成功するための計画を立てる方法

4 パート:自分自身の未来を考える情熱を見つけるやる気を持ち続ける計画を行動に移す

「私は本気で人生で成功したい。しかし、どうしたら成功できるのかわからない。」と言う人がいます。成功とは、我々が学校に入学してから社会人になるまでに、努力して得るべきものとして本質的に教え込まれるものです。成功の歩みとは、素晴らしい未来を作りながら人生において前進することです。しかし、そのような成功を成し遂げるためには、まずはどのように計画を立てるのでしょうか。

パート 1
自分自身の未来を考える

  1. 1
    落ち着いて考えることのできる場所を見つける 将来成功するための計画は、結局は自分自身のためにあります。それはすなわち、自分自身について、自分自身のために考える姿勢をまずは身につける必要があるということです。
    • 将来の成功について考えるために、妨害の入らない集中できる場所が必要です。静かな場所に身を落ち着けることで自分自身について熟考することができます。他者の影響を受けない環境で「自分自身」の納得のいく決断ができます。まさに自分の人生を考える場所です。それゆえ、集中して考えるこのひと時が、将来成功に向けて実際に行動しなければならない時に役立つはずです。
    • 自分自身のために時間を費やすことをためらってはいけません。未来の成功に向かって行動する前に、自分が何を求めているのかをはっきりさせる必要があります。本当に「自分」が求めているものは何か、そして、「他人の思惑」に流されていないかを自問しましょう。
  2. 2
    将来なりたい姿について鍵となる問題を探究する 自分の人生だと思って生きてきたが、本当に自分自身のために生きている人生だろうか。なぜ自分は変わりたいのか。すぐにでも実行可能なレベルの変革は何だろうか。このような質問の答えを探すことで、自分自身をあらためて知り、今まで闇雲に追い求めていた夢を合理的に考えることができます。答えにくい質問であるほど、とても重要な質問のはずです。
  3. 3
    過去を振り返らずに、今と未来に目を向ける この気持ちを持ち続ければ、夢に向かって我慢強く前進することができます。前進を試みようとするとき、過去について思案したとしても邪魔になるだけです。成功者になるために必要なものは、前進すること、進歩させること、そして、できるまでやり続けることだけです。
    • 過去を水に流すことで今の自分自身と本当に向き合うことができます。前進しようという気持ちがあるにもかかわらず、心の中で別の問題に気を取られている時、頭の中では今起きていることとこれから起こすべきことの判別ができなくなります。起きたことは起きたこと、そして、これから起こすべきことは今考えるべきことです。
    • 過去について考えると、失敗を思い出すことがあります。失敗が頭によぎれば勇気がなくなり、自分自身に悪い評価を与えるようになります。その代わりに、失敗は教訓と考えましょう。するべきではないものとわかっていれば、同じ失敗を繰り返すことはありません。
    • 前進することで(良いことも悪いことも)これまでの経験を受け入れることができます。間違いや失敗を引きずりながら、将来成功することは不可能です。これまでの経験を受け入れてはじめて、エネルギーのすべてを夢の達成に向けて注ぐことができます。そのため、過去にしてきた経験で無駄になるものは何もありません。

パート 2
情熱を見つける

  1. 1
    今までの人生を振り返り、自然に情熱を注いでいたものを探す 成功に向かう過程で、情熱は自信と興奮を生み出すものです。
    • 仕事だと意識せずにこなせる仕事について考えましょう。情熱と成功は深く関係し合っています。自然に熱意を感じられて、継続することで幸せと成功を得られる仕事があるはずです。
    • 興奮を感じるものをためらわずに徹底的に追求しましょう。何かに興奮を感じた時は、情熱が湧きあがっている確かな証拠です。興奮する仕事は、苦痛を伴いません。なぜなら、実に気分良く自分自身と自分の能力を活かせるからです。
    • 何に情熱を感じるのかわからない場合、これまで経験してきたものの中にパターンを探しましょう。これまで続けてきた趣味が職業になる可能性もあります。または、過去の仕事の経験が一人の人としての在り方に何か影響を与えるかもしれません。たとえば、関心や情熱を向ける対象を知りたい時は、ボランティアの経験を振り返るとたいていヒントがあります。
  2. 2
    得意分野に誇りを持つ これにより、人生で求めるものを常に目指して働けるようになります。自信と情熱はともに関係しあいながら、最も得意な分野を通して成功の可能性を広げます。[1]
    • 得意な物事に熱中し誇りを持つ時、切迫したあらゆる障害に対処できるようになります。仕事をはじめる時に興奮を感じるため、その興奮を保ちながら仕事をすることができます。
    • 自信は周囲の人にも伝わります。仕事に情熱を注いでいて、さらに自分自身や仕事に対して特有の誇りを持っている時、周囲の人々はそれを感じ取り、重要な機会を提案してくる可能性があります。
    • 誇りを持っている人は自分のことを価値のある人物だと感じています。過去に何か失敗があったとしても、その経験の中に誇るべきものがあるとわかるやいなや、今度は自分を肯定的にとらえて人生の方向性を見出します。
  3. 3
    直感を信じる 情熱が湧き上がるのを感じた時、行動することで直感が非常に冴えわたります。逆らうことなく仕事に情熱を注ぐ時、生まれながらの直感が目覚めます。結局、情熱は気持ちを高揚させ、自分自身に対しての自信を高め、良い結果につながらない難局を減らせるという確信をもたらします。[2][3] 勇気は心から信じるべき重要な直感です。周囲の声に動じなければ、本当に純粋に自分自身を信じきることができます。いかに周囲の声に動じないか、その結果としていかに有利に成功するかを真剣に考えましょう。

パート 3
やる気を持ち続ける

  1. 1
    進歩の軌跡を日記に記録する 記録をつけることでもともとの計画(最も現実に近い計画)からいかにそれているかを確認することができます。しかし、たとえ計画からそれていたとしても、恐れることはありません。夢を叶えている人は、多くの場合、日記を書くことによってその第一歩を踏み出しています。[4]
    • 実際に紙に書き出すことで計画の全体を把握できます。一覧表形式で見ると、頑張り過ぎていないかどうかを確認できます。頑張り過ぎている場合、目標を達成する前に疲れ果ててしまう可能性があります。時として人間は現実にそぐわない夢を抱くものです。これは悪いことではありません。しかし、精神に無理をかけずにこなせる現実的な負荷の量を忘れないようにしましょう。
    • 基準を設定しましょう。記録や日記などを見てたくさんのことを成し遂げてきたことがわかったら、これまでの成果を小さな成功に分類しましょう。これは成果を上げるためにどれだけの時間を費やしたかを記録する良い方法でもあります。無理のない予定を立てつつ目指している姿に近づくために、目標を積極的に調整しましょう。
    • 記録することで自分を褒めましょう。済みスタンプのついた一覧表は、目標に近づいている確かな証拠です。小さな成功を積み重ねましょう。そして、小さな夢を現実にした努力を褒める時間を取りましょう。
  2. 2
    日記を一枚破り取って、目立つところに張る 家を出るときや夜寝る時に、いつも目に入る場所に張りましょう。そうすれば、見たいと思った時にいつでも日記を見て、目標を思い浮かべることができます。
    • 明確に目で見える形で目標を持つことによって、今している行動の重要性を何度も思い出して考えることができます。
    • 毎日この日記を見ていれば、常に進路を見失うことはありません。これにより、目標基準などの小さな成功を達成するときに妨げになる心の動揺を回避することができます。
    • 自分自身と交わした約束を思い出しましょう。紙に書き出して毎日見ていれば、忘れにくくなります。紙に書き出したからには、その記録が自分自身が成功するために決めたステップであるという事実を無視できなくなります。

パート 4
計画を行動に移す

  1. 1
    預金口座を作り、毎月の収入の25%を預金する この貯金は、壮大な計画の中で、必要になるちょっとしたものを手に入れるための資金になります。たとえば、車や新しい生活の場所は全て成功するために必要な購入品です。それが必需品の購入であれ、就職準備のための講習会の受講であれ、それぞれの小さなステップの積み重ねが成功するための大きなステップにつながります。
  2. 2
    生活様式を変えるために必要なものに目を向ける たとえば、習慣や現在の生活の仕方のような、行動の一挙手一投足が本当に自分に利益をもたらすものかどうか、徹底的に調べる必要があります。
    • 無駄遣いをなくすことで大きな変化がもたらされます。不要な購入品を買わずに節約できたお金を手にすることで、長い目で見れば大きな収入につながります。要約すれば、お金を賢明に用いる方法を学ぶことが重要です。生き方や習慣を大幅に変更しなければならない可能性はありますが、やがていつかその価値がわかるはずです。
    • 自分がどこを目指しているのかを改めて確認しましょう。成功するために教育を受ける必要がある場合、成功の下準備として授業の受講を検討しましょう。(教育を受けるためには高額のお金が必要になる場合があるので、節約したお金が非常に役に立ちます。)
    • いつも付き合いのある人々に目を向けましょう。身近な人々が自分自身の取るべき行動の妨げになる場合もあり、一方で、素晴らしい支援体制になる場合もあります。だからと言って、自分を押さえつける人との付き合いを切る必要はありません。しかし、そのような人々と関わる時間の制限を考える必要はあります。
  3. 3
    計画を実行する 日記を書いた時にあらかじめ決めておいた計画に従って行動を開始しましょう。できるだけ計画に忠実に行動しつつも、一方で、変更の余地も残しておきましょう。[5]
    • 計画を実行に移すのをいつまでもためらっていてはいけません。学校に就学する時であろうと、経験を求めて行動する時であろうと、機会を見てここぞという時に実行に移しましょう。ためらう時間が長引くほど、実行が難しくなります。
    • 柔軟になりましょう。自分の考えた計画は具体的なものではないということを忘れてはいけません。将来の計画を考えて紙に書き出したとしても、人生はその通りにはなりません。骨組みとして計画を考えましょう。その骨組みに基づいて与えられた状況の中で行動する必要があります。いかに望んだところで、すべて自分の思い通りにはいかないものです。
    • 夢を持ち続けましょう。目標に向かって頑張ると同時に、他に取り組んで成し遂げたいものを夢として抱くこともできます。(柔軟に対応しつつも)自分の計画を増やし続けましょう。成功する方法を楽しみながら見つけましょう。

ポイント

  • 自分は何が得意なのか、得意になるためにはどうすれば良いのかを両親やスクールカウンセラーなどと話をしてみましょう。 大人に聞くことは気が進まないと言う人もいますが、大人たちもこうした道を歩んできています。
  • インターネットを通じて自分の将来について調べると、なりたい自分が鮮明に見えてきます。
  • 成功の準備をする時に早すぎるということはありません。今がその時です。
  • 他者から助言を与えてもらおうと待っていてはいけません。
  • 人生を決して諦めてはいけません。
  • 自分が将来どうなりたいのかについて計画を立てましょう。しかし、変化により生じる機会も柔軟に受け入れましょう。
  • 他者の成功に気を取られて自分の計画を見失わないようにしましょう。他人の収入源を知る必要はありません。

注意事項

  • 決して夢を諦めてはいけません。
  • 倒れたとしても、また、立ち上がりましょう。
  • 行動を起こす前に考えましょう。
  • 自分自身を信じましょう。
  • 付き合っている身近な友人の性質を知りましょう。取り巻きにならずに、我が道を行きましょう。
  • 批判を無視して、目標に集中しましょう。(もちろん、批判の中には考慮すべきものもあります。)

記事の情報

カテゴリ: 人生計画・ライフスタイル | ティーン

他言語版:

English: Plan For a Successful Future, Español: planificar un futuro exitoso, Français: planifier un avenir couronné de succès, Deutsch: Eine erfolgreiche Zukunft planen, Português: Planejar um Futuro de Sucesso, Italiano: Pianificare un Futuro di Successo, Русский: распланировать успешное будущее, Bahasa Indonesia: Merencanakan Masa Depan yang Sukses, Nederlands: Plannen maken voor een succesvolle toekomst, العربية: التخطيط من أجل مستقبل ناجح, 中文: 规划成功的未来, ไทย: วางแผนสำหรับอนาคตที่สำเร็จ, Tiếng Việt: Lên kế hoạch cho một tương lai thành công

このページは 1,515 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?