性的瞑想の実践方法

この記事には:性的瞑想の基本を実践する性的瞑想の応用を実践する

性的瞑想は、体を覚醒させてセックスの快楽を高めるための方法のひとつです。性的瞑想を習慣にすることで、自分もパートナーもよりセックスを楽しむことができるようになるかもしれません。性的瞑想の習慣は、集中力の向上にも役立ちます。瞑想の経験がなくても、性的瞑想の方法を身につけることは可能です。

パート 1
性的瞑想の基本を実践する

  1. 1
    集中できる静かな場所を選ぶ 寝室やリビングルームの照明を薄暗くして、スマートフォン、テレビ、パソコンなどのあらゆる電子機器を排除します。[1] 部屋が寒すぎたり暑すぎたりすると、集中力をそがれる恐れがあるため、快適な室温を保つようにしましょう。
    • 自分とパートナー用に、瞑想時に座るためのクッションをふたつ床に準備しておくのもよいかもしれません。クッションは近づけて置きますが、少しだけ間隔をあけて置くようにしましょう。
  2. 2
    くつろいだ姿勢をとる 自分とパートナーにとって楽な姿勢になりましょう。横になるか、蓮華座を組むか、いずれかの姿勢をとるとよいでしょう。パートナーと共に瞑想をする際には、ゆったりとした快適な服を着るか、裸で行いたい場合は何も着なくても構いません。
    • 横になる場合でも連座を組む場合でも、両腕を脇につけて背筋を伸ばしましょう。座った姿勢で瞑想する場合は、腕をだらんとさせて膝に置きます。[2]
    • 座った姿勢で瞑想する場合は、顎を上げて頭と背中を一直線に保ちましょう。[3]
  3. 3
    目を閉じる 準備ができたら、パートナーと一緒に目を閉じて瞑想を始めます。まずは、周囲に向けた意識を保つようにします。自分の体と呼吸、耳に入る物音すべてに注意を向けましょう。[4]
    • 雑念を排除して、その瞬間にのみ集中するようにしましょう。雑念が頭に浮かんだら、それを認識した上で、思考から消え去るようにします。例えば、仕事での出来事が頭に浮かんだら、「ああ、そんなことがあったな。」と心の中でつぶやき、その思考が消え去っていくことをイメージしましょう。
  4. 4
    自分の空間と呼吸に集中する 瞑想しながら自分の空間と呼吸に集中しましょう。心を落ち着かせるように深呼吸をして、体に出入りする空気に注意を払います。空気が腹の底まで入るように息を吸い、ストレスが体から出ていくようなイメージで息を吐きます。[5]
    • 自分自身と自分の感覚に集中するようにします。体周辺の空気の感覚、指先からつま先に至るまで体の各部位の感覚を感じ取りましょう。[6]
  5. 5
    自分の体を思い浮かべる 瞑想を開始したら自分の体を思い浮かべます。体の内側や外側だけでなく、体のエネルギーがどのような姿をしているのかを考えてみましょう。その時の感情の形、色、音について想像してみましょう。例えば、パートナーに対する欲望の形として赤い球体を想像するかもしれません。[7]
    • 肉体的な感覚に集中する:できる限り自分の体と感覚に意識を向けるようにします。性的瞑想の目標は、意識を向上させて性的刺激の増大を達成することです。[8]
  6. 6
    パートナーに集中する 自身の体を思い浮かべることができたら、意識をパートナーに向けます。この段階では、相手の体と感情について想像してみましょう。
    • パートナーを見る:目を開いて相手の目を見つめます。また、相手の呼吸も感じ取るようにしましょう。相手の体の動きにちらっと目を向けます。[9]例えば、相手の腹部や胸部が、呼吸に合わせて拡張および収縮するのを見るとよいかもしれません。
    • 話をせずにパートナーとコミュニケーションをとる:顔、手、目などを使って、パートナーに自分の感情を伝えてみましょう。また、相手の表情や表現を観察して、相手の気持ちも把握してみましょう。[10]
  7. 7
    セックスを始める 性的瞑想を20分間行ったら、セックスを始めます。性的瞑想の後のセックスで、いつもよりも快楽を得ることができた場合は、パートナーと性的瞑想を習慣とすることについて話し合いましょう。

パート 2
性的瞑想の応用を実践する

  1. 1
    自然音やリラックス効果のある音楽を流す 外部からの騒音があると集中するのが難しい場合があります。そのため、自然音や瞑想効果を高める音楽を流すと、自分もパートナーもリラックスしやすくなるかもしれません。雨音、海の波の音、あるいはニューエイジ音楽などを流してみましょう。
    • 瞑想中およびセックス中に音楽が止まらないように、十分な長さの音楽を選ぶようにしましょう。
  2. 2
    道教の性的瞑想を実践してみる 基本的な性的瞑想を実践したら、さらに複雑な瞑想方法に取り組んでみましょう。道教の性的瞑想は、自分とパートナーが一体になることに焦点を置いた瞑想方法です。
    • 呼吸の同期:道教の瞑想は、パートナーと抱きしめ合ってお互いの呼吸を合わせることから始められます。呼吸のペースを相手に合わせて、相手と同時に息を吸って同時に吐くようにします。お互いの呼吸がひとつになるまで続けましょう。
    • ハンドパルシング:パルシングとは、道教の性的瞑想の形態のひとつです。なめらかで穏やかなリズムで、パートナーの手をやさしく開いて閉じたり、握りしめたりしましょう。相手に手を握ってもらうこともできます。
  3. 3
    タントラ・セックスを取り入れる タントラ・セックスとはセックスを利用して瞑想するための方法です。そのため、タントラ・セックスを取り入れることで、自分もパートナーも楽しむことができるようになるかもしれません。簡単に実践できるタントラ・セックスには以下が挙げられます。
    • 見つめ合う:パートナーと見つめ合ったままセックスを行い、最高潮に達するときにも視線を合わせたままにしましょう。
    • 交互に呼吸する:パートナーと交互に呼吸してみましょう。例えば、相手が息を吐くときに息を吸い、相手が息を吸うときに息を吐くようにします。[11]

ポイント

  • 性的瞑想を試す前に、なぜ試してみたいのかをパートナーに話しましょう。
  • 自分とパートナーが個々に瞑想に取り組み、雑念を取り払うことをお互いの習慣とすることで、多少は2人で瞑想に取り組みやすくなります。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 性的関心

他言語版:

English: Do Sexual Meditation, Español: hacer meditación sexual, Italiano: Fare Meditazione Sessuale, Português: Praticar Meditação Sexual, Русский: делать сексуальную медитацию, Français: faire de la méditation sexuelle, Deutsch: Eine sexuelle Meditation ausführen, العربية: ممارسة التأمل الجنسي, Nederlands: Seksmediteren, Bahasa Indonesia: Melakukan Meditasi Seksual, 中文: 进行性冥想, ไทย: ฝึกสมาธิทางเพศ, 한국어: 섹스 명상을 하는 방법

このページは 271 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?