悪い成績と向き合う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 12 出典

この記事には:悪い成績を受け入れるどうして間違えたのかを把握する将来に向けて効果的な計画を立てる

学校で思うように良い成績が取れないとき、動揺しない人はいません。しかし、そこで意気消沈しないことが大切です。悪い成績と正しく向き合い、間違いから学ぶことができれば、生徒としても人間としても成長できます。

パート 1
悪い成績を受け入れる

  1. 1
    自分自身を責めない 悪い成績を取ったしても、世界が終わるわけではありません。ある科目で悪い成績を取ったとしても、それだけで自分の学生としての評価ががらっと変わると思ってはいけません。成績を心配する人は、すなわち勉強のやる気があり、自分の可能性が強く信じられるよい学生であるはずです。
    • 通常、「3」は普通、「4」は良い、「5」は大変良いという評価であることの意味を、改めて考えてみましょう。[1]客観的に見れば、自分では悪いと思っている成績も、そこまで悪いものではないはずです。
  2. 2
    落ち込んだ気持ちを整理する時間を取る 不安、挫折感、さらには戸惑いを感じることもあります。人は悩んで当然です。嫌な感情は吐き出しましょう。感情を抑え込むと、そのうちにますます気分がふさぎ込んでいきます。[2]
  3. 3
    成績についてしばらくの間忘れる 感情が高まった状態で考えを巡らせても、問題が必要以上に深刻なものに見えてくるだけです。[3]成績について考えないように、何か他のことに没頭しましょう。
    • 運動、友達との会話、音楽鑑賞など、楽しいことに打ち込めば、健全な仕方で不安を解消することにつながります。[4]

パート 2
どうして間違えたのかを把握する

  1. 1
    間違いのパターンを探す 間違いにパターンがあることが分かると、改善点が特定でき、苦手な分野を克服することができます。[5]
    • 間違いが多いのは、例えば、数学や英語といった科目なのでしょうか?その場合、その科目を繰り返し勉強しましょう。
    • 間違えが繰り返されるのは、特定の問題形式なのでしょうか?その場合、問題を形式別に分類し、これから努力して勉強することで、成績を伸ばせる科目を見つけましょう。
    • 頻繁に授業に遅刻を繰り返しるのでしょうか?であれば、今後は時間を守りましょう。
  2. 2
    学校の先生に詳細な意見を求める 先生は、生徒の強みと向上の余地がある点を把握しています。恐れずに助言を求めましょう。[6]
    • 「なぜ、私の成績は悪いのでしょうか」という聞き方ではなく、「優秀な成績を収めるには、答案の書き方をどのように改めればよいでしょうか」という聞き方をしましょう。[7]
  3. 3
    クラスメートに助言を求める 成績を見せてもらえる友達を探しましょう。友達の成績も悪かった場合、テストの出題が難しすぎたことが問題であり、受験者の力量が原因ではない可能性があります。友達の成績の方が良かった場合、いい成績をとるためには、どのような方法が有効だと思うかを聞いてみましょう。
    • 全体的に成績が悪かったクラスでは、先生が相対評価で成績を決める場合もあります。多くの生徒の点数が悪かった場合、低い点数を取ったとしても、想像したほど悪い評価にはなりません。相対評価で評点されることがわかれば、幾分安心できるでしょう。[8]

パート 3
将来に向けて効果的な計画を立てる

  1. 1
    目指す目標を明確にする 一旦、改善すべき分野がわかれば、具体的に行動をはじめることができます。必要に応じて、次に述べるような行動の改善を生活に取り入れましょう。
    • 勉強する計画を紙に書き出し、日課としてこなしましょう。規則正しいスケジュールに従って勉強することで、不安が大幅に減り、勉強がはかどります。[9]
    • 睡眠を多めに取りましょう。睡眠の量によって、やる気、理解力、情報の記憶力が大きく変わります。[10]
    • 今できることを、後に延ばしてはいけません。
    • 気を散らすものを周囲に置いてはいけません。優先順位の高いものから順に取り組みましょう。
  2. 2
    点数を修復する機会を利用する 生徒が熱心に課題に取り組む姿勢を評価したいと考える教師は多いものです。補習の課題を提出することで追加点を得ることができるかどうか、先生に聞いてみましょう。[11]評価を変えることができない場合でも、点数の穴埋めはできるはずです。
  3. 3
    利用できる手段を有効活用する 家庭教師派遣センター、休み時間の職員室、勉強会といった機会はすべて、学生として成功するために活用できる手段です。[12]こういった方法を日常の勉強時間に取り入れることで、これからの勉強習慣の改善を図りましょう。
  4. 4
    行動する 過去の成績は変えられないにしても、成績を上げるために必要な行動をとることはできます。悪い点数を取ったことも、ある意味で勉強になった、と考えましょう。自分のミスを許しましょう。一度悪い点数を取ったくらいで、将来が決まることはありません。また、生徒としての能力が劣るわけでも決してありません。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Deal With a Bad Grade, Español: reaccionar al tener una mala calificación, Italiano: Affrontare un Brutto Voto, Português: Lidar com uma Nota Ruim, Français: gérer une mauvaise note, Русский: справиться с плохой оценкой, Deutsch: Mit einer schlechten Note umgehen, 中文: 面对糟糕的成绩, Nederlands: Omgaan met een slecht cijfer, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Nilai Jelek, Čeština: Jak se vypořádat se špatnou známkou, ไทย: รับมือกับเกรดไม่ดี, 한국어: 나쁜 성적 대처하는 방법, العربية: التعامل مع الدرجات السيئة, Tiếng Việt: Ứng xử khi bị Điểm kém, Türkçe: Kötü Notla Nasıl Başa Çıkılır

このページは 618 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?