彼女を興奮させる方法

この記事には:セクシーな雰囲気を作り出す前戯を大切にして楽しむベッドへ行く6 出典

どのように彼女をその気にさせたらよいか悩んでいる、彼女を興奮させるために新しいアイディアを探しているというあなた。試してみるべきことはたくさんあります!前戯でさえも緊張してしまうという方も、心配する必要はありません!お互いに惹かれ合っている限り、ムードを作り、ゆっくりと進め、いくつかの技を試すだけで彼女を興奮させることができるでしょう。

パート 1
セクシーな雰囲気を作り出す

  1. 1
    セクシーに振る舞う 彼女を興奮させるには普段からセクシーに振る舞うことが大切です。浜辺を散歩している時や、地元のボーリング場のようなそれ程セクシーな雰囲気がない場所にいる時でさえ、セクシーに振る舞うことはできるのです。セクシーに振る舞うには、自信に満ちた態度でいること、気取らずに自分らしくいること、自分の外見に自信を持つこと、 僕は一緒にいると楽しい人間なのだと誇らし気に堂々と歩くことが大切です。
    • 彼女に話しかける時は、じっと彼女の目を見つめましょう。そうすることで、自分に自信があることを示すことができます。
    • かすかな微笑みをマスターしましょう。控えめな笑顔は非常にセクシーであり、彼女をその気にさせることができるでしょう。
    • 彼女と話す時は、彼女の方に身体を寄せてみましょう。いつもよりも少し近づけば、きっとあなたにキスをしたくなり、もっと近くに行きたいと思うでしょう。
    • 身だしなみを整えましょう。彼女に会う前は常にシャワーを浴びて清潔にしておきましょう。衛生面に気を遣うことのできる男性は非常にセクシーであるとみなされます。
  2. 2
    彼女を褒める 「君は美しい」「素敵だね」などと褒めてあげましょう。新しい髪型をしていたり、明らかに新しい洋服を着ていたら、いつも以上に褒めましょう。遠慮する必要はありません。思い切って、「色っぽいね」「新しいスカートから覗く脚が綺麗だよ」「新しいアイシャドウが素敵だね」などと言ってみましょう。[1]
    • 彼女に「私は特別な存在なんだ」「私ってセクシーなんだ」と感じさせるくらいの褒め言葉を言いましょう。褒め言葉から、あなたが彼女に注意を払っていることが伝わるようにするとよいでしょう。
    • やり過ぎは禁物です。彼女がすること全てを褒めるようでは、誠実さがないと思われてしまうでしょう。
  3. 3
    デートに連れて行く 性行為を目的としたデートに誘う前に、まずは親密で色気のあるデートに連れて行き、セクシーなムードを演出すべきでしょう。たとえお互いに、動物園に行ったり、パンケーキ屋さんで思う存分食べるのが好きであっても、今回はそのようなデートではいけません。薄暗い明かりが灯るレストランに素敵なディナーをしに連れて行きましょう。その際、邪魔が入らない場所に座るようにしましょう。
    • ディナーの後は、散歩に出かけましょう。そっとあなたの手に彼女の手を擦り合わせるようにして手を握り、愛情のこもった振る舞いをし始めましょう。
    • この後何が起こるのか、少し味見させてあげましょう。デートの最中は、彼女の膝や肩にそっと触れたり、官能的なキスをしたりして、もっと欲しがらせるようにしてみるとよいでしょう。あまり積極的に触れるのは避けましょう。よりプライベートな場所へと彼女を誘うことができるよう、彼女の興味をそそる程度に触れましょう。[2]
  4. 4
    2人きりになる 彼女をその気にさせたいのであれば、彼女があなたとセックスしたいと感じるような雰囲気を作り出す必要があります。デートが順調に進み、彼女はすっかりあなたに夢中になり、あなたともっと一緒に時間を過ごしていたいと思っていることが明確であれば、2人きりになれるよう、あなたの部屋に誘ってみましょう。 しかし、そうする前に、前もって彼女を部屋に誘い、室内の音や明るさ、香りを彼女が気に入っていることを確かめておきましょう。[3]事前に計画を立てておくことが大切です。汚い部屋や、ずっとゲームで遊んでいるルームメイトがいるような部屋ほどムードを台無しにするものはありません。
    • セクシーな音楽をかけましょう。彼女をその気にさせるには、R&Bやジャズの曲をかけるとよいでしょう。音量は小さめに設定し、音楽をかけた素振りを見せず、初めからかかっていたかのように演出しましょう。
    • 照明を薄暗くしましょう。部屋の明かりを薄暗く、柔らかい雰囲気が出るようにしておきましょう。消防規則に違反する心配がなければ、キャンドルに火を灯してみるのもよいでしょう。お互いが見える程度の明かりは残しておくべきですが、彼女が恥ずかしくなったり、緊張してしまうほど、明るすぎてもいけません。
    • 爽やかさを保ちましょう。部屋からは、清潔感のある、良い匂いが漂うようにしておきましょう。彼女が来ると分かっている日はあらかじめ窓を開け、かび臭さがないようにしておきましょう。お香を焚いたり、香り付きのキャンドルに火を灯すのもよいでしょう。
    • 部屋を掃除しておきましょう。汚れた服や食べ物の包み紙などが落ちていないか確認しましょう。部屋が汚いと、その気にさせるどころか、彼女に不快感を与えてしまいます。
  5. 5
    セクシーなアイテムを用意しておく 彼女が来る前に、彼女をあっと驚かせ、興奮させ続けられるよう準備をしておく必要があります。2人の楽しい時間を長引かせ、あなたと一晩中一緒にいたいと思わせるためのカギとなるアイテムをいくつか用意しておくとよいでしょう。以下のようなアイテムを参考にしてみましょう。
    • ワインやその他の飲み物を用意しましょう。お互いにまだ飲酒することができる年齢ではない場合を除き、赤ワインや白ワイン、彼女が好きな飲み物を揃えておきましょう。ワインをより美味しそうに見せるピカピカに磨かれたワイングラスを用意しておくと、飲みに行った後やディナーのデートを楽しんだ後に家に帰って来た時に、ほろ酔い気分を失わずにいられるでしょう。
    • 軽めの食べ物を用意しておきましょう。軽い食べ物といっても、オニオンリングスナックやチーズクラッカーでは、彼女を喜ばせることはできません。チョコレートやチーズにクラッカー、苺やブドウなどの大人の雰囲気漂うフルーツなどを用意しておくとよいでしょう。
    • ベッドのシーツを取り換えておきましょう。彼女にできる限り良い印象を与えるため、ベッドのシーツはきれいなものと取り換えましょう。散らかって整っていないベッドには彼女も近づきたくないはずです。
  6. 6
    彼女にくつろいでもらう 彼女が部屋に足を踏み入れ、あなたが作り出した雰囲気を気に入ってくれたら、くつろいでもらいましょう。たとえ前にあなたの部屋を訪れたことがあったとしても、できるだけ彼女にとって居心地の良い空間を作るよう努力しましょう。[4]彼女に心地良く感じてもらうには、紳士のように振る舞う必要があります。以下でその方法を紹介します。
    • 彼女のコートを受け取り、手慣れた手つきでクローゼットの中にかけておきましょう。
    • スリッパを用意しておき、「履きたければ使ってね」と勧めるのもよいでしょう。
    • 2人とも飲酒をするのであれば、ワインを勧めてみましょう。無理に飲ませてはいけませんが、何か少し飲みたいようであれば、ワインを飲むと彼女の気分もさらによくなるでしょう。
    • 「今夜は最高の夜だった」と言うなどして、完璧なデートであったことを伝えましょう。「あのチョコレートケーキはすごく美味しかったね」や「海の向こうに見えた星がとてもきれいだったね」など、心に残っていることを伝えてみるとよいでしょう。
    • 座りましょう。ソファーなどに腰を掛け、彼女と近づき、くつろぎましょう。立った状態では、彼女はあなたから離れてしまったり、部屋にある物をいじり始めてしまうかもしれません。

パート 2
前戯を大切にして楽しむ

  1. 1
    まずは優しく触れる あなたの部屋ですっかりくつろいでおり、より親密になりたいと感じている様子が伺えたら、「君が欲しい」と伝えるため、優しく触れてみましょう。すでに彼女の隣に座っているのであれば、彼女に近づき、お互いの足を触れさせてみましょう。彼女の膝を撫でるように触れたり、勇気があるならば、腕を回してみるとよいでしょう。以下で、他にも彼女をその気にさせる方法を紹介します。
    • 彼女に腕を回したら、彼女の髪の毛にもそっと触れてみましょう。
    • ぶら下がるネックレスやピアスをつけていたら、それらに触れて「素敵だね」などと言いながら、より彼女に接近してみましょう。
    • 短めのセクシーなマッサージをしてあげるのもよいでしょう。肩や背中、首や後頭部などをマッサージしてみましょう。初めは優しく指を使いマッサージをして、気持ちよさそうにしていたら、もう少し力を加えてみましょう。
  2. 2
    キスをする 彼女に触れると、きっと彼女は興奮し始めるでしょう。彼女にキスをするタイミングを見つけましょう。あなたの方に体を向ける、目を見つめる、自分の唇を舐める、寄りかかってくるなどの振る舞いが見られたら、それはキスをし始めるタイミングであるといえます。[5]彼女を興奮させたいのであれば、「もっと欲しい」と思わせるようなキスをしなくてはなりません。以下で、特別な女性に対するキスの仕方を紹介します。
    • 最初から舌を使ってはいけません。たとえ彼女とは今までに何度もキスをしたことがあっても、初めからフレンチキスをしてしまうと、積極的過ぎる印象を与えてしまいます。
    • 軽く彼女の唇に触れ、ゆっくりとあなたの舌の先と彼女の舌の先を触れ合わせましょう。彼女がそれを気に入れば、本格的なフレンチキスをしてもよいでしょう。
    • 休憩を挟みましょう。5分間もキスをし続けるのはやめましょう。1~2分間キスをしたら休憩を挟み、彼女の目をじっと見つめるなどして、もっとあなたを欲しがらせてみましょう。
    • キスをしながら彼女の髪をかき上げたり、体を撫でるなどしてもよいでしょう。
    • 色々と試してみましょう。彼女の唇から離れ、首や耳たぶ、肩などにもキスをしてみましょう。
  3. 3
    さらに触れる キスをし始めたら、もう少し積極的に触れてみるとよいでしょう。手を上下に動かしてそっと彼女の腰や肩に触れたり、太ももの内側や胸へと徐々に手を動かしてみましょう。この時、彼女が気持ちよさそうにしていることを確かめましょう。
    • 女性は皆それぞれ違った個性を持っています。彼女と親密な関係になっていく中で、何が最も彼女を興奮させるのかが分かるようになるでしょう。首にキスされるのが好きであったり、腰にそっと触れられるのが好きかもしれませんし、何か他のことで興奮するかもしれません。
  4. 4
    服を少しずつ脱がす キスに夢中になってきたら、より動きやすくするために洋服を少しずづ脱がしてみましょう。彼女を興奮させるための洋服の脱がし方がありますので、以下で紹介します。
    • 自分のシャツを先に脱ぐか、彼女のを先に脱がせるかを決めましょう。あなたが先に脱いだほうがよいと感じるか、それは積極的過ぎると感じるかは、女性にもよります。彼女はどうしたいと思っているのか、その状況によって判断しましょう。
    • 彼女のシャツを脱がせましょう。彼女のシャツの中に手を入れて胸に触れ、シャツのボタンを外したり、頭からシャツを脱がせてみましょう。
    • 自分のシャツを脱ぎましょう。シャツを脱ぐ以上のことをしてはいけません。彼女を興奮させるどころか、怖がらせてしまいます。間違った方向に受け取られてしまう可能性があるので、熱心過ぎるのもよくありません。
    • 彼女のパンツやスカートを脱がせましょう。下着の上からそっと彼女に触れましょう。「そっと」触れることが大切です。
    • 彼女のパンツ又はスカートを慎重に脱がせたら、若しくは彼女に手伝ってもらいながら脱がし終えたら、次はあなたのパンツを脱ぎましょう。彼女さえ構わなければ、彼女に手伝ってもらいながら脱いでもよいでしょう。
    • 2人とも下着しか身に着けていない状態になったところで、次のステップである、セックスに進みましょう。しかし、セックスをするのは、彼女の心の準備が整っている場合のみです。

パート 3
ベッドへ行く

  1. 1
    セックスをするのであれば、コミュニケーションをしっかりと取る 下着姿になった彼女を目にしたらすぐにベッドへ向かいたくなるかもしれませんが、彼女の心の準備ができていることを明確にしなくてはなりません。[6] 「セックスしたい?」や「心の準備はできた?」などと、はっきり聞きましょう。落ち着いたトーンで聞き、アイコンタクトを取りながら、せかすつもりはないということを伝えましょう。
  2. 2
    寝室で彼女を興奮させる 彼女にもセックスをする気があるのならば、行為を始める前にもっと彼女を興奮させましょう。あなたはすぐにでもセックスをしたい気になっているかもしれませんが、彼女をその気にさせるために、もっと時間を費やす必要があります。 以下を参考にしてみましょう。
    • 彼女の体中にキスをしましょう。首や肩、胸、お腹、太ももの内側にまでキスをしてみるとよいでしょう。
    • 彼女がどれ程セクシーか伝えましょう。行為の最中で、彼女の体で好きな部分を褒めたり、彼女にされていることが好きであれば、そう伝えましょう。
    • 彼女の性器に触れましょう。下着を脱がせたら、指1本~2本を使い、軽く触れ、一旦離してまた触れるなどして少し焦らしてみるとよいでしょう。彼女の心の準備が整うまで待たなくてはなりません。彼女はまだ準備ができていないのであれば、セックスをしてはいけません。お互いに準備できていなければならないのです。あなたに待つ気がないと、彼女に「この人は私の運命の人ではない」と思われてしまうでしょう。
  3. 3
    場合によっては行為の最中にさらに興奮させる セックスをするとなったら、行為の最中にも様々な方法で彼女を興奮させることができます。ずっと同じ体位ではなく、時々体位を変えて楽しむとよいでよう。とは言え、彼女が心地悪く感じたり、リズムが取れなくなってしまっては、やり過ぎです。以下のようなことを試してみましょう。
    • 騎乗位を試してみましょう。リラックスした状態で数分経ったら、あなたの上に跨るよう言ってみましょう。これは彼女にとって恥ずかしい体位かもしれませんので、彼女が嫌がったら、無理強いしてはいけません。
    • 色々なスタイルを見つけましょう。彼女が穏やかな様子なら、ペースを落とし、積極的であれば、ペースを上げてみるとよいでしょう。
    • 軽く彼女の首や耳を噛んで、1つ上のレベルに進みましょう。
    • 彼女の胸に触れることも忘れないようにしましょう。セックスに夢中になり、彼女の体の部分に触れることを忘れてしまう男性もいます。時折彼女の胸を撫でたり、胸にキスをするのも忘れないようにしましょう。
    • 自分がオーガズムに達することだけを考えてはいけません。彼女もオーガズムを感じることができるよう努めましょう。自分がオーガズムに達した後のことはどうでもよいといった振る舞いをしていては、彼女を喜ばせることはできません。
  4. 4
    気持ちよく終わらせる 彼女とのセックスの後は、彼女がまたあなたとセックスをしたいと思うよう、強い印象を残すとよいでしょう。セックスをし終えた後は、ベッドで彼女と抱き合ったり、彼女の体を撫でるなどして、「私は愛されている」「大切に思われている」と感じさせてあげましょう。彼女がどれ程セクシーであるか、どれ程最高の時間を過ごしたかを伝えましょう。
    • 彼女があなたの部屋から去った後で、テキストメッセージを送ったり、電話をかけるなどして、「最高の時間だった」「すごく興奮していたね」などと、気の利いたことを言い、余韻に浸るのもよいでしょう。
    • セクシーでいることを心がけましょう。彼女と再びセックスをする機会は常に存在します。ですから、次に彼女に会う時は、外見に気を使い、彼女に優しく触れ、彼女のセクシーさを伝えましょう。そうすれば、彼女は再びその気になるでしょう。

ポイント

  • 彼女の同意が必ず必要です。その気はないと言われても、嫌われたと受け取る必要はありません。彼女と良い雰囲気になり、彼女の考えが変わったとしても、まず尊重すべきは彼女の気持ちです。
  • 彼女に接近する前に口臭スプレーを使うのを忘れてはいけません。そういった気遣いが好きな女性もいます。
  • 彼女に話しかけながら、彼女の腕や脚、太ももの内側を撫でましょう。たいていの女性はそうされることが好きであり、一気にその気になるようです。
  • 優しくキスをして、楽しみましょう。
  • キスをする前に彼女の目をじっと見つめ、指で彼女の顎のラインをなぞったり、親指で顎に触れましょう。アイコンタクトをしっかりと取ることが大切です。

注意事項

  • 急いでこれらの行為を行おうとすると、彼女はそれ以上先に進むことを不安に思ってしまうかもしれません。
  • 女性は一人ひとり異なった個性を持っています。行き過ぎた行動を取ってしまう前に、彼女の好きなこと、そうでないことを理解しましょう。
  • 脚の内側を触る時は、彼女がそうされることを嫌がっていないことを確かめましょう。許可なしに触ってしまうと、「必要以上に急ぎすぎ」と思われ、ムードが台無しになってしまう可能性があります。
  • 絶対に彼女にプレッシャーをかけてはいけません。「その気にさせる」どころか、彼女を怒らせたり、怖がらせてしまいます。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 性的関心

他言語版:

Français: exciter votre copine, Español: excitar a tu novia, Deutsch: Seine Freundin heiss machen, Português: Excitar Sua Namorada, Italiano: Eccitare la Tua Ragazza, Русский: возбудить свою девушку, 中文: 挑起女友的性欲, Čeština: Jak nažhavit svoji přítelkyni, Nederlands: Je vriendin opwinden, Bahasa Indonesia: Membuat Pacar Anda Bergairah, ไทย: ปลุกอารมณ์แฟนสาว, Tiếng Việt: Tạo Sự hưng phấn cho Nàng, 한국어: 여자 친구를 흥분시키는 법, हिन्दी: अपनी गर्लफ्रेंड को उत्तेजित करें

このページは 195 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?