彼氏にキスをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

彼氏にキスをする時、緊張することはありませんか?良くなかったら、また、上手くできなかったらどうしようと心配ですか?それとも、すでに上手にできるけれども、そのテクニックをもっと上達させたいですか?本記事を読んで、キスを楽しんでみましょう。

パート 1 の 4:
彼氏をキスしたい気分にさせる

  1. 1
    まずは、気持ちを芽生えさせるために一緒に出掛けましょう。お互いをよく知らないままではキスはできません。たくさん話して計画を一緒に立てたりし、お互いの心が繋がる「カップルの時間」を過ごしましましょう。
    • 人前ではキスをしない人が多いので、キスだけではなく二人の交際関係のためにも、二人きりでいることが心地よいかどうかを確かめましょう。
  2. 2
    キスしたいというおねだりサインを出しましょう。近づいたり、肩を近寄せたり、身を乗り出して彼の話を聞いたりして彼にメッセージを送りましょう。[1]
    • 髪を触ったり、上着を脱いだり、目を見つめたりして彼にアピールしましょう。
    • 近寄りがたく可能性がないように見えてしまうので、腕や脚を組んだり下を見たりするのは避けましょう。[2]
  3. 3
    ボディタッチをしましょう。触れたことのある人とならキスがしやすくなるので、キスをする前にスキンシップをしてみましょう。彼の髪に触ったり、手を繋いだり、頬に触れたりしてキスがしたいサインを伝えましょう。[3]
    • 初めのステップとしては、テレビや映画を見ている時に肩と肩を触れ合わせるのが簡単です。
  4. 4
    雰囲気を出しましょう。「大変身」をせずとも、少しだけ時間をかけておしゃれをすると、相手に好意があることや親密になりたいことが伝わります。
    • 軽く香水をつけましょう。嗅覚は異性に対して無意識に感じる強い感覚ですが、やり過ぎは禁物です。きつ過ぎる香りは好まれません。
    • リップクリームやリップバームで保湿して、柔らかな惹かれる唇にしましょう。
  5. 5
    静かで二人きりになれる場所に行きましょう。これがファーストキスであるなら、空気のよい屋外に出たり、ソファーで寄り添ってみましょう。人前ではない落ち着ける場所で、二人の空間を楽しみましょう。大抵、その瞬間は自然とやってきます。
    広告

パート 2 の 4:
雰囲気を作る

  1. 1
    キスにちょうど良いポジションを取りましょう。立っている場合は簡単にできますが、座っている場合は向かい合うように体の向きを変えましょう。
    • 腰の位置を変えて彼と向き合いましょう。
    • 前のめりにならないように少し近くによりましょう。
  2. 2
    キスしたい気持ちが伝わることを言いましょう。効果的に気持ちを伝えるのに、詩的である必要はありません。「かっこいいね」や「一緒にいるのがとても楽しいよ」などや、「もうちょっと近寄っても良い?」などと正直に優しく言いましょう。
    • 良い言葉が見つからない場合は、彼がキスをしたいかどうかを思い切って聞きましょう。男性はその一生懸命さを嬉しく思うでしょう。
  3. 3
    顔を彼に近づけましょう。キスをしたいことがとても明らかな行動ですが、効果的です。微笑んで、少しの間恥ずかしがらずに近くにいましょう。その時の彼の反応を見て、どう思っているのか判断できるかもしれません。
    • 彼が顔の向きを変えたり顔をそらした場合は、キスをしたくないと思っている可能性があります。
  4. 4
    キスをしてみましょう。彼が身を乗り出してきたり、唇を見つめてきたり、髪を撫でたりしてきたら、近寄って自分からキスをしましょう。男性から行動しないといけないきまりはありません。[4]
  5. 5
    彼が目を見つめてその後唇を見てきたら、キスをしたいと思っている可能性があります。彼が近寄ってきたら流れに任せてみましょう。
    広告

パート 3 の 4:
彼氏にキスをする

  1. 1
    鼻が当たらないように顔を少し傾けましょう。顔を少し横に傾けると、鼻ぶつかって気まずい思いをすることもありません。
  2. 2
    その瞬間を逃さないようにアイコンタクトを取りましょう。唇に近づきながら目を見つめましょう。キスを逃さないようにするだけではなく、とてもロマンチックな気分になります。
  3. 3
    触れ合う直前に目を閉じましょう。この時、至近距離で見つめ合うと少し奇妙な感じがするでしょう。
  4. 4
    キスをしましょう 口を軽く、そして柔らかく閉じましょう。優しく彼にキスしてみて、感触や彼の反応を確かめましょう。
    • 口はすぼめないようにしましょう。固くした唇では、キスをしたくない、または楽しんでいないと捉えられてしまいます。柔らかい桃に唇を当てるような感覚でしてみましょう。
    • 2〜3秒キスしたらゆっくりと離れて、彼の反応を確かめましょう。大丈夫ならもう一度、数秒間キスしましょう。
  5. 5
    体を使って彼を誘いましょう。彼を引き寄せて、手で彼の頭に触れたり、指を絡めたりしましょう。[5]
    • 手の位置に迷ったら、彼の腰や肩に手を置きましょう。
    広告

パート 4 の 4:
新しいキスを試す

  1. 1
    今までと異なったキスを試してみましょう。お互いに慣れてきたら、強さや、リズム、長さを変えて彼の好みを見つけましょう。
    • 唇をもう少し彼に近づけましょう。
    • 顔を遠くに離さずに3〜4回続けてキスをしましょう。
    • 3〜5秒間続けて、その後5〜8秒間の長いキスをしましょう。
    • 首や頬、耳たぶにキスしましょう。
    • いきなり過激になるのは避けましょう。ゆっくり時間をかけて試しましょう。
  2. 2
    お互い準備ができたら口を開けたキスをしましょう。口を開けてのキスやフレンチキスはより盛り上がり、情熱的です。以下にある口を開けてのキスを試してみましょう。
    • 優しく彼の上唇を舐め、下唇に移りましょう。
    • 彼の下唇を軽く噛みましょう。
    • 顔を横に少し傾けましょう。鼻が当たらずにキスをすることができます。
    • 口を少しだけ開けて彼を誘いましょう。
    • 舌を少しだけ彼の口に入れましょう。
    • 口を開けて応えてくれたら、彼も同じことを思っているという表れなので、どんどん試してみましょう。
  3. 3
    何が好きかを話し合いましょう。付き合っていく上でコミュニケーションを取ることは重要であり、キスについても例外ではありません。「あれが好きだった」や「これを試してみよう」などと簡単に伝えることで、自分の好みに合った行動をしてくれるようになるでしょう。
    広告

ポイント

  • 髪が長い場合は、顔や口にかからないようにしましょう。
  • ガムを噛んでいる場合は、相手の口に入ってしまわないように出しておきましょう。
  • いつも時間をかけてキスをすると、それが特別なものになります。
  • キスをし終わった後、離れる前に微笑んだり優しい言葉をささやいたりするのを忘れないようにしましょう。
  • 友達にからかわれてしまって、彼との関係に影響が及んでしまうことが起こらないようにしましょう。キスはお互いのためにするのであり、友達のためではありません。
  • 念のために、ミントのガムやタブレットなどを常備しておきましょう。
  • 親や兄弟の前、そして友達の前でもキスをしないようにしましょう。プライベートな空間や暗い部屋などの、二人きりになれる場所が最適です。エレベーター、トイレ、廊下、屋外なども良い場所です。
  • 歯列矯正を付けていても問題ありません。邪魔にはなりません。歯が当たってしまわないようにだけ気をつけましょう。歯列矯正を付けたばかりの時は特に注意しましょう。
  • キスをすることは自然なことなので、怖がらすにやってみましょう。
  • キスをしながら顔や髪、耳などに優しく触れると、よりキスが盛り上がります。

広告

注意事項

  • 歯を磨くのを忘れないようにしましょう。
  • 腕を下ろしたままにせず、彼の首に回して彼の顔に触れ、そのままにしましょう。
  • 彼に近寄った時にパニックになってしまうかもしれません。落ち着いて、どれだけ彼のことが好きなのかを考えましょう。
  • 彼はキスが上手いかもしれないと思うなら、彼にチャンスをあげましょう。
  • 離れるタイミングが分からない場合は、彼に任せましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 431 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告