情熱的なキスをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:キスをする前にキスの本番情熱を高める

キスには様々な種類があります。頬にする、挨拶のキス。母が子供の額にするキス。恋人同士の愛のキス。しかし、性的なコミュニケーションを目的とするような状況 においては、適当なキスはその場の雰囲気を台無しにする事があります。やり方を間違えると汚らしかったり気持ち悪かったりさえしますが、正しくキスができれば、これに勝る愛情表現はありません。

パート 1
キスをする前に

  1. 1
    口臭をチェックしましょう。日常的に問題はないはずですが、気になる場合は口臭予防にミントのキャンディーなどを舐めておきましょう。キスをするまでには舐め終えておきましょう。
    • ミントキャンディーの種類によっては、後味が悪く、口臭を悪化させるものがあるため、一番の方法は、水を飲む事です。後味もなく、口臭を予防し、喉も潤います。
  2. 2
    自信をもってキスを迫りましょう。相手の頬をキスして、こっちに振り向かせましょう。一度決心したら、もう後戻りはできません。それがその人とのファーストキスなら、なおさらです。決断力と自信をもちましょう。もし相手がその気でないのなら、断わるはずでしょう。でも断られるまでは、堂々としていましょう。
  3. 3
    ムード作り。情熱的なキスをするためには、ムード作りが必要です。バラの花びらをまいたり、ロウソク100本用意する必要はありませんが、周囲からの邪魔が入らない場所を選ぶくらいはしましょう。そうする事によって、お互いのキスに集中できるはずです。

パート 2
キスの本番

  1. 1
    前屈みなって、頭を少し傾けましょう。 前屈みになる事によってキスがしたいという意思を伝え、頭を傾ける事によってお互いの鼻が衝突するのを防ぎます。
  2. 2
    ゆっくりいきましょう。相手の口にいきなり舌を入れるのはやめましょう。まずは唇を相手に押し付け、目をつむって感情を高めると同時に、余計な視界をカットします。あなたの目が電気のスイッチに支配されている感覚です。
  3. 3
    キスとキスの合間の余韻を楽しみましょう。相手をゆっくりキスして、何秒か間をおきましょう。相手の唇に触れているか触れていないかの感覚で、少しずつ離れて行きましょう。この間が、感情をより高ぶらせ、相手の注意を集めます(ここまで来れたのなら、もう既に集まっていると思いますが)。
  4. 4
    少しだけ口を開きます。 キスに成功したら、少しだけ口を開いてみましょう。もし相手がのってきたら、口を開き具合を色々と変えてみましょう。舌の先で、相手の唇や舌をなぞってみるのもいいですね。ルールはありません。あくまでも動作はスムーズに。
    • 情熱なキスと、ベチャベチャなキスは、判断が難しいところです。どれくらい湿ったキスが適正かを見極めるには、自分の手の甲をキスしてみましょう。表面に漂着した唾液が数秒で乾く程度に濡れているなら妥当です。これ以上濡れている場合はやりすぎです、唾液を少し減らしましょう。
  5. 5
    フレンチキスをしてみましょう. キスがエスカレートしてきたら、フレンチキス、つまり相手の口に舌を入れるチャンスかもしれません。

パート 3
情熱を高める

  1. 1
    大胆にいきましょう。ある程度のキスに時間をかけたのなら、もっと冒険してみてもいいはず。キスとキスの間に、相手の唇を軽く噛んで、引っ張ってみたり(相手がそれを望んでいない限り、唇を強く吸ったり噛んだりしないでください)。
  2. 2
    首を攻めてみましょう キスが上手く行っていれば、もう少しスパイスを加えてみましょう。相手の首筋にキスをしてみましょう。
  3. 3
    腕を使いましょう。腕を宙ぶらりんにしながらするキスは極まれ、もしくは見た事がありません。少なくとも、相手に腕を回して、そっと近づける事くらいはしましょう。相手の髪を軽く手櫛するのもいいかもしれません。背中など、体の様々な箇所を優しく触ってみたりもできますね。
    • あなたが相手のどこに触れたらいいのかは、事前に話し合っていようとなかろうと、お互いの関係次第です。
  4. 4
    10秒間キスをしてみる。最低10秒間のキスをする事によって、お互いの気持ちがより引き寄せられると信じている人もいます。しっかり呼吸をして、目を瞑りながら、長めにキスをしてみましょう。
  5. 5
    集中しましょう。後ろで花火が打ち上がろうと(キスには最高なシチューションですね)空港で二人の周りを人が歩いていようと(感動の再会、もしくは見送り?)集中力を乱してはいけません。キスの最中に周りをキョロキョロし始めたら、相手は一気に冷めてしまうかもしれません。何が起きようと、パートナーだけに意識を向けましょう。

ポイント

  • 体を近づけてキスをしましょう。
  • 矯正をしている人は特に、優しくキスしましょう。
  • 口臭をなくしたい場合は、舌専用のブラシと水で綺麗にしましょう。舌がすっきりするまで磨いたら、水で濯ぎます。
  • ガーリックやオニオンなど、口臭の元になる食べ物は避けましょう。

注意事項

  • もし相手にキスを拒絶されたら、速やかに引き下がりましょう。相手が少しでも違和感を示したら、その時点で「ストップ」。

出典


記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Kiss Passionately, Español: besar apasionadamente, Français: embrasser quelqu'un avec passion, Italiano: Baciare con Passione, Português: Beijar Apaixonadamente, Deutsch: Leidenschaftlich küssen, Čeština: Jak se vášnivě líbat, Русский: страстно целовать, Bahasa Indonesia: Mencium Secara Bergairah, 中文: 激吻, العربية: التقبيل بشغف, हिन्दी: क़िस करें (Kiss Passionately), 한국어: 키스 잘하는 법, ไทย: จูบอย่างดูดดื่ม, Tiếng Việt: Hôn Một cách Nồng nhiệt, Türkçe: Nasıl Tutkulu Öpüşülür

このページは 6,361 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?