情緒不安定な人を支えたくても、具体的にどんな言葉をかけて何をしたら良いのかわからないかもしれません。メンタルクリニックへ強制的に連れていくことはできませんが、その人の状況に理解を示す、治療を受けるメリットを説明する、できることがあれば手伝うなどの方法でサポートしましょう。[1] ここでは、情緒不安定な人を支え、専門的な治療を受けられるように促す方法を紹介します。

1
心配していることを伝える

  1. 情緒不安定な人の行動について気づいた点を指摘して会話を始める メンタルヘルスに関する話を切り出すのは難しいかもしれませんが、自分が感じたこととして話せば、責めたり追及したりしているわけではないことが伝わるでしょう。次のような言葉をかけてみましょう。[2]
    • 「最近のあなたを見ているととても心配」
    • 「いつもと様子が違うけど、何かあった? 」
    • 「落ち込んでいる(ストレスが溜まっている、怒っている)みたいだけど、どうしたの?」
    広告

2
オープンエンドの質問をする

  1. 「どのように」「何を」「なぜ」などと質問する 「はい」「いいえ」で答えられないオープンエンドの質問をすると、状況をより詳しく知ることができ、その人の考えや気持ちを理解しようとしていることが伝わります。次のような質問をしてみましょう。[3]
    • 「それについてはどう思っているの?」
    • 「何に悩んでいるの?」
    • 「状況(気持ち、経験)をもっと詳しく教えて」

3
自分が話すより相手の話を聞く

  1. 話をきちんと聞いていることが相手に伝わるように、しっかりと耳を傾ける [4] 相手の話に集中し、しっかりと聞きましょう。時々、言っていることを要約したり話の続きを促したりします。[5]
    • 相手の目を見て、リラックスした態度で聞きましょう。
    • 「つまり○○ということ?」などと聞いて、話をきちんと理解できているか確認します。
    • 時々「本当に?」「そうなんだ」などと相槌を打って、話を聞いていることを示しましょう。
    • 「それで?」「もっと詳しく教えて」などと言って、話の続きを促します。
    広告

4
その人の気持ちを肯定する

  1. その人の気持ちを肯定してつながりを深める その人の気持ちを肯定すると、否定的な感情が強くなったり状況が悪化したりすると心配する人もいますが、実際には、コミュニケーションがスムーズになり、理解されていると感じてもらうことができます。[6] 状況を改善するには、このようにして相手の気持ちに寄り添うことが重要です。次のような言葉をかけましょう。

5
そばにいて支えることを伝える

  1. 一人じゃないことを伝えて安心させる 精神的な問題を抱えていると不安感や孤独感に襲われる可能性があり、辛さを打ち明けることで相手に迷惑をかけるのではないかと心配する場合もあります。[9] そばにいてサポートするとはっきりと伝えましょう。その人を大切に思う気持ちを伝え、怒りや疑いの感情を和らげます。[10]
    • 「私がそばにいるよ。できることがあったら何でも言ってね」
    • 「あなたの気持ちを全部わかってあげることはできないかもしれないけど、あなたのことを大切に思っているから何でもするよ」[11]
    • 「あなたは私にとって大切な人だよ」
    広告

6
専門的な治療を受けるように促す

  1. 専門的な治療を受けるメリットを説明する その人のことを気遣ってどんなに手厚くサポートしたとしても、根本的な問題の解決に導くことができるのはメンタルヘルスの専門家だけです。精神科医は専門的な教育を受けており、科学的に証明された方法で治療を行うということをその人に説明しましょう。[12]
    • 「あなたが怒って(悲しんで、ストレスを感じて、動揺して)いる様子を見ると、とても心配だよ。病院で診てもらうと楽になるかもしれないよ」[13]
    • 「評判が良いメンタルクリニックを探そうか?」
    • メンタルクリニックで治療を受けた経験があれば、治療の効果を伝えましょう。その人も治療を受ける気になるかもしれません。
    • 金銭的な問題で専門的な治療を受けられない場合は、保健所や精神保健福祉センターに相談してみましょう。[14]

7
専門的な治療を受けられるように支援する

  1. 病院まで車で送る、一緒に行く、費用を負担するなどの支援を申し出る [15] 評判が良い病院を探してあげても良いでしょう。インターネットでメンタルクリニックを探す時に、そばにいてあげるだけでもその人は心強く感じるかもしれません。ただし、求めていることは人によって異なるので、プライバシーを尊重して何をしてあげられるか尋ねましょう。[16]
    • 「病院まで車で送ろうか?」
    • 「私でよければ力になるよ。何でも言って」
    • 「私にできることはない?」
    広告

8
できれば、日常生活での支援を申し出る

  1. その人のストレスを軽減するために、日常的なことを手伝う 日々の用事を一緒に行うと、その人の孤独感が和らぐかもしれません。慢性的なストレスや孤独感はメンタルヘルスの問題を悪化させる可能性があるので、これはとても重要です。[17] 時間の余裕や体力に応じて、無理のない範囲でできることを手伝いましょう。[18]
    • 「あなたの負担を減らすために、何か手伝えることはある?」などと聞いてみましょう。
    • 食料品の買い出し、料理、子供の世話、家事などを手伝いましょう。

9
自殺のサインに注意する

  1. その人が自身を傷つける恐れがあれば、直ちに助けを求める こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)やいのちの電話(0120-783-556)などに電話をかけましょう。[19]
    • 自分が心配していることを伝え、「死にたいと思ってる?」とはっきり聞きましょう。[20]
    • 安全な場所へ連れていき、自身を傷つけるために使いそうなものを周りから排除して助けを待ちます。
    • 後日、その人の様子を確認しましょう。
    広告

10
自分を大切にする

  1. 自分が限界になってしまったら無理をしない 精神的な問題を抱えている人を支えるのは本当に大変です。話を聞いてあげられる時間帯や話の内容などに制限を設けてもかまいません。また、その人が失礼だったり暴力的だったりしたら、態度を改めるように伝えましょう。自分を大切にすることは、最終的には精神的に不安定な人を支えるために役立ちます。[21]
    • 「私がそばにいて支えるけど、病院で治療を受けたほうが良くなるかもしれないよ」などと言いましょう。[22]
    • その人が失礼だったり暴力的だったりしたら、「そういう言い方をされると、話を聞いているのが辛くなる」などと言います。
    • 少し時間を取って他の人とも過ごし、楽しみを見つけてストレスを解消しましょう。

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
勃起を隠す勃起を隠す
学校を楽しむ学校を楽しむ最高の方法
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
こっそりとコンドームを買うこっそりとコンドームを買う
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
親を説得して学校をズル休みする親を説得して学校をズル休みする
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
家出をする家出をする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
広告

このwikiHow記事について

Tracy Carver, PhD
共著者 ::
認定心理学者
この記事の共著者 : Tracy Carver, PhD. トレーシー・カーヴァー博士は、テキサス州オースティンを拠点とする認定心理学者です。専門は、自尊心関連の問題、不安、抑うつ、 サイケデリック統合。バージニア・コモンウェルス大学にて心理学学士号を、テキサス大学オースティン校にて教育心理学修士号および臨床心理学博士号を取得。ハーバード大学医学大学院にて臨床心理学のインターンを修了。Austin Fit Magazine誌が選ぶ「オースティンのベスト・メンタルヘルスドクター」に4年連続選出されるなどの受賞歴があります。また、その業績はAustin Monthly、Austin Woman Magazine、Life in Travis Heights、KVUE (the Austin affiliate for ABC News)で紹介されました。
カテゴリ: ティーン | 健康
このページは 544 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告