映画や物語の中で手にキスする場面はひどく優雅に見えますが、現実に今でもする人はいるのでしょうか?もっともな疑問です。手にキスするかどうかは状況および文化によって差が大きいものの、確実に一般的なルールがあるので、次回、誰かの手にキスするか迷うときのために覚えておくとよいでしょう。この記事では手へのキスに関する最もよくある質問と答えをまとめました。

Question 1 の 6:
手にキスするときの正しいエチケットは

  1. 相手の手の甲に短くそっと唇を触れます。片手または両手で相手の片手を取り軽く支えます。慎重に、相手の手の甲の中央に1度かすかに唇を触れます。相手が気まずそうにした場合は、今後はしないほうが無難かもしれません。[1]
    • 伝統的に手へのキスは、「エアキス」と呼べそうなほどとても軽くするものでした。
    • 現代では手にキスすることはめったにないため、おそらく相手は驚くでしょう。不意を突かれた人がどう反応するかは一概に言えませんが、このことを肝に銘じておきましょう。
    広告

Question 2 の 6:
どちらがリードすべきですか

  1. 1
    伝統的には女性が手を差し出してキスを促します。この慣習はアメリカでは基本的に廃れています。ヨーロッパの場合、機会は減りつつありますが、手にキスする伝統は特に上流階級の間で完全に消えてはいません。今でもヨーロッパでは富裕層の年配の女性が手を差し出して男性にキスさせようとすることがあるかもしれません。とは言え、かなり稀です。[2]
    • 特にアメリカでは、キスさせようと手を差し出した場合、少しうぬぼれている、あるいは変わっている人だと思われるかもしれません。
  2. 2
    現代では、おそらくキスする側がリードすべきでしょう。アメリカでは、手を出してキスさせる人はまずいません。ヨーロッパにはこの慣習が残っている国もあるので、男性がリードして女性の手にキスする場合があるかもしれません。 [3]
    • 例えば、女性のあなたがウィーンでオペラ鑑賞に行った場合、紳士が挨拶して手にキスするかもしれません。これは伝統的で礼儀正しい挨拶です。[4]
    広告

Question 3 の 6:
女性の手にキスしても大丈夫ですか

  1. あなたが相手の女性と親しく、相手が喜ぶと思う場合はキスしましょう。初対面の相手なら、ちょっとした賭けになります。アメリカ女性の場合、手へのキスを魅力的でチャーミングだと思う人もいれば、とんでもなく古臭い、少し男性優位主義的なことだと思う人もいるかもしれません。[5]
    • あなたが手にキスする習慣のない国出身でヨーロッパに住んでいる場合は、当面はこの慣習を採り入れるのを控えましょう。真似をしても、たぶんぎこちないだけです。[6]

Question 4 の 6:
女性が男性の手にキスすることは変ですか

  1. 伝統的には、王族以外の男性の手に女性からキスすることはありませんでした。しかし、現代ではどうでしょうか。ジェンダー役割は昔と同じではありません。あなたが女性でも、男性または女性の手にキスしたいと思うなら、実行しましょう!ただし、この古風な慣習に対して必ずしも全員が良い反応をするわけではありません。このことを覚えておきましょう。[7]
    • キスする相手があなたのパートナーである場合、ジェンダー役割は全く問題になりません。たいていの人は素敵だと思ってくれるでしょう。
    広告

Question 5 の 6:
手にキスするのはどんな意味がありますか

  1. 普通はロマンチックな優しさ、あるいは崇拝のしるしです。[8] 手にキスするのはかなり昔風です。最初のデートで男性が挨拶に手にキスをしたら、単に古風な騎士道精神の持ち主なのだと思いましょう。パートナーがあなたの手を取ってキスしたら、それは愛と崇拝のしるしです。[9]
    • 古風な騎士道が自分の好みでない場合は、デート相手に気まずい思いをさせないように、あくまで礼儀正しく、「慣れてないからソワソワしちゃう」などと言って笑い飛ばしましょう。
    • アメリカではプラトニックな関係において、冗談以外で誰かの手にキスすることはありません。

Question 6 の 6:
何か他の意味もありますか

  1. 1
    ヨーロッパの一部の国々では手へのキスは単なる挨拶です。ヨーロッパでは男性(特に年配の方)があなたの手にキスしてもそれほど奇妙ではありません。あなたがヨーロッパに行き、手にキスされたとしても、ごく普通の習慣です。郷に入っては郷に従いましょう。アメリカでヨーロッパ出身の男性があなたの手にキスしようとした場合は、相手に合わせることもできますが、手にキスするのはアメリカではあまりやらないことを優しく教えてもよいでしょう。[10]
    • 挨拶として手にキスする伝統はヨーロッパの国々で今も続いている場合があります(イタリア、スペイン、オーストリアなど)。[11]
  2. 2
    歴史的には、自分より目上の人物に対して尊敬を示すため手にキスをしました。例えばイギリスでは、臣下が王や女王に跪いて手にキスすることはいたって普通でした。カトリック教会ではローマ教皇の指輪にキスする伝統が今も生きています。ヨーロッパでは昔、女性が社会的意味で「目下の」男性に挨拶する際には、手を差し出して男性にキスさせたものです。[12]
    • 例えば17、18世紀には、男性は貴族の女性の手に当然キスするものだと考えられていました。
    広告

このwikiHow記事について

Eddy Baller
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Eddy Baller. エディー・バラ―はカナダのブリティッシュコロンビアに住むデートコーチです。2011年よりコーチングを行っており、自信を築き上げ、社交術を磨き、恋愛関係をうまく運ぶための指導を専門に行っています。バンクーバー唯一のBBB認定デートコーチサービス「Conquer and Win」を経営しており、世界中の男性たちを対象に、恋愛成就の手助けを提供しています。その業績はThe Art of Manliness、LifeHack、またPOFなど、数々のメディアで取り上げられました。 この記事は1,911回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,911 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告