないようにしましょう。二人は争いの場にいるわけではありません。
  • プレゼントと共に、女の子は自身が特別な存在であることを言葉で伝えてもらいたいと願っています。褒め言葉に決まりはありませんが、必ず容姿以外の魅力も褒めましょう。なぜ彼女と一緒にいたいのか、なぜ彼女が自分にとって唯一無二の存在なのかを伝えましょう。
  • ふさわしい場面で、たくさんキスをしましょう。軽い身体的な愛情表現は安心感を生みます。
  • 彼女のことを一番に考えつつも、時として恋人関係よりも優先すべき義務があることを彼女に理解してもらいましょう。一方、彼女にも時として優先すべきものがあることを理解し、尊重しましょう。



広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

キスマークをつける

How to

男性からの好意に気付く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,512回アクセスされました。
このページは 2,512 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告