ひとりの人、あるいは複数の人への強い情欲に抗えないことがありますか?性欲を克服するかどうかは自分で決めることです。それは決して強要されるものではありませんが、かといって簡単に興味を無くすこともできないものです。しかしながら、湧き上がる考えから気を逸らしたり、別の考えと取り替えたり、あるいは和らげたりする工夫はやはり必要でしょう。その助けとなる手段を、これから見ていきましょう。

パート 1 の 4:
根本的な原因に対処する

  1. 1
    自分を誘惑しないようにします。情欲を掻き立てるものを探し求めるのをやめましょう。これは主にポルノを見る誘惑に打ち勝てるようにするということですが、他にも映画に行ったり、一部の道路をドライブすることを控えるということも意味します。難しいことではありますが、性的な習慣は他の悪い習慣と同じようにやめることができるものです。めげずに続けましょう![1]
  2. 2
    自分と他人を尊敬できるようになりましょう。日常の人間関係で性欲に支配されてしまうとしたら、それは自分自身としっかりつながっていない証拠です。肉体の欲望で自分や自分の行動を規定し、心や人格といったものを働かせていないのです。それだけでなく、不純な目で相手を見るということは、相手への尊敬も抱いていません。もしそうした感情を抱いてしまうのなら、何とかその感情と戦って、相手や自分自身と真っ当に向き合うようになりましょう。
  3. 3
    ドラッグやアルコールは避けましょう。ドラッグやアルコールによって抑制が外れ、情欲と戦うことが難しくなります。服用しているのであれば、それをやめると大変効果があります。やめたとしても、友人とバーに出かけることはできます。ただ代わりとしてアップルジュースやその他のソフトドリンクを頼めばよいのです。(どちらもアルコールのように見えますので、気まずく感じることもないでしょう)
  4. 4
    欲望を是認しましょう。多くの聖典は性的欲望は自然なものであると認めていますので、そうした感情に罪悪感を抱かないようにしましょう。そうでないと、精神衛生上好ましくない上、性的欲望を一層強くしてしまいます!性的感情を自然なものとして受け入れ、かつ、それにしたがって行動しないようにしましょう。[2]
  5. 5
    異なる価値観を見つけましょう。さまざまな種類の情欲がありますが、その情欲を捉える見方もさまざまです。もしも、自分の性欲が物理的な危害を引き起こしたり、あるいは引き起こす可能性があるのなら、対処をする必要があります。しかしながら、2人の合意した大人同士で性欲を抱くのなら、そこには何の問題もありません。性的感情は自然なものであり、ただ単に宗教的な理由だけで悩んでいるなら、もはや違った宗教的教えを探し求めた方が良いのかもしれません。宗派が変わるだけで全く異なる見解をとる場合もあります。
    広告

パート 2 の 4:
気を逸らす

  1. 1
    心の準備をしましょう。何の準備もしなければ、言うまでもなく問題にぶつかります。自分の性欲に問題があることを認め、誘惑を受けそうな場所に行くと分かったなら、心の準備をしておきましょう。しっかり準備をしてプランを立てていれば、勝負は半分勝ったも同然です。[3]
  2. 2
    目を逸らします。強い誘惑を受ける場所に行く時は、目を逸らす習慣をつけましょう。つまり、情欲を起こしそうなものを見たとき、ただちに何か他のものを見つけるのです。これはとても簡単に実行できて、効果的です。
  3. 3
    趣味に没頭しましょう。他に出来ることとしては、自分の楽しめるものに没頭するという方法があります。これは家や他の場所で、外からの刺激ではなく、自分の中で淫らな考えが浮かんでしまった時に有効な手段です。場所を選ばない趣味であれば特に効果的でしょう。なぜならそうした考えは、どんな時でも襲ってくるからです。
    • 装飾のための組紐や、その他どこでも出来るクリエイティブな趣味も検討してみましょう。
    • できる限りたくさんの聖句を暗記してみても良いでしょう。
    • ボランティアに参加するという手もあります。気を紛らすことができる上、徳を積むことにもなります。
  4. 4
    祈りを捧げるか、聖典の言葉を暗唱しましょう。他に気を紛らす手段としては、声に出して、あるいは頭の中で、知っている聖典の言葉を暗唱するというものがあります。これによって神への感情を思い出し、掟を守ろうという気持ちが生まれます。
  5. 5
    誘惑の原因になるものは避けましょう。情欲を抑えるのに一番良いのは、誘惑の原因を取り除いてしまうことです。多くの場合主な原因はポルノでしょう。人生の大事なことに集中できず、ポルノのコレクションを大量に溜め込んでいるのなら、ここで待ったをかけた方が良いでしょう。パソコンにフィルターをかけて、画像が見られないようにしましょう。[4]
    広告

パート 3 の 4:
より良い関係性を見つける

  1. 1
    グループで出かけましょう。情欲の原因になる人を避けられないのであれば、その人と付き合うより健全な道を探りましょう。ひとつの選択肢として、人と過ごす時は、必ず集団でいるようにするのです。こうすれば不適切な言動を避けられます。
  2. 2
    安全な場所で時間を過ごしましょう。ただ集団でいるだけでは不十分なのであれば、教会や寺院のような清浄な場所でのみ人と過ごすようにしましょう。神様だけに意識を集中させて、いかがわしい考えから遠ざかるよう護ってくれるでしょう。
  3. 3
    相手の目を見ましょう。人を見る時は目だけに集中して、情欲を掻き立てるような体の部分は見ないようにしましょう。目は心の窓と言われますから、相手の心を見つめるため、目に視線を注ぎましょう。こうすればより尊敬を得られ、神が望むような仕方で人と接することができるでしょう。
  4. 4
    友達同士の関係を持ちましょう。相手に尊敬を抱いている人だけがするような行動をとりましょう。デートに見えるような行動をとってはいけません。自分が置かれた状況を見つめて、祖母だったら、この行動を何と言うだろうかと考えましょう。彼女が承認してくれるのであれば、おそらく問題はないでしょう。
  5. 5
    体に触れないようにします。たとえ腕や手のような問題のない場所でも、相手の体に触れると淫らな考えを掻き立ててしまいます。本当に性的な問題を抱えているのであれば、一切体には触れないようにしましょう。これは大いに効果的です。
  6. 6
    好意を抱く相手に対して正しく振舞いましょう。彼氏や彼女の前でどうしても行動を抑えられないのであれば、結婚をしましょう。これこそが神の計らいで、人間を夫と妻として造った理由です。つまり結婚によって、神の心に適うような仕方で、男女がお互いの感情を用いることを求めているのです。
    • 霊的にも、肉体的にも、そして精神的にも、自分と適合する人と結婚するようにしましょう。それも、お互いのことを真剣に考える準備ができた時だけです。相手との関係をそこまで真剣に考えられないのなら、性的な関係を持つ段階には達していません。
    • 性欲のはけ口として結婚をするのは、最後の手段です。結婚は重大な出来事であり、軽々しく扱うべきではありません。
    広告

パート 4 の 4:
助けを得る

  1. 1
    自分に助けが必要なことを認めます。結婚という選択肢も取れず、他の手段も合わないのであれば、助けが必要だということを認めた方が良いでしょう。人はこう言うでしょう。「自分に問題があることを認めるのは、それを克服する最初の一歩です」[5]
  2. 2
    宗教的助言者に相談をしましょう。地域の神父、牧師、導師、ラビ、その他宗教的指導者に助言を乞いましょう。彼らは適切な助言を与え、正しい道を歩むよう助けてくれるでしょう。それこそが彼らの役目なのです!恥ずかしく思ってはいけません。彼らはこうした問題を対処するための訓練を積んでいる上、もっとも敬虔で献身的な信者でさえそのような問題に悩まされるということを知っているのです。
  3. 3
    誘惑から遠ざかりましょう。できる限り誘惑から離れた場所に自分を置きます。これは例えば男性であれば自衛隊に入る、女性であれば女子高や女子大に入るなどといったことです。家族はこうした決断を理解して支えてくれるでしょう。感情を克服できるようになるまで、同性しかいない環境に身を置きましょう。
  4. 4
    性欲が起こす問題を心に留めておきましょう。淫らな考えに身を任せて行動すれば、さまざまな問題にさらされます。自分のコントロールを失うと、エイズ、性感染症、望まない妊娠、その他の問題を引き起こすでしょう。十分注意をして責任ある行動をとりましょう!
  5. 5
    神に祈りましょう。望ましくはないが、付き合わなければならないこうした感情から、神が守ってくれるでしょう。きっと手を差し伸べてくれますが、自分自身、しっかり目を開いて贈られた解決策に気づかなくてはなりません。これは時に難しいことではありますが、友人、家族、宗教上の助言者の助けを借りて、必ず必要な助けを得ることができます。
    • 「人が打ち勝てないような誘惑が、あなたを襲ったことはなかったでしょう。神は真実のお方です。決してあなたを耐えられないような誘惑にさらすことはありません。しかし誘惑を受けた時は、それに耐え抜くことができるよう、逃げ道も用意してくださいます」コリントの信徒への手紙10章13節
    広告

ポイント

  • 衝動の制御を学びましょう。性欲は正反対のものです。衝動の制御ができる人は、愛だけでなく、経済的、感情的、仕事面、その他人生のあらゆる側面で恩恵を受けることができます。
  • 集団の中で性的な感情と戦っている時、あるいは単に暖かい日に道を歩いていて、露出の多い人を見て欲情してしまった時、簡単にできる対処法があります。人のことを2秒だけ見るようにするのです。相手がどんな見た目をしていようと、新しく出会う人を2秒だけしか見ないようにします。それから目を他のものに移しましょう。こうすれば、すべての人の魂も、人としての価値も本当は平等なのだということに気づくことができます。Facebookを見ている時でさえこれを実践することができます。ニュースフィードに流れるプロフィール写真を2秒だけしか見ないようにするのです。さっそく今日から始めましょう!

広告

注意事項

  • 性的な感情によって不幸になってしまうなら、何かしら対処をしましょう。それが単に人を不幸にしてしまうなら、それは相手ではなく自分の問題なのだということを知るべきです。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

吐き気を止める

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

自分で身長を測定する

How to

勃起を抑える

How to

割れた足の爪を処置する

How to

キスマークを偽造する

How to

声を低くする

How to

嘔吐を誘発する

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

生理をはやく終わらせる

How to

体温計を使わずに熱があるか知る

How to

マスターベーション依存症の克服
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む33人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 注目記事 | 健康
このページは 793 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告