彼氏と喧嘩した後、どちらが悪かったのかと考え込むよりも、仲直りする方法を見つける努力をするほうが賢い選択と言えます。仲直りをするために彼氏にメッセージを送りたいと思っていても、実際には何と伝えればよいのでしょうか?この記事では、彼氏と言い争いをした後のあらゆる状況に適した様々なメッセージの例文をまとめました。他にも、メッセージを送る適切なタイミングや、メッセージのスタイルを考える際のアドバイスも紹介します。

1
自分の非を認める

  1. 適切な謝罪をすることによって、様々な状況において傷ついた気持ちが和らぐものです。メッセージで謝るときには率直に伝え、自分が悪かった点に関して責任を負うこと(場合によってはそれ以上)に焦点を当てましょう。何に対して謝っているのかを具体的に伝えるのが得策ですが、「喧嘩」などの否定的な表現はできる限り避けるようにします。[1]
    • 主に自分に非があるとわかっている場合: 「○○君が私の鍵をなくしたって聞いたときに、ひどい態度を取っちゃってごめんなさい。○○君には悪気があったわけじゃないのに、意味もなく大げさに反応しちゃって悪かったと思ってる」
    • 主に相手に非があると思う場合: 「今日の午後のこと、うまく対応できなくてごめんなさい。状況がひどくなる前に、数分間その場を離れるべきだったと思う」
    • 相手の話を聞かなかったことが原因で喧嘩になった場合: 「○○君が大事なことを話そうとしていたのに、無視しちゃって本当にごめんね。もっと聞き上手にならないといけないよね」
    • 許してもらいたい場合: 「本当にごめんなさい。許してもらえるといいんだけど……。悪いのは全部私なの」
    広告

2
相手の大切さを伝える

  1. 相手にどうでもいいと思われているのではないかと心配であれば、相手の大切さを伝えましょう。口論が激しくなると、「どうして私が我慢しなきゃいけないのよ」または「この瞬間、本当に○○君が大嫌い」などと口走ってしまうことがあるかもしれません。その場合は、イライラしてつい口から出てしまっただけだと伝え、今でも相手のことを大事に思っている気持ちをはっきりと伝えましょう。
    • 「私にとって世界一大切なのは○○君なの。昨日の私の態度は本当にひどかった。今思い出しても自分が凄く嫌になる」
    • 「昨日は大変だったけど、今までと変わらず、○○君のことを大切に思ってる。私たちは元通りなれるって信じてる」
    • 「傷つけるようなこと言って本当にごめん。愛してる」

3
喧嘩をしたことを後悔している気持ちを伝える

  1. 言い争いが普段の自分らしくない行為であった場合は、きちんと説明します。どのような関係においても言い争いは避けられないものです。彼氏とあなたの間で普段はこのようなことが滅多に起きないのであれば、「いつもならこんなことにはならないのに、結局こうなってしまって悪いと思ってる。ごめんなさい」というふうに自分の非を認めて謝りましょう。なぜそのような事態になったのかについて、言い訳はせずにきちんと説明しましょう。[2]
    • 相手とは関係ない別の原因があった場合: 「職場で嫌なことがあってイライラしてたせいで口喧嘩を始めちゃって、本当にごめんね」
    • 常に喧嘩が絶えない家庭で育った場合: 「過去の家庭環境のせいで私が喧嘩嫌いなのは知ってると思うけど、こんな些細なことで揉めちゃって、本当にごめんね」
    • 関係を修復しようとするあまり、気が高ぶってしまった場合: 「私たちの関係をすごく大事に思ってるから必死に守ろうとしてるんだけど、そのせいで喧嘩になったら意味がないよね」
    • 特に相手を傷つけることや無神経なことを言った場合: 「何から謝ればいいかわからないけど、昨日○○君のことを『バカ』って言っちゃって、ものすごく後悔してる。あんなこと言って、本当にごめんなさい」
    広告

4
説明するチャンスをもらう

  1. 自分に非があり、言い訳を避けたいときには状況を説明するようにします。自分が取った態度のことをそのまま説明すると、言い訳をしているように聞こえる場合があります。代わりに、そのような状況になってしまった理由を説明する機会をもらえるか聞いてみましょう。可能であれば、直接会うか電話で説明してもよいか聞いてみます。[3]
    • 「私の態度、本当にひどかったよね。反省してる。矛盾してたよね。でも、あんなに怒った理由をきちんと説明したいの。電話してもいいかな?」
    • 「昨日の夜はあんなに怒って本当にごめんなさい。実は家族とちょっと揉めてて、そのことをもっと早く話しておくべきだった。状況を説明したいから、今から家に行ってもいい?」

5
相手が喜びそうなことをする

  1. 相手が喜びそうなことをして、謝罪の気持ちを伝えましょう。親切な行為は謝罪の代わりにはならないものの、心から謝りたい気持ちを明確に示す手段になります。罪悪感を抱いているからといって、本心ではやりたくないことを無理にするのではなく、以下のように相手が喜びそうな提案をしてみましょう。
    • 「できれば直接謝りたいの。○○君のお気に入りのステーキ屋さんを7時に予約するから、来てくれるかな?」
    • 「本当にごめん。それでね……来週は毎日食器洗いを担当する!私が食器洗いが大嫌いなの知ってるよね。そのくらい申し訳ないって思ってるの」
    • 他にも、彼氏の車をピカピカにしてから、「ごめんね」と書いたボードを持って写真を撮り、送りましょう。
    広告

6
心を入れ替える決意を示す

  1. 謝罪するだけではなく、心を入れ替える決意を示しましょう。心から謝罪をしたとしても、喧嘩の原因が主にあなたにあるのであれば、「ごめん」の一言だけでは不十分です。過去の過ちから学び、2度と同じことが起こらないようにするために具体的にどうすべきかについて、現実的かつ実行可能な改善策を説明しましょう。[4]
    • 「○○君に対して怒ったときに、しばらくその場を離れて気持ちを落ち着かせればよかったと思ってる。本当にごめん。次からはそうするって約束する」
    • 「何度謝っても足りないくらい悪いと思ってる。私って飲み過ぎると豹変するよね。これからは絶対にお酒の量を減らすことにする」
    • 「口喧嘩してるときに、○○君を突き飛ばしちゃったなんて信じられない。本当にごめんなさい。怒りをコントロールしないといけないのはわかってる。それでね、私アンガーマネジメント講座に申し込んでみたの」

7
相手の気持ちを理解する

  1. 相手が未だにひどく心を痛めている場合には、相手の気持ちを尊重している旨を伝えるメッセージを送ってみます。このようなときには、相手の気持ちを静めようとして、「怒っているのはわかるけど、そのうちに落ち着くよ」または「そんなに大したことじゃなかったよね」などと言いたくなることもあるでしょう。一方で、相手が反省していようと、動揺または怒っていようと、相手の気持ちをコントロールしないようにすることが重要です。代わりに、相手が気持ちを整理するために何かしてあげられることがないか聞いてみましょう。
    • 「○○君さえよければ、いつでもこの件について話せるよ。でも、2、3日考える時間が必要なら、もちろんそれでもいいよ」
    • 「何か私にできることはあるかな?今日の喧嘩の終わり方はさすがにひどかったって思ってるの」
    • 「○○君がまだ怒ってるのは知ってるし、怒ってて当然なのもわかってる。何かできることがあったら言ってね」
    広告

8
内輪ネタを言って緊張をほぐす

  1. くだらない喧嘩をして、相手も気まずい思いをしていることが確実な場合にのみ、この方法を試してみましょう。大喧嘩は非常に些細なきっかけで始まる場合があります。時には、お互いにそのことを笑い飛ばして気持ちを切り替えたいと思っているときもあるはずです。相手もあなたと同じように感じているという確信があれば、面白いメッセージを送って喧嘩のことを笑い飛ばしましょう。
    • 「すごかったねー。『バチェラージャパン』を見て喧嘩したとき以来の激しい喧嘩だったね」
    • 「なんか私たち、芸人の喧嘩ネタみたいだったよね。喧嘩のきっかけも覚えてないのに30分も口喧嘩するなんて」
    • 「昨日私が怒ったときの顔と、ゆでだこ、どっちのほうが赤かった?怒りすぎて顔が風船みたいに膨らんでたでしょ?」

9
喧嘩のこと水に流してもらえるか尋ねる

  1. 喧嘩の原因がある程度お互いにある場合には、この方法が効果的です。例えば、非常に些細な理由で大喧嘩をしてしまったとします。喧嘩のきっかけとなったくだらない話題を気にするよりも、コミュニケーションを通じて2人の関係を改善するつもりがあるかどうか、尋ねてみましょう。
    • 「洋服がきっかけで喧嘩しちゃったなんて信じられない!もうそのことは忘れて、これからはもっと素直に気持ちを伝え合うようにしない?」
    • 「今日の喧嘩はなかったことにしてもいい?あんなこと、もう2度と繰り返したくないよね」
    • 「今まであんなに激しく喧嘩したことなかったのに。もう絶対にあんな喧嘩は嫌。それでね、一緒にカップルセラピーを試してみない?」
    広告

10
相手が話したくなったときにはいつでも聞く準備ができている旨を伝える

  1. 相手に非があるときには謝罪を求めるのではなく、相手の話に耳を傾けましょう。謝罪を要求したり、謝ってほしいと丁寧にお願いしたりしても、否定的な反応をされる可能性が高いでしょう。その代わりに、まずは自分の悪かった点について簡潔に納得のいく謝罪をし、相手が謝る気になったときにそうできるような雰囲気を作ってあげましょう。
    • 「○○君につらくあたってごめんなさい。その件で何か話したいことがあれば、いつでも聞くつもりだよ」
    • 「つまらない喧嘩をしちゃったね。私が悪かった点については謝るね。もう落ち着いてきたから、○○君さえ話す気になったらいつでも真剣に聞くよ」
    • 「喧嘩のこと、本当にごめん。○○君の気持ちが落ち着いたら話せるかな?何とかしてこの状況をよくしたいの」

11
妥協案を提示する

  1. 意見の食い違いで行き詰まったときには、自分から先に行動しましょう。あらゆる人間関係を円滑にするには、妥協することが重要です。そのため、意見の相違によって言い争いを始めたのであれば、率先して妥当な解決策を提案し、相手の返事を待ちましょう。
    • 「旅行先のことで喧嘩するのはもうやめようね。次は2人とも行ったことがないところに行ってみるのはどう?例えば、キャンプをしにいくとか?」
    • 「どっちがどっちの家に引っ越すとかで言い争うのはやめにして、全く別の新しい家を一緒に探して見るのはどう?」
    • 「○○君が忘年会に行きたくないのはわかってるけど、私はすごく行きたいんだ。だから2時間くらいだけでも一緒に行ってくれないかな?」
    広告

12
直接会って話せるか聞いてみる

  1. メッセージで頻繁にやり取りをしていても、直接会ったほうがよい場合があります。喧嘩の後に全く連絡を取ろうとしないよりはメッセージを送るほうがまだましですが、謝罪や問題解決、または相手の話を聞く際には、メッセージでのやり取りは理想的ではありません。対面だとお互いのボディランゲージを読み取ることができるため、直接会って話すのが最善策です。また、メッセージよりは電話で話すほうが適している場合があります。[5]
    • 「○○カフェで会って話せるかな?私のしたことをきちんと謝りたいの」
    • 「メッセージで喧嘩を始めちゃったから、直接会って解決したいの。放課後、会いに来てくれるかな?」
    • 「この間のことについてちょっと話したいから、電話してもいい?メッセージで話すよりも電話のほうがいいと思って」

13
気持ちが落ち着いてからメッセージを送る

  1. 配慮に欠けたメッセージを送ると、事態をさらに悪化させてしまう可能性があります。口論が終わったばかりのとき、または数時間経ってもまだ引きずっている場合は、焦ってメッセージを送ってはいけません。まともな思考に戻るまで待ってから、送信ボタンを押すようにしましょう。焦ってメッセージを送ると、口論を終わらせるどころか、再び相手を傷つけるような発言をして余計にこじらせてしまう可能性があります。
    • 喧嘩のせいで、なかなか怒りが収まらない場合は、深呼吸をする、散歩に出かける、幸せな場所をイメージする、癒し系音楽を聴くなど、心を落ち着ける方法を試してみましょう。
    広告

14
喧嘩後の1通目のメッセージは簡潔にすませる

  1. 長文メッセージで問題を解決しようとするよりも、直接会って話し合うようにしましょう。この時点では、会話のきっかけを作ろうとしているわけですから、要点を簡潔に伝えることが大切です。喧嘩後の1通目のメッセージで多くを語ろうとして長文になってしまうと、相手はうんざりして話をする気が失せてしまうかもしれません。
    • メッセージの長さに決まりはありません。送信する前にメッセージに目を通し、とりとめのない文章を書き連ねるのではなく、要点が簡潔にまとまっているかどうかを確認するようにしましょう。
    • 😢、🙏、 😘などの絵文字を添えるとよいかもしれません。一方で、メッセージを短くまとめるために、絵文字や略語ばかり使うのは控えましょう。

15
返信がないときは他の方法を試す

  1. 何度も立て続けにメッセージを送って返信を催促してはいけません。相手から返信がなかったとしても、メッセージの受信エラーなどが原因ではなく、おそらくまだ気が沈んでいるだけなのです。数時間、または丸1日あけてからもう一度メッセージを送るか、以下のような別の方法を試してみましょう。
    • 電話をする
    • SNSでメッセージを送る
    • Eメールでもう少々詳しく説明する(長文にならないように注意する)
    • 共通の友人に連絡を取ってもらう
    • 昔ながらの方法で、手紙やメモを書いて渡す
    広告

ポイント

  • 喧嘩の後の会話では、相手の話に積極的に耳を傾けるようにしましょう。また、それぞれの気持ちを交互に打ち明けるようにすると、お互いに話を聞いてもらえていると感じられるはずです。
広告

関連記事

女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
性格タイプがINFJの彼女を幸せにする性格タイプがINFJの彼女を幸せにする方法
キスを嫌がる彼女に対処する恋人がキスを嫌がる10の理由とその解決法
女の子から「会いたい」と言われたときに返事をする女の子から「会いたい」と言われたときに返事をする
「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる - wikiHow専門家からのアドバイス
キスの絵文字が送られてきた場合に返信するキスの絵文字が送られてきた場合に返信する
彼女がムラムラしているかどうか判断する彼女がムラムラしているかどうか判断する
女性が使う絵文字から脈ありサインを見分ける女性が使う絵文字から脈ありサインを見分ける
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
女性に愛撫する女性に愛撫する
3回目のデートで話す内容を知る3回目のデートで話す内容を知る
彼女に嘘をつかれたときの対処彼女に嘘をつかれたら、どう対処すべき?
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
広告

このwikiHow記事について

Liana Georgoulis, PsyD
共著者 ::
認定心理学者
この記事の共著者 : Liana Georgoulis, PsyD. 認定臨床心理学者として10年以上の経験をもつリアナ・ジョーゴウリス医師は、現在ロスアンゼルスにあるカウンセリングクリニック、「Coast Psychological Services」の責任者を務めています。ぺパーダイン大学で心理学の博士号取得し、若者、大人、そしてカップルを対象に認知行動療法や、科学的根拠に基づいたセラピーを行っています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 405 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告