意欲的であるということは、 焦点を絞った議論や明確な振る舞いが実践できる、ということです。また、人に操られないための賢さと鋭さを十分に備え、加えて、積極的に学ぼうという姿勢を持っている、ということです。このような気持ちを維持するのは、とても難しいことですが、意欲的に行動するための資質は、誰にでも備っています。さあ、今すぐに、行動を開始しましょう。

パート 1 の 3:
前向きに考える

  1. 1
    前向きになる 「私の人生って最低だわ。嫌だ、雨が降っている」と常に悲観的に考えていると、なかなか物事を成し遂げられません。否定的に考えてばかりいると、ベッドから起きるのも苦痛になり、誰かに無理やり引きずり下されるまで、布団の中で丸くなったままでしょう。しかし、そういった心持ちは禁物です。前向きに考えることが、唯一、意欲的に行動するための鍵です。
    • 否定的な考えが浮かんだら、直ちにその思考を止めましょう。あなたには、否定的な思考を断ち切る力が備わっています。「もう充分。ここで止めよう」と思考を打ち切り、意識を別のことに注ぎましょう。意欲的な人間になりたいなら、尚更です。目の前の仕事に目を向けてはどうですか。すぐに取りかかれる作業で、あなたができる事です。他のことを考えていると、挑戦することさえもできません。
    • 物事を前向きに捉えましょう。「雨が降っているから、外にいけない」と意気消沈するのではなく、雨を肯定的に捉えてみましょう。例えば、「これまで空気が乾いていたから、地面にはちょうど良いお湿りだ」と。あるいは、「庭の水遣りをする必要がない!」「この所忙しかったから、リラックスできるいいチャンスだ。本でも読もう!」などと、発想を転換しましょう。
  2. 2
    自信を持って行動する 自分の置かれた環境を、前向きに捉えることができたら、「自分」についても、前向きに考えなければなりせん。自分には能力がない、と思っていると、着手した仕事を成し遂げるために注ぐ努力が、台無しになります。「できるとは思えない事に、わざわざ挑戦する意味があるだろうか。そうだ、意味などない」と、考えたら、何もしないまま、終わってしまいます。
    • まず、これまでに収めた成功がどれくらいあるか、数えましょう。今、どんなことに直面していますか。これまでに収めた輝かしい実績は、どんな事ですか。今、自分にはどんな知識や能力がありますか。これまでに成し得た素晴らしいことを全て、思い出しましょう。その後に、今、したいことができないと思うのであれば、その理由を考えましょう。かつて、似たようなことを達成しているはずです。
  3. 3
    ハングリー精神を持つ レス・ブラウン氏が意欲について語る時、「達成への強い意志を持て」と繰り返し言います。彼が言わんとすることは、それを、是が非でも欲しいと思わなければいけない、ということです。それなしの人生など考えられない、と。「あったらいいな」と漠然と思うだけでは、何も変わりません。それを心の底から欲しなければなりません。本当に欲しくないなら、意欲を掻き立ててどうするつもりですか。
    • 欲しいものを得るためには、時折、考え方を多少変えて、自分を納得させる必要があります。仕事に行くのが辛いと感じるなら、それが別のものに繋がる道かどうかを考えてみましょう。ハワイでの休暇に憧れているとしたら、今の仕事とハワイを関連づけて考えましょう。「心底ハワイに行きたい。そして仕事は、それを実現させてくれるものだ」と。目的があると、嫌なことでもそれ程苦痛を感じずに、こなせるでしょう。ただし、目的は、本当に心の底から欲しいものでなくてはなりません。
  4. 4
    挫折することもある いつか失敗することもある、と覚悟して行動することが大切です。また、その覚悟は、生涯持ち続ける必要があるでしょう。完璧主義でいると、自分に苛立ちを覚え、物事を諦めがちになります。失敗は起こります。それでも、「立ち直ることができる」いいえ、「立ち直る!」という確信を持つ必要があります。
    • 失敗や挫折は、あなた個人と直接の関わりはありません。人間であるが故に起こることです。時として、結果的に良くない判断をして失敗することもあるでしょう。また、あなたのコントロールが及ばない状況で起こることもあります。そういう状況に直面しても、冷静な態度で応じましょう。最終的にはプラスに転じます。
    広告

パート 2 の 3:
勢いを増す

  1. 1
    ポジティブな目標に焦点を当てる 欲しくないものを考えるのは簡単です。また、怖いものを思いつくのも簡単です。難しいのは、自分が幸せを感じるものや、頑張るための目的を正確に示すことです。しかし、何かを達成するには、そういったポジティブな事柄を考えなくてはなりません。マイナス思考になりがちな恐怖心を煽ってはいけません。「貧乏になりたくない」という目標ではなく、「毎月、これだけ貯金する」と、肯定的に目標を定めた方が、遥かに効果的です。更に、実行し易く、怖くもありません。
    • ここで言うポジティブとは、太陽のように光輝く、という意味ではありません。自分ができることを肯定的に表現する、ということです。「太らない」という目標は、あまり意欲をかきたてません。逆に、「食事療法と運動で5kg痩せる」とすると、より具体的で、単なる考えに眉をひそめることもありません。
  2. 2
    目標を分割する 一気に大きな目標を掲げると、圧倒されます。7巻もの小説を前にしたら、読む気が失せてしまうでしょう。しかし、1巻ずつ読破しよう、と考えれば楽になります。残りは、側においておき、時期が来たら読むようにしてはどうでしょうか。
    • 「25kg痩せたい」という目標ではなく、「今週は2kg減量する」または「週に4〜5日運動する」という目標を立てましょう。両方とも似たような結果を出すでしょうが、後者は、精神的負担があまりかからないでしょう。
  3. 3
    進捗状況を把握する 太古の昔から、人類は目標と進むべき道を模索しています。これは、実存主義者だけに関わる問題ではありません。私たち一般人も、仕事に、人間関係に、趣味に目的を持とうとします。何かを始めても、満たされなければ、やる気が失せ、やめてしまうでしょう。減量、残業、大学入学のための勉強など、今、取り組んでいる事を記録して、進捗を追えるようにしましょう。そうすれば、やる気が出て、行動がもたらす成果を把握することができます。目的も見つかります。
    • 実践方法と結果の両方を記録しましょう。「わあ、すごい。これ見て!」と、単に結果に感激するだけではなく、結果から、どんなやり方が功を奏するのかを精査する必要があります。勉強の仕方や運動など、それぞれで異なる3つの方法を試すなら、どの方法が最高の成果に繋がるかを考えましょう。それを基に、無駄を省いて今後の対策を立てることができるでしょう。
  4. 4
    休息をとる 人間は機械ではありません。(実際、機械でも休ませなければなりません。)休憩をとる生徒の方が、取らない生徒よりも、学業でより良い成果をあげる、という研究結果があります。[1] 筋肉に休息が必要なのは、よく知られています。休憩は、怠慢な人のためにあるわけではありません。前進し続けたいと願う人たちにとって、不可欠なものです。
    • 休憩をとるタイミングは、人によって違います。また、最終目標によっても異なります。休憩は、1日を通して何度か取る必要がありますが、人生という長い道のりにおいても、何度か取るべきでしょう。
  5. 5
    楽しめることを実行する 仕事が大好き、という人は、それ程多くはないでしょう。また、したくない運動をしたり、他人にお金を払って「やる事リスト」を片付けたりする人もいるでしょう。これらは、私たちの生活から消えることはありません。ですから、できるだけ管理し易く、また楽しめるようにしたいものです。楽しめないとしても、一生付き合う必要があるかもしれません。
    • 自分の仕事について考えてみましょう。つまらないと思っているとしたら、楽しくできる方法はありませんか。興味のあるプロジェクトに携われるように、上司に頼むことはできますか。どのようにしたら、好きなことに自分の時間を集中させることができますか。
    • 運動が嫌なら、別の方法を見つけましょう。カロリーを燃焼するのに、マラソン選手になる必要はありません。水泳に行く、クラスを取る、ハイキングに行くなど、色々な方法があります。好きでもない運動をしても、続けられません。
  6. 6
    自分へのご褒美を用意する ご褒美については慎重に考えましょう。理由もなく、キャンディやチョコレートに手を出してはいけません。ご褒美は、小出しに、また、適切に与えてこそ、効果が出ます。何かをし終えたら、それに値するご褒美を自分に用意しましょう。
    • アクティビティの最中、5分毎にご褒美にあずかってはいけません。集中力がなくなり、時間の無駄にもなります。その代わり、小さな目標が達成できる度に、自分にご褒美を与えましょう。今週、毎日運動したなら、その報酬として、家でヨガをしたり映画を見たりする日を1日、設けましょう。
  7. 7
    間違いを恐れない 事を達成するための最良の方法を見つけるには、これまでに実践したことのない事に挑戦しなければなりません。成長過程で、あるいは改善を遂げる過程で、ミスはつきものです。成果に繋がらなかった事柄は「可能性リスト」から除外し、進むべき道を絞り込み、そこから、新たに行動を起こしましょう。厳密に言えば、ミスは良いことです。少なくとも、ある役目を果たします。
    • もう1つ、人は愚かに見られるのを恐れて、挑戦を諦める傾向があります。教室では手を上げず、使い方が分からない新しい道具は使わない、といったように、心地よくいられる範囲内に留まろうとするのは、人間の習性です。しかし、良い成績を取りたい、痩せたい、ビジネスで成功したいなど、様々な目標を定めた後に、素晴らしい結果を出すには、したくない事でもしなければなりません。
    • 同様に、ミスを犯しても、落ち込んではいけません。ミスをした後に、「ああ、随分と遅れをとってしまった。続けても意味がない」と思って、止めてしまうのは簡単です。しかし、止めるという選択肢はない、と自分に言い聞かせれば、止めずに続けられるでしょう。つまずきは、大したことではありません。起き上がり、もう一度やり直せばよいだけです。
    広告

パート 3 の 3:
順調に物事を進める

  1. 1
    意欲を引き出す人や物の側を離れない 単純なことですが、前進し続けるためには、身の回りに、自分の目標を常に思い出させてくれるものが必要です。人でも物でも、自分の気持ちを正しい方向に導いてくれるものです。バランスを崩して、目標を見失うことがあります。目標を思い出させてくれるものが近くにあれば、再び焦点を定めることができ、進むべき方向が明確になるでしょう。
    • パソコンの背景画像を変える、メモを壁に貼る、携帯電話に覚書きをセットするなど、小さな事をいくつか実行することで、やる気スイッチを入れることができます。周りの雑多を自分のメリットになるように使いましょう。
    • 人も意欲を起こさせてくれます。友達や知り合いに、「5kg減量」という目標を伝えましょう。良いアイディアや減量法を提供してくれたり、目標達成の道のりを楽しくしてくれるかもしれません。自分1人だけで頑張らずに済むでしょう。
  2. 2
    良い仲間と付き合う 逆に、意欲を失わせる人もいます。減量している最中に、チーズケーキを食べさせようとする友達がいるかもしれません。そういう友達は、良い仲間ではありません。成功への道を進むには、誰もが支援者を必要とします。どんなことでモチベーションを保っているのかを、友達や家族に伝えましょう。集中を切らすことなく、目標に向かって前進するのを応援してくれる友達はいますか。
    • 同じ経験をした人が相談相手になってくれると、非常に心強いでしょう。起業した人、25kg減量した人、あるいは、夢を実現させた人を知っていますか。そういう人の話を聞きましょう。どのように実現させたのかを尋ねましょう。彼らの忍耐強さや、「できる」という気持ちを形に変えた事実こそが、精力的にモチベーションを保つのに不可欠なものでしょう。
  3. 3
    学び続ける 日が経つにつれて、退屈したり、不安になったり、注意力が散漫になったりするかもしれません。そういう状況を避けるためにも、学び続け、また、学びに刺激を加えましょう。どんな事に対してであれ、長い間、意欲を持ち続けるのは困難です。しかし、常に新たな目標を見つけては挑戦し、それに伴って知識量も変化すれば、意欲的な態度を維持するのは、比較的簡単かもしれません。
    • 目標が減量であれば、成功談や成功を綴ったブログなどを読みましょう。また、通っているジムのトレーナーに、効果的な減量方法を尋ねてみましょう。栄養士に話を聞くのもよいでしょう。これまでに試したことのないトレーニング法や、食事療法など、新しい要素を1つずつ試しましょう。物事を新鮮に保てれば、常に新鮮な心持ちでいられるでしょう。
  4. 4
    過去の自分とだけ比較する 意欲的な人間になろうと努力しているなら、決して、他人と比べてはいけません。他人は、全く別の人間です。比較する重要性がどこにあるのでしょう。何度も聞いたことがあるでしょうが、繰り返し言われる言葉です。比べるべき真の相手は、過去の自分です。重要なのは、自分自身が良くなることです。他人は問題ではありません。
    • 進捗状況を記録する大切さは、ここにあります。自分の現状を計るには、かつての自分を知る必要があります。少しでも進歩を遂げたなら、ライバルたちが何をしていようとも、恥ずかしく思うことは何1つありません。
  5. 5
    他人を助ける 目標に近づいてきたのであれば、これまでの道のりで、多くの事を学んだはずです。習得した知識を使って、他の人の手助けをしましょう。自分をやる気にさせるだけではなく、他の人をも、やる気にさせるでしょう。目標に向かって努力を続けている時、誰かに側で応援してもらいたくないですか。
    • 何キロか痩せましたか。起業できましたか。テストで満点が取れましたか。経験から培った知識を基に、他の人を支援しましょう。あるいは、その知識を更に掘り下げましょう。習得したことを声に出して言うことで、また他人に伝えることで、理解が深まります。加えて、誰かの手助けをすることで、焦点が定まり、自分の成長も感じられ、晴れやかな気持ちになるでしょう。
  6. 6
    大きな目標を立てる 小さな目標が達成できたら、次は上に向かうのみです。全体像を見て、最終ゴールを目指しましょう。目標を細分化する必要は、もうありません。大きな目標に向かって前進するのみです。意欲的になるとは、正にこのことです!ハワイでの休暇の予定を実際に立て始めましょう。着たかった水着も着られることでしょう。
    • 最終目標を常に意識しましょう。そうしないと、目標は遠のいてしまい、達成が難しくなります。何のために、辛い努力を重ねて来たのか、分かっているはずです。トンネルの向こうに光が見えます。トンネルを抜けたら何をしたいですか。また、次なる目標を立てて前進しましょう。
    広告

ポイント

  • すでに、なりたい自分になっているかのように話しましょう。「私はポジティブになる」ではなく、「私はポジティブだ!」と言う方が遥かに効果的です。
  • 肯定文で自分に対する確約を作り、繰り返し言うことで、強い人間になれるでしょう。抱えている問題を解決できるように、肯定文の確約を選びましょう。怖がりなら「私は大丈夫」と、恥ずかしがり屋なら「私は自信に溢れた人間だ」と言いましょう。否定文を避け、前向きな態度を持ち続けましょう。
  • 自分の可能性を解き放つために努力し続けることには、価値があります。その間、意識的に、あるいは無意識に、 他のたくさんの人の可能性をも解き放つ手助けをすることでしょう。
  • 困難に直面することは必然です。しかし、前進し続けましょう。間違った一歩を踏むと、これまでの努力が全て無駄になるかもしれません。ただし、正しい一歩を踏み出せば、大きな飛躍に繋がります。人生とはそういうものです。
  • 何かに憧れ敬意の念を持つということは、それが欲しいということも意味します。否定的に考えてしまうと、自分のものになりません。所詮、考えは、頭の中にしかありません。しかし、目標や夢は、頭の中だけにあるのではありません。
  • 目標と情熱を向けられるものを明確にしましょう。そこから意欲が湧いてきます。
  • 前向きの姿勢を維持しましょう。困難に直面するのは必然です。精神的に強くなり、計画を推し進めましょう。あなたにはその価値があります。

広告

注意事項

  • 物事を肯定的に考えると、肯定的な考え方が習慣化するように、否定的に考えると、否定的な考え方が癖になります。小さなことに、くよくよしてはいけません。
  • 意欲的になるとは、無理に笑顔を作る、または周りの人全員を喜ばせる、ということではありません。
  • 新しく見つけた自己動機付けの方法を試している最中にミスを犯しても、自分を責めてはいけません。すぐに元に戻れます。自分を許すことも大切です。
  • 自分が正しいと思うなら、困難に立ち向かう勇気を持ちましょう。
  • 自分に優しくなりましょう。
広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

そばかすを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

速くヒゲを生やす

How to

お酒の臭いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

Sydney Axelrod
共著者 ::
認定ライフコーチ
この記事の共著者 : Sydney Axelrod. 認定ライフコーチのシドニー・アクセルロッドは、ビジネス及びプライベートの開発を目的としたコーチング会社「Sydney Axelrod LLC」を経営しています。同社ではマンツーマン・コーチング、オンラインコース、グループ・ワークショップを通じて目標の発見やゴールの設定と達成を手助けするサポート、また人生の過渡期における指導を行っています。コーチングに関するトレーニングを1000時間以上受けており、エモリー大学にてマーケティングとファイナンスの学士号を取得しました。 この記事は3,348回アクセスされました。
このページは 3,348 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告