愛を告白する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

誰かに愛を告白することを考えると緊張してしまうかもしれませんが、はっきり伝えると気持ちがずいぶんすっきりするはずです。準備を少し行えば、あなたの愛の告白を、忘れられない特別な瞬間にすることができます。

パート 1 の 3:
状況をよく考える

  1. 1
    一歩下がって考えましょう。理性的になり、状況を吟味します。相手との関係をよく考え、相手があなたの言葉をどのように受け止めるか推測してみましょう。現実的に、告白が成功する可能性はあるのか自分自身に問いかけてみます。可能性がある場合は、どのように実行するかを考えるだけです。可能性がない場合は、慎重に事を進める必要があります。
    • 友人に恋をしてしまい、相手が同じ気持ちであるか分からないとします。その場合、愛の告白が友人関係にどのような影響を与えるのか、長い時間をかけてしっかりと考える必要があるでしょう。親友に恋をするのが素晴らしいのは、相手が気持ちに応えてくれる場合に限ります。[1]
  2. 2
    気持ちが本物なのかよく考えましょう。過去に恋をしたことがない場合、気持ちが本物なのか考えるということがどういう意味なのか、理解するのが難しいかもしれません。愛には、友人に抱く愛情、家族に抱く愛情、恋人に抱く愛情など、多くの種類があります。あなたが本当にその相手に恋愛感情を抱いているのなら、気持ちを伝えるとよいでしょう。しかし、言葉の重みを考えることも重要です。
    • 愛の意味は、人によって異なります。若者は、思春期の恋心や一時的な恋愛感情を「本物の愛」と勘違いしてしまいがちだという人もいます。それに対し、どんな年齢であっても、深い、意味のある愛情を感じることができると信じる人もいます。[2]
  3. 3
    あなたの意図をはっきりさせましょう。相手の注意を引きたいたがために、「愛してる」と伝えるのはやめましょう。告白の先にあるものを考えられる場合にのみ伝えます。恋愛感情を抱くということは、相手を大切に思う気持ちがあり、相手に夢中になっていることを意味します。[3]
  4. 4
    様子を見て進めましょう。気持ちがはっきりしない場合は、それほど重くない言葉を使って試してみます。「僕と出かけない?」「君のことをいいなと思う」、あるいは「君は僕を幸せな気持ちにしてくれる」などと伝えましょう。「愛してる」と言うと非常に重くなってしまいますが、好きだという気持ちを表す方法はこれだけではありません。
    • 相手の好きな部分を伝えましょう。「君が躍っている姿が好きだ」または「君の考え方が好きだ」と言ってみましょう。
    • それほど深刻ではない言葉に、相手がどう反応するか見てみましょう。相手があなたの言葉を受け入れ、相手もあなたのことが大好きだと言ったら、愛の告白をしても応えてもらえる可能性が高いと考えられます。
  5. 5
    大胆になりましょう。人生は短く、また愛というのは全く妥当な感情だということを考えましょう。誰かを愛するということは、相手が気持ちに応えてくれない、あるいはあなたに対する相手の気持ちが完全に冷めてしまう可能性があるということです。しかし、感情はあなたの中にあり、無視することはできないものです。たとえ怖くても、前に進むしかならない時もあるのです。
    広告

パート 2 の 3:
告白の場所を設定する

  1. 1
    雰囲気のよい場所を選びましょう。二人きりになれる、静かな場所を探します。太陽が沈みかけている時に、レストラン、庭園、景色を一望できる屋外の場所に相手を連れて行きましょう。相手が安全で安心できる場所を選ぶようにします。
    • どのような場所が適切なのかは、愛を告白する相手によって異なります。二人にとって特別な場所を選びましょう。
  2. 2
    意味のある瞬間にしましょう。愛の告白はあなたと相手にとって大切な出来事であり、特別なものにすることが重要です。計画を練ることも、あるいは親密になる瞬間を待つこともできます。その瞬間は、紛れもなくドラマチックであることもあれば、驚くほどシンプルなものかもしれません。告白するのは今だと心から感じた時に、愛を伝えましょう。
    • この瞬間は、完璧な一日を一緒に過ごした後の美しい夕暮れ時、学校のダンスイベントの際にあなたの得意な曲が流れてきた時、あるいは二人が一緒に笑い、共に時間を過ごすことに単純に幸せを感じている時に訪れるかもしれません。
    • 着想を得るために、映画やドラマのロマンチックな場面を見てみましょう。主役が愛を告白する場面を分析します。自分がどのようなムードを作りたいのかを把握しましょう。
  3. 3
    二人きりになれるようにしましょう。適切だと思う場合は、公の場でドラマチックな告白をしてもかまいません。しかし、相手は周囲から不意に注目されるのを嫌がるかもしれないことを留意しておきましょう。相手がどう反応するか不明な場合は、この点は特に重要です。二人きりの空間ならば、相手は落ち着いた雰囲気の中で返事をすることができるでしょう。
  4. 4
    告白の計画を立てましょう。デートの約束がまだの場合は、相手と会う約束を取り付けましょう。結局その瞬間は、成り行きに任せることになります。しかし、準備をしっかりと行えば、告白がロマンチックで時を得たものになります。焦らないようにし、伝える言葉を考えておくようにしましょう。
    • 相手と会うことができない場合は、手紙で告白することもできます。手紙はやや理論的になるとしても、非常に親密な告白の方法です。[4]
  5. 5
    相手の注意を十分に引きましょう。相手が他のことに気を取られている、何かを心配している、あるいはどこかに行く準備をしている時に、告白するのはやましょう。お互いに見つめ合っていれば、言葉の持つ力が強くなります。二人の間に特別な瞬間がすでに訪れているなら、先に進んでよいでしょう。明らかに、「その時」が訪れないこともあります。「大切なことを伝えたい」と言って、相手の注意を引きましょう。
    広告

パート 3 の 3:
愛を告白する

  1. 1
    相手の目を見ましょう。その時が来たと感じたら、相手の目を見つめます。目を見ることは、あなたが誠実であるという印になります。また、相手があなたの言葉にどう感じているかをすぐに見て取ることができ、二人の気持ちがつながっていることをより強く感じられるはずです。
  2. 2
    「愛してる」と伝えましょう。ただそれだけのことです。相手を心から愛しているなら、正当化したり飾ったりする必要はありません。しかし、どうしてもそうしたいと思うなら、詩を詠んだり、愛を少し修飾してもかまいません。何よりも、正直に、本当の気持ちを伝えましょう。言わなければならないと感じることだけを、残すことなく伝えましょう。
    • 相手を好きになった経緯を話すことを考えましょう。真実、そして正直で甘い気持ちを伝えます。唯一感を出し、相手が特別に感じるようにしましょう。
    • あなたが心地よく感じられる状態に合わせ、気軽に、あるいはまじめに話しましょう。あなたが真剣だということが相手に伝わるようにしましょう。
  3. 3
    相手にキスをしましょう。相手が「私もあなたを愛してる」と返してきたら、大喜びしましょう。特別な瞬間が訪れました。愛にあふれる感情の波に乗って、この状況を魔法にかかったような素敵な瞬間にしましょう。何が起ころうとも、この瞬間はあなたの今後の人生において長期間忘れられないものになります。
  4. 4
    辛抱強くなりましょう。あなたの告白に対して、相手がどのように反応するか考える時間を与えましょう。相手があなたの気持ちに応えてくれることもあります。一方、告白が突然のものであれば、相手は考える必要があるかもしれません。相手の言うことに耳を傾け、尊重しましょう。勝手な思い込みはしないようにしましょう。
    • 相手が気持ちに応えてくれなくても仕方ありません。傷つくかもしれませんが、怒ってはいけません。受け入れましょう。
  5. 5
    自分を誇りに思いましょう。相手の反応に関わらず、気持ちを伝えたことに対して自分を誇りに思いましょう。真剣に愛の告白をするには、多大なる勇気が必要となります。結果は関係ありません。相手に伝えたということが大切なのです。
    広告

ポイント

  • 辛抱強く、相手を尊重するようにしましょう。相手があなたの告白に対して考える時間が必要であれば、待ちましょう。愛を強制することはできません。
  • 会って告白をするのは恥ずかしいという場合は、代わりに手紙で愛を伝えてみましょう。手紙で告白するほうが容易かもしれません。
  • 最悪の事態を推測しないようにしましょう。相手があなたと同じ気持ちを抱いていなくとも、友情に傷がつく、あるいは二度と告白をしてはいけない、などと思い込まないようにしましょう。
  • 鏡の前で告白の練習を行いましょう。そうすれば、告白がどんなものかという感覚を掴むことができます。
  • 前もって計画しましょう。相手に伝える言葉を考え、相手が受け入れてくれた場合、または断られた場合に、どのように振舞うか想像してみましょう。
  • 自信を持って告白しましょう。こうすれば、相手はあなたの気持ちが確かだと感じます。
  • 可愛らしく告白しましょう。頬を赤らめながら、相手を好きな理由を話すとよいでしょう。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:
このページは 489 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告