後悔は、あなたが望む人生を生きるのに立ちはだかる強力な壁だといえます。しかし、人生を好転させるのに遅すぎるということはありません。後悔に満ちた過去の重荷を背負うことなく、一日一日に感謝することからはじめましょう。自分の欲望を探り、新しい未来に向けて一歩を踏み出し、過去の過ちを手放すことで、自分の進む道を心から信じる方法を見つけましょう。

パート 1 の 3:
人生で進むべき道を見つける

  1. 1
    「死ぬまでにしたいことリスト」を作る 研究によると、人はしたことよりも「しなかったこと」を後悔する傾向があるそうです。このことを念頭に置いて、あなたが生きている間にしたいことのリストを作りましょう。[1] スカイダイビングのような「小さな」経験でもよければ、職能を磨くことや子供を持つというような「大きな」経験でもよいでしょう。
  2. 2
    自分の価値観を明確にし、それを頼りに自分を導く[2]  なぜ幸せを感じるのか、誰もが必ずしも明確に理解しているわけではありません。自分の人生に何を求めているのか、少し時間をかけて考えてみましょう。教えることの喜びや挑戦に意味を見出す人もいれば、ビジネスの世界での競争や創造性を求めて成功する人もいます。大きな決断をする前に、「この行動や道で後悔をしないか?自分の価値観に合っているか?」と自分自身に問いかけてみましょう。[3]
    • 自分の価値観は、自分が最優先にしている事項と共通点を多く持っています。自分自身の日常生活を顧みて、答えを見つけましょう。家族、教育、芸術、旅行など、自分はどこに時間とお金を使っていますか?[4]
    • 自分の価値観を裏付ける目標を設定しましょう(例えば、1年間海外に住みたいなら、引っ越しのための貯金や就職などの目標を設定する、など)。
    • 毎週15分振り返りの時間を設けて、本当にやりたいことや楽しいことを追求できているかどうかを確認しましょう。もしできていないのなら、道を変えてみましょう。[5]
  3. 3
    自分自身を試して、強みを見つける 人生でどのような方向性を追求すべきか、自分にとって意味があるものがわからない場合は、職業適性検査を受けてみましょう。あなたの強みを発見し、その強みと人生の潜在的な進路を一致させるのに役立ちます。
  4. 4
    有資格のカウンセラーや心理士に相談する 資格を有する専門家のアドバイスを受けて、あなたの生来の才能を発見し、自分の情熱は何に向いているのかを認識し、障害を克服していきましょう。人生でどんな方向に進めばよいのかが分からないことに苛立ちを感じているのなら、この方法は有用です。
    • ライフコーチと話すことも選択肢の1つですが、資格が整備されていないため、利用には注意が必要です。
  5. 5
    人生で障害になっているものの棚卸しをしてみる 多くの人々は、心の奥底では願望を持っているものの、それらの目標や夢の達成に関して問題を抱えていることがあります。例えば、他人からの圧力に屈して自分の欲望に従わなかったことを後悔している、とうったえる人がよくいます。[6] 自分の可能性を最大限に発揮するこを妨げているのが何なのかを知ることは、大切な一歩です。
    • 人が後悔を覚えるのはたいてい、学歴、恋愛、職業に関することであると意識しておきましょう。[7] これらの分野での進展を妨げる可能性のあるものに注意を払いましょう。
    広告

パート 2 の 3:
人生に積極的になる

  1. 1
    壊れた関係を修復する 親しい友人、恋人、家族との関係維持に問題を抱えている場合は、建設的なコミュニケーションが役立ちます。以下の手順を参考に、関係の修復を試みましょう。[8]
    • 繰り返し起きる意見の不一致については、積極的に対処しましょう。けんかが起きそうな兆候やきっかけを認識しましょう。一度立ち止まり、従来の行動パターンを認識して、自分自身を調整していきましょう。そうすることで、自分の反応が変わり、さらなる意図をもって行動できるようになります。
    • 相手を思いやる気持ちを忘れずに、対立しない方法で自分を表現しましょう。相手ではなく、自分を主語にして語るとよいでしょう。例えば、「あなたは失礼です」ではなく、「私はあなたの言ったことを不愉快に感じています」というような言い回しです。
    • 怒りをいだき始めたらマインドフルネスの呼吸を実践をするなど、自分の感情に対処する方法を見つけておきましょう。鼻で呼吸をして、その感覚に全力で集中しましょう。[9]
  2. 2
    目標を設定する 人生で最も大きな願望を達成するのは簡単なことではありません。目標設定方法を活用して、一歩ずつ物事を進めていきましょう。現実的で達成可能な目標設定のコツを紹介します。[10]
    • 計測可能な目標を設定しましょう。そうすることで、達成感が得られるだけでなく、進捗が見えることでやる気を維持できます。
    • 挑戦的でありながらも現実的な目標を設定しましょう。挑戦的でありながら、不可能ではない目標とのバランスをとるようにしましょう。簡単すぎると飽きてしまい、成長できなくなってしまうかもしれません。難しすぎると挫折して諦めてしまうかもしれません。
    • 目標は柔軟に設定しましょう。日課を持つのは良いことですが、目標があまりにも厳密すぎると、目標を達成できずに落胆することになりかねません。目標は修正しても構わないということを念頭に置いておきましょう。[11] 燃え尽きてしまうくらいなら、目標達成を見送るほうがよい場合もあります。
  3. 3
    自己表現方法を磨く 自己表現と創造性は、後悔のない良い人生を送るために不可欠です。[12] これは、音楽家や芸術家としての活動のような典型的な「表現」の世界から、ソーシャルワーカーやプログラマーのような比較的新しく確立された分野まで、様々な方法で表現することができます。創造性を表す場面は芸術面だけではありません。自分の情熱を発見できる分野であれば、いつでも表現することができます。ここでは、そのためのいくつかの手順を紹介します。[13]
    • 物事を全力で体感しましょう。歩みを進める速度を落として、周りで起こっていることに注意を払ってみましょう。
    • 自分が何者であるかを明らかにしましょう。自分を何を感じ、何を考え、何をすべきかについて、他人や自分を取り巻く環境など外側からの手掛かりに気を配ってみましょう。
    • 素直になりましょう。自分にも他人にも正直であれば、自分の内面の成長につながるでしょう。
  4. 4
    選択肢を抑える たいていの場合、選択肢は少ないよりも多いほうが良いように思えるかもしれませんが、実際にはそうではないことが研究で明らかになっています。選択肢が少ないということは、一度決断をしてしまえば、自分が切り捨ててきた道についてあまり気にしなくて済むということです。一方で、その決断が可逆的なものであり、多くの選択肢の中の1つでしかない場合、自分の決断を無駄に反省し、他のことを追求するエネルギーを奪ってしまう可能性が高くなります。
    • 例えば、高校卒業後に通う大学を探すなら、多くのあらゆる大学に出願するのではなく、一握りの大学に絞るとよいでしょう。
  5. 5
    経験に焦点を当てる 研究によると、人は物を買って後悔する可能性が高いのに対し、買わ「なかった」ことや体験「しなかった」ことを後悔する可能性が高いと判明しています。[14] 心理学では、唯物論、つまり「モノ」を追求することが幸せの鍵ではないことがわかっています。[15] 体験は長く残る記憶を生み、「モノ」は劣化して新しい魅力を失います。[16]
    • 例えば、少し大きめのテレビを購入するよりも、家族旅行やヨーロッパ旅行にお金を使いましょう。
  6. 6
    今を生きる[17]  幸せになることを阻む最大の障害の1つは、過去に固執することです。現実を変えることも、過去に戻ることもできないのに、なぜそういうことにエネルギーを費やすのでしょうか?[18] マインドフルネスの実践とは、今この瞬間に感謝して生きることを学ぶことです。あなたの人生が実際に進行しているのは、「今」なのです。[19] 自分の意識を「今」に向かせる方法を学びましょう。
    • 1日最低5分間、マインドフルネスの呼吸法を実践しましょう。
    • 自分を「今」に集中させるために、言葉や映像を使ってみましょう。それは花や「平和 」という言葉など、あなたに効果的なものならば何でもよいでしょう。
    • ヨガや散歩などの精神を集中させる活動をする際は、足元に注意しましょう。
    広告

パート 3 の 3:
過去を手放す

  1. 1
    自分を許す 過去に犯した過ちのために自分自身に恨みや怒りを感じることは、あなたの人生を妨害するだけでなく、心臓病などの健康問題につながることもあります。
    • 正しいことをしている自分を許してあげましょう。過ちを犯すことは人間である限り当然のことであり、許す価値があります。しかし、例えばあなたが同性愛者であったり、性同一性障がいであったり、障がいを持っていたりする場合、自分が何者であるかについて自分を許す必要すらありません。[20]
  2. 2
    後悔を利用して前に進む[21]  後悔には、実は前向きな側面がいくつかあります。人は自分自身と自分の選択を厳しく見直す必要があるときに、後悔を実感します。研究によると、多くの人々が、この先の消極的な行動を回避すること、自分自身について深く知ること、人生で出逢う人々との調和を図ることなどにおいて、後悔のほうが他の否定的な感情よりも有用であると評価したことがわかっています。
  3. 3
    許しを乞う 大切な人を傷つけてしまい、その罪悪感を克服するのが難しい場合は、その人への償いに最善を尽くしましょう。以下の方法で行うとよいでしょう。[22]
    • 自分の行動について罪悪感を持っていることを示しましょう。まずは相手の気持ちへの共感を示すことから始めましょう。
    • 自分の行動への責任を受け入れましょう。誰かのせいにしないで、自分の行動に責任を持ちましょう。
    • 埋め合わせをする意思があることを示しましょう。今後は違う行動を試みることを約束し、またそういった行動を正すための手順を踏みましょう。
    • たとえ相手が受け入れてくれなくても、あなたは努力したのだから、その努力を誇りに思いましょう。
  4. 4
    すべてを制御することを諦める 人生には、どれだけ望んでも、どれだけ努力しても、制御できないことがあります。人生には必ず、苦境に対処するための変化球や切り札があります。最良の方法は、現実を受け入れ、また、痛みを経験したり悪い選択をする場合でも、すべての瞬間を愛し、意図を持って生きていることを自覚し、戦いに身を投じることです。[23]
  5. 5
    葛藤の中から価値を生み出す[24]  過去を手放して悔いのない人生を送るめの最良の方法の1つは、過去の過ちを自分のために役立てることです。いまだに何年も前にしたことで心に痛みを感じているのなら、それは、あなたが前に進むためにしなければいけないことがあるという証拠です。誰かに謝ることであったり、職業の進路変更であったり、別の場所に引っ越したりすることかもしれません。
    広告

ポイント

  • 自分では制御できないことがあるのだと受け入れることで、悔いのない人生を送りやすくなります。[25]
  • あなたの異なる側面を表現することができる健全な人間関係に身を置きましょう。
  • 自分の夢を追いかけると同時に、身近な人の夢も応援しましょう。

広告

注意事項

  • 後悔することを恐れてはいけません。[26] 後悔を避けて臆病に生きるのは良いものではありません。良い決断をするためには最善を尽くすべきではありますが、もし後悔することになってしまっても、自分を受け入れて許してあげましょう。
広告

このwikiHow記事について

Kirsten Parker, MA
共著者 ::
ライフコーチ
この記事の共著者 : Kirsten Parker, MA. キーステン・パーカーは出身地のカリフォルニア州ロサンゼルスにて活躍するマインドセット・アクションコーチです。強い成功意欲を持つ人々を対象にストレスの解消と自己不信を乗り越えるためのサポートを提供。ポジティブ心理学、意識や習慣の変更、自己調整法を用いたコーチングを通じてクライアントの自己確認と自信向上をうながす手助けを行っています。認定ハートマス施術者の資格を持ち、ストレス、不安症、知的エネルギー管理、感情的知性、自己受容に関するトレーニングを習得。イェール大学演劇大学院にて舞台管理学の修士号を取得しました。
このページは 405 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告