PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

私達の回りには状況を混乱させ、平気で他人を困らせる人がいます。しかし、当の本人は自分自身の行動に問題があるとは思っていないことが多いので、彼らを我儘で扱い難い人と決めつけても、解決にはなりません。人格障害に起因するにせよ、他に原因があるにせよ、健全さを保ちながら、彼らと上手く付き合う方法を身につけることが大切です。

パート 1
パート 1 の 4:
口論に上手く対処する

  1. 1
    身構えない まず落ち着きましょう。手に負えない人との口論では決して勝てません。「手に負えない」と言われる所以です。彼らは常に「悪いのは相手だ」と考えます。こちらが自分の言い分を分かってもらおうと必死になっても伝わりません。彼らは状況を問わず常に相手が悪いと思っているので、相手の意見など気にしないのです。
    • 会話の趣旨や目的を考えてから相手に伝えましょう。気に障ることを言われたからと言って衝動的に反応してはいけません。自分を正当化する必要はないのです。
    • 「私は」を主語にした「アイ・ステートメント」を使って話しましょう。「あなたが悪い」という表現を避け、代わりに「私は、その主張は全部本当ではないように思う」と言いましょう。相手を構えさせることなく、自分の思いを伝えることができます。
  2. 2
    相手から距離を置き、自分を切り離し、状況を和らげる お互いに興奮状態に陥ったらまず落ち着くことが、自分を守る一番の方法です。罵ったり泣いたりなど極端な感情を露わにすると、手に負えない相手を刺激して、状況がさらに困難になるだけです。相手の反応は気にせず、感情的に反応しないようにしましょう。
    • 感情を切り離し状況に冷静に対処しましょう。手に負えない人と話す時は感情的にならず、相手から距離を置き、何を言われても気にしないようにしましょう。
    • 口論の発端に執着せずポジティブな内容に話題を切り替えましょう。天気、魚釣り、相手の家族など全く別の話に切り替えると、険悪なムードが和らぐでしょう。
    • 怒りに任せての言動は自分を不利にします。これから先も腹立たしいコメントを聞きたくないなら、嫌なことは忘れましょう。手に負えない人は、相手が「自分が悪い」と直接的また間接的に言うのを待っています。
    • 言動が理に叶っていないとしても、人を「良い」「悪い」と決めつけてはいけません。人を批判すると気分が悪くなるだけです。
  3. 3
    口論を避ける 扱いが難しい人に反論してはいけません。気持ち良く振る舞うか、取り合わないようにしましょう。口論は人を感情的にさせ「逃走闘争反応」を引き起こします。冷静に考え、理性的に反応するのが難しくなります。[1]
    • 手に負えない人は闘争の機会をうかがっています。相手に同意するか、相手の言うことに多少でも真実があれば納得してその場を納めると、相手の思う通りにさせないで済みます。「嫌なヤツ!」などと悪態をつかれたら、過去に自分が嫌な行動をしたことを先に認めましょう。こうすれば過剰に話を一般化されずにすみます。[2]
  4. 4
    筋の通った会話は不可能だと悟る 手に負えない人とまともな話をするのは、ほぼ不可能です。少なくとも経験上、自分とはできないと分かっているはずです。過去、何度も相手と理性的に話し合おうと努力したことを思い出しましょう。おそらく、そのたびに何かと文句を言われたことでしょう。
    • 可能であれば、沈黙するか相手に調子を合わせておきましょう。手に負えない人を「治す」ことはできないと頭に入れておきましょう。理にかなったことをしたり、聞き入れたりできない人なのです。
    • 議論に追い込まれることは避けましょう。相手と1対1で話してはいけません。第三者を入れての話し合いを提案し、拒否されても強く要求しましょう。
  5. 5
    取り合わない 手に負えない人には注目されたいという欲求があります。あなたがその人の期待通りに行動しなければ、反応してくれそうな別の人を探すでしょう。取り合わず、話しかけず、またその人について話すことも避けましょう。
    • 手に負えない人が爆発するのは、子どもが癇癪をおこすようなものです。破壊的になったり、危険を及ぼしたりしない限り、爆発しても取り合わないようにしましょう。彼らが怒りを露わにしている時は、強力避けるか、怒りを静めるきっかけを作りましょう。
    • できれば、害になる人には単に近寄らないのが得策です。
  6. 6
    示唆に富んだ質問をする 扱いが難しい人(や人達)に「何に悩んでいるの?」「どうしてそう感じるの?」などと問い掛けましょう。会話に真剣に取り組もう、意見の不一致の根本原因を突き止めようというあなたの姿勢が伝わります。相手の理不尽な考え方を言い換えて伝えれば、相手はもっと良い結論を出すかもしれません。
    • ただし、あなたの問い掛けに対して、悪口を言う、あなたを責める、話題を変える、別の行動をするなどして状況を複雑にしようとしてくる可能性があることを覚えておきましょう。
  7. 7
    一息つく 話し合いの最中で我慢の限界に来たら、その場から身を引きましょう。相手はあなたを怒らせたいだけかもしれないので、相手の誘いには乗らないという意思表示をします。その場を立ち去り他の用事を済ませるなど、冷静に対処するのが良いでしょう。
    • 必要なら心の中で10まで数えましょう。
    • 相手が引続き理不尽な態度を取るなら、単に無視します。あなたを怒らせることができないと分かれば、最終的に相手は諦めて引き下がるでしょう。
  8. 8
    自信を持つ 相手と話す時は、相手の目を見て自信を持って自分の考えを述べましょう。このような相手には自信のない様子を見せてはいけません。うつむいたり、相手の肩越しに遠くを見ていると、弱いと思われてしまう可能性があります。怯えずに凛として分別ある態度を示しましょう。
  9. 9
    作戦を立てる 状況を避けることができない場合はゲーム感覚で対処しましょう。相手の戦略を想定し、事前に対抗策を練ります。次第に、どんな方法が功を奏するのか、逆に何が効かないのかが分かってきます。また、相手よりも先を見据えているので相手の裏をかけるという自信も湧き、気分も楽になります。ただし、最終的に大切なのは気分的に楽になることで、相手を制することではありません。
    • 相手が公の場所であなたのところにやってきて、否定的なことを囁いたとします。ここでリアクションして騒ぎになりたくないと思うなら、「本当に今この話がしたいの?」と大きな声で問いかけましょう。相手は予想外の反応に驚き、グループ全体に対する好ましくない態度を改めるかもしれません。
    • 計画通りに行かないこともあります。自分の行動がどんな結果を招くのかを常に考えて、色々な事態に備えましょう。
    • 相手が執拗にあなたを困らせようとしても、気にしてはいけません。起こったことを心に留め、次に向けて作戦を立て直しましょう。
    • 手に負えない人でも、言動が予想できれば係るのはそれほど困難ではありません。
  10. 10
    ボディランゲージをチェックする 人前に出た時の自分の立ち位置や姿勢、動き方、顔の表情を自覚しましょう。言葉に出さずとも色々な感情は表に出るものですから、そうと知らずに感情が露呈しないようにしましょう。そうすれば冷静に行動できるだけでなく、その態度が相手にも影響して、相手もいずれ落ち着いて行動するようになるかもしれません。
    • マインドフルネスを実施して自分の体をもっと意識すると、自分自身のボディーランゲージを観察しやすくなります。
    • 穏やかに話し、冷静に行動しましょう。「スロートーク」というテクニックを使ってみましょう。話すスピードを3分の1に抑えると、発話がはっきりと穏やかに聞こえます。意図的にゆっくりと音読をすることで、スロートークの練習ができます。
    • 長い間相手に視線を向ける、喧嘩腰の態度をとる、相手真正面に立ちはだかるといった攻撃的なボディランゲージを避けます。平常の表情を保ち、首を左右に振ることなく、相手との距離を適切にとりましょう。[3]
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
状況を受け入れる

  1. 1
    単に相性の問題かもしれないと考える 他の人とは仲良くしているように見えても、あなたにとっては手に負えない人かもしれません。誰にでも、よく衝突する人や馬が合わない人はいます。どちらにも非があるわけではなく、一緒に居合わせるとそれぞれの最悪の部分が出てしまうだけなのかもしれません。
    • 扱いの難しい人があなたに向かって「他の皆からは好かれてるんだ」と言うのは、責任をあなたになすりつけようとしているのです。これはあなたと相手との問題であり、他の人が相手とどのように接しているのかは関係ありません。非難しても問題解決にはならないことを覚えておきましょう。
  2. 2
    攻撃的な態度を無意識に真似しない 相手がとった好ましくない言動に知らずに感化されている自分に気づくことがあるでしょう。ふと気付くと手に負えない相手と同じように振る舞っていることがあるかもしれません。攻撃的な態度を取り出した自分に気づいたら、即やめるように注意しましょう。
  3. 3
    何が学べるかを考える 扱い難い人との付き合いにも何かしら学べるものがあります。彼らと上手く会話が運べれば、誰とでも上手に付き合えるでしょう。色々な見方があることを理解し、自分にとっては奇想天外であっても、それが事態に対処する唯一の方法だと考える人もいます。手に負えない人を避けられない時は、柔軟性、優雅さ、忍耐力など精神的な強さを養える機会だと考えましょう。
    • 人としての成熟度を考える時、年齢、知性、身分に惑わされてはいけません。
  4. 4
    気分の変化に備える 間違いを悟らせようとすると、手に負えない人は突然感情的になるかもしれません。常に自分が正しいという態度を急変させて「自分が今間違っているのであれば、常に間違っているに違いない」と言い出すかもしれません。こういった態度は他者からの同情を引き出す対処メカニズムです。
    • 手に負えない人は、人を驚かせたり混乱させたり行き当たりばったりの行動をします。気づかずにそういう態度をとることもあります。一貫性のない行動を前にしても冷静に構え、怖気づかないようにしましょう。[4]
    • 自分が被害者であるかのように振る舞うことで、あなたを混乱させてくることがあるかもしれませんが、それに乗ってはいけません。彼らが自分の行動を素直に後悔しているようなら、その反省に対してポジティブに対応しましょう。このようなやり方で人を操ることを助長してはいけません。
  5. 5
    相手の良い点に焦点を当てる 誰にでも取り柄があります。人の良い所を見ましょう。何かを上手にできたことや、相手と息が合ったことが過去にあったかもしれません。良い所を探せないなら「全ての人には価値がある」「神様はあの人にも愛を注ぐ」と口に出して言ってみると、例え相手を尊重できないとしても、自制心が働くかもしれません。
  6. 6
    誰かに相談する 親友、親戚、カウンセラーなど状況に理解を示してくれる人がいれば、その人に相談しましょう。理解が得られ気が楽になるかもしれません。相談相手は、あなたが悩まされている相手を個人的に知らず、状況にも関与していない方が理想的です(例えば同僚以外など)。
    • どうしても耐えられないなら、日記やオンラインコミュニティーに自分の気持ちを吐き出しましょう。
    • 他人にでも日記にでも自分の感情を吐き出すと、ネガティブな感情を繰り返し反すうしてしまうことを避けられます。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
自分を守る

  1. 1
    自尊心を維持する 自分の悪口を言う人の前で自分の肯定的なイメージを保つには努力が必要です。相手の言うことを気にせず、自分を尊重してくれる人、また一緒にいて楽しい人のことを考えましょう。手に負えない人は自分の気を晴らすためにあなたを傷つけようとします。
    • 手に負えない人は基本的にトラブルメーカーです。あなたに問題はありません。彼らは責任転嫁や人に罪悪感を抱かせるのに長けているので、つい「自分が異常なのではないか」と考えてしまいます。自分の間違いや欠点を受け止め、常に改善する姿勢があれば、手に負えない人には成り得ません。
    • あなたを傷つけるようなことを言うのは、自分が周りの人から「すごいね」と言ってもらいたいからです。あなた自身、他人からのそのような承認は必要ないということをお忘れなく。
    • 中傷に根拠がなければ、聞き流せば良いのです。その人があなた自身や周りの人に信じさせようとするほど、あなたは悪い人ではありません。
  2. 2
    プライバシーを守る 手に負えない人は、どんなに些細なことでも、相手のプライベートな話や情報を上手く利用して人を貶めようとすることがあります。あなたが発した些細なコメントを基に話を大げさに作りあなたを酷い人に仕立てようとします。また人を操る天才なので、人に心を開かせ大切な事を話させるのが得意です。
    • 手に負えない人があなたに対して普通に、また友達のように振る舞っても、個人的なことを話してはいけません。打ち明けたことや秘密が、私生活や職場で思わぬ形で突然返ってくることがあります。
  3. 3
    人には親切に優しくする 良識ある人になりましょう。寛容さ、忍耐強さ、謙虚さ、優しさを備えた良識ある人間になりましょう。常に分別のある行動をとり、結論を出す前に、物事を多面的に見て色々な可能性があることを考えます。
    • 悪い振る舞いが人に悪影響を及ぼすのと同様、寛容で忍耐強く親切な人は、時として他人に良い影響を与えます。
    • 自分は完璧ではないと認めましょう。すべてにおいて常に完璧である必要はありませんが、最善を尽くしましょう。相手を尊重し、相手から尊敬の念が得られない場合は、自分が悪いのではない、相手に問題があるのだと考えましょう。良い日があれば悪い日もあります。それが人生です。
  4. 4
    扱い難い人について考えない 日常生活で手に負えない人を避けることができないなら、せめて自由時間だけでもその人について考えるのを避けましょう。常に相手の事を考えてストレスを感じるということは、自分のことなど眼中にない相手に自分の貴重な時間を与えることになります。楽しめる活動に興じたり友達を作ったりすれば、相手の言動を四六時中考えずにすみ、時間の無駄にもなりません。
    • 嫌なことではなく、自分がしたいことや欲しいものに思考を向けると、ネガティブにならず、ポジティブな気持ちでいられます。
  5. 5
    相手は心理的虐待の加害者かもしれないことを知る 心理的虐待の加害者は、言葉や行動で人を傷つけます。屈辱を与える、否定する、批判する、支配する、非難する、しつこくねだる、無視するなどの戦術を使って相手を共依存に陥らせようとします。自分自身のことに関して、心理的虐待の加害者の言葉を聞き入れてはいけません。その言動は幼少期に作られたトラウマや過去の問題からくるもので、それをあなたに投影しようとしているのだと理解しましょう。[5]
    • 例えその人の言動が目に余るものだとしても、親切に優しく接するのが得策です。
    • 孤独で、人に振り向いてもらう方法を知らないとしたら、あなたの親切な態度に感謝の気持ちが芽生え、態度を変えるかもしれません。
    • 単にあなたを怒らせたいだけのひねくれ者なら、あなたが親切に振る舞うのを見て自分の望み通りにならないと益々激怒し、最終的にはあなたから去っていきます。
    • 場合によっては、このような行動をとる人はソシオパスということもあります。ソシオパスは、最初はとても魅力的に見えるかもしれませんが、すぐに支配的になり、虐待し、自己中心的になります。共感能力に欠けているため、相手のことなど気にもかけません。[6]
  6. 6
    バウンダリー(心の境界線)を決める 2人の関係において許されること、許されないことのルールを決めましょう。お互いに持ち出してはいけない話題や出来事、人について言及したり、許されない行動をしたりしないことを決めておきます。相手とじっくり腰を据えて話し合い、許されること、許されないこと、また、バウンダリーを超えたらどうなるかをしっかりと伝えることが大切です。ルールを守るか、守らないかを相手に選ばせます。
    • 考えを書き出し、話し合いの前に相手に要求すること、自分に必要なことを頭に入れておきましょう。座って話を始めます。相手が話を遮ったら、自分の話が終わるまで聞いてほしいときっぱり伝え、正直に話しましょう。必要であれば、最後通告を突き付けますが、できれば話し合いを続け、好ましくない行動を改めることのメリットに焦点を当てましょう。
    • 扱い難い人と付き合い続ける必要があるなら、できるだけ接触しないように心がけます。趣味を見つけてそれに集中する、支援グループに参加する、または宗教に専念するなどしましょう。 [7]
    • バウンダリーが犯されたら、それがもたらす結果について念押ししましょう。大目に見てはいけません。「出て行く」と相手に伝えてあるなら、その通りにしましょう。
  7. 7
    別れる 手に負えない人とはいずれ別れる必要があります。家族であっても、おそらくいつかは別々の道を進まなければならないでしょう。手に負えない人と長く付き合うのは健全ではありません。できるだけ早く別れましょう。
    • 一度別れたら離れていましょう。どんなに相手を愛していても、または相手が変わると主張したとしても、戻ってはいけません。
    • 今すぐに別れたり、出て行ってもらったりできないなら、物理的に別れられるまでの間、精神的に関係を絶ちましょう。
    • 関係を絶つという行為は、最初は痛みを伴いますが、過去の習慣を乗り越えられれば解放感が得られます。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
色々なタイプの人に対処する

  1. 1
    その人のどんな点が気に障るのかを考える 人は皆それぞれに一言で表現できるような性格的特徴を持っています。甘えん坊、支配的、被害者ぶる、受動攻撃的、大袈裟、負けず嫌いなど、色々な人がいます。手に負えない人がどんな人か、簡単な言葉で言い表すことで、対処の仕方も簡素化できるかもしれません。[8]
    • 甘えん坊は、常に不安を感じています。自分の弱さを自覚しているので精神的に強い人に憧れる傾向があり、愛情に飢えています。[9]
    • 支配的な人は、批判的完璧主義者で、常に自分が正しくなければ気がすまず、他人の行動を咎める傾向があります。[10]
    • 負けず嫌いは、常に相手に勝ちたいという気持ちが強く、対人関係、会話、コンテストなどで自分の優位性を証明しようとします。 [11]
    • 受動攻撃型は、巧妙に人を怒らせるなどの手法を使って闘争心を間接的に表します。「私の事は気にしないで。大丈夫だから」と言う言葉を真に受けて、相手に構わず自分の事に専念すると後で大変なことになります。
  2. 2
    効果のない対処法を理解する あるタイプの人に効果的でも他のタイプには全く効かないことがあります。試行錯誤を繰り返し、手に負えない人に対してどんな対処の仕方が効果的で、何が効かないのかを理解しましょう。何をしても全く効き目がないこともあります。
    • 甘えん坊は、付き合いを避けると離れまいと必死になります。あからさまに拒否すると、敵対心をむき出しにします。また知らん振りをすると傷つきます。[12]
    • 支配的なタイプに対しては、あなたが正しく相手が間違っていることは証明できません。何があっても彼らは常に正しくなくてはならず、批判的な完璧主義者ですから、あなたがもっと頑張ったところで、文句を言うのをやめることはありません。[13]
    • 負けず嫌いは相手の弱点を利用して優位に立とうとするので、彼らの前では感情を見せてはいけません。あなたが立ち向かって勝とうすると、あなたを見捨てるか、勝ちに固執する傾向があります。 [14]
    • 不平を言う人に同意したり、なだめようとしてはいけません。また別のことで怒り出すだけです。
    • 犠牲者の振りをするタイプは人の同情を引きたいと考えます。同情してはいけません。また、言い訳をさせてもいけません。現実的なサポートを提供しましょう。[15]
  3. 3
    効果的な方法を見つける 苦手な人に当てはまる性格タイプを検討して、短所に対処するとよいでしょう。長所を使って、対立や対人関係のストレスを解決し短所を目立たなくしましょう。性格のタイプによっては、いい結果が出るかもしれません。
  4. 4
    甘えん坊、支配的なタイプ、負けず嫌いに対処する それぞれのタイプの特徴を理解しましょう。甘えん坊タイプに自信をつけさせるには、責任を課したり指導したりすることが必要です。支配的なタイプは、しばしば不安に陥り自分が無力ではないかと恐れていることがよくあります。負けず嫌いのタイプは、自分のイメージをとても気にする傾向があるので、何かに勝利した後は親切で寛大に振る舞うことが多いでしょう。
    • 甘えん坊タイプには仕事の仕方を見せて自分でするように仕向けましょう。「あなたの方が上手にできるから私がすべきではない」という言い訳を許してはいけません。助けが必要な状況を見つけて、その人にサポートを求めましょう。[16]
    • 支配的なタイプに怯えてはいけません。また、相手の言葉に怒りを露わにしてはいけません。自分が良い成績を収めたら率直にそれを認めましょう。支配的なタイプがそれを否定しても歯向かってはいけません。[17]
    • 負けず嫌いタイプに対しては、常に勝たせるように接しましょう。議論となれば、決して自分の意見を曲げないタイプです。相手の意見を認めた上で「考えさせて」と言って一旦終結させましょう。[18]
  5. 5
    横柄な人、不平不満ばかり言う人、犠牲者ぶる人に対処する 横柄な人は、人が自分の話を聞くことが重要だと考えます。不平不満ばかり言う人は、未解決の問題を怒りとして溜めていて、人に話を聞いてもらいたいのです。犠牲者ぶる人は、自分に度々起こる不運のせいで成果が挙げられないという口実を使います。
    • 横柄な人と付き合うなら、話をよく聞きましょう。[19]
    • 不平ばかり言う人と付き合うには忍耐が必要です。できれば交流を避けましょう。[20]
    • 犠牲者ぶる人が遅刻したり問題を起こしたら大目に見ましょう。遅刻しても面倒を起こしても、言い訳しない人たちに対処するように普通に反応しましょう。感情的にならずに助言を試みましょう。[21]
  6. 6
    大袈裟タイプや受動攻撃タイプの人に対処する 大袈裟に振舞うタイプは周囲の注目を集めるために生きていて、そのためにはどんなことでもします。評判の良い地域に住み、身なりをきちんと整えて、子どもをしかるべき学校に入れることを信条にします。また、受動攻撃的な人は、自分の望みやニーズを効果的に表現する方法を知らないので、しばしば敵対的になります。
    • 男女、様々なジェンダーにかかわらず、大袈裟に騒ぎ立てる人は英語では「ドラマ・クイーン」と呼ばれます。その大袈裟な話や激しい感情の変化に巻き込まれないように注意しましょう。
    • 受動攻撃タイプの人に対しては、問題となり得る振る舞いや状況を具体的に話しましょう。彼らの敵対心に反応を示さず問題を解決できるように練習をしましょう。バウンダリーを設定し、自分の期待やニーズを自分で伝えられるように、積極的に物事を求められるように勇気づけましょう。[22]
    広告

ポイント

  • 自分が扱い難い人なのではと不安に陥ったとしたら、その自覚があるということで第一関門をすでにクリアしています。心を開いて人の意見を聴きましょう。自分の意見は大切ですが、自分の意見だからといってそれが正しいとは思わないようにしましょう。
  • 職場で手に負えない人に対処する時は、落ち着き、冷静になりましょう。皮肉ると仕事を失うか、上に報告されるかもしれません。社会人として責任ある行動をとりましょう。
  • 解決のために暴力に頼ってはいけません。
広告

関連記事

女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
密かに男性に好かれているかどうかを見極める密かに好かれている?男性の好意を確かめる方法
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける
映画館でイチャイチャする映画館でイチャイチャする
ベッドで夫を感激させるベッドで夫を感激させる
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女に嘘をつかれたときの対処彼女に嘘をつかれたら、どう対処すべき?
お互い好きなまま別れた状況を乗り越えるお互い好きなまま別れた状況を乗り越える
メッセージで男性をムラムラさせるメッセージで男性をムラムラさせる
牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる牡牛座の男性に自分を恋しく思わせる
蠍座の女性を口説き落とす蠍座の女性を口説き落とす
自分に興味のない女の子を振り向かせる自分に興味のない女の子を振り向かせる方法(女の子の気を惹く方法16選)
広告

このwikiHow記事について

Julia Lyubchenko, MS, MA
共著者 ::
成人専門カウンセラー、睡眠術療法士
この記事の共著者 : Julia Lyubchenko, MS, MA. ジュリア・リュブチェンコはカリフォルニア州ロサンゼルスにて「Therapy Under Hypnosis」を運営している成人専門カウンセラー、そして催眠術療法士です。 カウンセラー及びセラピストとして8年以上の経験があり、情緒不安定や行動障害の治療を専門としています。ボスールジ・メソッド・スクールにて臨床催眠療法士の認定資格を取得。精神力動的精神療法士と睡眠術療法士としても認定を受けています。アリアント国際大学にてカウンセリング心理学とマリッジ・ファミリーセラピーの修士号を、モスクワ州立大学にて発育性・児童心理学の修士号を取得。 この記事は9,484回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 9,484 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告