PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

手足の肌色が濃くなる原因は、汚れ、薬、環境的および化学的要因、感染症、炎症、有害な太陽光線への曝露など様々です。数々の化粧・美容品会社が美白製品を製造しており、ドラッグストアや薬局で購入することができますが、肌に局所的に塗って美白効果がある食品も多く存在するので、キッチンより遠くへ行くことなく美白成分を手に入れることができます。ただし、光り輝く健康な肌を維持する最適な方法は、バランスの取れた食生活、定期的な運動、健康的な生活習慣、スキンケアだということを覚えておきましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
肌を美白する

  1. 1
    乳酸を含む食品を使います。乳酸は、特定の食品に自然に含まれる酸の集合体であるアルファヒドロキシ酸です。壊死した皮膚の表面層を取り除く効果があり、乾燥肌、鮫肌、肌の黒ずみを軽減する市販のスキンケア製品によく使われています。[1] 紫外線によるダメージを受けやすくなるので、乳酸を含む製品の使用は夜だけに限りましょう。[2]
    • 就寝前にプレーンヨーグルトを手足に薄く塗りましょう。10分間おいて温水で洗い流します。週2回繰り返しましょう。
    • このような美白トリートメントを行ったとしても、日焼けによる肌のダメージを防ぐために、日中はSPF15以上の日焼け止めを塗る必要があります。
  2. 2
    ビタミンCを豊富に含む柑橘類を使います。柑橘類に含まれるクエン酸は剥離剤として作用し、シミの色を薄くする効果があります。一方ビタミンCは肌を整え、色素沈着過度に効果があります。[3] 色素沈着過度は過剰に分泌されたメラニンが沈着することで起こる肌の黒ずみです。[4] 顔に柑橘類を使うのはやめましょう。酸が肌の自然なPH値(水素イオンの濃度)に影響して肌が紫外線の影響を受けやすくなるので、顔以外の部分にも注意しながら使う必要があります。[5] 肌に柑橘類を使うのは週1回に抑えましょう。
    • 就寝前に、搾りたてのレモンやオレンジの果汁をコットンで手足に塗りましょう。30分間おいて温水で洗い流します。[6]
    • オーブンで乾燥させたオレンジの皮を粉状にすり潰します。この粉をプレーンヨーグルトに混ぜて、就寝前に肌に塗りましょう。15~20分間おいて洗い流します。
    • パパイヤの果肉¼カップをすり潰し肌に塗ります。パパイヤは水っぽいので、この方法は浴室で行いましょう。20分間おいて洗い流します。[7]
    • 天然の抗真菌剤として作用するリンゴ酢には美白効果もあります。水と1:1の割合で混ぜ、手足に塗り乾かします。[8]
  3. 3
    スパイス、小麦粉、クレイパウダーでフェイスマスクを作ります。ターメリック、ひよこ豆粉、ムルタニミッティ(フラー土)は長く美白に使われてきました。これらの材料はすべて、水や他の液体と混ぜて肌に塗りやすいペーストを作ることができます。
    • ムルタニミッティかひよこ豆粉大さじ1杯をローズウォーターと混ぜ、固いペーストを作ります。[9] このペーストを手足に塗り、乾いてから温水で洗い流します。[10] 週に2~3回繰り返しましょう。
    • ターメリック大さじ1杯をキュウリのしぼり汁かプレーンヨーグルトと混ぜ、水っぽいペーストを作ります。ヨーグルトを使うとより濃いペーストになります。肌に塗り20~30分間おいて洗い流します。2~3日に1度行いましょう。[11]
  4. 4
    大豆やでんぷんを使います。豆腐のような大豆製品や、ジャガイモおよび米などでんぷんを含む食品には美白効果があります。潰した豆腐ペーストを肌に塗ったり、薄切りしたジャガイモで手足を直接こすったりして使います。10~20分おいて肌をすすぎ、豆腐やジャガイモの汁を洗い流しましょう。ペースト状にした米粉や米のとぎ汁を使う方法もあります。
    • 米粉大さじ1杯と水を混ぜてペーストを作り肌に塗ります。10~20分間おいて洗い流しましょう。
    • 米を炊く前に1~2合の米をといで、米を漉した後のとぎ汁を取っておきます。米のとぎ汁に手足を10分間浸してすすぎましょう。[12]
  5. 5
    市販の美白製品を使います。美白効果のあるクリームやローションが数多くあり、ドラッグストアや化粧品店および美容品店で取り扱っています。このような製品の多くは、肌の色素であるメラニンの量を減らすことで作用します。[13] ただし、美白製品はリスクも伴うため使用前に医師に相談しましょう。
    • 水銀を含む美白製品を使うのはやめましょう。
    • 美白製品の多くはハイドロキノンを含みます。この成分を長期に渡って使用するとがんにつながる恐れがあるため、このような製品を避けることも検討しましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
肌の清潔と潤いを保つ

  1. 1
    毎日肌を洗います。毛穴の詰まりや汚れで肌の色が濃く見える場合もあります。肌を清潔に保つとニキビ予防効果があり、見た目にも新鮮で清潔です。肌を清潔に保つのに高級ブランドの洗顔剤などは必要ありません。低刺激の洗顔剤で洗うだけで十分です。
  2. 2
    毎日保湿します。市販のお気に入りの保湿剤やシンプルな自家製保湿剤を使うことができます。洗顔の後は必ず保湿しましょう。シンプルな自家製保湿剤は次の通りです。
    • ココナッツオイル、アーモンドオイル
    • ココアバター、シアバター
    • アロエベラ
  3. 3
    肌の角質を除去します。肌を健康に保ち、黒ずみを軽減する最適な方法の1つは、角質除去です。角質除去とは、肌の表面から壊死した皮膚細胞を取り除くことです。週に1~2回を超えて角質除去を行うのは避けましょう。オリーブオイルやココナッツオイルと次のものを混ぜて、天然成分の角質除去剤を手作りし、手足の肌に使うことができます。
    • 粉コーヒー
    • オーツ麦
    • 砂糖
  4. 4
    定期的に手をマッサージします。お気に入りのローション、アロエベラ、はちみつを塗って手足をマッサージしましょう。[14] こうすると肌を保湿し血液循環を改善する効果があり、どちらも輝く健康な肌を保つのに効果的です。はちみつを使うとべたつくので、必ずマッサージ後に洗い流しましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
肌の黒ずみを防ぐ

  1. 1
    健康的でバランスの取れた食生活を心がけます。肌の黒ずみの最大の防御策は、そもそもそれを防ぐことで、そのためには適切な食事が最も効果的な方法の1つです。正しい食生活は体全体の健康を維持し、健康な体は健康な肌につながります。
    • 虹色の食品を摂ります。できるだけ多くのビタミンやミネラルを食事から得るために、すべての色の新鮮な野菜と果物を食べます。肌を引き締め弾力を保つ効果があるビタミンCを豊富に含む食品を摂りましょう。[15]
    • 十分な量の水を飲みましょう。健康な体と肌に水は大切ですが、過剰に摂りすぎるのも危険です。水分摂取の大雑把な法則は、自分の体の声を聞くことです。つまり、喉が乾いたら水を飲みましょう。[16]
    • アボカドのようなヘルシーな脂質を避けるのはやめましょう。体が生き延びるためだけでなく、肌の健康と活力を保つためにも脂質が必要です。[17]
    • 加工食品や持ち帰り食品ではなく、家庭で作った新鮮な食事を選びます。
  2. 2
    太陽から肌を守ります。肌の黒ずみの最大の原因の1つは、紫外線A波と紫外線B波への曝露です。肌を紫外線から守るために肌自体がメラニンを形成し、メラニンが多く形成されると肌が黒ずみます。[18] 太陽から肌を守る最適な方法は避けることです。避けることができない場合の対処法は次の通りです。
    • 運転の際は、手袋を含む日焼けを防ぐ服装を心がけましょう。
    • 手足にも日焼け止めを塗りましょう。
    • SPF値が表示されている化粧品やリップクリームを使いましょう。
  3. 3
    手足をケアします。汚れ、環境的および化学的要因へ曝すこと、感染症等が原因で肌が黒ずむこともあるので、手足の肌を保護し清潔に保つことは肌の健康に不可欠です。手足をケアすると、肌の黒ずみやダメージを防ぐ効果もあります。
    • 刺激の強い化学成分は肌を傷める恐れがあるので、できれば肌に触れないように気を付けます。
    • 不適切な器具の消毒が真菌感染につながる恐れがあるので、マニキュア・ペディキュアについては用心深く慎重に行いましょう。[19]
    広告

関連記事

キスマークを偽造するキスマークを偽造する
目の形を判断する目の形を判断する
眉毛にスリットを入れる眉毛にスリットを入れる
片方の眉を上げる
眼鏡を調整する
ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせるビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる
シュガーリング用ペーストを作る
メイクで偽物のあざを作るメイクで偽物のあざを作る
血管を浮き上がらせる血管を浮き上がらせる
インディアンヒーリングクレイでパックする
肌のアンダートーンを見極める肌のアンダートーンを見極める
つけまつげのグルーを落とす
液体ラテックスを使って特殊メイクをする方法 - wikiHow専門家からのアドバイス
そばかすを作るそばかすを作る
広告

このwikiHow記事について

Kaveri Karhade, MD
共著者 ::
学会認定皮膚科医
この記事の共著者 : Kaveri Karhade, MD. カヴェリ・カーヘイド医師は、レーザー皮膚科、一般皮膚科、および美容皮膚科医としてサンフランシスコベイエリアを拠点に活躍しています。専門はニキビ治療と脱毛治療です。注射剤、レーザー、手術、その他審美治療に関する高度な訓練を受け、幅広い研究結果を医学雑誌で発表しています。 ミシガン州立大学にて学士号を、同医学部にて医学博士号を取得。内科のインターンをニューヨーク大学医学部にて、皮膚科研修をブラウン大学医学部にて修了。米国皮膚科学会および米国皮膚形成手術学会会員。 この記事は1,455回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 1,455 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告