遊びやいたずらの用途で忍者の煙玉を使うと、映画に出てくるような煙を出すことができます。煙玉には様々な威力のものがあります。用途に合った威力のものを作りましょう。煙玉は遊び半分で作ってはいけません。黒色火薬のような危険な材料も含まれるため、扱いには十分に注意しましょう。

方法 1 の 2:
煙玉を作る

  1. 1
    必要なものをそろえる ここで述べる充填物は、導火線をつなげることで通常の発煙弾の材料としても使われます。デジタルスケール、KNO3(硝酸カリウム)、粉砂糖、手袋、アイスの棒のようなかき混ぜるための棒、割れにくいビーカーが必要です。[1]
    • 水に溶かした粉を固める容器も必要になります。たとえば、ペーパータオルの芯のようなものが適しています。
    • KNO3は大型のホームセンターで入手できます。入手しづらい場合は、試薬の販売店やインターネットで購入するという手もあります。[2]
    • この手の作業にはゴム手袋が最適です。
    • 保護メガネを着用し、皮膚を露出してはいけません。これは化学物質を熱するときに、特に気をつけるべき注意事項です。同様に厚手のゴム手袋も装着しましょう。
    • 外装を作るために、紙火薬(おもちゃの鉄砲用の弾薬)、X-ACTOナイフ、テープ、黒色火薬も必要です。
    • 黒色火薬などの火薬は銃砲店で売っています。入手しづらい場合は、インターネットで購入しましょう。[3]
  2. 2
    火薬を量り分ける KNO3を70グラムと砂糖を30グラム使います。粉末を量りとったら、ビーカーに入れてよく混ぜましょう。[4]
  3. 3
    混合物を熱する ホットプレートを使いましょう。温度はやや弱めの「中」に設定します。手袋を装着して、混合物が燃えないように何回もかき混ぜましょう。混合物が液化して茶褐色になるまで、熱しながら混ぜ続けましょう。
    • 燃えないように細心の注意を払いましょう。油断すると、混合物が燃えて煙が上がります。
  4. 4
    容器に移す 液化した混合物を、お好みの大きさの容器に移しましょう。小さい容器を使って作ると、空中で煙幕を張ることができます。容器の最適な大きさの目安は、固まった混合物が外れやすいように、トイレットペーパーの芯の1/4程度の長さにします。写真店に現像を依頼するときに使う、フィルムカートリッジを容器として使うという手もあります。
  5. 5
    混合物を固まらせる 混合物が固まるまで2~3時間かかります。さらに安全を考慮したい場合、混合物を入れた容器を冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。冷凍庫に入れた場合、冷えて固まるまで1時間ほどかかります。
  6. 6
    紙火薬を巻きつける 紙火薬の端に小さく切ったテープをつけて、固形にしたKNO3の上部に貼ります。それから、固形物の外側を紙火薬で巻きます。表面が完全に紙火薬で覆われたら、テープで固定しましょう。
  7. 7
    黒色火薬を準備する KNO3の固形物よりもやや大きめのテープを、粘着面を出した状態で、2本切って準備しましょう。1本目のテープと十字形になるように、2本目のテープを垂直に重ねます。粘着面は上にします。テープの上に黒色火薬をふりかけましょう。
    • テープの外端に火薬を付着させてはいけません。
  8. 8
    テープを巻く 火薬をつけた十字形のテープが準備できたら、いよいよ仕上げです。紙火薬を巻きつけたKNO3を、さらに黒色火薬のテープで巻きます。十字形のテープは煙玉に軽く貼りつけましょう。気泡を作らないようにテープを貼りつけたら、完成です。
    • 屋外のセメントなどの硬い面に、勢いよく煙玉を投げつけましょう。
    広告

方法 2 の 2:
かんしゃく玉を利用する

  1. 1
    必要なものをそろえる ここでは、たとえばティッシュペーパーのような、なめらかな弱い材質で作られた、紙製のやわらかい入れ物が必要です。充填物には、かんしゃく玉とマグネシウムの粉末を準備しましょう。
    • マグネシウムの粉末は試薬の販売店やインターネットで購入できます。くれぐれもクエン酸マグネシウムを購入してはいけません(健康補助食品です)。
  2. 2
    材料を混ぜ合わせる 紙の上で、かんしゃく玉とマグネシウムを混ぜ合わせます。確かな威力をもつ煙玉を作るためには、かんしゃく玉4、5ヶと小さじ1杯のマグネシウムの粉末が必要です。
  3. 3
    混合物を包む 混ぜ合わせた2つの材料を、お好みの大きさの入れ物で包めば、出来上がりです。家の中で適当な入れ物が見つからないときには、ティッシュペーパーを使いましょう。材料を包んだら、きつく密封しましょう。出来上がったら、硬い面に向かって煙玉を投げましょう。光と爆発音がして、煙が出ます。
    • 煙玉を密封するときには、テープや接着剤を使いましょう。
    広告

注意事項

  • 常に保護メガネを着用しましょう。そして、煙玉は必ず屋外で使いましょう。
  • 生き物には決して投げつけてはいけません。必ず家屋から離れた場所で煙玉を使いましょう。
広告

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

風船ガムを膨らませる

How to

自分で身長を測定する

How to

六角形を描く

How to

プラスチックに塗装する

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

シリコン型を作る

How to

革を染める

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

タッチペンを手作りする

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

硬貨を洗う

How to

息を長く止める

How to

自分のエロティックな写真を撮る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,131回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 3,131 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告