うっかり樹液に触れると手がべたべたして、本当に厄介です。取り除くために、長時間手を洗わなくはなりません。樹液を除去する方法を知ると、家庭にあるものを利用して、簡単に取り除くことができます。

方法 1 の 2:
家庭にあるものを利用する

  1. 1
    植物油、オリーブオイル、キャノーラオイルなどの調理用油やマーガリンを使います。手に油を少量取り、30~60秒間樹液がついた個所をこすります。こすり終わったら、食器用洗剤と湯で手を洗って樹液を落としましょう。[1]
    • こびりついた樹液は、重曹を少量直接樹液につけて、油と一緒にこすり樹液を分解して落とします。[2]
  2. 2
    スプーン山盛りのピーナッツバターを手に取ります。髪についたガムを取る方法と同様に、ピーナッツバターに含まれる油分が、樹液を落とすのに役立ちます。樹液がついた箇所に塗って、肌を軽くマッサージするようにこすります。樹液がはがれ始めたら、湯と洗剤で手を洗うと残った樹液も落とせます。
    • ピーナッツバターの代わりにマヨネーズを使うこともできます。[3]
  3. 3
    歯磨き粉を使います。樹液がついた箇所に歯磨き粉をたっぷり塗り、手で軽くこすります。歯磨き粉には研磨剤が含まれるので、1~2分間こすると樹液を落とせます。湯と石鹸で手を洗い、歯磨き粉を洗い流します。[4]
  4. 4
    広い範囲に樹液がついた場合は、消毒用エタノールやマニキュアの除光液を使います。肌が乾燥してしまいますが、非常に効果的に樹液を落とせます。雑巾やスポンジに溶液を浸み込ませ、軽くこすって樹液を落とします。溶液が樹液に浸み込むように、塗ってから少し時間をおいてこすりましょう。樹液を落とした後は、必ず湯と石鹸で手を洗います。
    • 除菌用ウェットティッシュや除菌ジェルは持ち運びにも便利です。
  5. 5
    WD-40を少量使います。WD-40などの油性洗浄剤を少量手に取り、液体石鹸を使う要領で手を洗います。こするだけで簡単に樹液を落とせます。樹液を除去したら、直ちに湯と石鹸で手を洗いましょう。[5]
  6. 6
    塩、蜂蜜などの天然成分を湯に混ぜて、樹液を柔らかくして除去します。大きなボウルに湯を2/3ほど入れます。塩大さじ2杯と蜂蜜をたっぷり加えよく混ぜます。この溶液に手を入れて、時々こすりながら3~5分間浸します。手を自然乾燥してから石鹸と水で洗い、残った樹液を落とします。
  7. 7
    野外活動中は、樹液に泥をこすり付けます。樹液がついたら、乾く前に泥をこすり付けましょう。泥で樹液が分解し、肌こびりつくのを防げます。泥が乾いたら石鹸と水で洗って樹液を落としましょう。
    広告

方法 2 の 2:
床、カーペット、衣類から樹液を取り除く

  1. 1
    必ず事前に目立たない部分で試してから、洗浄剤を使います。いきなりWD -40を衣類にかけてこするのは控えましょう。衣類などの目立たない部分で洗浄剤を試して、反応を確認してから使います。洗浄剤を少量付けてこすり、20分後に変色やゆがみを確認しましょう。[6]
  2. 2
    変性アルコールで布地から樹液を落とします。コットンパッドに消毒用エタノール(できれば濃度90%)を浸み込ませ、円を描くようにこすります。こうすると、布地から樹液が浮き上ります。この方法は、衣類、カーペット、カーテンなどに有効です。洗濯したり乾燥機を使うと樹液が硬くなり取り除けなくなるので、洗濯前に樹液を落としましょう。[7]
  3. 3
    ミネラルオイルを使って、硬いものの表面から樹液を安全に取り除きます。車、フローリング材など硬いものの表面に付着した樹液の除去には、刺激の少ないミネラルオイルを使います。ミネラルオイルは刺激が少なく、油性の洗浄剤として効果があります。こすりつけると、素早く樹液を落とせます。
  4. 4
    殺虫剤を使います。奇妙に感じるかもしれませんが、強力な殺虫剤を樹液に2回スプレーすると、樹液が軟化し取り除くことができます。この方法は、布地、フローリング、車の屋根などに有効です。樹液にスプレーし、数分おいて浸み込ませてからこすって樹液を落とします。[8]
    広告

ポイント

  • 髪に樹液がついた場合は、植物油と消毒用アルコールで落とすことができます。しかし、髪が絡まってしまわないよう、適切なケアをする必要があります。
  • 樹液は直接的には害ではありませんが、手に樹液がついたまま家の中を触ったり、手が服に触れると、汚れが広がり掃除が大変です。
  • 樹液が乾く前に対処すると、より簡単に取り除くことができます。

広告

注意事項

  • 衣類や家具から樹液を取り除くのは非常に難しいので、手から樹液をきれいに落とす前にそれらのものに触れないように注意しましょう。
広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

How to

ミノムシを駆除する

How to

きのこを駆除する

How to

木の根を枯らす

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

ツタを取り除く

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

ミリオンバンブーを栽培する

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

雑草を酢で除草する

How to

バラを種から育てる

How to

ヤシの木を植える

How to

マンゴーを熟成させる

How to

デーツの種を発芽させる

How to

トマトの剪定
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,638回アクセスされました。
記事のサマリーX

手についた樹液を取り除くには、少量の食用油を肌につけ、30秒~1分ほど軽くこすって拭き取ります。それでもまだ残っている場合は、ベトベトしている部分に直接重曹をつけて油と混ぜ、樹液を分解させます。または、ピーナッツバターを樹液につけてこすると、とれやすいかもしれません。また、歯磨き粉を使ったり、消毒用アルコールで拭き取るのもよいでしょう。どの方法を選ぶにしても、樹液を落とした後は温かい石けん水で手を洗い、残った汚れを洗い流しましょう。 油の代わりにピーナッツバターや歯磨き粉を使う方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 2,638 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告