悔い改める方法

この記事には:自分の罪を認める過ちを改める赦しを実践する

自分がしてしまった過ちについて考えて、人生を生きづらく感じていませんか?神の前で罪を清算したい、不当に扱ってしまった人との関係を改善したい、心の平安を得たいという思いを実現させるには、悔い改めることが重要です。悔悟し、魂を安らげる方法を学びましょう。

パート 1
自分の罪を認める

  1. 1
    謙虚になりましょう。他人や自分に対して嘘をつくことはできますが、どんなときも神への嘘は通用しません。本当に悔い改めたいと思うなら謙虚さをもち、自分にも間違うことがあると認めましょう。神の前で謙虚になり、神の言葉に従って生きるべきだと心に刻みましょう。
  2. 2
    神を感じ、心から信頼しましょう。神があなたを赦し、より良い人生へと導いてくれると信じる必要があります。そうしないと、自分の間違いを正すモチベーションをすぐに失ってしまうでしょう。悪い習慣を改め過ちを正すのは大変ですが、自分には神がついていると信じれば、たじろぐことなく進めるでしょう。[1]
  3. 3
    自分の行為を振り返りましょう。自分が犯した罪や間違った行いについて考えます。不正や盗みなどの大きな罪以外も含むようにしましょう。神にとってはどんな罪にも変わりありません。罪を書き出すと役に立つこともあります。しかし、一度にすべてのリストを完成させる必要はありません。時間をかけて慎重に向き合うとよいでしょう。
  4. 4
    なぜ過ちを犯してしまったのか省みましょう。悔悟する前に、自分の行動が正しくなかった理由を考えることが大切です。盲目的に神の言葉に従っても、自分の過ちを認めたことになりません。自分の罪によって傷つけてしまった人のことを考え、自分の魂に対する罪(ヒント:自分にとっても良くありません。)についても考えましょう。その罪悪感から生じた悪い行いを振り返りましょう。これが大切な一歩です。
  5. 5
    ふさわしい理由をもって悔悟しましょう。悔い改めたい理由が理解できているか確認しましょう。悔悟すれば神が何か別の願いを叶えてくれるだろうという考えは、悔悟にふさわしい理由ではありません。自分の魂や、人生をもっと楽しく生産的にするために悔悟するべきであり、富など、この世で手に入れたいものを神に期待して悔悟するべきではありません。神はそのための存在ではありません。
  6. 6
    書を読みましょう。悔い改めたいときはまず、自分の信仰する宗教の書物(聖書、コーラン、トーラーなど)を読みましょう。悔悟について説いている箇所を、周りの文脈も併せて読むと、神の言葉と導きが心に入ってくるでしょう。罪を犯すのは道に迷っているからです。神の道を見つければ再び歩き出せるでしょう。
    • キリスト教の聖書には、マタイ4:17、使徒2:38、使徒3:19など悔悟に関する多くの章句があります。
    • コーランの中の悔悟に関する主要な章句は禁止章(アッ・タハリーム)66:8です。
    • ユダヤ教徒はホセア書14:2~5、箴言28:13、レビ記5:5に悔悟の章句を見つけられるでしょう。

パート 2
過ちを改める

  1. 1
    宗教的指導者に相談しましょう。牧師、神父、導師、ラビなどは、あなたが神に罪を告白して関係を改善する手助けをしてくれるでしょう。彼らの役目はあなたが神が示した道を歩くのを助けることです。彼らは人間の未熟さを理解しているので見下すようなこともなく、喜んで助けてくれるでしょう。明確にその宗教に属していなくても、会う時間を設定して助言を頼むことは可能です。助言者のことを知らなくても申し訳なく思う必要はありません。
    • しかし、教会に行かないと悔悟できない、指導者と話さないと神に聞き入れてもらえないなどと考える必要はありません。神は、宗教的指導者からもあなたからも同様に聞いてくれるでしょう。完全に自分1人で悔悟したければ、それも可能です。
  2. 2
    自分の振る舞いを変えましょう。悔い改めるときに大切なのは、自分の振る舞いを変えることです。悔悟したいと思った罪をくり返してはいけません。簡単ではありませんが、きっとできるはずです。たいてい時間がかかり、何度か間違うこともありますが、心から悔い改めたいと思えば乗り越えられるでしょう。
  3. 3
    助けを求めましょう。自分ではなかなか変えられないこともあるでしょう。心に神の愛を必要とするのは悪いことではありません。自分には助けが必要だと認めるのは謙虚な姿勢であり、神に喜ばれるでしょう。サポートグループへの参加や、宗教的指導者や医師、他の専門家に相談することもできます。教会や宗教の枠を超えて外部の助けを得ても、神を失望させることにはなりません。神は必要な人に必要なものを与えます。
  4. 4
    自分が起こした問題を解決しましょう。悔悟において重要なことは、自分の行いを修正することです。謝罪だけして結果に向き合わないことはできません。何かを盗んだのなら、持ち主に伝えて弁償するべきです。あなたが付いた嘘で誰かがトラブルに巻き込まれたのなら、真実を伝えてその人の状況を改善するべきです。試験でカンニングをしたのなら、先生に伝えて罰について話しましょう。自分にできることを何でもして、あなたが傷つけてしまった人を助けましょう。このような行為は神に喜ばれるでしょう。
  5. 5
    自分が学んだ教訓を生かしましょう。自分が正そうとしている罪から教訓を得て、別の面で同様の間違いを犯さないように気を付けましょう。生活の中で問題を起こさないように気を付けることで、自分の罪に意味を持たせましょう。例えば、試験のカンニングについて嘘をついてしまったことを教訓としたいのなら、他のことについても嘘をつかないようにしましょう。
  6. 6
    あなたの犯した間違いを避ける方法を、他人に教えましょう。他人があなたの間違いから学ぶ手助けができれば、自分の罪をより大きな目的のために役立てられるでしょう。自分がしたことについて話すだけでなく、自分の罪の要因となった問題に困っている人を実際に手助けするという方法もあります。例えば、薬物に手を出してしまったのなら、近くの薬物治療クリニックでボランティアをしたり、地元の薬物の問題根絶のために法律制定を支持したりする方法があります。

パート 3
赦しを実践する

  1. 1
    神に喜ばれるような生き方をしましょう。悔い改めた後は、チャンスを生かしてできる限り神に喜ばれる生き方をしましょう。宗教や宗派によって神に喜ばれる内容は異なりますが、書物を読み、自分でも考えてみましょう。心に神があれば、神によって正しい答えへと導かれるでしょう。
  2. 2
    自分の信仰する宗教のコミュニティに正式に入りましょう。罪をくり返さないようにして神に喜ばれるには、宗教的コミュニティに入って活動をするとよいでしょう。例えば、キリスト教を信じているなら(まだの場合)洗礼を受けましょう。定期的に礼拝に出席し、誰かの助けになるように組織にお金を出し、コミュニティのメンバーと信仰について話しましょう。兄弟を愛し助ければ、神に喜ばれるでしょう。
  3. 3
    積極的に自分の魂を守りましょう。将来的に魂を傷つけないように、自ら行動しましょう。頻繁に罪を打ち明け、できる限りすぐに罪と向き合いましょう。自分を誘惑したものに気を付け、合わない人とは距離を置きましょう。神の光に導かれて最善の道を進めるように、神の言葉を読みましょう。
  4. 4
    この先も自分は間違いを犯し得ると受け入れましょう。あなたは完璧ではないので、間違うことがあるでしょう。神はわかっています。自分でもそれを受け入れられるようになれば、謙虚になった証です。神に逆らうどんなことをしてしまうだろうかと心配して、寝不足になる必要はありません。神が重要視するのは、うまくいかないときでさえ、あなたが自分を正そうとしているという点です。
  5. 5
    良い人生を送りましょう。罪は、他人と自分自身を傷つける間違った行為です。罪を犯さないで生きることができれば、神に喜ばれて永遠の魂を手に入れられるだけでなく、人生をより幸福で充足感のあるものにできるでしょう。これが、罪と正面から向かい合うことが重要な理由です。自分を不幸にしたり他人を傷つけたりする行動は、もうやめましょう。赦す心地良さを魂で感じられれば、より幸せな人生が送れるでしょう。

ポイント

  • 自分自身を赦しましょう。自分を非難するのはやめましょう。あなたに審判を下せる存在は1つだけです。あなたにできるのは、自分を赦すことです。自分で自分を赦せていなければ、仮に悔悟しても頭の中に自分の行いが残ってしまうでしょう。
  • 赦しには制限がないことを覚えておきましょう。いかなるときも神はあなたを愛するでしょう。 何があっても神の愛はあなたを見放しません。
  • 環境を変えましょう。外部の要因が引き金となって罪を犯した場合は、あなたを突き動かしたものや人との関係を変えましょう。
  • 我々の罪と悪のせいでイエスは傷付き鞭打たれたことを知りましょう。彼が我々の代わりに受けた殴打と懲らしめが我々を癒やしました(イザヤ書53:5)。あなたの思いが固まったときに赦しを請えば、彼はあなたを赦すでしょう。
  • あなたこそが唯一自分を変えられると気づきましょう(神の鎧を身に着けましょう)。あなた自身が変わりたいと願うことが可能です。家族や友達もあなたの変化を願えますが、その時が来たらあなた自身が神の道に献身し、自分で変えていかなければいけません。
  • 状況は変わると信じましょう。変化に気づきましょう。薬物依存などやめたいと思っている悪い習慣がある場合は、自分の意思を信じ、必要があれば助けを求めましょう。
  • カトリック教徒は、聖母マリアがあなたのことを彼女の神性の息子に祈ってくれるようお願いしましょう。彼はいつも彼女が罪人の代わりに祈るのを聞き入れます。

記事の情報

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Repent, Español: arrepentirte, Italiano: Pentirsi, Português: se Arrepender, Français: se repentir, Deutsch: Buße tun, 中文: 忏悔, Русский: покаяться, Bahasa Indonesia: Bertobat, Čeština: Jak se kát, हिन्दी: पश्चाताप करें, العربية: التوبة, ไทย: กลับใจจากบาป, Tiếng Việt: Ăn năn, 한국어: 회개하기, Nederlands: Berouw tonen

このページは 233 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?