恋人が自分にふさわしい男性かを見極める方法

共同執筆者 Chloe Carmichael, PhD

相性の良い男性に出会うことは容易ではありません。新しく恋人と付き合い始めた際には、その恋人が自分にふさわしい男性であるか、きちんと見極めましょう。価値観は似ているか、共通の趣味はあるか、十分にコミュニケーションが取れているか、一緒にいて幸せか、誠意をもって接してくれているか、考えてみましょう。自分が何を重要視しているかを明らかにし、恋人との関係を見直し、恋人と将来について話し合う時間を設けましょう。

方法 1 の 4:
自分が何を重要視しているかを明らかにする

  1. 1
    自分の価値観や信念について考える 自分にふさわしい恋人であれば、似たような価値観や信念を持っているはずです。それがどのような価値観であるかは、それぞれのカップルによって異なるでしょう。自分が人生において大切だと考えているものを明らかにし、同じような価値観を恋人も持っているかを確かめましょう。[1]
    • 似たような価値観や信念は、共通の趣味とは異なります。
    • たとえば、愛情、気配り、信頼、敬意は価値観であり、スポーツやテレビは趣味です。
  2. 2
    共通の趣味について考える 運命を感じて惹かれ合うのは良いことです。しかし、2人に共通の趣味があれば、より相性が良い相手だと言えるでしょう。2人ともが共通して好きなことは何か、一緒にいる時は何をして過ごしているかを考えてみましょう。共通の趣味がない人とは付き合ってはいけないというわけではありませんが、相手が興味のあることを一緒に試そうという意志を互いに持ちましょう。[2]
    • 自分の趣味を書き出し、それが恋人との共通の趣味であれば、印をつけましょう。
  3. 3
    恋人との関係において、何が重要かを考える 自分の恋人が自分にふさわしい男性であるかを見極めるのであれば、自分にとって何が重要であるかをはっきりとさせる必要があります。恋人との関係において、何を重要と考えているか、書き出しましょう。
    • 一例を挙げると、一緒に楽しい時間を過ごせること、似たような人生の目標を持っていること、お互いを尊敬できることなどです。
    広告

方法 2 の 4:
恋人との関係を見直す

  1. 1
    恋人と一緒にいる時にどのような感情になるかを自分に尋ねてみる 自分の個性や知性、思いやりを尊重し、自分に自信を持たせてくれる恋人でしょうか。自分にふさわしい男性であれば、一緒にいて幸せを感じられるはずです。また、愛されている、感謝されている、大切にされていると感じられることも重要です。[3]
    • 「恋人と一緒に過ごした後、どのような気持ちになるだろう」と、自問してみましょう。
    • 恋人とのデートから帰ったら、デート中やデートの後でどのような気分であったかを書き出してみましょう。
    • 気分の一例を挙げると、幸せ、悲しい、心配、気がかり、わくわくする、などです。
    専門家情報
    Chloe Carmichael, PhD

    Chloe Carmichael, PhD

    臨床心理学者
    臨床心理学者のクロエ・カーマイケル博士は、自身で開業したニューヨーク市のカウンセリングオフィスにて、人間関係の問題、ストレス管理、そしてキャリアについてのカウンセリングを専門的に行っています。ロングアイランド大学にて臨床心理学の博士号を取得。博士の著書「Dr. Chloe’s 10 Commandments of Dating」はアマゾンでベストセラーを記録しています。
    Chloe Carmichael, PhD
    Chloe Carmichael, PhD
    臨床心理学者

    相手への信頼感は健全な関係の証拠です。また、健全な恋愛関係には、お互いを尊重する行動の実績があります。相手を長期的なパートナーだと思うなら、二人がこの関係において同じ目的を共有していると感じられるはずです。

  2. 2
    お互いの良いところを引き出しているかを考える 自分にふさわしい男性であれば、お互いに良いところを引き出すことができるはずです。精神的に、一個人として、また仕事の面でなど、人生のすべての面において、お互いの成長を助け合える存在であるということです。自分にふさわしい男性であれば、自分の長所を引き出してくれ、同様に相手の長所を引き出すことができるでしょう。
    • 自分の長所を書き出しましょう。そして、「恋人はこのような長所を引き出してくれているだろうか」と、自問してみましょう。
    • 一例を挙げると、ポジティブに物事をとらえる、周りの人に親切な態度で接する、他の人の悪口を言わない、などです。
  3. 3
    コミュニケーションの取り方を見直す 恋人と良い関係を築くためには、コミュニケーションが重要です。恋人とのコミュニケーションの取り方は、自分にふさわしい男性であるかの重要な判断基準だといえます。希望や夢、気持ちなどについて、お互いに包み隠さずに話し合えているでしょうか。また、相手の話をきちんと聞いているでしょうか。世間話や小さな出来事に思える事でも、普段からお互いに本音で話し合えているかを見直しましょう。[4]
    • 良いコミュニケーションが取れたと感じた時や、コミュニケーションの取り方を変えれば良かったと感じた時の出来事を書き出してみましょう。
    • 良いコミュニケーションの一例には、喧嘩をした際に、お互いの考えや気持ちなどの言い分をきちんと聞いた、などが挙げられます。
    • 悪いコミュニケーションの一例には、約束していたデートに行けなくなったことを伝え忘れた、などが挙げられます。
    • 書き出したリストを見て、改善できる点はないかなど、恋人とのコミュニケーションの取り方を全体的に見直しましょう。
  4. 4
    恋人が誠意をもって接してくれているかを考える 誠意が感じられなければ、自分にふさわしい男性だとは言えません。自分の時間や能力、意見をきちんと尊重してくれる恋人でしょうか。恋人は、意見の相違を認めてくれますか。嘘をついたり、過ぎたことについてとやかく批判したり、いらだたせたり、行動を管理して束縛したりするようなことはありませんか。自分にふさわしい男性であれば、一人の人として、誠意をもった態度で大切に接してくれるはずです。[5]
    • 恋人が誠意をもって接してくれていると感じた時や、誠意が感じられなかった時の出来事を書き出し、比べてみましょう。
    広告

方法 3 の 4:
危険なサインを見逃さない

  1. 1
    身体的暴力をふるう男性を避ける 身体的暴力をふるう恋人は、自分にふさわしい男性とは言えません。できるだけ早く、身体的暴力を受けるような関係からは逃れましょう。友人や家族、または内閣府男女共同参加局のDV相談ナビ(TEL:0570-0-55210)に相談しましょう。DV(ドメスティック・バイオレンス、家庭内暴力)とは、次のような身体的暴力を含みます。[6]
    • 叩く、蹴る、殴る、噛む、首を絞める、髪を引っ張る
    • 凶器を使って傷つける
    • 相手(恋人・配偶者)の子どもを傷つける
    • 食事や睡眠をさせない
    • 暴力を受けた後、病院などで治療を受けることを妨げる
    • 警察への連絡を許さない
    • 知らない場所に放置する
    • 飲酒やドラッグの使用を強要する
    • セックスやその他の性的行為を強要する
  2. 2
    精神的暴力のサインを知る 精神的暴力をふるう恋人は、自分にふさわしい男性とは言えません。できるだけ早く、精神的暴力を受けるような関係からは逃れましょう。友人や家族、または地域の配偶者暴力相談支援センターに相談しましょう。精神的暴力は身体的暴力に発展する可能性をはらんでいます。精神的暴力には次のような行為が含まれます。[7]
    • 相手に恥をかかせる、自尊心を傷つける
    • 絶えず相手をけなす
    • 質の悪いいたずらを繰り返す、ひやかした態度を取る
    • 愛情を与えない
    • 罪悪感を抱かせる
    • 金銭を使い、相手を管理しようとする
    • 離れている時、絶えず電話やメールで連絡をしてくる
    • 友人や家族から引き離そうとする
  3. 3
    自分以外にも交際相手がいる男性との関係を考え直す 自分以外にも交際相手やパートナー(配偶者や恋人)がいる男性と付き合っているのであれば、その男性との関係を考え直しましょう。配偶者や恋人とは別れると宣言しつつも、なかなか実際に別れないのであれば、とりわけその男性との関係を考え直す必要があります。[8]
  4. 4
    たまにしか連絡してこない男性には気を付ける たまにしか連絡をせず、会う予定を決めるためにメールやLINE、SNSで連絡をしてくるのであれば、その男性は真剣に付き合う気がないのかもしれません。また、困った時や、金銭やセックスを求める時にだけ連絡をしてくる男性にも、同様に気を付けましょう。[9]
    広告

方法 4 の 4:
恋人との関係を続けるかどうか決める

  1. 1
    自分の気持ちを確かめる 自分が何を重要視しているかを明らかにし、恋人との関係を見直したら、自分の気持ちを確かめましょう。全体として、恋人との関係にどのような気持ちを抱いているかを考えましょう。その際、自分の直感を信じましょう。自分にふさわしい男性でないと感じるのであれば、恋人と別れることを考えましょう。
  2. 2
    良い点と悪い点を書き出す 恋人と良い関係を築いているかの判断には、その関係の良い面と悪い面の両方を見る必要があります。紙の真ん中に縦に線を引き、片側に良い点、もう片側に悪い点を書き出していきましょう。書き終えたら、恋人との関係を全体として考えましょう。
    • 良い面には、良いコミュニケーション、互いに尊敬し合っている、互いの長所を引き出す、などが含まれます。
    • 悪い面には、精神的・身体的暴力、自分の意見が尊重されない、価値観や将来の目標が異なる、などが含まれます。
  3. 3
    恋人と話をする 恋人と、2人の関係について話し合う時間を持ちましょう。自分にふさわしい男性でないと判断したのであれば、別れたいという意志を伝えましょう。自分にふさわしい男性だと判断したのであれば、2人の関係の良い点、問題点および改善すべき点について話し合いましょう。
    • 「少しまじめな話があるのだけれど。あなたのことは好きだけど、あまり連絡をしてきてくれないから不安になる時があるの。忙しいかもしれないけれど、もうちょっと頻繁に連絡をしてきて欲しい」などと言って、話を切り出しましょう。
    • 「あなたとは価値観が違うし、私のことを大切にしてくれているとは感じられない。別れたほうが良いと思う」などと言って、別れ話を切り出しましょう。
    広告

このwikiHow記事について

臨床心理学者
この記事はChloe Carmichael, PhDが共著しています。 臨床心理学者のクロエ・カーマイケル博士は、自身で開業したニューヨーク市のカウンセリングオフィスにて、人間関係の問題、ストレス管理、そしてキャリアについてのカウンセリングを専門的に行っています。ロングアイランド大学にて臨床心理学の博士号を取得。博士の著書「Dr. Chloe’s 10 Commandments of Dating」はアマゾンでベストセラーを記録しています。
カテゴリ:
このページは 972 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告