手の大きさの測り方にはいくつかの異なる方法があり、測る目的によって適した方法も異なります。例えば、手袋のサイズを把握する必要がある場合は、手囲いや手長をインチやセンチメートルで知っておく必要があります。また、身体能力などを評価する際、親指と小指をいっぱいに広げた長さが参考になることもあります。また、楽器を選ぶ際に重要となる場合もあるでしょう。

方法 1 の 3:
手囲いを測る

  1. 1
    手を測る 巻き尺を使い、もっとも幅のある位置(指の付け根の位置)で長さを測りましょう。通常は、手のひらの外側(小指の付け根)から手のひらの内側(親指と人差し指の間)までで、親指の外側は含まれません。手のひらだけが測定の対象となります。
    • 巻き尺がない場合は、紐や短冊状に切った紙を使いましょう。巻き尺を使う時と同様に、こうした代用品を手の平に巻きつけ、端がぶつかる位置に印をつけます。真っすぐに伸ばし、印をつけた位置までの長さを測りましょう。
  2. 2
    尺を記録する 巻き尺の目盛りを読みましょう。大人の場合15~28センチ程が平均的です。子供の場合、2.5~15センチ程でしょう。手囲いが長いほど、手袋のサイズも大きくなります。[1]
  3. 3
    手袋のサイズと照合する 手囲いの長さが判明したら、標準的な手袋のサイズと照らし合わせて、自分のサイズを見つけます。[2]t下記を目安に、サイズ表に書かれている手囲いを確認しましょう。
    • XS(SS):18センチ前後
    • S:19~20センチ前後
    • M:21~23センチ前後
    • L:24~25センチ前後
    • XL:27~28センチ前後
    • XXL:29~30センチ前後
    広告

方法 2 の 3:
手長を測る

  1. 1
    手が大きい場合は手長を測る 手が特に大きい、あるいは長い人は、手袋のサイズを把握する際、手囲いでなく手長を測る必要があるかもしれません。手袋の多くは、長さと幅が比較的同じになっている手を想定して作られています。つまり、平均以上に長さがある人は、手のひらの自体の大きさは平均的でも最も大きなサイズを着用しなければならないこともあります。
  2. 2
    手を振る要領で手を掲げる 指先を天井に向けましょう。
  3. 3
    中指の先から手のひらの付け根までを測る 手のひらの付け根とは、手のひらと手首の接点です。長さをメモしておきましょう。手長の方が手囲いよりも長い場合、手長の長さをもとにして手袋のサイズを決めましょう。この距離が長いほど手袋のサイズも大きくなります。[3]
    • 野球用グローブのサイズを決めるために計測するのであれば、中指の先から手首までの長さを測るようにしましょう。この距離が長いほどグローブのサイズも大きくなります。[4]
    • テニスラケットのグリップのサイズを決めるために計測するのであれば、手の平の最も低い位置にある横ジワからと薬指の先の距離を測りましょう。この横ジワの位置が、ラケットを握る時に親指の線に沿って折りたたまれる位置となります。[5]
    広告

方法 3 の 3:
親指と小指をめいっぱい開いたときの距離を測る

  1. 1
    この長さが必要なのか考える この長さは、例えばアメフトのクォーターバックの選手が、ボールをキャッチする、ボールを投げる、さらにタックルや掴むといった動きを行うための身体的な能力を把握する際に役立ちます。また、チェロやバイオリンのサイズを選ぶ際に参考にします。
    • 親指と小指をめいっぱい開いた時の長さが15センチ以上の場合、最も大きな4/4のサイズのチェロが必要となります。13~15センチの場合は3/4のチェロを、10~13センチの場合は1/2のチェロを、さらに7~10センチの場合は1/4のチェロを選びましょう。ただし、身長、腕の長さ、年齢、技の熟練度、といた要素も考慮して最終的に決定しましょう。
    • スポーツキャンプといった場やデータ分析において経験則として用いられていることもあります。アメフトや野球などの大会に積極的に参加していると、この長さを報告するよう求められるかもしれません。
  2. 2
    平面に定規を置く 表面が滑りやすい場合はテープで固定しましょう。快適に指を広げられるような状態であることを確認しましょう。
  3. 3
    手を広げる 利き手を出し、指をできる限り開きましょう。親指と小指に集中し、最大まで伸ばします。
  4. 4
    利き手の左側を定規のゼロに合わせる 左から右に向かって目盛りがすすみます。左右どちらの手を使って計測しているのかによって、ゼロに位置する指が親指である場合も小指である場合もあります。手のひらを下に向けて計測しましょう。中指が定規に対して垂直に伸びているようにしましょう。
  5. 5
    長さをメモする 手の右側に位置している目盛を確認します。こうすることで、最も厚みのある位置での手の左右の距離を把握することができるはずです。グリップの幅を決める際は、親指の先から伸ばした小指の先までの距離を測りましょう。[6]
    広告

ポイント

  • 米国ではセンチメートルをインチに直しておくと便利でしょう。元のセンチメートル単位の数値を2.54で割るとインチになります。長さがあるほど、手袋のサイズも大きくなります。
  • 手が小さく、標準的なサイズのバイオリンが支えにくく困っているという人は、7/8のサイズを検討してみましょう。これは「レディースサイズ」と呼ばれているサイズです。

広告

必要なもの

  • 巻き尺
  • ペン
  • 鉛筆
  • 補助者
  • テープ

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

自分で身長を測定する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

プラスチックに塗装する

How to

革を染める

How to

六角形を描く

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

息を長く止める

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

硬貨を洗う

How to

タッチペンを手作りする

How to

バルーンアーチを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,444回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 4,444 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告