PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

彼氏との関係が真剣さを増してきたら、避けて通れないのが彼の両親との面会です。神経がすり減る思いでしょうが、好印象を与えて、礼儀正しくかつ自分らしく振る舞えば上手くいくでしょう。緊張するのは両親も同じです。心配の必要はありません。

方法 1 の 3:
好印象を与える

  1. 1
    約束の時間の10分前に到着する 両親との初対面で遅刻しては印象を悪くします。遅刻は禁物です。早めに目的地に着くようにしましょう。早い到着に害はありません。夕飯の準備中であれば手伝いましょう。レストランでの初対面であればメニューに一通り目を通しましょう。[1]
    • 約束の時間ぴったりに着いても即好印象には繋がりませんが、遅刻は一気に印象を悪くします。
  2. 2
    両親にささやかな贈り物を準備する 彼に両親のお気に入りを尋ね、提案してもらった物を選んで持参しましょう。両親の好みのチョコレート、ワイン、クッキーなどを見つけましょう。予算がない場合には市販の物を用意する必要はありません。自宅でクッキーなどを焼き手土産として持参しましょう。[2]
    • 一般的に、先方の家に招待されたらギフトを用意するのが礼儀ですが、レストランなど外で会う時でも、小さなプレゼントを用意すると相手への思いやりを示せます。
  3. 3
    正式な行事用のかつ彼の両親の好みに合った服を選ぶ 前もって彼氏に服装規定を尋ねましょう。夕飯に招待されたら上品な服装を選びましょう。両親の好みが分からない場合には控え目で自分を主張し過ぎないものが好ましいでしょう。[3]
    • 膝丈のスカートに襟元のしまったトップを合わせるか、フォーマルなパンツにボタン着きのシャツなどが良いでしょう。また上品な印象を与えられるように意識しましょう。髪の毛を整え、必要であれば服にアイロンをかけておきましょう。
    広告

方法 2 の 3:
礼儀正しく振る舞う

  1. 1
    彼氏とのボディタッチは最小限に抑える 両親の前で彼氏にキスしたり寄り添ったりするのは控えましょう。両親にとって心地良いものではありません。会った時や別れ際の軽いボディタッチは支障無いでしょうが、少なくとも両親との初対面の席では彼氏との濃厚なボディタッチは避けましょう。[4]
    • 手を繋ぐのは問題ないでしょうが、彼の膝に乗ったりテーブルの下で彼と脚を絡ませたりしてはいけません。
  2. 2
    両親の前では常に良いマナーを心がける 「お願いします」「ありがとうございます」「どういたしまして」など、その場に応じて適切な言葉遣いを心がけましょう。大勢で囲む食卓では人前に手を伸ばして物を取るのは失礼です。渡してもらえるように近くの人に頼みましょう。また、苦手な食べ物でも感謝の念を忘れずにいただきましょう。[5]
    • 両親の家に招かれた場合には、食事の最後に招待してもらったことに感謝しましょう。
    • 彼の両親は、「〇〇さんのお母さん」「〇〇さんのお父さん」と呼びましょう。両親から呼び方を支持されたら、それに従いましょう。
    • 失礼な態度を取られても、礼儀正しく振る舞いましょう。[6]
  3. 3
    夕食の支度や後片付けを手伝う 野菜を切る、お膳立てをするなど手伝いを申し出ましょう。夕食後は、進んでテーブルを片付けたり皿洗いを手伝ったりしましょう。[7]
    • たとえあなたの申し出を断ったとしても、自発的に手伝おうという姿勢は両親にとって喜ばしいことです。
  4. 4
    可能であればアルコールを避ける 気づかないうちに飲み過ぎてしまう可能性があるため、できる限り飲酒を避けましょう。緊張をほぐす為に欲しくなるかもしれませんが、両親との初対面では避けるのが得策です! 好印象を与えるためにも、酔っていない状態で冷静かつ上品に振る舞いましょう。[8]
    • 飲み過ぎれば意図しないことを口走る危険があり、大酒飲みという印象も与えてしまうでしょう。
  5. 5
    携帯電話はポケットにしまいマナーモードにする できればバッグにしまうか車に置いておくと良いでしょう。自分よりも彼氏の両親に全意識を向けましょう。両親の前でSNSをチェックしたりメールを送ったりすれば自分の携帯をチェックすることの方が大事だというサインになり、両親を軽視することになります。[9]
    広告

方法 3 の 3:
会話を楽しむ

  1. 1
    彼氏の両親を褒める 誰でも褒めてもらいたいものです。両親を褒めて、礼儀正しく振る舞えることを示しましょう。両親の家に招待されたら、室内、庭、装飾品などを褒めると良いでしょう。更に両親の服装や、あなたのために準備してくれた夕食、またレストランでの顔合わせであればレストランの食べ物も褒めましょう。[10]
    • 「素敵な家ですね。素晴らしい絵もたくさん飾ってありますね」などと褒めましょう。
    • 「本当に美味しいです。素敵なレストランを紹介していただいて嬉しいです」などと言うこともできます。
  2. 2
    食卓では全員に意識を向ける 夕食の席では彼氏や彼氏の両親にだけ焦点を当ててしまいがちですが、兄弟や姉妹がいる場合には彼らにも話しかけましょう。全員と会話を楽しもうという努力が伝わり、彼氏の家族全員があなたに好意的になるでしょう。[11]
    • 初顔合わせに来る人全員の趣味や好きなものを彼氏に事前に尋ねましょう。スポーツ好きの兄弟姉妹には「〇〇さんからスポーツが好きだって聞いたわ。好きなチームは?」などと尋ねましょう。
  3. 3
    会話に積極的に参加し適切に対応する 彼氏の両親との初対面では緊張するでしょうから、前もって話す事柄などを考えておくと良いでしょう。ただしテーブルに着いたら会話に集中することが大事です。誰がどんな話をしているかに注意を払い、適切な質問をしましょう。[12]
    • 彼の父親が自分の仕事に言及したら、「そのお仕事面白そうですね。他にはどんなことをしているんですか?」などと尋ねましょう。
  4. 4
    自分について前向きに話す 人の不平不満は誰も聞きたくありません。全てを取り繕う必要はありませんが、明るい態度で話しましょう。自分の趣味や彼と一緒に行うアクティビティー、自分の仕事で好きな事柄を話しましょう。[13]
    • 例えば、最近仕事を失ってしまったのなら、「人員削減で解雇されてしまったんですが、すでに次の仕事の見通しがついています」などとポジティブに話しましょう。
  5. 5
    物議を醸すトピックを避ける 票を投じたい特定の候補者がいるとしても、彼氏の両親との初対面の場では政治の話を避けるのが無難です。テーブルにいる全員の考えや意見を理解している訳ではないため、緊張や不和を引き起こす可能性があります。[14]
    • 宗教、妊娠中絶、その他物議を醸す政治的トピックは避けましょう。そのような話題で質問を受けたら礼儀を踏まえて対処するか、できれば答えずに済むように工夫できると理想的です。彼氏の母親から支持する政治団体や政党を尋ねられたら「特に強く支持している政党はありません。でも尋ねてくださってありがとうございます。〇〇さんのお母さんは政治に対するご意見をお持ちですか?」などと答えましょう
  6. 6
    心を開き自分らしく振る舞う 彼の両親におべっかを使うのはやめましょう。少しおっちょこちょいで、楽しいことが好きな普段の自分を正直に出しましょう。別の人間を装ったところで両親にはすぐに悟られるでしょう。自分の息子のガールフレンドです。いつかは自分たちの家族になる可能性がある相手であれば、本当の姿を知りたいはずです。[15]
    • 恥ずかしがり屋であっても積極的に話すように努力しましょう。
    • 自信を持ちましょう。話す時には相手に笑顔を向け、アイコンタクトもしっかり取りましょう。[16]
    広告

ポイント

  • 彼氏から聞いた両親の趣味や好きなことなどを念頭に置き、それらを話題に取り上げて楽しく会話をしましょう。[17]
広告

注意事項

  • 怖気付いてはいけません。両親もあなたと同じように緊張しているはずです。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
げっぷするげっぷする
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
他者に依存しない他者に依存しない
復讐する復讐する
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
敬意を持って人に接する敬意を持って人に接する
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 367 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告