PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

夢の中に扉が現れることがりますか。その夢は繰り返し起こりますか。また、その夢が何を意味するのか、何らかのメッセージを告げようとしているのではないか、と考えることがありますか。夢に現れる扉は何らかの象徴(シンボル)だと考えられ、また様々な解釈が可能です。善を表す場合があれば、逆に、悪の象徴だと考えられる場合もあります。夢や夢が意味するものは個人により大きく異なります。夢の扉が何を意味するのかを理解するには、まず、見た夢を記録し、様々な解釈ができることを考慮に入れると同時に、夢の解釈には限界があることを学ぶことも重要です。

パート 1 の 3:
見た夢を記録する

  1. 1
    見た夢を書き留める 見た夢を書き留めるとそれが長く記憶に残り、後にどんな夢だったのかを思い出したり、他の扉の夢と比較したりするのにも役立ちます。また、夢を思い出す力も徐々に向上して行きます。[1]
    • 夢日記をつけてみましょう。夢専用のノートを用意し、夢から覚めたらすぐに書き留められるよう、ベッド脇のテーブルの上などに置いておきましょう。
    • 夢から覚めて時間が経つと詳細を忘れたり、無かったものを加えたりする傾向があるため、出来るだけ早く事細かに書き留めましょう。
    • ストーリーとして書き留めるのではなく、イメージに焦点を合わせましょう。イメージがどのような順番で出て来たかは重要ではありません。それを重視すると、ストーリーとして書き留める結果になります。
  2. 2
    自分と扉との関係を考えてみる 夢日記を読み返し、自分と扉との関係を分析してみましょう。どんな経験と、どのように関連しているでしょうか。以前、店先に通じるスイングドアのあったレストランで働いていたことを思い出しますか。その連想から、どのような気持ちが起こりますか。[2]
    • 夢の設定に注意を払いましょう。場所はどこですか。行ったことのある場所ですか。見知らぬ場所ですか。それとも想像上の場所でしょうか。
    • 扉近くに人や物が見えますか。例えば、亡くなったお祖母さんが立っていて、自分のために扉を開けてくれたとしたら、重要な意味があるかもしれません。
  3. 3
    夢の中の登場人物との関係を考えてみる 祖父母と同様に、夢の中に出てくる人物は、夢全体が意味するものに関連があるかもしれません。夢の登場人物は自分自身を表す場合が多々ありますが、私たちの心の一面を反映する場合もあります。例えば、自分のコートを引っ張る小さな子供は、内なる罪悪感を表すと解釈できる場合があります。
    • 夢に誰か現れましたか。自分と扉との関係に加えて、誰が夢に出て来たか、彼らと自分とにはどんな関係があるのかを考えましょう。
    • 夢の中の登場人物と、自分とに個人的な繋がりがあまりない場合は、大抵、彼らは私たちの魂の一部を表している可能性が高いと解釈できます。つまり、あなたの心が、あなたに何かを伝えようとしているのです。[3]
  4. 4
    夢の中で抱いた感情を思い出す 夢の中で抱いた感情は夢解釈の鍵となるため、どんな感情が起こったかを書き留めることが重要です。緊張感を持ったなら、扉は内に秘めた不安な気持ちを表している可能性があります。爽快感があったなら、扉はあなたが心待ちにしている何かを表しているのでしょう。[4]
    • 夢日記をつける際は、夢の中で抱いた感情も記録しましょう。詳細に書く必要はありません。例えば、幸福感、絶望感、恐怖感、怒り、不安感、エネルギー満々、という印象だけで十分です。
  5. 5
    人類全体に共通するシンボル(コレクティブ・シンボル)について学ぶ 心理学者のカール・ユングは、夢に現れるイメージのいくつかは、実際には普遍的なシンボルで、国や文化を超えて存在する「普遍的無意識」と強力に結びついている、と考えました。夢に現れる扉の真相について真剣に考えたい場合は、ユングの夢分析について学びましょう。[5]
    • 例えば、何かに、あるいは誰かに追いかけられる夢は、恐怖から逃げていることを意味する可能性があります。準備ができていないと感じる何かから逃げている、と解釈できるかもしれません。
    • 死を夢見る場合は、人生の大きな変化を意味するのかもしれません。また病気の夢は、内面の葛藤を意味する可能性があります。[6]
    広告

パート 2 の 3:
扉が何を象徴するのかを理解する

  1. 1
    扉が何を意味するのかを理解する 夢の中の扉は様々なことを意味します。一般的には、「移行」の象徴だと解釈されます。つまり、本人が何らかの変化を必要としているか、人生のあるステージから次のステージへの移行途中にある状態を示していると考えられます。扉は冒険、神秘、大きなチャンス、新たな始まりが迫っている可能性を示唆します。[7]
    • 英語の諺に「ひとつのドアが閉まれば、もう1つのドアが開く」がありますが、扉の夢と深い関連があると言えます。夢の扉は、人生の新たなステージを意味しているのかもしれません
  2. 2
    扉そのものを詳しく観察する 配置、状態、色、種類は全て、夢の解釈に重要です。良好な状態であれば、移行が健全かつ良好なものであることを意味する可能性があり、 逆に老朽化していれば、移行に対する自信のなさか、変化に対する恐怖心を意味する場合があります。[8]
    • 扉の色は何色ですか。赤い扉は、怒りや欲求不満を溜め込んでいる証拠だと解釈される場合があります。また、黒い扉は謎、秘密、神秘等を象徴しており、扉を開けることは危険を冒すことだと解釈される場合があります。
    • どんな扉ですか。落とし戸であれば、認識していない大きなチャンス、あるいは、潜在意識に潜む抑制された感情を表わすと解釈されます。回転ドアは、その場をグルグル回っている状態を意味します。つまり「人生に行き詰まっている」と感じているのかもしれません。
    • 自分は扉の内側外側のどちらにいますか。内側にいれば、内観が必要であり、これまでの人生を深く考える必要があることを示唆している可能性があります。逆に外側にいるなら、自由と好機を表わしていると言えるでしょう。
  3. 3
    扉の向こう側にあるものを確認する 扉が閉じていれば、機会が閉じられていることを意味するかもしれません。逆に、扉の向こう側に移動できる場合は、向こう側に何があるかが非常に重要です。扉がどこに通じているかに意識を向けましょう。夢の解釈に非常に重要な鍵となります。[9]
    • 広い土地に通じているなら、人生の輝かしい新たなステージに移行することを示しているかもしれません。
    • 一方、どこか憂鬱で、どんよりとしていて、悲しくなるような場所に通じている場合は、変化を恐れ、尻込みしている自分を表している可能性があります。
    • 扉の向こう側に慣れ親しんだ快適な場所が見えるなら、次なるステージへの移行の準備ができており、健康を維持したまま、経験を更に積みより賢明な自分に成長することを示唆しています。
  4. 4
    扉の通り道を確認する 扉を通り抜けること、またその時に感情が高まることも重要です。例えば、目覚めた時に扉の敷居を超えた記憶があれば、人生の新しいステージに移行する準備ができていることを意味します。[10]
    広告

パート 3 の 3:
夢の解釈について更に学ぶ

  1. 1
    夢や夢への科学的アプローチについて学ぶ 夢が意味するものや、夢に現れるシンボルについての理解を深めたいなら、夢研究について勉強しましょう。私たちが夢を見る理由なども含め、夢については、まだ分からないことがたくさんありますが、それでも日々、新しい発見、面白い発見がなされています。[11]
    • 人間は何世紀にも渡って夢を解釈し理解しようと試みてきました。1900年代初頭に、ジークムント・フロイトとカール・ユングが夢分析や解釈の仕方を発表しましたが、それが近代的な夢への取り組みの第一歩だとみなされています。彼らの解釈の多くは、今日でも広く採用されています。
    • 今日、科学者は様々な理論を打ち立てています。夢は実際には何も意味せず、不規則に起こる脳内の電気信号によって起こるものだ、と主張する人がいれば、 夢は防御手段として進化したもの、と考える科学者もいます。更には、夢はその日の感情や出来事の脳内処理を手助けするものだ、という考え方もあります。
  2. 2
    夢の解釈には限界があることを理解する 夢について考えることは、自分自身の深層心理を理解することに繋がるかもしれません。しかし、夢や夢の働きについては深く解明されていません。夢に現れるシンボルは、必ずしも普遍的なものではないかもしれません。つまり、全世界の人々に当てはまるとは限らない可能性があります。更に、人生における重要な決断を夢に頼って行うのは危険なため、避けるべきでしょう。[12]
  3. 3
    インターネット上に公開されている夢関連の情報を全て鵜呑みにしない インターネットには、扉、水、フェンスなど、夢に出てくる色々なシンボルの意味を説明するサイトがたくさんあります。中には検索可能な「辞書」を設けている、非常に便利なサイトもあります。「あまりにも良いこと尽くしで真実だとは思えない」という印象を持ったら、おそらくその直感は当たっているでしょう。これらの情報は話半分に聞きましょう。
    • シンボルに特定の意味を結び付けて夢解釈を行うサイトがいくつかあります。夢の解釈は実際には、遥かに複雑です。私たちの脳の仕組みや夢について、ほとんどが解明されていないという事実を考えれば、夢が何を意味するのかは、自分自身の判断を重視するか、精神分析医のアドバイスを参考にする方が安全だと言えるでしょう。[13]
    • 見た夢が何を意味するかは、個人により大きく異なり解釈も多義に渡ります。シンボルによってはその解釈が、特定の文化圏または人類全体に当てはまる場合もあるでしょう。しかしそれらは、あくまでも例外に過ぎません。シンボルが何を意味するかについては、「夢診断」を全面的に信じてはいけません。
    広告

ポイント

  • 途中までしか開いていない扉は、何かを変えるに当たって躊躇している状態を示しています。その夢は、扉を完全に開き変化に立ち向かわなければならない、と告げています。変化を望まない人は、過去に囚われ過去の自分を嘆いている可能性があります。
  • 開いていない扉は、移行に躊躇していることを示唆しています。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 哲学・宗教
このページは 320 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告