PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

多機能なキッチン製品が世の中に広がるにつれて、手動の缶切りを使う人はすっかり少なくなりました。手動の缶切りは比較的に単純な作りをしていますが、上手く扱うには慣れが必要です。開けた缶の鋭利なふちで指を切らないように気を付けましょう。

方法 1 の 3:
位置決め

  1. 1
    缶切りの刃について把握する 典型的な手動缶切りには、蓋に穴を開けるための鋭い刃が付いています。刃はかぎ状またはカーブ状になっていることもあり、通常はつまみ、軸、歯車の3つのパーツと共に2つの長い持ち手の先に取り付けられています。この種の缶切りは、持ち手を開閉して歯車で蓋のふちを挟み込んで使用します。[1]
  2. 2
    水平で安定した場所に缶を置く 空中ではなく、安定した場所に底をしっかりと押し当てて作業しましょう。空中で行うと十分に力が加わらず、蓋に穴を開けることができません。また、手を怪我したり中身をまき散らしたりするおそれもあります。
  3. 3
    缶切りの持ち手を開く 持ち手を最大限に開き、適切な位置に缶切りを合わせます。[2]
  4. 4
    刃を缶の上部に当てる 刃を蓋の端に合わせると、歯車が外側のふちに当たります。刃を回転させるためのつまみは缶の外側を向いているはずです。
    広告

方法 2 の 3:
缶を開ける

  1. 1
    蓋に穴を開ける 持ち手を閉じると、刃が缶の蓋に食い込みます。蓋に穴が開くと、缶の内圧が解放されてシューッという音が聞こえるでしょう。[3]
  2. 2
    つまみをひねる つまみを回すと、ふちにそって歯車が回ります。つまみをひねるごとに歯車が一定の距離だけ進み、蓋がまっすぐに切れます。缶を一周する直前で手を止めましょう。
    • 通常、つまみは時計回りに回します。上手くいかない場合は、反時計回りに回してみましょう。
  3. 3
    蓋を持ち上げる 切り口に爪やナイフを差し込んで蓋を少しだけ持ち上げ、指で掴みます。次に、蓋を慎重に引き上げて缶から切り離し、中身をボウル等の容器に移します。缶から直接食べてもよいでしょう。缶や蓋の切り口は非常に危険です。蓋を開ける際は、蓋の側面ではなく上下を掴み、細かな切りくずに注意しましょう。金属片が中身に一度混じってしまうと取り除くのは困難です。
    • 缶切りで蓋を完全に切り離してもかまいませんが、そうすると蓋が缶の中に沈んで取り出しにくなる可能性があります。このような場合は、ナイフ等の平らで頑丈なものを使って取り出しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
問題が起きた場合

  1. 1
    缶切りの位置を再調整する 歯車が回っている時に十分な力が加わっていないと、刃が蓋の表面で空回りすることがあります。このような時は、刃の位置を調整する必要があります。缶切りを一度缶から離して、切り口に刃を当てなおしましょう。
  2. 2
    使用後は毎回缶切りを手入れする 食品に直接触れるところは汚れが溜まりやすい部分です。主に歯車や刃などの細かい部分に付着したこうした汚れを放置すると、細菌が繁殖するおそれがあります。
  3. 3
    他の方法を検討する 手動缶切りを上手く扱えない場合は、自動缶切りやナイフ(十分に注意しましょう)を使う等、他の方法を検討しましょう[4] 。また、少し摩擦を加えれば爪でこじ開けられる缶もあります。
    広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
牛乳からバターミルクを作る
人参を蒸す人参を蒸す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,075回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 1,075 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告