自分の中では自信のあったテストや課題が先生から返却された時に、ショックで落ち込んでしまうことは誰にでもあります。平均点にも達していない低い点数を取ってしまったその瞬間から、「評価にはどう影響するだろうか?」、「両親には何と言おう?」、「この科目の最終成績はどうなるだろうか?」など、数多くの疑問が浮かんできます。この失敗から立ち直り、将来同じことを繰り返さないためには正しい方法で対処したいものです。この記事をパート1から読み進め、成績不振を克服する方法を学びましょう。

パート 1 の 3:
すぐに冷静になる

  1. 1
    すぐに自分を落ち着かせましょう。悪い成績を取った時、それに慣れていないと慌ててしまうものです。そんな時、「自分には頭脳や集中力、運がなくなったんだ」と思うでしょう。しかし、ほとんどの場合はそうではありません。誰しも、時には失敗することがあります。むしろ、人生における失敗は自分自身が何者なのか、どうすれば次上手くできるのかを教えてくれるのです。
    • 慌ててはいけません。慌てるとストレスの原因となり、ストレスを感じていると良い成績を取ることができません。ある最近の研究では、重要な試験に対してストレスを感じていた学生は落ち着いていた学生よりも成績が悪かったということが分かっています。[1]
  2. 2
    たった1度悪い成績を取ったからといって学業成績が台無しになる訳ではないと考えましょう。学業成績は、授業中の小テストや発表だけではなく数多くの要素によって構成されています。先生との関係性、他の学生に与える影響、そして何よりも自分自身の「学び」が学業成績を左右します。1度の成績のみを見て学業成績の良し悪しを判断するのは、ゲストが1人到着した時点でパーティーの良し悪しを判断するのと同じことであり、的確な判断ではありません。
  3. 3
    念のため、再度テストを見て点数を計算し直しましょう。先生が点数の数え方や成績の付け方を間違えていないか確認しましょう。数学の先生でさえも計算間違いをすることがあります!
    • 間違いを発見した場合は、本当に間違っているかどうかを再確認してから先生に伝えましょう。「テストの点数が間違っているので今すぐに訂正してください!」と間違いを非難するのではなく、理解を示すようにしましょう。「酢よりも蜂蜜の方がハエをたくさん捕まえられる」という英語のことわざがあるように、厳しい態度を取るよりも礼儀正しい態度を取る方が自分の望みを叶えやすいのです。「数字が合わない部分を見つけたのですが、私がどこか見逃しているのでしょうか?」のように伝えると良いでしょう。
  4. 4
    クラスメイトの成績を注意深く尋ねてみましょう。同じクラスの多くの学生がCを取ったのであれば、自分がCやDを取ったとしても落ち込むことはないでしょう。なぜなら、Cが基準になるからです。ただし、他の学生に成績を聞く時には注意が必要です。成績を共有したくない人もいれば、逆に相手に成績を聞かれることもあるかもしれません。
    • 相対評価の場合は、他の学生の成績を考慮して自分の成績が決められます。そのため、そのテストで最も高い成績がCであればCがA相当になり、DがB-相当になるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
成績を改善するために助けを求める

  1. 1
    どうしたら成績を改善することができるのかを先生と話し合ってみましょう。先生たちは、悪い成績を取ったとしても学び、成績を改善しようとする意欲を見せてくれる学生を好ましく思います。[2] 先生たちは自分が良い役割を果たしたという気分になるのです。悪い成績を取ってしまったら、先生の所に行って「先生、今回のテストは上手く行きませんでした。間違えた問題を一緒に見直したり、今後の準備について相談することはできませんか?」と言ってみましょう。先生は満足感でいっぱいになるはずです。
    • このように先生に依頼するのは非常に難しくても、先生と話すことでたくさんのことを得られます。
      • 先生は、間違った問題やわからない部分を説明してくれるでしょう。
      • 学ぶ意欲を見て最終成績に反映してくれるかもしれません。
      • 頻繁にあることではありませんが、追加の単位を貰えるかもしれません。
  2. 2
    そのテストで成績が良かった学生に手助けしてもらいましょう。[3] 人助けは気持ちの良いことです。だから、テストで高得点を取った学生の中には成績の悪かった学生を助けてあげようとする人が多いのです。ただし、無駄な時間を過ごすのではなく学習や成績を上げることに時間を費やすようにしましょう。また、自分が惹かれている人やひそかに恋している相手を選ぶのはやめましょう。イケメンや美女と同じ部屋にいてどれだけ「勉強」がはかどるかは分かりきっていることです。
  3. 3
    両親に成績を伝えることを検討しましょう。その必要はないかもしれませんが、両親に成績が悪かったことを伝えるのも良い考えです。両親は子どもの成功を気にかけています。だから悪い成績を取った時に懸念を示すのであって、嫌な思いをさせようとしているのではありません。このことを覚えておけば自分の心を開くことができ、両親からの支援がかなり得られやすくなるでしょう。
    • 両親は、どこが間違っているのかを説明する、家庭教師を雇う、どうしたら成績を改善できるのかを知るために(たった1度悪い成績を取っただけで面談をするのは珍しいことではあるが)先生との面談を計画するなどの形で支援してくれるでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
次のテストで高得点を取る

  1. 1
    無条件に長時間勉強するのではなく、効率を上げましょう。多くの人は正しい勉強法=長時間勉強することだと考えますが、必ずしもそうではありません。目的と熱意を持って勉強すれば、たいていの場合は長時間勉強するよりも効果が出ます。
  2. 2
    授業中にはしっかりメモを取りましょう。授業中に徹底的にノートを取っておけばテスト勉強がしやすくなります。[4] その際はパソコンではなく、紙とペンを使ってメモを取りましょう。紙とペンを使って書くと、パソコンで同じことをタイピングするよりも記憶力が向上するということが研究によって明らかになっています。[5] これは、ペンで文字や数字を書くという行為が脳の運動記憶を活性化させるためです。運動記憶が活性化するということは、メモする内容が何であれ、全体的な記憶力が高まるということを意味します。
  3. 3
    記憶をリフレッシュさせるために時折休憩を取りましょう。1時間ごとに10分間の休憩を取ると、教材の暗記と学習に役立ちます。散歩をする、犬と遊ぶ、親友に電話して共感し合うなどして10分間を過ごしてから勉強を再開しましょう。
  4. 4
    実際にテストを受ける前に、模擬テストを解きましょう。模擬テストが手に入れるのであれば解いておくと良いでしょう。自分がどのくらいできているのか、どの分野や問題を改善すべきなのかを知ることができます。「習うより慣れよ」です!
  5. 5
    詰め込まないようにしましょう。余裕があるのであれば、詰め込み勉強はしない方が良いでしょう。詰め込み勉強をすると疲労が溜まり、教材に対する理解力も弱まります。また、時には自分の学力を過信してしまうこともあります。
  6. 6
    テスト前には良質な睡眠を取りましょう。研究によると、夜間の睡眠時間が1時間短くなるごとに心理的ストレスを感じる確率が14%上昇するということが分かっています。[6] ストレスが学業に影響を及ぼしていることに気づくまでは問題視する必要はありません。そのため、重要なテスト前の少なくとも数日間は質の良い睡眠を取って全力を発揮できるように調子を整えましょう。
  7. 7
    テスト当日はしっかりと朝食を取りましょう。テストで良い成績を取るには、脳と体に燃料が必要です。そのための最優先事項として、朝食を見落とすことはできません。糖分の少ないシリアル、全粒粉ベーグル、ヨーグルト、グラノーラ、オートミール、新鮮な果物などを食べて、良い成績を取るのに必要なエネルギーを体に補給しましょう。[7]
    広告

ポイント

  • 何度も何度も挑戦しましょう。良い学生と悪い学生の主な違いは、一方は失敗から学び、もう片方は諦めてしまうことです。諦めてはいけません!失敗は誰もがするものです。しかし、「良い」学生は失敗に捕らわれることを許しません。
  • この失敗を学習の機会として捉えましょう。子どもや孫が同じ状況になった場合、対処法を教えてあげる日がいつか来るかもしれません!
  • 特に気が動転したりイライラしたりする場合は、過去に受けた点数の良かったテストを見返しましょう。
広告

注意事項

  • 両親と話す時には無知で生意気な態度を取らないようにしましょう。
広告

関連記事

出典

  1. http://www.huffingtonpost.co.uk/2013/09/05/teenagers-stress-lower-exam-results_n_3872068.html
  2. César de León, M.Ed.. 教育指導コンサルタント. 専門家インタビュー. 11 November 2020.
  3. César de León, M.Ed.. 教育指導コンサルタント. 専門家インタビュー. 11 November 2020.
  4. César de León, M.Ed.. 教育指導コンサルタント. 専門家インタビュー. 11 November 2020.
  5. http://www.huffingtonpost.com/2013/04/25/study-tips-10-stressfree-_n_3149322.html
  6. http://www.webmd.com/skin-problems-and-treatments/acne/acne-care-11/lifestyle
  7. http://www.scholastic.com/parents/resources/article/health-nutrition/its-brain-food

このwikiHow記事について

César de León, M.Ed.
共著者 ::
教育指導コンサルタント
この記事の共著者 : César de León, M.Ed.. 教育指導コンサルタントのセザー・デ・レオンは、テキサス州オースティン独立学校区の現副校長です。教育プログラム開発、カリキュラム改善、生徒指導、社会的正義・公平性の指導、家族やコミュニティーとの関わりに関する指導を専門としています。全ての子供たち(特に昔から支援の手が届いていない、社会的に無視された子供たち)に対する、学校における不平等の是正に力を注いでいます。テキサス州立大学にて教育学と生物学の学士号を、テキサス大学オースティン校にて教育指導学の修士号を取得。
カテゴリ: 教育 | 学校・大学
このページは 285 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告