復讐とは決して美しくはなく、本来はしない方がいいものです。目立たないように復讐する方法には、相手を無視する、関心がないように見せるなどがありますが、復讐を乗り越えて前に進むには、こうした方法が一番適しています。一方、法的措置をとる(正当な場合)、自分に恥をかかせようとするのを密かに阻止する、傷つけない嫌がらせをして相手に恥をかかせるなど直接的な方法もあります。行動に移す前に、復讐が一番いい方法なのか考えた方がよいでしょう。考えた上で復讐すると決めたら、注意して知恵をしぼって行いましょう。

方法 1 の 3:
目立たない方法で復讐する

  1. 1
    相手を無視します。いじめやあなたを怒らせようとする意地悪な相手に対して何もせずに無視を決め込むことは、時に一番良い対処法な場合があります。しつこく相手を追いかけたり、きつい言葉を投げかけたり、怒りをまき散らすと相手も優位に立とうとして報復を受けるでしょう。相手を無視して、いないものとして扱う方が相手は次の手に困るはずです。それ以上なにも起こらずに終わるかもしれません。[1]
    • 無視されると、少なくとも付け込まれるよりも苛立たしいでしょう。この方法は、兄弟やいじめっ子の同級生、職場でからかってくる同僚など他人の前であなたに恥をかかせようとする人たちに特に効果があります。彼らの好きにさせないようにしましょう。
  2. 2
    自分の生活に集中します。「一番の復讐は幸せになること」です。相手があなたを腹立たせようとしても、何も気にしていないように振る舞います。相手を遮断して自分の日常生活に集中します。たとえ相手にされたことで行き詰ってしまっても、毅然とした態度で、傷ついていることを悟らせないようにしましょう。一番良い復讐は、くじけずにあなたを傷つけた相手よりも良い人生を生きることです。
    • 相手と日常的に会わなければいけない場合は、どれだけ自分が幸せか、どんなに楽しい毎日を過ごしているかを伝えることができる物語を考えましょう。学校や職場で誰かに恥をかかされたら、面白い友人たちと週末に出かけた自転車の旅について話しましょう。
  3. 3
    SNS上で相手をブロックします。Facebook上でいやがらせを受けたり、TwitterやInstagramでしつこく嫌な投稿を受けたら、我慢する必要はありません。友達から削除し、フォローをやめて、相手をブロックします。サイトのポリシーに違反している行為なら、管理者に報告することもできます。ただし、些細な嫌がらせが大きな問題にならないようにしましょう。相手の謙虚に見せかけた腹立たしい自慢や、あなたの前の恋人と相手との人目につく写真も記憶からすぐに消えるはずです。
    • オンライン上での泥試合に参加したり、投稿上で喧嘩したり、チャットで議論をしたくなるかもしれません。しかし、可能な限り避けた方がいいでしょう。泥沼になるだけで、そんな相手に時間を使って恥ずかしい議論を公開する必要はありません。
  4. 4
    相手が助けを求めても応えないようにします。人助けや、自分の仕事を誠実に行うことを常に批判される環境や場面において、この方法は特に有効です。あなたなしで問題を解決することの大変さを分からせましょう。あなたの意思が伝わるはずです。
    • 学校のグループ課題でメンバーがあなたの努力をからかってきたら無視をして自分の仕事をしましょう。締め切りが近づいてきたら、メンバーがあなたを助けてくれなかったことを教師に知らせます。
    • 家にいる時に兄弟姉妹、ルームメイト、パートナーがあなたの努力をからかう場合は、洗濯や食器洗いなどを中断して、家事を交代するのは大歓迎だと告げましょう。
    広告

方法 2 の 3:
行動に移す

  1. 1
    法的措置をとることを考えます。状況が許せば、身体的、精神的に傷つけられたことを専門機関に訴えて対処してもらいましょう。起こったこと全てを時系列に並べて記録に残し、告発について話し合いましょう。[2]
    • 貸した車がへこんで返ってきたり、貸したお金が一向に返ってこない場合は詳細を記録します。領収書を保管し、約束を書面に残し、相手と交換したEメールや交わした会話の内容を書きだします。そして弁護士や警察に相談し、相手を窃盗、着服、破損、ストーキング、横領、名誉棄損などの理由で逮捕または訴えることができるかどうか聞いてみます。
    • 必ず法に触れない範囲で行いましょう。個人に復讐する時でも一線を超えないようにします。やり過ぎると逮捕されるかもしれませんし、相手を傷つけても何の解決にもなりません。違法なことを決してせずに良心に従って行動しましょう。誰かのEメールを盗むとスリルを味わうことができるかもしれませんが、それは違法です。やる価値がないと覚えておきましょう。
  2. 2
    相手に恥をかかせましょう。相手に傷つけられたら、その思いを内に秘める必要はありません。賢い方法で相手の態度や悪事を公にします。彼らの顔に泥を塗りましょう。
    • 注意深く行動しましょう。しつこく、意地の悪い嫌がらせをすると、自分を相手と同じレベルに貶めることになります。また相手をずっと観察して仕返しする方法を見つけることは労力を費やします。また相手が同じような方法でやり返してくる可能性も高く争いの火種となり、結果として攻撃の応酬になるかもしれません。
  3. 3
    相手を負かします。彼らが間違っている証拠を示しましょう。相手が苦しめようとしてきても、常に堂々と振る舞いましょう。
    • 昇進を妨げるような噂を広めて、あなたを貶めようとする人がいたら、次の四半期には昇進できるように一生懸命働きます。上司に頑張りを評価され、あなたの素晴らしい人間性が伝わり、噂が嘘だったとわかるまで、相手とは距離を置いてただ一生懸命に働きましょう。どんな状況でも堂々とすることが大切です。
  4. 4
    彼らの頑張りを邪魔しましょう。あなたを傷つけた相手が、だらしなく、整理や管理ができない人に見えるような状況を作ります。陥れようとしていることを相手に悟られないように、できるだけ水面下で静かに行動しましょう。目につく欠点や弱点を見つけるまで相手を観察します。仕事、冗談、座席、車、メモ帳、部屋、扉、周りの人々など、自分が有利に立つことができる弱点を見つけましょう。そして、時が来たら行動に移します。
    • 相手がグループでの昼食会や授業中に自分の手柄をしつこく自慢してきたら、会話を横取りして相手の鼻をへし折ります。相手にずっと話をさせないようにしましょう。
    • もし相手がいかにも聖人ぶって振る舞い続けるなら、相手の小さなミスや間違いを注意深く見つけて、気が付かれないように相手に見せつけましょう。たとえば、グルテンフリーな環境保護主義者の同級生がプラスチック製のコップを使っていたら「いつも地球のことを考えていてとても大変だね」と嫌味をいいましょう。
  5. 5
    相手に優しくしてやり返しましょう。相手への仕返しとして、過去の出来事を横に置いたように見せかけ、過度に親切に振る舞い、相手に繰り返しアドバイスや手助けや解決法を教えて相手の生活に干渉する方法もあります。おせっかいな行動をします。相手が1人になりたい時でも邪魔をします。何かを決める時も、相手に代わって決めます。相手が決めた時には、その決定がどんな悪い結果になるかを吹き込みます。この方法により、相手は精神的に混乱し、敗北感を植え付けられるでしょう。[3]
    広告

方法 3 の 3:
下品な手を使う

  1. 1
    自分の品位を落とす決断をします。汚い真似をして、自分の品位を相手と同じレベルに落とすことは必ずしも賢いやり方ではありませんが、無視するにはもったいないチャンスが訪れることもあります。いたずらや仕返しをする方法が、相手を最悪でもイライラさせるだけで、相手を身体的に傷つける違法な方法ではないことを確かめましょう。子供っぽい手を使っても、精神的に大人でいることが大切です。
    • やり返すよりされたことを忘れて前に進む方が簡単だと覚えておきましょう。汚い手段でやり返すと相手と「同じレベル」になり、また相手からやり返される可能性があります。注意することが大切です。
  2. 2
    相手に匿名の電話をかけたり、匿名の手紙やテキストメールを送ります。不要な教材などの営業電話をかけ続けられたら、相手はいらいらして電話番号やEメールアドレスを変えなくてはいけないでしょう。
    • 相手の連絡先を公開しましょう。連絡先を載せたふざけた広告を作り、公衆トイレ、飲み屋などの治安の悪そうな場所に張り出します。相手は知らない人から多くの迷惑電話を受けとるかもしれません。
  3. 3
    相手に迷惑なプレゼントを贈ります。例えば、エビなどの魚介類は腐ると強烈な悪臭を放ちます。相手の机、ロッカーの中、家のテラスの下などに冷凍のエビを隠しておきましょう。数日後に、強烈な悪臭を放つはずです。相手は間違いなく困惑して気分が悪くなるはずです。また、食べ物を探している野生の犬の標的になるかもしれません。[4]
  4. 4
    公衆の前で相手に恥をかかせます。和解と見せかけて、相手に迷惑な贈り物をしましょう。最新の下品なビデオ、創造科学のDVDセットを相手の勤務先に送ります。相手が勤務中で大切な会議の最中などに届けられるように確認しておきましょう。こっそり立ち去り、配達人が配達先相手を見つけるのにオフィス中を歩き回らなければならないようにしましょう。
  5. 5
    相手を怖がらせます。不審な相手を装って花束などの贈り物を届けましょう。匿名で注文し現金で支払いをするように注意します。そして「あなたの家の裏庭はとても寝心地がいいよ」など気味が悪い内容のメッセージをつけた花束を贈ると、相手はとても怖がるはずです。
    • 気味が悪く演出するのはいいですが、行き過ぎた行動はやめましょう。実際に、相手の家の裏庭で寝ることは違法になります。
    • 意味のわからない気味が悪い言葉を窓ガラスに口紅で書いたり、玄関先に石をゴシック調に積み上げるのがいいかもしれません。顔の部分に相手の顔写真を貼った不気味な呪いの人形を作って郵便受けに入れるのもいいでしょう。相手が悪夢にうなされて寝不足の顔で仕事に来るのを見ることができるでしょう。
  6. 6
    ハラスメントと嫌がらせの違いを見極めましょう。復讐する時は賢く嫌がらせをします。ハラスメントには相手が嫌がるあだ名、侮辱、脅迫なども含まれ、その全ては違法です。やり過ぎないように注意しましょう。
    • 「公共の場所で相手につきまとう、ある一定の行動規範に従う、継続して相手に精神的な苦痛を与える合理的な恐怖となる行動を故意または反復的に行い、相手を侵害することは第一級ハラスメントの罪になります」。[5]
    広告

ポイント

  • 1度でなく、数回に渡り復讐をする場合には、罠を仕掛けて離れたところにいましょう。「事件」が起きる場面に何度も姿を現すと、疑いをかけられるかもしれません。
  • 相手を気にかけずに毅然とした態度で振る舞い、相手よりも優れていることを示しましょう。
  • 敵の敵は味方かもしれません。一緒に復讐してくれそうな人を誘ってみましょう。
  • 数回に及ぶ復讐をする場合は、期間をあけて行います。例えば2週間に1度小さい復讐をする、1カ月に1度大きな復讐をするなどがよいでしょう。相手はいつ復讐されるのか予想できないはずです。
  • 相手の友達と友達になりましょう。相手の内側から攻撃することができるでしょう。
  • 相手を傷つけないようにしましょう。無視することも大切です。
  • 復讐は最終手段です。復讐をする前に他の方法を考えましょう!
  • 相手が嫌がることをしてみましょう。
  • 嫌がらせする相手の友達や家族にあなたがされたことを話してみましょう。彼らの友達や家族は相手の行動に憤慨するかもしれません。
  • 継続的に嫌がらせを受けない限りは、自分を相手と同じレベルに落とすような行動は避けた方がいいでしょう。
  • 攻撃の応酬にならないように注意します。あなたの復讐により、相手がまた復讐をしてきて復讐が繰り返されると、最終的には何も残らずお互いにとって時間の無駄でしょう。最初に尊厳を傷つけられたとしても許す方が賢明です。相手よりモラル的に正しくあることが尊厳を守ることだと覚えておきましょう。
  • 相手を身体的に傷つける行動はやめましょう。
  • 精神的に大人になれば、問題を回避できるはずです。相手のレベルまで自分を落とすことは最終手段です。
  • 「水バケツ」の嫌がらせをしてみましょう。ドアに水を入れたバケツをかけます(バケツは水平に保ちます)。ドアを45度ほど開けておいて、相手がドアを開けた瞬間に水をかぶるのを見ましょう。

広告

注意事項

  • 細心の注意を払い、やり過ぎないようにしましょう。そうでなければ深刻な問題に直面し、相手があなたをあざ笑う結果になるかもしれません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます

How to

彼女との電話の会話を続ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む150人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,013回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 7,013 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告