怒らせてしまった男の子の気持ちを携帯メールで取り戻す方法

この記事には:怒りの原因を突き止める謝る諦め時をわきまえる

男友達か彼氏か、あるいは一目惚れの相手なのか、いずれにしても身近な男の子から急に嫌われてしまったと悩んでいませんか。彼が本当に怒っているとしたらおそらく、あなたを無視したりあなたからの誘いを断ったりし始めるかもしれません。彼の機嫌を直すには直接会って話し合うのが一番効果的でしょうが、それが難しい場合には携帯メールを送ってみるのも1つの方法でしょう。メールを通して彼の怒りを和らげ、仲直りすることができるかもしれません。ただし、単にメッセージを送るだけではなく戦略を練って実行する必要があるでしょう。この記事ではその方法を詳しく紹介します。ただし読み始める前に真剣に考えるべき事柄があります。本当に彼と仲直りをして元の関係に戻りたいと思っていますか。そうだと確信できるなら早速読んでみましょう。

パート 1
怒りの原因を突き止める

  1. 1
    怒りの原因を考える 彼があなたと話してくれない、あるいは一緒に出かけてくれないとしたら、原因としてあなたのしたことに彼が腹を立てているか、彼に新しい友達ができたか、あるいは他のことで忙しいなどが考えられるでしょう。
    • あなたとの友達付き合いに(または、パートナーとしての関係に)興味がなくなったという理由で彼の態度が変わってしまったとしたら、残念ながらあなたにできることはあまりありません。あなたに原因があるのではなく、彼の方にあるからです。
    • 彼があなたに腹を立てていると思うならその理由を考えましょう。人は友達やパートナーなど身近な人がとった行動で悪影響を被ったと感じると怒るものです。仲直りにはまず、自分のどの行動や振る舞いが彼の怒りを招いたかを考えることです。
    • 自分にとっては何気ない行動や軽く下した決断でも他人に大きな影響を与えることがあります。最近の自分の行動を考えるだけでなく、その中のどれが彼に悪影響を及ぼした可能性があるかも考えましょう。
    • 彼をがっかりさせた原因が分かれば、2人の間の緊張を緩和することができるでしょう。
  2. 2
    彼の視点に立つ 人の怒りやショックを和らげるには、相手の立場に立って考え自分の行動がどのように相手を傷つけたかを理解し認めることです。
    • 自分の行動がどのように彼に精神的打撃を与えたかを彼の立場に立って考えましょう。そう考えた時に湧き起こる感情に焦点を合わせ、彼の気持ちになって話しかけましょう。
    • 例えば、次のような状況があったとしましょう。「彼から迎えに来て欲しいと頼まれたので、約束の時間と場所に向かったのだけれど、渋滞に巻き込まれて遅刻してしまった。また携帯電話を忘れてしまったので途中で彼に連絡を入れることができなかった」。この場合あなたは次にように考えたかもしれません。「あ、渋滞だわ。彼に連絡を入れたいけれど、携帯電話を忘れてしまったわ。でも、まあ大したしたことないか」と。ところが彼は、暗く寒い中を45分間も道端で待たなければならなかったとしたらどうでしょうか。待っている間彼は「迎えに来て欲しい時間と場所を3回も伝えて、彼女は必ず行くと約束したのに(どうなっているんだ?!)」と思ったかもしれません。
  3. 3
    相手の気持ちになる 相手を怒らせた原因が理解できたら相手の気持ちになって考える努力をしましょう。
    • 約束の時間までに迎えに行けなかった場合に、それが彼にどう映るか、また彼をどのような気持ちにさせるかを考えましょう。例えば、彼は「僕のことなんか二の次なんだ」と思うかもしれません。あるいは「僕が寒い中待ち続けてもどうってことないと思っている。他に用事があるかもしれないなどと全然気遣ってくれない。とにかく約束を破られた」と思うかもしれません。自分が彼の立場だったらどう感じるかを考え、思いやりの気持ちを持って彼に接しましょう。

パート 2
謝る

  1. 1
    謝る 早いうちにそして頻繁に謝りましょう。自分が悪かったこと(本当にそうなら)を認め、その責任を取りましょう。[1]
    • 自分が悪かったこと、どんなことであろうとも二度と同じ間違いを繰り返さないことを彼に伝えましょう。そして実際に二度と同じ間違いを繰り返してはいけません。
    • 「お生憎様ね」などと自分の行動を全く悪びれるつもりがないような言い方をしてはいけません。相手に責任転嫁をするも同然で、自分は全く悪くないのだから怒る彼がいけないという印象を与えます。
    • 「誰でもこの状況なら怒るのはもっともだ」という口調で彼から携帯メールが送られてきたら、もう一度謝りましょう。怒りが収まらず更に怒った口調で返信が来ても、ひたすら謝りましょう。「ごめんなさい。私が悪かったわ」と素直に自分の非を認め謝り続けましょう。[2]
  2. 2
    自分のせいで彼がどんな酷い目にあったかを理解していることを示す ひたすら謝るか、遅刻は意図的ではなかったけれど、結果としてそうなってしまったことを申し訳ないと思っていると説明するようにしましょう。
    • ごめんなさいと言うだけでは十分ではありません。自分の行動で彼が悪影響を被ったこと、また心から後悔していることを示す必要があります。[3][4]
    • 「彼の怒りは私に原因がある」と素直に認めていることが彼に伝われば、彼は自分の気持ちの正当性が認められたと感じて許す気持ちになるでしょう。
    • たとえ彼の感情や反応が理に叶っているとは必ずしも思えないとしても、とにかく謝りましょう。機嫌を直して自分の元に戻って来て欲しいと思うなら、彼の気持ちを理解していることを分かってもらいましょう。[5]
  3. 3
    状況をエスカレートさせない ごめんなさいと言った直後に状況を悪化させるようなことを言い出せば、その謝罪は彼と仲直りするには十分なものとは言えなくなるでしょう。[6]
    • 「彼の反応は理不尽だ」「彼の言い分は全く筋が通っていない」などと思っていたとしても口にしてはいけません。口にすれば彼は「彼女は全然自分が悪いと思っていない。状況を全然理解していない」と考え再び怒りがこみ上げてくるでしょう。[7]
    • 「以前あなたにイライラさせられたことがあったわ」などと過去の話を蒸し返していけません。目の前で起こっている問題を「あなたはあの時こうだった」などと過去にリンクさせて議論にすれば収拾がつかなくなります。状況が泥沼化し彼に許してもらえる可能性は低くなるでしょう。[8]
  4. 4
    機嫌を戻してもらうのに自分にできることはないかと彼に尋ねる お詫びの印に自分にできることがないかを彼に尋ねるということは、彼の話を真剣に聴いて彼が満足するような方法で状況を改善したいと思っていることを素直に示すことになります。[9]
    • 「45分間も外で待たなければならなかったのよね。軽く見られていると感じたんでしょう?どうしたら許してもらえるかしら。今後のために私にできることがあれば教えて欲しいの」などと伝えることができるでしょう。
  5. 5
    彼を笑顔にする ユーモアは人の怒りを和らげます。彼を笑わすことができれば、あるいは少しでも笑顔にすることができれば、状況改善への一歩を踏み出すことができるでしょう。
    • ユーモラスに自分を貶してみましょう。ユーモアは怒りを和らげる効果がありますが、親しみやすく愛想の良い自己卑下はその効果を二倍にします。多少自分を貶めてみるか、愛嬌のある欠点を認めてみましょう。
    • 「迎えに行くのが遅くなってしまってごめんなさい!でも分かっているでしょう。私って間抜けなところがあるじゃない?迎えに行くまでに壁を5つくらい突き破ったんだと思うのよ(覚えていないけれど)!」などとユーモアたっぷりに携帯メールを送ってみてはどうでしょうか。
    • あるいは「私、壁にかかっている時計を読むのが苦手だって知っているでしょう?約束の時間が迫っていると理解できないのよ。また時計にやられちゃったわ!」などとやんわり自分を卑下しながらも、少し真面目なトーンでメールを送ることもできるでしょう。
  6. 6
    彼のことを考えていることを伝える 無視された、あるいは自分のニーズを軽くみられたと思って彼が怒っているとしたら、彼のことを常に考えていることを改めて伝えましょう。
    • あるいは、目にした何かが彼を思い出したことを愛情たっぷりに言ってみるのも1つの方法です。それが2人だけにしかわからないプライベートな冗談であれば一層効果が期待できるでしょう。例えば、「横浜ナンバーの車を見たの。そしたら急にあなたがよく話してくれる小さい頃のエピソードを思い出して笑みがこぼれたわ」などという具合です。

パート 3
諦め時をわきまえる

  1. 1
    退け際を知る 携帯メールを矢継ぎ早に送ってはいけません。謝っても彼からすぐに返事がなければ、あるいは許してもらえないなら、連絡し続けるのはやめましょう。
    • メールを送り続ければ、それまでに彼の機嫌を直そうとしてきた良いことも元の木阿弥となり、彼を取り戻せるどころかイライラさせるだけです。
    • 彼が機嫌を直すのに時間がかかるようであれば、待ちましょう。すっかり機嫌を取り戻し彼からあなたの方に歩み寄るのを待ちましょう。
  2. 2
    彼が怒っている理由を無理やり尋ねない あなたに口を聞いてくれないのは、あまりにも憤慨して話すことすらできないからかもしれませんし、あなたの注意を引くための策略なのかもしれません。怒っている理由を話してくれないなら、少し待って彼の方から歩み寄るのを待ちましょう。
    • 心底怒っているのは確実なのだけれど、その理由が伝えられないのか、伝える気持ちがないのか、何れにしても理由を話してくれないなら、冷静になるには時間が必要なのでしょう。自分が何をしたのか全く理解できなくて、または理由が分からなくて気が狂いそうだとしても、行動を起こさずに時が過ぎるのを待ちましょう。彼に理由を迫ってはいけません。彼に必要なだけ時間を与えましょう。心の準備ができれば彼の方から歩み寄って来るはずです。その時まで仲直りするのを待ちましょう。
    • 真剣に怒っているようには見えないとしたら、おそらく注意を引きたいと思っての行動かもしれません。怒っている理由を執拗に尋ねれば、彼は怒った振りをしたままその状況を最大限に自分に有利に使おうとするでしょう。何故彼が怒っているのかその理由が分からないこと、自分のしたことで彼が怒っているなら申し訳なく思っていることを素直に伝え、後は彼の判断に任せましょう。あなたの注意を引こうとして意図的に怒っているだけなら、いつかはその気持ちも薄れて機嫌を直して話しかけて来るでしょう。忍耐強く待ちましょう。
  3. 3
    諦め時をわきまえる あなたがどんなに謝っても、また彼の気持ちを考え行動に移しても彼の怒りが全く収まらないなら諦めましょう。
    • その時点では何を言っても、何をしても彼に戻って来てもらうことはできません。諦めるのが一番の解決策です。
    • しばらく時間が経ち彼の怒りが徐々に薄れて来れば、あなたと話したいと思うようになるかもしれません。ただし彼に心の準備ができていなければ、無理に彼に話をさせることはできません。待つことが最善策です。
  4. 4
    関係修復の価値がないと判断する 彼が常に何かに怒っていて、あなたにはその理由が全く理解できない、あるいは怒りが理に叶っていないと感じることが頻繁にあるなら、彼との関係を続ける価値があるかどうかを考えましょう。
    • 彼との関係で楽しさよりも苦悩が多いとしたら、別れる時かもしれません。
    • 彼は怒るとすぐに言葉の暴力、精神的暴力、身体的暴力を振るう、という場合にはすぐに別れましょう。
  5. 5
    多少の楽しみを得る あなたの努力が全て失敗に終わり何をしても彼が屈服しないなら、心機一転を図ってその状況を少し楽しんでみてはどうでしょうか。[10]
    • 「仲直りアプリ」を試してみると少しは楽しい気持ちになれるかもしれません。アプリを立ち上げると、仲直りの相手の性別と自分が取った行動の言い訳を選ぶ画面が表示されます。[11]これまで彼の機嫌を直そうと誠実に努力をしてきたにも関わらず何も効果がないのですから、アプリでも上手く行くはずはないでしょう。しかし今となっては何かをしたところで失うものはありません。アプリを試すのも気分転換に良いでしょう。最悪の場合でも「途中で誘拐事件に巻き込まれた!」などと冗談に使えそうな都合の良い言い訳が表示されるくらいで少しは笑えるかもしれません。[12]
    • 彼の無反応に賢く対応してみましょう。あなたの携帯メッセージに彼からの返事がなく、おそらく二度と返信してこないだろうと思えるなら、思い切って明るいトーンでメールを送ってみましょう。例えば「あなたからのメールを待っているうちに、野生の猫が襲って来て顔と手を食べられちゃったので、このメールは足の指で打っているのよ。死ぬのは時間の問題だわ!」」などと大袈裟なメールを送ってみましょう。あるいは、メールの最後に今の状況にぴったりなミームや画像を加えてみましょう。[13]
  6. 6
    前に進む 状況を重く受け止めたり、何をどんな風に言えば良かったのか、また、なんて酷い人なのかしらなどと夜延々と悩んだりするのはやめましょう。
    • 彼が怒っていること、彼との関係は終わったという事実を受け入れて人生の再出発を図りましょう。

ポイント

  • 携帯メールに頼るよりも、直接会って話し合うことが大切だと考える人が少なからずいます。あなたの携帯メールに彼が反応を示さない場合には、直接会って話せないか尋ねましょう。
  • 忍耐強く待ちましょう。自分に対して怒っている人にしつこく纏まりついても無駄です。相手の怒りが最高潮にある場合には、冷静になるのに時間がかかります。
  • 彼の感情を受け入れましょう。理に叶っていないと思っても彼の感情が正当であることを認めましょう。彼と本当に仲直りがしたいなら、少なくてもそこまでは譲歩する必要があります。
  • 諦め時をわきまえましょう。彼にその気がなければ許しを強要することはできません。彼に執拗に迫れば迫るほど状況を悪化させるでしょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Make a Guy That Is Mad at You Like You Again Through Text, Español: hacer que un chico que está enojado contigo se contente, Português: Fazer um Rapaz que Está Irritado Com Você Gostar de Você de Novo Através de Mensagens, Italiano: Usare gli SMS per Fare Pace con un Amico che hai Fatto Arrabbiare, Русский: снова понравиться парню, который злится на вас, Deutsch: Per SMS einen Jungen der sauer auf dich ist dazu bringen dass er dich wieder mag, Français: se réconcilier par texto avec un garçon qui est en colère contre vous, Bahasa Indonesia: Berbaikan dengan Pria yang Sedang Marah Melalui Pesan Teks, Nederlands: Het via sms bijleggen met een jongen die boos op je is, العربية: تهدئة رجل غاضب منك بواسطة رسالة, 中文: 通过发信息让生自己气的男性重新喜欢上自己, ไทย: ทำให้ผู้ชายที่โกรธคุณชอบคุณอีกครั้งผ่านทางข้อความ, Tiếng Việt: Nhắn tin lấy lại tình cảm khi một chàng trai giận bạn

このページは 107 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?