PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

セックスの目的は単に肉体的開放感を得るためだけではありません。パートナーとの親密な結びつきを実感するための手段とも言えます。しかし、私たちは日常生活の様々な活動に追われて親密な結びつきが十分に実感できない場合があります。仕事、学校、子供の世話などはその最たるものでしょう。他の物事に気が取られるとセックスは後回しになりがちです。しかし、欲求が高まった時には日常の雑事に邪魔されずにセックスを楽しみたいものです。常に新鮮で刺激的な性生活を送るにはどうすれば良いでしょうか。想像するほど難しくはありません。パートナーとのコミュニケーションを円滑に図り、生活にひと工夫凝らし、寝室やそれ以外の場所でも2人が心底楽しめるように努力すれば簡単に実現できるでしょう。

方法 1 の 3:
生活にひと工夫加える

  1. 1
    自分の体を探検する パートナーとの生活に快適さと性的快感を得るには、まず自分の体に満足し体が欲するものを把握することが大切です。自分の体と心の声を聴き両方に常に意識を向けましょう。[1] 体の緊張を解いて感じるままに表現しましょう。どう触れてもらうと快感が得られるか、どんなことで性的興奮が起こるか、色々な刺激に自分の体がどう反応するかなどを理解しましょう。パートナーと一緒に自分の体を探索しても良いでしょう。
    • 女性はバイブレーターを使うと自分の性的反応を探ることができ、どんなことで性的快感を覚えるかをパートナーに示すことができます。[2]
  2. 2
    セックスの前にリラックスする パートナーと親密になる前にリラックスしましょう。テクニックや性的パフォーマンスなどへの気負いが無くなります。パートナーとの親密な時間の一瞬一瞬を堪能しましょう。深呼吸をし、意識的に筋肉の緊張を解きましょう。[3]
    • パートナーと共に体の緊張を解きましょう。一緒に深呼吸をし、心も体もリラックスさせましょう。
    • セックスに自信がないなら「性的パフォーマンスに対する不安を取り除く方法」を検索して対処しましょう。
  3. 3
    前戯に集中する 時々セックスにはシナリオがあるかのように感じることがあります。「最初にこうして次のステージに進み、次は…」といった具合に頭で考えることがあります。まずは落ち着いてセックスの前に官能的な快感を味わいましょう。前戯は2人の気分を高めることが目的です。[4]
    • セックスの前にマッサージをし合いましょう。一定の時間互いの体をゆっくりと探索してから次のステージに進むと効果的です。触れ合いの時間をできる限り長く取り、贅沢な気分を味わいましょう。ソフトな音楽をかけて素敵でロマンチックな夜を演出しましょう。ゆっくりと進めることが大切です。
    • パートナーを喜ばせ、相手の性的興奮を呼び起こしましょう。そうすることで次はパートナーからも同じように接してもらえ、性的喜びが大いに楽しめるでしょう。
    • 女性の場合には前戯中にクリトリスが刺激されると大きな快感が得られます。[5]
  4. 4
    ゆっくりと進める セックスは「なすべき仕事」として捉えてはいけません。落ち着いてゆっくりと臨み、セックスのあらゆる側面を楽しみましょう。触れられる喜びを感じ、パートナーに同じように触れましょう。互いに触れられる快感を満喫しましょう。セクシャルなタッチの前に、ノンセクシャルなタッチも堪能しましょう。パートナーの体から伝わる感覚を楽しみながらゆっくりと進めましょう。[6]
    • 感覚に集中する練習しましょう。この練習は20〜40分間かけて行いますが、互いへの信頼感と2人の親密さを強固にし、性的パフォーマンスへの不安を取り除く効果があります。交代で、パートナーへのボディータッチを深めましょう。まずはノンセクシャルなタッチから始めて、徐々に胸や乳房、頚部などセクシャルなタッチへと移行します。この段階では性器には触れません。セクシャルなタッチを深めて行き最終段階で性器に触れたり軽い刺激を与えたりします。その後でセックスするかどうかの決断をします。[7]
  5. 5
    思うがままに振る舞う 性生活が平凡になってしまう理由の1つは、それが習慣化されてしまうことです。セックスをするのは決まって朝、あるいは仕事や学校の休みの日、子供に邪魔されない時などではありませんか。不意に、または今までに試したことのないやり方や場所でセックスを試みて気分を盛り上げましょう。加えて、マスタベーションを恥ずかしがってはいけません。2人の健全さを保つのに大切な行為です。[8]
  6. 6
    アブノーマルなセックスを楽しむ 大人のおもちゃやコスプレ用具などを寝室に持ち込むことで2人が楽しめる場合には、躊躇せずに試しましょう。心の赴くままにアブノーマルなセックスを堪能しましょう。正直な気持ちとコミュニケーションを常に優先させていれば、間違ったセックスなどはありません。[9]
    • ロール・プレイングで空想の世界に浸りましょう。互いにコスプレ用の衣装をまとい、別の名前をつけて呼び合ってはどうでしょうか。
    • 目隠しをすると、触覚に重きが置かれ全く違った感覚のセックスになります。2人とも興味があれば、視覚を遮断してセックスを楽しんでみましょう。
    • 長い付き合いのカップルは、まだ互いを十分に理解していなかった頃を追体験するのが好きです。付き合い出したばかりの振りをして、よく行くバーで待ち合わせてみましょう。最初の頃の2人を思い出しその通りにデートをしたり、互いの性的嗜好についても全く知らない振りをしてみましょう。そこから何が生まれるか楽しみです。

方法 2 の 3:
コミュニケーションをとる

  1. 1
    パートナーに自分の好きなことを伝える 最も安全に賢く早く性生活を改善したいなら、心を開いてパートナーとコミュニケーションをとることが重要です。性的に興奮させるもの、逆にしらけさせるものをパートナーに伝えましょう。またセックスにおける自分の限度や野望なども伝えましょう。性生活を充実させるために相手に知って欲しいことを全て伝えましょう。[10]
    • パートナーの誤った振る舞いに焦点を合わせるのではなく、自分の欲求や欲望を伝えるようにしましょう。「こんな風に触れてもらった時、とても気持ち良かったわ」「それを待っている時に快感を覚えるの」などと、自分の気持ちに焦点を合わせる、あるいは自分を主語にする「アイ(私)・ステートメント」を使いましょう。[11]
    • パートナーとセックスについて話すのが難しい、あるいは恥ずかしいと思う場合には、2人同時に自分の気持ちを自由形式で書き出し、書いたものを交換しましょう。あるいは部屋を暗くして話すという方法もあります。
    • 話し合いを通じて信頼感と親密さが強固になります。いつでもズバリ要点を言う方がかっこよく思える一方で、早い段階で深いコミュニケーションが取れれば、延ばし延ばしにしていたことを伝える際にありがちな気まずさが避けられ、互いへの信頼も強くなり効率よく健全な性生活が築けるでしょう。
    • アイディアが浮かんでも心と体の準備ができていない場合には実践に移してはいけません。まずは2人で話し合いましょう。
  2. 2
    具体的に話す セックスの話になると、私たちは照れ臭さから自分の気持ちを具体的に説明せずに済ませようとしがちです。パートナーに気持ちを察してもらうように仕向けるのではなく、自らできるだけ具体的に伝えましょう。[12]
    • 「もっとセックスしたい」「違う方法でセックスがしたい」などと伝えるのではなく、パートナーと一緒にいることがこの上なく好きなことや、親密な関係を築くために取り組みたいことを伝えましょう。次に、一緒に実践したいことや、変更したいことを具体的に話し合いましょう。
    • 嘘をついてはいけません。嘘は築き上げた互いへの信頼と親密な関係を壊してしまいます。自分の欲望を伝え、何が上手く行っていて、何が駄目なのかを正直に伝えましょう。[13]
  3. 3
    自分の体の変化について正直に伝える 男性も女性も年齢とともに体が変化し、性生活がその影響を受けることがあります。身体的変化があったら正直に伝えましょう。[14]
    • 更年期障害によって性欲に変化が起こったら正直に話しましょう。パートナーに関心がなくなったと思われるより良いことです。
    • 勃起障害が発生したら、パートナーだけではなく医師にも相談しましょう。簡単に治ることがよくあります。恥ずかしいことではありません。[15]
  4. 4
    2人が楽しめるアクティビティーを実践する おそらくパートナーよりも強い性欲を持っていることを上手にかわしているつもりかもしれませんが、パートナーが喜ぶセックスに焦点を当てていない可能性があります。それぞれがパートナーにしてもらって嬉しいことを相手に伝え、パートナーに知ってもらいたい新しい方法や別の楽しみ方を話し合いましょう。満足感や幸福感を一緒に得ることが目標です。[16]
    • 話し合いに否定的な態度で臨んではいけません。また、恥だと思う必要もありません。セクシュアリティの問題について安心して話し合うことが重要です。
  5. 5
    互いの妄想を伝える 自身の妄想や性的に興奮するものを相手に伝えましょう。話すのが恥ずかしい場合には文字にして伝えてから話し合いましょう。一緒にテレビを見たり雑誌を読んだりしている時にアイディアが浮かんだら、「これ、どう思う?」などとパートナーに尋ねましょう。パートナーには正直に心を開いて自分の気持ちを伝えましょう。互いの空想の世界が共有できると性生活に新鮮さが加わります。[17]
    • 脳は最も敏感な生殖器です。妄想を話し合うからといって、必ずしもそれを実行に移すわけではありません。しかし、率直に何でも言い合えて互いに信頼できる関係において、それぞれが持つ妄想を共有することで、自分の性的側面がより深く理解でき、性生活を新鮮に保てるだけでなく、思いついた時にいつでも楽しめるきっかけにもなるでしょう。
  6. 6
    パートナーとの絆を深める 性的な結びつきの前に様々な方法でパートナーとの絆を深めましょう。具体的な方法はカップルによって異なるでしょうが、重要なのは意味のある繋がりを実感することです。どのような方法をとれば絆がより一層意味のあるものになるのかを考え、セックスの前に実践しましょう。知性を共有し合う、共に同じ体験をする、共感し合うなど色々とあります。[18] 互いへの信頼を高め親密さを深めて2人の関係の土台を強固にしましょう。
    • 隠し事のないオープンな会話を通して感情的な繋がりを実感し共感の心を育みましょう。
    • 2人にとって大切な話題を取り上げて話し合い、知性的な繋がりを深めましょう。
    • 真向かいに座り互いの目を見つめて身体的な結びつきを実感しましょう。馬鹿馬鹿しいと思えたり、自分の脆弱さを暴露する恥ずかしさを感じたりするかもしれませんが、互いが次のステップに進む準備ができるまで続けましょう。

方法 3 の 3:
親密になれる時間を作る

  1. 1
    セックスのための時間を作る 計画して行うセックスはロマンチックではない、自然発生的に行うセックスの方が良いと思うかもしれませんが、まずは計画を立てて実践してみましょう。「忙しすぎる」毎日を送っているなら、優先順位を決めるためにも計画を立てましょう。[19]
    • 週に一度セックスの日を決めましょう。その日は1日を通して、セックスへのワクワク感を維持し緊張感を高めましょう。セックスを2人で楽しみにできるように計画しましょう。
  2. 2
    一緒に休暇をとる 週末の小旅行でも日常生活から解放されます。仕事、学校、または子供の世話などがあるとそちらに注意力が奪われ、性的衝動が妨げられます。[20] 気を散らす要因を取り除き日常から脱却して、パートナーとの関係に集中できる環境を整えましょう。
    • 必要に応じて、ベビーシッター(またはペットシッター)を見つけて、短い休暇を取りましょう。山にキャンプに行く、ホテルで過ごすなど簡単にできることで十分です。
    • 予算的に旅行が難しいなら自宅で楽しく過ごしましょう。パソコンや携帯電話、テレビの電源を切り、パートナーとの絆を深めましょう。
  3. 3
    ロマンチックな雰囲気を作る 寝室にキャンドルを灯し絹のように柔らかなシーツを用意し、部屋を2人の聖域にしましょう。寝室を最も寛げる快適な場所にしましょう。洗濯物、書類、子供のおもちゃなどロマンチックな雰囲気を台無しにする物は取り除きましょう。[21]
  4. 4
    セックスを始める これまで受動的な態度でセックスに臨んでいたなら、積極的にパートナーをリードしてみましょう。逆にセックスに誘うのはいつも自分だと思うなら「セックス狂」のように思われたくないという気持ちを伝えましょう。全てを話し合い、2人が満足できるように1つ1つ解決しましょう。[22]
  5. 5
    肉体的な親密さと同様に感情面での繋がりも深める 性生活は主に肉体的な繋がりが目的ですが、感情面でも親密でなければ、また十分な時間を一緒に過ごし互いを理解できていなければ、セックスの楽しさは失われます。結果、2人の関係にも悪影響が及ぶでしょう。[23] 互いにしっかりとコミュニケーションをとり、一緒に時間を過ごして関係の全ての側面を大切にしましょう。
    • 自分の希望、恐怖心、夢、欲望などを正直に伝えられるように、安心して寛げる快適な関係を築きましょう。自分の全てを曝け出しましょう。それには心を開いて全てを見せ、パートナーに受け入れてもらう努力が必要です。
  6. 6
    カウンセラーに相談する 親密になることへの不安や恐怖心が2人の関係に悪影響を及ぼしている場合には、精神医療の専門家に相談しましょう。パートナーとの親密さを実感する方法や、不安を乗り越える方法、より効果的なコミュニケーションの取り方などを色々な角度から調べ助言してくれるでしょう。2人で一緒にまたは1人でも相談できます。[24]
    • セラピストは、過去に受けた性的暴行や情緒障害などパートナーと親密な関係を築くのに障害となっている可能性のある問題を探り出し、安心してまた躊躇なくセックスができるような手助けをしてくれます。
    • より詳細な情報が欲しい場合には、「セックスセラピストの探し方」を検索してみましょう。

ポイント

  • パートナーを喜ばせることだけがセックス の目的ではありません。義務感からセックスに臨んではいけません。2人が一緒に快感を味わうことが重要です。
  • 理想の形に作り上げられた他人の性生活を鵜呑みにして自分たちの性生活を台無しにしてはいけません。
  • セックスはオルガズムを経験することが目的ではありません
  • 男性器増強ピル、強化クリーム、遅延スプレーといったパフォーマンス強化製品を使う場合には、最初にその安全性と有効性について調べましょう。

注意事項

  • 彼女の話をよく聴きましょう。
  • 実践する前に彼女に女性としての自信を持たせましょう。

(例1)「君は本当に綺麗だよ」「セクシーだよ」「君が欲しい、君と深く繋がりたい」などと伝えましょう。「地球上に女性は自分1人しかいない」と彼女が感じられるように接しましょう。自信のない女性に比べて、自信あふれる女性は大胆な行動でセックスをリードしてくれます。

  • して欲しいこと、好きなこと、また嫌いなこと、して欲しくないことをにパートナーに尋ねましょう。
  • ポルノは実際には、女性がセックスに望むもの、セックス中に欲しいものを理解するための頼りになる手引書では決してありません
  • 否定的な態度をとってはいけません。

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者 ::
認定カウンセラー
この記事の共著者 : Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。
カテゴリ: 性的関心
このページは 413 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?