長時間のフライトや、車やバス、電車の長距離移動で、やっと目的地に着いた頃には疲れた顔で髪はボサボサ、という経験は誰しもあるでしょう。これらの移動に付きものの、時差ボケや極度の疲労、窮屈な席で身動きを取れないことからくる体の不調が、疲れ切った見た目の主な原因です。しかし、実はほんの少しの工夫で、快適でなおかつ洗練された旅を実現することができます。移動中は、しわになりにくい服を選び、重ね着をして、肌の保湿を十分に行いましょう。そして、シンプルで上品なメイクとヘアスタイルを心がけ、機内や車内でのダウンタイムを利用して休息を取るようにしましょう。また、目的地に到着する前に、身支度を整えることを忘れてはいけません。

パート 1 の 3:
快適でお洒落な服装

  1. 1
    ポリエステルやナイロンなど、シワになりにくい素材を選びましょう。一日を快適に過ごすために、ゆったりとして通気性の良い素材を選びましょう。着心地が快適なニット素材は、丸めて簡単にスーツケースに仕舞うこともできるため、旅行に最適です。スパンデックス混紡素材もシワになりにくく、また綿100%素材と比べて型崩れしにくい素材です。合成繊維の中でも、吸湿性に優れたウィッキング繊維は旅行に適していると言えるでしょう。[1]
    • リネン生地はシワになりやすいため避けましょう。
  2. 2
    お気に入りの服を選びましょう。お気に入りの服を着ることで、旅行中でも自分らしく過ごせるでしょう。また、お気に入りの服であれば、大抵着心地も良く、快適に過ごすことができるでしょう。
    • 女性のみなさんは、マキシ丈のワンピースにお洒落なジャケットのコーディネートを試してみましょう。このスタイルは、動きやすい上に上品な印象を与えます。または、レギンスに長めのトップを合わせ、ポイントとなるスカーフを巻いてみましょう。[2]
    • 男性のみなさんは、ダークカラーのジーンズにポロシャツのコーディネートを試してみましょう。このスタイルはTシャツよりもドレスアップした印象を与えますが、スーツやボタンダウンのシャツほど堅苦しい印象は与えません。または、軽めのセーターに、黒やネイビーなど中間色の快適なドレスパンツを合わせてみましょう。[3]
    専門家情報
    Lorenzo Garriga

    Lorenzo Garriga

    ワールドトラベラー、バックパッカー
    ロレンゾは30年近くバックパック一つとわずかな予算で世界中を旅している長年の大旅行家です。フランス出身のロレンゾは、世界の各地でホテルの仕事や皿洗いをしながらヒッチハイクで旅を続けています。
    Lorenzo Garriga
    Lorenzo Garriga
    ワールドトラベラー、バックパッカー

    旅の達人であるロレンゾ・ギャリガさんからのアドバイスです。「長旅に出るときは、アイテム数点を持っていきましょう。バックパック一つで長旅に出るときは、いい身なりをするのは難しいものです。私はいつも少なくとも長ズボンを1枚、きちんとしたシャツ、黒いベルトを持っていきます。そうすれば、ドレスアップが必要な特別な機会があっても、出かける前にアイロンをかけるだけで着ていくことができます」

  3. 3
    重ね着をしましょう。機内や車内の温度に合わせて脱着できる重ね着は、旅行中にとても便利です。特に、出発地と目的地の気温差が激しい場合、重ね着は大変役に立ちます。セーターやスカーフをコーディネートに取り入れましょう。暑くなれば脱ぐだけです。[4]
    • ジャケットを手荷物にすると機内での温度調節に役立つだけでなく、スーツケースに空きスペースができるという利点があります。
  4. 4
    小物でお洒落を楽しみましょう。旅行用の快適な服装であっても、小物と合わせることによってトレンド感溢れるスタイルになります。例えば、柄付きのスカーフや個性的なハンドバッグで自身を大胆に演出するのもいいでしょう。ネックレスやバングルの重ね付けも、お洒落な印象を与えます。さらに、柄付きのヘッドバンドや大きめのサングラスもコーディネートに加えてみましょう。
  5. 5
    履き心地の良い靴を選びましょう。履き心地が良く、服装にあった靴を選びましょう。旅行に新しい靴は厳禁です。靴擦れなどを防止するために、履き慣らしてから旅行に履いていきましょう。[5]
    • スリッポンのような脱ぎやすい靴を履きましょう。とりわけ、移動手段が飛行機の場合は、空港のセキュリティチェック等で靴を脱ぐ機会もあるため、脱ぎやすい靴を履いていると便利です。
    • 冷え症対策のために靴下を履きましょう。竹繊維の靴下のような、通気性の良いものを選びましょう。
    広告

パート 2 の 3:
移動に最適なメイクとヘアスタイルを選ぶ

  1. 1
    肌の保湿をしましょう。出発地または目的地の天候に関わらず、健康的でハリのある肌を保つためには肌の保湿が不可欠です。UVカット効果のある保湿液を顔につけ、体にもボディローションを塗りましょう。[6]
    • 旅行中は好きな香りのハンドクリームを手にたっぷりと塗りましょう。馴染みのある香りにつつまれて、リラックスできるでしょう。
  2. 2
    楽なヘアスタイルを心掛けましょう。髪をアップにするのが好きな人もいれば、髪を下すのを好む人もいます。自分の好きな髪型の中でもシンプルなものを選びましょう。せっかく時間をかけて髪をカールしても、到着時までに巻き髪が崩れ、無残な形になってしまっては意味がありません。顔に髪がかからない三つ編みは、シンプルですが洗練された髪型のひとつです。
    • 目的地が湿度の高い地域であれば、スタイリングする前に、くせ毛防止のセラムをつけましょう。
  3. 3
    シンプルなメイクを心がけましょう。旅行中は完璧にめかしこむ必要はないとの理由から、メイクをしない人も大勢います。一方で、「メイクなしは考えられない」という人は、普段以上にファンデーションの下地をしっかりと塗ってメイク崩れを予防しましょう。アイシャドウは中性色にして、好みでアイライナーをひき、マスカラを軽く塗ります。これだけでは物足りない場合は、大胆な色の口紅をつけてもいいでしょう。[7]
    • 肌の脂分や「テカリ」を抑えるために、あぶらとり紙を化粧ポーチまたは手荷物バッグの中に入れて、いつでも取り出せるようにしておきましょう。
    • リップバームで唇の乾燥を防ぎ、つやのある笑顔を保ちましょう
    広告

パート 3 の 3:
ダウンタイムを有効活用する

  1. 1
    機内や車中で睡眠を取りましょう。移動中のわずかな睡眠は、到着後の気分や見た目に大きな影響を与えます。仮眠を取るか、少なくとも休憩時間を設けましょう。どうしても眠れない場合は、アイマスクをつけ、目を閉じて心身をリラックスさせましょう。
  2. 2
    水分補給をしましょう。特に飛行機で移動する場合は、機内が極度に乾燥しているため、水分補給がとても重要になります。少なくとも1時間毎にコップ1杯の水を飲みましょう。気分が回復するだけでなく、体の中からリフレッシュされ、見た目もスッキリするでしょう。お好みで、水にミントや果物を加えて風味を楽しみましょう。[8]
    • 移動中のアルコール摂取量を制限しましょう。グラス1杯のワインなど、1種類のアルコール飲料で我慢しましょう。
  3. 3
    健康的な食事またはおやつを摂りましょう。旅の最中は、手軽なファーストフードやジャンクフードで食事を済ませてしまうことがあります。しかし、そのような食事が見た目や気分に好影響を与えるはずもありません。誘惑を我慢しましょう。代わりに、以下のような健康的な食事またはおやつを用意しましょう。
    • 好みの具を入れたサンドウィッチやラップサンド
    • リンゴ、オレンジ、バナナなど、保存が効くフルーツ
    • ナッツやタネ類、またはトレイルミックス(ナッツやドライフルーツなどを混ぜ合わせたおやつ)
    • 容器に入れたサラダ
    • ニンジンやセロリのスティック
  4. 4
    到着前に身支度を整えましょう。歯磨きをする、ミントのガムを噛む、またはブレスミントをなめて息を爽やかにしましょう。デオドラントを塗り直し、香水やコロンをつけてもいいでしょう。
    • 水にラベンダーオイルを数滴混ぜ、小さなスプレー容器に入れて持ち歩きましょう。顔に吹き付けると肌がスッキリします。
    広告

ポイント

  • 準備万端で旅に臨み、余計なストレスを抱えないようにしましょう。
  • 前夜はしっかりと休息を取り、爽やかな気分と晴れやかな表情で旅に臨みましょう。
  • 髪型はなるべくきちんと整えるか、とりあえず楽な髪形にしておきましょう。人に何か言われようと自分らしく過ごすのが一番です。
  • 他の人のパーソナルスペースに侵入していないか気を付けましょう。

広告

注意事項

  • 長距離移動では、見た目よりも快適さが重要です。スキニージーンズやミニスカートなど、体を締め付ける服装や身動きの取りにくい服装は避けましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

Lorenzo Garriga
共著者
ワールドトラベラー、バックパッカー
この記事の共著者 Lorenzo Garriga. ロレンゾは30年近くバックパック一つとわずかな予算で世界中を旅している長年の大旅行家です。フランス出身のロレンゾは、世界の各地でホテルの仕事や皿洗いをしながらヒッチハイクで旅を続けています。 この記事は1,608回アクセスされました。
このページは 1,608 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告