悲しんでいる人を慰める方法

共同執筆者 Trudi Griffin, LPC

この記事には:何を言うべきかを心得る真摯に話を聞く会話を完了する16 出典

悲しんでいる人を慰めようとする時、自分の無力さを痛感します。ほとんどの場合その人の状況を変えてあげることはできません。ただ、そばに居て話を聞くことはできます。これが、あなたができることの中でも最も重要です。

パート 1
何を言うべきかを心得る

  1. 1
    会話を率先して開始する 動揺するようなことが起きたことに気づいていて、いつでも話を聞いてあげたいと思っていることを相手に伝えましょう。相手のことをよく知らない場合は、なぜ助けようとしているのかを明確に伝えましょう。[1]
    • 例えば、よく知っている相手であれば「今大変な時期だということが見ていてもわかるから、何かあったらいつでも話を聞くよ」というように伝えてみましょう。相手が話し相手を特に求めていないのであれば、それはそれで問題ありません。一人で居たいという人に無理強いをしないようにしましょう。
    • よく知らない相手であれば、まず名乗ってから「私もここの学生で、この前あなたの泣いている姿をみかけて、もちろん私は赤の他人だけれど、何かあったら相談してほしいということを伝えたくて」というようにきりだしてみましょう。
  2. 2
    率直な言葉で伝える すでに相手が悲しんでいる原因が分かっていても、その話題を避けたいと思うこともあるでしょう。大切な人が亡くなったり、彼氏や彼女と別れたことが原因の場合、相手の心の傷をさらに広げてしまうことがないよう触れなくないと思うかもしれません。多くの場合、相手も既に同じことに気がついていて考えているはずです。相手のことを本気で心配していて、オブラートに包んだような言い方をせずに率直に話をする心づもりがあるという姿勢を見せると、むしろ相手は安堵するかもしれません。[2]
    • 例えば「お父さんが亡くなったと聞いたよ、本当に辛かったと思う。いつでも話を聞くからね」というように伝えましょう。
  3. 3
    気持ちを尋ねる こうした状況でスムーズに会話をしたい時、今どのような気持ちでいるのかを尋ねてみましょう。どのような状況下でも、悲しんでいる時も、複数の感情を抱えているはずです。こうした感情の全てを話すよう促すことで、相手の心も軽くなるかもしれません。[3]
    • 例えば、闘病の末に親を亡くした場合、もちろん大きな悲しみを抱えているでしょう。同時に、もう病気に苦しむ姿を見る必要がないということが心の慰めになっていたり、そうして安堵していることに罪悪感を持っているということも考えられます。
  4. 4
    話をすり替えない 相手が今経験していることと、自分が過去に経験したことを比べて考えてしまうことがあるかもしれませんが、苦しんでいる時、あなた自身の過去の経験をあえて聞きたいという人はいないでしょう。相手も自分にこの瞬間に起きていることについて話したいはずです。[4]
  5. 5
    無理に楽天的な言葉をかけない 相手を元気づけるために物事の良い側面に目を向けさせようとするのは自然な傾向です。ただ、このような接し方をすると、相手は自分の気持ちが軽く扱われているように感じるかもしれません。つまり、自分の気持ちが軽視されていると感じてしまうのです。無理に「ポジティブ」に解釈せず、純粋に話を聞いてあげるようにしましょう。[5]
    • 例えば、「でも、まだこうして生きているわけだし」、「もっと大変なことになっていたかもしれないよ」、あるいは「元気出して」といった言葉はかけないようにしましょう。
    • その代わりに「今は大変な時期なんだから、元気が出ないのは当然だよ」といった言葉をかけましょう。

パート 2
真摯に話を聞く

  1. 1
    相手は話を聞いてもらいたいということを理解する 多くの場合、泣いていたり動揺している人は、純粋に話を聞いてくれる人を求めています。議論しようとしたり解決策を提示することは控えましょう。[6]
    • 会話の終盤で何らかの解決策を提案してもよいかもしれませんが、初めのうちは聞くことに集中しましょう。[7]
  2. 2
    理解を示す 真摯に話を聞いていることを示す方法の1つに、相手の言葉を繰り返すというものがあります。例えば、「つまり、友達が君にまったく関心を示さなかったことで悲しい気持ちになってしまった、ということだよね」というように応答してみましょう。
  3. 3
    気を散らせない 会話に集中しましょう。テレビは消しましょう。携帯に気を取られないようにしましょう。[8]
    • ぼんやりしないことも大切です。また、上の空で次に言うことを考えたりするのも好ましくありません。相手が今話している言葉をしっかりと受け止めましょう。
  4. 4
    話を集中して聞いているということを仕草で示す アイコンタクトを欠かさないようにしましょう。相手の話す内容に対して頷きましょう。適切なタイミングで笑顔を見せたり、眉をひそめて懸念を示しましょう。[9]
    • ボディーランゲージも大切です。例えば、腕や脚を組むのはよくありません。また、相手に向かって指をささないようにしましょう。[10]

パート 3
会話を完了する

  1. 1
    自分の無力さを自覚する 友人が苦しんでいる姿を見ると、ほとんどの人は自分の無力さを痛感します。これは自然な感情です。どんな言葉をかけるべきか悩んでしまうでしょう。こうした現実を自覚し、必要な時はいつでもそばにいる、ということを伝えるだけでも相手にとっては大きな支えになるのです。[11]
    • 例えば、「本当に辛いと思う。どんな言葉をかけるべきかも分からないし、どんな言葉も不十分だと思う。でも、必要な時はいつもそばにいるからね」と伝えてみましょう。
  2. 2
    ハグをする 違和感がなければ相手にハグをしましょう。ただし、まず相手の許可を得ると良いでしょう。なにかトラウマになる体験をした場合は特に、体が触れることに抵抗感を持つ人もいるので、確認した方が賢明です。[12]
    • 例えば「ハグをしてもいい?」と言ってみましょう。
  3. 3
    次にやるべきことについて尋ねる 問題に対して常に解決策があるとは限らないものの、計画をたてることで気持ちが軽くなることもあります。そこで、会話の終盤にさしかかり、相手が途方に暮れているようであれば、解決方法を提案してみましょう。相手が自分で解決方法を考えているようであれば、それが何であるのか聞き、次のステップを一緒に練りましょう。[13]
  4. 4
    セラピーを提案する 誰かが苦しんでいる時、カウンセラーに頼ることを提案するのは全く悪いことではありません。カウンセラーに相談するということは不名誉とみなされてしまう社会的な風潮がありますが、しばらく苦しんでいる場合は専門家に相談する価値はあるでしょう。[14]
    • もちろん、こうした風潮は間違っています。時に難色を示す友人を説得する必要があるかもしれません。問題の規模に関わらず、カウンセラーと話して助けを求めたとしても、あなたの中での相手の印象は全く変わらないということを伝えることで、こうした風潮を正していくことにもつながるでしょう。
  5. 5
    自分にできることはないか尋ねる 毎週会話をしたり、時々一緒にブランチにでかけるだけでも助けになることがあります。また、大切な人を亡くしたのであれば、死亡証明書を申請し取得するといった精神的にも辛い手順を行う際、支えてあげることができるとよいでしょう。率先して話をし、どのような助けを必要としているのかを把握しましょう。
    • どのような助けを必要としているのか相手が想像できないようであれば、いくつか明確な提案をしてみましょう。例えば、「何かあればいつでも助けになるからね。車を出す必要があったら、運転して連れていくし、食べ物を持って家に立ち寄ってもいいよ。気軽に声をかけてね」と伝えましょう。
  6. 6
    有言実行する 支えになると約束したのであれば、本当に行動しましょう。例えば、「いつでも電話して、話を聞くから」と約束したあとで、実際はあなたがほとんど喋っているといった事態にならないようにしましょう。同様に、セラピーまで運転して連れていくということを約束したのであれば実行しましょう。[15]
  7. 7
    後日また声をかける 問題に直面している人は助けを必要としていても、声に出すことができないことが多いので、定期的に声をかけて相手の近況を確認しましょう。本当に必要とされている時に手を差し伸べることができるような状況を作りましょう。[16]

注意事項

  • 話したくない人に無理強いをしないようにしましょう。心の準備ができなければ他人に話せるようにはなりません。

記事の情報

この記事はTrudi Griffin, LPCが共著しています。 トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーです。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得しています。

カテゴリ: 友情

他言語版:

English: Comfort Someone Who Is Sad, Español: consolar a alguien que está triste, Italiano: Consolare Qualcuno Che è Triste, Português: Consolar Alguém Que Está Triste, Русский: успокоить того, кому грустно, Deutsch: Jemanden trösten, Français: réconforter quelqu'un qui est triste, Nederlands: Iemand troosten, Bahasa Indonesia: Menenangkan Seseorang yang Sedang Bersedih, Tiếng Việt: An ủi Người đang Buồn bã, العربية: تهدئة شخص حزين, ไทย: ปลอบใจบางคนที่กำลังเสียใจ, 한국어: 슬퍼해 하는 사람 위로해주기, 中文: 安慰难过的人

このページは 37 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?