成功する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:自分の成功をプランニングする実行再度チャレンジ5 出典

多くの人が人生の成功を夢見ますが、口で言うほど簡単ではありません。非常に大きなゴールを達成するにあたり、気を散らすものやチャレンジも多くあります。これらアドバイスを心に置いておくと、自分が何を追いかけていようと成功するチャンスが増えます。

1
自分の成功をプランニングする

  1. 1
    自分の成功した姿を想像する。アインシュタインの言葉に「想像力は知識よりも重要だ」があります。もっとビビッドに正しく成功した自分を想像することで、後の自分がそれに続くことが簡単になるでしょう。エンジニアが橋を建設する前に完成図でその姿を想像するのと同じで、自分の成功のエンジニアになりましょう。
    • 毎日自分の成功を想像することに数分費やしましょう。自分が成功して、映画の主人公になっているのを想像するのです。その映画であなたは何を行なっていますか?どんな感じの成功ですか?高揚した気持ちを楽しみ、自分の炎をかき立てるするモチベーションにしましょう。
    • 成功を想像する際、ヘルシーなモチベーションをはぐくみましょう。成功を収めた人間は、自分のミッションと自分自身を信じています。それと同時に、極度の自己愛を持つ人からは遠ざかりましょう。他の人たちもあなたと同じように成功したいということを理解することが重要であり、自分のゴールは彼らの心を踏みにじることではないのです。
  2. 2
    人生のゴールもしくは目的をみつける。自分が好きなことを特定し、自分に満足の得られることを行ないましょう。もし自分が好きなことがわかれば、その情報を自分の人生の目標と目的を探すことに使いましょう。
    • 自分が好きなことを探すことは、自分にモチベーションを与えるということです。自分の趣味がチェスなのに、無理にトライアスロンに参加させられることを想像してみてください。かなり大変ですね。では、自分がチェスのトーナメントに参加する様を想像してみましょう。自分の好む活動の場合、ゴールを常にコツコツ取り組むすることがもっともっと簡単になります。
    • 自分の人生のゴールや目標をどのようにしてみつけるか?それは人によって違い、それが非常に難しい人もいますが、見つけ方に関してはいくつか方法があります。
      • キャリアコーチか良質の心理学者と話しましょう。
      • 違うキャリアを試してみる。完全に自分のしたいことでなくても、学ぶことはあります。
      • 自分の好きなことをキャリアにしてみる。ビールの醸造だったり、広告アートだったり、自分が好きなことをしているときに、成功する確率は高いです。
  3. 3
    自分が見て、成功の意味を定義する。もしそれの意味がわからないのだったら、成功は勝ち取れません。人は皆成功の意味を違う風にとっているので、誰かの成功のスタンダードを使うということは誰かのランチを食べて、それをおいしいと思うことと同じです。クリアなゴールを設定して、現実的になりましょう。
    • 自分がゴール達成したときにそれをどうやって知るのでしょうか?自分のスタンダードは計測できるべきでないと、何か曖昧なゴールに向かって一生見えないものを追い続けることになります。
      • たとえば、仕事が上手だったとします。昇格し、昇給がありますがまだ自分がもっと上に上り詰めることを考えて、自分のゴールに達成していないと考えます。あなたはいつももっと上に昇格できるチャンスはあり、もしくはもっとお金を作ることだってできます。自分が持っているものは絶対十分ではないのです。
      • その代わりベンチマークを作成しましょう。「自分のゴールは30%生産性を上げることで、遅刻は1年で5回以下にする」など。これら目に見えるゴールは、成功すると自分に満足と完成したという気分を味あわせてくれ、もっとサクセスフルに自信を持たせてくれます。
  4. 4
    選択として、わざと自信をもたないようにしましょう。[1] 「自分のゴールは30%生産性を上げることで、遅刻は1年で5回以下にする」など。これら目に見えるゴールは、成功すると自分に満足と完成したという気分を味あわせてくれ、もっとサクセスフルに自信を持たせてくれます。
    • 自信がないと、自分への批評的なフィードバックに注目でき、自分に厳しくなれる。もし自分がエンジニア界の神童だなどと思っていると、おそらく他人からのフィードバックなどには耳をかさないでしょう。もちろん自分を効果的に非難することもないでしょう。成功している人はそれらを行います。
    • 自信がない時もっとがんばろうと思い、準備をもっとするようになります。もし自分が来週月曜日のプレゼンに自信がなかったら、もっと練習をして数字を読み返したりするでしょう。これは非常によい癖です。
    • 自信がないと、自己愛が減ります。ナルシストでない人は同僚から愛され、ハッピーなスタッフはもっとチームを成功へと招きます。気遣いが成功へと導かれることは、まったくの秘密でもなんでもありません。
  5. 5
    自分のゴールを成功させるため、タイムラインをセットしましょう。何時までに成功させたいのか決まっていないのであれば、自分が失敗したかどうか知るのが困難となってしまいます。自分に難しくて、同時に実行可能なタイムラインを与えましょう。ゼロの状態からツール・ド・フランスで2年後優勝するとかいうのは難しいかもしれませんが、自分が20人以上の客の前で行なうお笑いショーをブッキングするというのはおそらくリーズナブルなゴールといえるでしょう。
  6. 6
    自分のゴールを成功させるもの、能力、物質を特定しましょう。もし有名な演説者になりたいのでしたら、自分のボキャブラリー、知識、スピーチライティング、声の鮮明さ、プレゼンテーションのスキルなどを磨くことが必要となるでしょう。これを知ることによって、長期ゴールを成功させるための短期の目標を特定することができるのです。
  7. 7
    人生に好奇心を持ちましょう。成功者の多くはとどまるところを知らない好奇心を持っています。もし何かがわからなかったら、もしくは質問の答えがわからなかったら、それを知ろうとします。これは自分を自己発見の旅に駆り出すということで、旅の工程は目的地と同じくらい大切なのです。
  8. 8
    自分が磨かないないといけない能力と、自分がアウトソースできるスキルを判別する。アウトソーシングは、タイムマネージメントです。自分がスーパーマンかスーパーウーマンかと思っているかもしれませんが、自分のの能力には限りがあるのです。あまり重要でないことをアウトソーシングすることによって、自分がそこへたどり着くまでにフォーカスしておきたいことに集中できる時間を与えます。
    • さっきの例をテンプレートとして使ってみてください。自分が素晴らしい演説者になるには、演説者になるための基礎的なスキルである自分の声やプレゼンテーションのスキルを磨かないといけません。しかし、自分にスピーチライティングや知識が欠いているのなら、それらをエキスパートにアウトソースすることができるのです。これは賢く働くということです。多くの素晴らしいリーダーたちは、自分でスピーチ原稿を書きません。ただ、彼らはそれをうまく実行するのです。

2
実行

  1. 1
    小さな目標を達成して、メインの大きな目標にフォーカスしましょう。先に延ばす言い訳を考えないように。チャレンジに飛び込み、コツコツ努力をしましょう。自分がそのアリーナに飛び込むまで、どのような問題に直面するかなどわかりません。
    • 自分のゴールを小さなステップに分けます。テクノロジーの会社を設立するゴールは完全に不可能なことでしょうか?小さなゴールに分解してみましょう。まず自分のアイデアを出してみて、そして資金を得ることにフォーカス、その次にプロトタイプを作ることに移るなどです。もし自分のゴールに向かって少しずつ前進するビジョンがあるのでしたら、成功させるのにもっと簡単で手ごわくなくなります。
  2. 2
    できる限り、雑音には耳を貸さないようにしましょう。注意散漫であることは、自分の視点によって人生のスパイスであったり、禁断の果物であったりします。しかしここでクリアにわかってほしいのは、100%の時間、100%フォーカスしていられるというのはほとんど無理なことなのです。気持ちをそらせることは少しだとOKです。しかしその注意散漫のために速度を落としてしまうのでしたら、それを追い出すべきです。
  3. 3
    他の成功者と付き合いましょう。やる気のある人たちを周りにおくと、励みになります。人からアイデアを得ることができますし、他の人たちとのコネクションも広げられます。自分の周りをやる気があって成功を収めた人たちで囲むことは、成功のカルチャーをつくりだします。
    • 成功している人を少し観察してみましょう。周りを見回してみてください。自分が持ちたいような成功を持つ人はいるでしょうか?その人は何をやっていますか?人生のビジョンは?彼らにアドバイスを聞いてみましょう。もし可能であれば、彼らの真似をしてみましょう。知識を持つということは、パワフルであることと同じで無料でもらえるものなのです。
  4. 4
    他人の仕事ぶりを信用する。自分の周りの人を信用できないのなら、成功はむずかしいです。すべてをいつも細かいことまで指示する経営方法をして、みんなに誰にもチャンスを与えないと周りがムッとしますし、自分で一度に多くのことをしすぎてしまいます。成功するということの一部は、自分の周りにチームを形成できるということです。もし他の人の仕事を信用できないのでしたら、そこでは成功できないでしょう。
    • 信頼はやる気を起こさせる素晴らしい理由となるので、人を信用しましょう。もし誰かを信頼するのであれば、信頼された側に人間は、その信頼に見合うような仕事をしようとします。これはパワフルなきっかけなのです。
    • そうすることが必要なので、人を信頼しましょう。ジョン・ダンの「人は誰も孤島ではない」という言葉があります。これは誰も完全にひとりで生きていくわけではないという意味です。それを好もうが好まなかろうが、人は皆誰かに頼って生きているわけで、頼ることはオプションではないのです。
  5. 5
    助言者を探しましょう。助言者は大抵自分より経験があり、アドバイスをくれる人のことを通常意味し、ゴール達成の助けとなります。成功者の影には助言者がいます。助言者は自分のガイダンスが他の誰かの成功を導くということに満足を得るのです。
    • 助言者が役に立つエリア
      • ネットワーク。ネットワーキングは、コネクションのある人とコネクションを作ることです。よく勘違いされますが、ネットワーキングは相手と自分の互いに有益です。誰かに助言、見解、チャンスを渡すことで、何か見返りを得ることをします。
      • トラブルシュート。トラブルシューティングは、自分のアイデアをどのようにつくるか、もしくはどのようにしてうまく実行できるかということを学ぶことです。あなたの助言者は、自分がそれらのアイデアをもっといいものにすることに必要な変化を知らせてくれるでしょう。
      • 戦略化する。助言者は自分よりももっと経験、成功、失敗を経験してきているので、あたなのゴールに対するビジョンをもっと増やしてくれるでしょう。彼らの経験を活かして、未来への戦略化にしましょう。
  6. 6
    できる限り多く情報を集めるようにしましょう。聞く。勉強する。理解する。学ぶ。何度も行なう。人間は世界を見て、そこに知的コネクションを見出し、それらコネクションを使って自分の生活をよいものにする(たまには悪いものにする)ことができる素晴らしい生物です。これは情報が私たちに可能にさせてくれることです。自分の「学びのスイッチ」を絶対オフにしないこと。いつひらめきがくるのかわかりません。
  7. 7
    数字が何を伝えているのか理解しましょう。数字(たとえば測定方法など)がバックアップしない恐れがあったため、何かアイデアがあったとしてもそれを実行できなかったことはありませんか?そのような恐れはノーマルですが、数字にガイダンスをとってもらうことはよいアイデアだといえます。数字のバックアップなしで頑固に自分がうまくやっているんだということよりかは、間違いを知り、順応するほうがよっぽどいいのです。
    • たとえば、2011年にNetflixの会長リード・ヘイスティングスは、DVDレンタルのビジネスをストリームオンリーの会社、Qwiksterという一時的にな名前の会社に変えようとしました。しかしその後Netflixの愛好者たちが購読を切り始めたのです。Netflixの株価は一時的に80%も落ち込みました。[2]
    • 自分のビジョンを盲目的に実行せず、ヘイスティングスはそのとき考え直しました。彼は自分の行動を詫び内容をよくすることに集中し、Qwiksterを一時的にお蔵入りにさせたのです。ヘイスティングスは数字とクライアントの声に、自分の身を任せたのです。
  8. 8
    計算の上でのリスクを負う。自分が落ち着ける場所から飛び出してみましょう。成功者はビッグな考え方で、行動もビッグです。その機会が自分の目の前に落ちてくるまで待たない。自分でその機会を探し当てましょう。成功者は大きな投資をし(それはキャリアであったり、ビジネスであったり、教育であったりします)、そしてそれら投資はリスクとなるのです。自分のリスクを調査し、自分が勝つことを知って大きなステップを踏みましょう。大胆になりましょう。ここに取ることを考えてみたいリスクが3つあります。
    • 敵とパートナーになる。自分が長距離ランナーであっても、テクノロジー会社の社長をしていたとしても、自分の敵とパートナーを組むことで自分のリソースが増え、もっと努力して働くことにやる気を起こさせ新しい関係をつくります。

    • リードし、フォローしない。ずっとトップであることは危険だったりします。一番前で風邪を受ける、、もしくは誰かのアイデア、たとえばフェイスブックやグーグルなど誰かがすでにトライしたことのアイデアを積み上げます。誰も行なったことのないことをする勇気を呼び出しましょう。

    • ホームランではなく、一塁打と二塁打を打つ。もちろんホームランを打つことは悪いことではありません!ただ、それを毎ゲーム頼りにはしていられないということです。一塁打と二塁打を合わせ、ホームランと同じ得点にしましょう。

  9. 9
    問題を解決する。成功している人は、問題解決と質問に答えることで進歩を励まします。何をしていても、どこかで何か自分が貢献できないか見まわし考えます。彼らは何を皆奮闘して、何の文句を言っているのか?彼らのために効率よく生活を楽にしてあげられる方法は?もっとことが簡単にいくように、何かシチュエーションの側面を再デザイン・再オーガナイズできないか?重要な空白を埋めるプロダクトやサービスを提供できないか?
    • どの問題なら、やる気を出して解決したいと思いますか?
      • ソーシャル問題。フェイスブックは、人とのコミュニケーション方法を再発明してくれました。再発明されるべき同じような社交的な問題を思いつきますか?
      • テクノロジー問題。デルのような会社は消費者の声に基づいてもっと小さくて、もっとパワフルなコンピューターのプロセッサーをデザインします。何か人がやりたいと思っていてもできないことを、テクノロジーを使ってアシストできますか?
      • ストラテジー問題。IBMのようなコンサルタントは、他の会社や個人をもっと多産に儲けさせ、将来に備えられるようにヘルプします。誰かの戦略的問題を解決できるでしょうか?
      • 人付き合い問題。心理学者や結婚カウンセラーは、複雑に入り組んだクモの糸のような人間関係のウェブをしっかり進むする手伝いをしてくれます。他の人とうまくやっていけるように誰かを助けてあげられますか?
  10. 10
    テクノロジーを利用しましょう、テクノロジーに利用されないように。テクノロジーは非常にパワフルなものです。瞬時に世界の人々をコネクトしてしまい、そのアルゴリズムを素早く計算し、データエントリーなど平凡なタスクを簡単に、楽な仕事にします。しかし、そうさせてしまうとテクノロジーは重荷となってしまいます。自分のエネルギーと生産力を搾り取り、無駄になった機会の原因となってしまいます。

3
再度チャレンジ

  1. 1
    粘り強くなりましょう。失敗はするものです。それは起こり得ることだと理解しましょう。自分が落ちた後、どうやって起き上がるということが自分を定義するのです。あきらめないで。もし初めてのトライがうまくいかなくても、そこでやめないように。
    • 失敗を自分の定義にさせないように。蓄電池を作ろうと10000失敗したことについて聞かれたアメリカの大発明家トーマス・エジソンは、こう答えました。「失敗はしていない。ただ、10000個のうまくいかなかった方法があっただけだ」[3]

    • 言い訳をしない。自分の失敗を誰かや何かのせいにして正当化しない。自分が行なった失敗だと認めましょう。こうすると、自分がもっとよくなるために何を変えないといけないのか、知らせてくれます。失敗の後の言い訳は、シチュエーションをよくしようとすることへの拒絶です。
    • 失敗から学びましょう。個々の失敗は学びへの機会なのです。もし失敗を犯して、そこから学ぼうとしないのなら、また同じ失敗を今後してしまうでしょう。もし心配をしてそこから学ぶのであれば、同じ失敗をおかして時間を無駄にしないことになります。
  2. 2
    人生はフェアではないということを受け入れましょう。違ったらよかったとか、どうしようもないとか、望みに対して嘆いたりすることもあるかと思います。しかし、どれだけことがフェアでないか考えるのでなく、そのシチュエーションを自分のベネフィットへ変える方法をみつけましょう。ニュートンは自分の頭の上に落ちてくるりんごの文句を言っていたかもしれません。その代わり彼は現在自然科学の父と呼ばれ、万有引力の法則を発見したのです。
  3. 3
    成功は保証された幸せではないということを覚えておきましょう。成功はゴールを達成することですが、いつもそれが幸せを持ってくるということだと勘違いしないようにしましょう。これとあれを達成したら幸せになるなど人は勘違いをしています。満たされるということと、満足するということは、自分が人生で何を行なうかということより、どのように人生にアプローチをするかということに関係します。それを視野に入れておきましょう。
    • 途中で後に引き返せない状況を作るのするのは避けましょう。人生の多くは人間関係にかかわってきますので、ギブアップしないように。もし核分裂を作るのに安くて効果的な方法を発明したとしても、もし誰もあなたのことを好きでなくて配偶者もいなくて友達もいないのなら、それでもそれが価値のあることになるでしょうか?

    • 物より、経験に価値をおきましょう。人間は金に非常に執着します。科学者は、金で買える物よりも経験やその思い出が人をハッピーにすると考えているので不思議なものです。[4] 素晴らしい人と素晴らしい思い出を作ることにフォーカスしていられるなら、幸せになれます。

  4. 4
    恐怖と疑念を自分の考えから取り除きましょう。どのシチュエーションにでもポジティブであれるようにフォーカスしましょう。行動が考えを影響するのではなく、自分の考えが自分の行動を効果的にガイドできるということで驚くと思います。もし失敗したならば、1から始めることを恐れず、もっと成功するチャンスが与えられたと思ってそれをハッピーに受け止めましょう。

ポイント

  • すべての人間があなたとあなたの成功をよく思うとは限りません。嫉妬心で不安定になる人もいます。その事実を知り、他にあなたのことをサポートしてくれてあなたの成功を喜んでくれるひとを探しましょう。
  • 自分を信頼し、自分の能力を信じましょう。
  • 成功へのショートカットなどなく、準備と努力と失敗から学ぶことのみなのです。
  • 成功は意志力のみからくるものではなく、不変性と決意も必要です。一度何かを行なったところで大きな違いはでませんが、成功の前に何度も同じことを繰り返すときに成功があらわれるのです。
  • いつも謙虚でいましょう。プライドを持ちすぎると、それが失脚の原因になります。
  • 成功への鍵は、自分が愛せるひとつのことを探し、それをマスターすることです。

注意事項

  • 他の人の考えはあまり気にしないように。自分が達成したいことのみ固執しましょう。
  • 他の人に成功を強要すると大抵期待はずれになります。たとえばリードするということです。もしあなたの成功を彼らがみると、かれらはもっとがんばるにはどのようにすればいいのか考えだすでしょう。
  • 礼儀正しくで丁重になりましょう。成功するのに、他の人を邪魔する必要はありません。


記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Be Successful, Italiano: Avere Successo, Español: tener éxito, Deutsch: Erfolgreich werden, Português: Ser Bem Sucedido, Français: réussir, Nederlands: Succesvol zijn, Čeština: Jak být úspěšný, Bahasa Indonesia: Mencapai Kesuksesan, Русский: быть успешным, 中文: 成功, हिन्दी: सफल बनें, العربية: النجاح, ไทย: ประสบความสำเร็จ, Tiếng Việt: Trở nên Thành công

このページは 3,844 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?