戦争を生き延びる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

戦争はできれば経験したくないことですが、残念ながら今日も現実に起きています。緊迫して危険な状況ですが、集中力を維持し適切な対策を講じることで切り抜けていきましょう。生活必需品を可能な限り確保し守りましょう。物資不足の状況に陥った場合に備えて、食糧と水を調達する方法を考えておきましょう。戦闘になるべく巻き込まれないようにし、必要に応じて、より安全な場所に避難しましょう。怪我や急病に備えて基本的な応急処置ができるようになりましょう。このようなスキルを組み合わせ、自分と大切な人の命を守りましょう。

方法 1 の 4:
身を守る

  1. 1
    戦闘が起きている場所を離れる 戦争が勃発すると自宅が安全な場所ではなくなってしまうこともあります。安全に暮らすことが困難になった場合は、できる限り戦禍を逃れ、新たな地を探しましょう。情勢を考慮しながらどこへ行くべきかを考え、戦闘に巻き込まれていない地域を見定めましょう。[1]
    • 戦闘から離れた地域を探しましょう。田舎や戦略的な重要性が低い都市などが考えられます。
    • 市民のために安全地帯が指定されていることもあります。近くにある場合は、そこを目指しましょう。
    • 戦闘は都市を含む人口の多い場所に集中する傾向があるので、田舎のほうが、より安全かもしれません。ただし、自然の中で生き延びる術を心得ていなければなりません。また、田舎に避難すると救援物資が手に入りにくくなるといった問題も生じます。援助団体の活動もまた都市部に集中するためです。
  2. 2
    地下室のある屈強なれんが造りの建物を防空壕代わりにする こうした建物は攻撃に耐え、損壊を免れる可能性があります。特に、地下室があるものを探しましょう。地下室は身を潜めなければならない時に役に立ちます。近隣に条件を満たした建物がないか探し、見つけ次第迅速に移動しましょう。[2]
    • 有害物質が漏れたり化学兵器が用いられた時に侵入口を塞ぐことができるかという点についても考えてみましょう。窓は閉まりますか?攻撃を受けたときに濡れタオルで目張りすることは可能ですか?
    • 適した建物が複数見つかった場合は、すべて一覧に書き出しましょう。新しい隠れ場所を確保しなければならなくなった時に役に立つでしょう。
    • 適した建物がない場合は、とにかく地下室がある建物を探し身を寄せましょう。
  3. 3
    森に逃げる場合は断熱性の高い防空壕を作る 都市部から逃げ森に隠れる場合、自然が最大の敵となります。到着次第、寒さ、雨、あるいは炎天下から身を守るための防空壕を作りましょう。.[3]
    • 兵士が通りかかっても見つかりにくい場所を選びましょう。
    • 自然を利用して防空壕を作りましょう。倒木は骨組みとして有用です。
  4. 4
    諍いをできる限り避ける 戦争という言葉を耳にすると、即座に戦闘状態が頭に浮かぶかもしれませんが、一般市民にとって個人間の諍いを避けることが実は生き延びるうえで大切です。つまり、自分が兵士でない限り、他の人と衝突しないよう、注意しながら目立たずに過ごしましょう。家族、友達、そして自分自身の身を守りつつも、自分に直接関係のない問題ごとには関わらないようにしましょう。[4]
    • 兵士が自分の住んでいる街に侵攻した時は隠れるなどして、何があっても関わらないようにしましょう。あなたは脅威ではないということを明白にしましょう。
    • 盗みを働かないようにしましょう。また、自己防衛でない限りは他人を追い詰めないようにしましょう。切羽詰まっている人は自分の身を守ろうとするので、このような行いは衝突に発展します。
    • 衝突を避けるとは、危険な場所から逃げることも意味しています。自分と大切な人の安全を確保するために、常に逃げられる準備をしておきましょう。
  5. 5
    自己防衛や追跡のために武器の使い方を覚える 暴力は避けるべきであるものの、いざという時のために備えておかなければなりません。すでに自宅に武器があり使い方も心得ていれば大きな問題はありません。そうでない場合は、何らかの武器を入手し、使えるようになりましょう。隠れている場所や防空壕でも常に手元に置いて備えましょう。[5]
    • 銃がある場合、戦時下では弾が手に入りにくい可能性があります。また、実際に発砲して練習をすると、周囲の目を引くかもしれません。これまで使ったことがない人は発砲せずに練習をしましょう。
    • 弓、斧、野球のバット、ナイフといった武器も忘れてはいけません。いざという時は役に立ちます。
    • 家族にも武器の使い方を教えましょう。一人しか武器が使えない一団は不利な状況に置かれやすくなります。
  6. 6
    自己防衛をする 暴力はできる限り避けたい一方で、どうしても戦わなければならない時もあるでしょう。危機的状況に置かれると、他人を傷つけたり搾取しようとする人が現れます。自分や大切な人が傷つけられそうになったり、物資が盗まれそうになった時は看過することはできないでしょう。相手を追い払いましょう。[6]
    • このような時、武器が役に立ちます。ただし、武器は小さな子供の手の届かない安全な場所に保管し、必要に応じて素早く手に取るようにしましょう。
    • 自分や自分の家族が危険にさらされた時、他の地域住民の助けが大きな役割を果たすこともあります。一致団結して無法者からあなたを守ろうとしてくれるかもしれません。日頃から良好な関係を築いておきましょう。
    広告

方法 2 の 4:
物資を確保する

  1. 1
    戦争が始まった時点で物資と貴重品を集める 戦争は、かなり直前の警告があったのみで突然始まることが多いので、十分に備える時間はないかもしれません。戦争に関するニュースを耳に挟んだ時点ですぐに行動を開始しましょう。貴重品、お金、食料品、水を安全な場所に移しましょう。家の中を捜索されても見つからないよう貴重品は隠しましょう。可能であれば生活必需品をできる限り買い集めておきましょう。必要になってからでは何も残っていない恐れもあるので迅速に動くことが大切です。[7]
    • 缶詰、包装された食品、ボトル飲料水は特に大切です。水道が止まる、食糧が不足するといった緊急事態に備え、蓄えておきましょう。
    • 医薬品や衛生用品も必要です。非常事態下で自分の健康を維持しなければなりません。
    • 大切な書類も安全に保管しましょう。出生証明書、結婚証明書、社会保障番号といった自分の身分を証明する書類をなくさないよう注意しましょう。国外へ脱出しなければならなくなった時に必要となります。自分や自分の家族の身分証明書がない場合、入国が許されないかもしれません。
    • 銀行口座から現金を引き出しておきましょう。オンラインバンキングは使えなくなる可能性があります。
  2. 2
    清潔な水を確保できるようにする 水は人間の生存にとって最も重要な資源です。ただ、戦争中は清潔な水が不足する恐れがあります。ボトル飲料水にも賞味期限があります。戦争が始まってすぐに、あらゆる水源を把握しましょう。また、新しい場所へ避難した際も、すぐに同様に確認をしましょう。[8]
    • 湖や小川が水の供給源となるかもしれませんが、浄化しなければ飲めないかもしれません。
    • 海が近いとしても、海水は飲めません。大変かもしれませんが、海水を飲むことで重病になる恐れがあるので我慢をしましょう。
    • 清潔な水源を見つけることができたら、その水をボトルにためて備えましょう。
    • 困った場合は雨水をためて飲み水や風呂の水として利用しましょう。雨が降るたびにバケツや桶を置き、集めます。ただし、飲み水として利用する際は必ず浄化しましょう。
  3. 3
    缶詰や保存のきく食品を集める 食糧の供給が途絶えるかもしれないので、保存のきく食品が不可欠となります。戦争が勃発したというニュースを耳にしたら、すぐに缶詰や保存食品を集めましょう。食料品店で購入するなどして手に入れましょう。食糧が不足し始めた時に役に立ちます。[9]
    • しばらく戦争が続いていると、持ち主が逃げて空き家となった食料品店に缶詰が残されているかもしれません。未開封の缶詰を見つけた時は必ず持ち帰りましょう。次に食べ物が手に入るのがいつになるのか分かりません。
    • 塩分の高い食品は喉が乾くので控えましょう。いつも以上に水を飲んでしまうことになります。
    • 自然災害を含めた非常事態に備え、常に3日分の保存食を蓄えておきましょう。常日頃からある程度の蓄えがあれば、戦争が勃発した時に慌てて買いに行かずに済みます。
  4. 4
    狩りや釣りをできるようになる 食料の供給が不安定になってきた時、自分で狩りや釣りができると有利です。追跡や狩猟の方法を身につけ、食用の肉を確保できるようになりましょう。また、釣りをして栄養豊富な魚を安定的に手に入れましょう。狩猟と釣りのどちらも、食糧が不足している時に生存を左右するでしょう。[10]
    • 捕らえた動物の肉が腐らないよう、正しく皮をはぎ、血を抜き、解体できるようになりましょう。[11]
    • 田舎でなくても狩りは可能です。都市部にも動物は生息しています。小動物を狙って罠をしかけてみましょう。
  5. 5
    衛生用品を蓄える 非常事態に陥っている時は衛生状態も悪化することが多いので、思っていた以上に衛生用品が大切になります。衛生状態が保たれれば、病気や感染症が防げるだけでなく、気分も良くなります。物資を集める際は必ず衛生用品もできる限り確保するようにしましょう。再び物資を探して集める際はあわせて補充しましょう。[12]
    • トイレットペーパー、ハンドサニタイザー、歯磨き粉、歯ブラシ、せっけん(液体せっけん)、生理用品、消毒剤などは特に重要です。
    • クシやブラシ、ひげ剃り、シェービングクリーム、デオドラントなどもあると便利でしょう。命に関わるような必需品ではありませんが、身なりを整えることができるとストレスが和らぐこともあります。
  6. 6
    食べることのできる草花を調べる どのような地域にも、食べることのできる植物が生育しています。食べられる植物を知っているかどうかが生死を分けることになるかもしれません。住んでいる地域の草花について調べてみましょう。そして、食べられるものを集め食糧にしましょう。[13]
    • 食べられる草なのかはっきりと分からない場合は、まず臭いを嗅いでみましょう。酷い臭いがする場合、食べられないものである可能性が高いでしょう。次に、草を肌の上に乗せて15分待機し、痒みや炎症が生じないか様子をみましょう。何も問題が起こらなければ、今度は唇の上に乗せて15分待ちましょう。大丈夫であれば少し食べてみましょう。15分後に胸やけや腹痛が起こらなければ、安全に食べることができます。
    • 可能であればガーデニングを行い、食べられる草花を自分で育ててみましょう。ただし、こっそりと育てなければなりません。食糧不足に陥ると盗もうとする人が必ず現れるからです。
  7. 7
    何も無駄にしない 戦争中は、あらゆる資源が不足するので、何も無駄にしないようにしましょう。古い布を再利用して服を作りましょう。食べ残しは捨てないようにしましょう。雨水をためましょう。捨てるものは何もありません。[14]
  8. 8
    他に手段がない場合は略奪する 残念ながら、生き延びるためには手段を選べないこともあります。持ち主が逃げた後の食料品店などを見かけたら、できる限りの物資を持ち帰りましょう。これは倫理的に間違った行いかもしれませんが、あなたと、あなたの家族も生きていかなければなりません。[15]
    • 人口密度の高い地域に住んでいる場合、このように見捨てられた店舗が多数あるかもしれません。ためらわずに中に入り物資を探し、必要な品を持ち帰りましょう。
    • 移動中に空き家となった家屋や建物を見かけたら、必ず立ち止まり中を調べましょう。以前の住人が残していったものが残っているかもしれません。
    • ただし、人から直接食べ物や物資を奪ってはいけません。怪我を負ったり殺される可能性があります。
    広告

方法 3 の 4:
怪我や病気を回避する

  1. 1
    基本の応急措置ができるようになる 怪我はどうしても起こります。軽度なものから重症まで様々です。そこで、応急処置の基本を身につけ、自分や周囲の人が怪我をした時に対処できるようになりましょう。物資を探す際は応急処置を行うために必要な品も集めるようにしましょう。[16]
    • 傷口を洗う際は清潔な水を使いましょう。不衛生な水や、ろ過されていない水は使えません。
    • 清潔な絆創膏で傷口を覆いましょう。可能であれば、定期的に絆創膏を取り替えましょう。
    • 緊急時は、心肺蘇生の方法を心得ていることで誰かの命が救われるかもしれません
  2. 2
    武器や軍需品には近づかない 戦争中は、地雷、爆弾といった軍需品によって一般市民の多くが怪我を負ったり命を落とします。戦闘地帯付近では、こうした危険なものが方々に放置されています。絶対に触れないようにしましょう。小さな傷で済めば良いですが、大けがを負う原因となるかもしれません。[17]
  3. 3
    清潔さを保ち感染症を防ぐ 難しいかもしれませんが、定期的に体を洗うことが健康を保つうえで不可欠です。水道が止まっていないのであれば、手短にシャワーを浴びましょう。水道が止まっている場合は、既に紹介されている方法を用いて十分な量の水を確保し、体を洗いましょう。[18]
    • バケツに雨水を集めましょう。その中にタオルを浸し、せっけんをつけます。タオルで体をこすり、最後に雨水で洗い流します。
    • 飲料水を無駄にしてはいけません。傷がない限り、ろ過されていない水を使い体を洗いましょう。傷を負っている人はろ過された水を用いましょう。
  4. 4
    密閉された飲料水以外は浄化する 水媒介性の病気は、非常事態では命にかかわることもあります。飲料水がない場合は、必ず浄化しましょう。1分間沸騰させて病原菌を殺す方法が最も一般的です。煮沸後は、目の細かいざるや布に水を通して、ろ過しましょう。[19]
    • 水が汚染されているかどうか、見ただけでは分からないこともあります。小川や川から汲んできた水は念のため沸騰させましょう。
    • 本当に切羽詰まっていて不衛生な水でも飲みたいという衝動にかられたときは、もう一度よく考えましょう。いかなる状況でも、浄化されていない汚水を飲んではいけません。病気や寄生虫が体に取り込まれ、命を落とす原因となる恐れがあります。
  5. 5
    できる限り健康な食事を心がける 選ぶことができず、食べられるものを食べなければならないかもしれません。それでも、可能な限り栄養価の高い食品を摂取することで健康を維持しましょう。ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、脂肪酸は、体の免疫を維持して病気を予防するうえで不可欠な栄養素です。[20]
    • バランスのとれた食事をできる限り維持しましょう。新鮮な野菜、果物、そしてたんぱく質を含めましょう。
    • 葉物野菜、魚、いも、ナッツ類といった栄養価の高い食品を見つけましょう。こうした食品が含まれることで、食事全体の栄養価が高まります。[21]
    • 新鮮な食材が手に入らないときは、サプリメントで栄養素を補いましょう。持ち主が逃げた食料品店や家屋に残されているかもしれません。
    広告

方法 4 の 4:
落ち着きを失わない

  1. 1
    情勢の最新状況を確認する 戦争を生き延びるうえで情報は重要です。情勢を注視し、安全な地域と危険な地域を把握しましょう。また、物資がありそうな場所も見当をつけましょう。情報が途絶えがちになるかもしれませんが、様々な方法を試してみましょう。[22]
    • SNSは有用な情報源となります。近隣住民のツイッターやフェイスブックの投稿を確認しましょう。関連性の高いキーワードやハッシュタグを駆使して、必要な情報を集めましょう。
    • 乾電池式のラジオもこうした状況下では役立ちます。地元ラジオ局などの放送を確認してみましょう。
    • 他の地域から移動中の人を見かけたら、色々と尋ねてみましょう。どこから来たのか、戦況関する情報がないか聞いてみましょう。
  2. 2
    家族や近所の人との人間関係を維持する 人間関係が戦争という厳しい状況の辛さを和らげることもあります。近くに家族がいるとストレスも軽減されます。また、家族を守りたいという気持ちが様々な場面で原動力となるでしょう。さらに、近隣住民とのつながりを維持していると、食べ物や物資を分け合ったりすることもできるので、日頃から親切に接しましょう。こうしたつながりに命を救われるかもしれません。[23]
    • 新たな土地まで逃げてきた時は、周囲の住人に自己紹介をしましょう。大親友になる必要はありませんが、面識があった方が良いでしょう。戦闘が近づいてきたときに頼れる存在となるかもしれません。
  3. 3
    前向きな考えを持つ 極限の状態では、冷静さを保ち論理的に考えられることが大切です。絶望と悲しみに圧倒されると落ち着いて考えることができなくなります。戦争中は容易ではないかもしれませんが、前向きさを失わないよう努めましょう。あらゆる手段を用いて前向きに考えましょう。[24]
    • 緊急対策を練り必要に応じて改善を加えておくと、何か起きてもどうすべきか分かっているので、気持ちが少し楽になります。
    • 不安を和らげ、冷静さを保ちましょう。
    • 人間関係を築き保つこともまた、大切です。
    広告

注意事項

  • これは、映画やゲームの中の話ではありません。映画で見たことを真似てはいけません。現実的な解決策と戦略があるかどうかに、あなたの生存はかかっています。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 旅行
このページは 135 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告