PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

手首のサイズが分かれば、腕時計やブレスレットをつける時にどのサイズがいいかを簡単に判断することができます。どのようなジュエリーをつけるのかを決めて、手首の外周、手首の幅、手の外周など必要な寸法を確認しましょう。紐を各部に巻きつけ、長さを確認します。手首の寸法を使えば体型サイズを知ることもできます。

方法 1 の 2:
腕時計やブレスレット用のサイズを測る

  1. 1
    腕時計やブレスレット用の寸法は、手首周りの長さを測る 一般的な腕時計やブレスレットは、手首の周りに巻きつけるように作られています。そのため、正しいサイズを確認したいのであれば手首周りの長さを測りましょう。正確な長さを測るために、手首の中で普段ジュエリーをつける部分を選びます。たいていは手首の一番太い部分か、手首の関節部のすぐ下を測ります。[1]
    • 心拍計用にサイズを計測している場合は、手首の関節部から約1~2cm肩側に離れた部分を測ると、心拍数を正確に測定することができます。[2]
  2. 2
    オープンバングル用に手首の幅を測る オープンバングルには切れ目があるので、そこから手首を入れて装着することができます。手首の幅で一番太いところを選びます。たいてい、どちら側の腕でも、手首のくるぶしのような骨がある部分が一番太くなります。オープンバングル用に計測する際、手首の側面から側面までの幅だけが必要となります。[3]
  3. 3
    環状のバングル用であれば指関節の周りを測る 環状のバングルは身につける際に手を入れ込まないといけません。正しいバングルのサイズを探すために手首の計測をしているのであれば、手を握り、掌を上に向けます。親指で小指の先を触るようにして、バングルをつける時と同じような手の形にします。指の付け根の関節周りを計測しましょう。[4]
    • 正確な計測をするためには、小指を動かさないように気をつけましょう。
  4. 4
    ジュエリーの種類によって計測する部分を変え、手首または手の周りに紐を巻きつける 手首周りに巻きつけても十分な長さがある、約30cmの紐を使います。紐を平らな場所に置き、その上に掌を上にした状態で手首をのせます。紐が肌にぴったりつくように手首の上から巻きつけていき、真ん中で紐が重なるようにします。[5]
    • オープンバングル用に手首の幅を測る場合は、手首の上に紐を置きます。紐の先を手首のくるぶしのような骨の部分に置いて、反対側に紐を伸ばしましょう。
    • 環状のバングル用に測る場合は、指の付け根の関節の上に紐の先を置いて、紐が手を一周し、親指の付け根の上にも巻きつくようにします。
    • メジャーを使うことでも、手首のサイズ計測は可能です。

    ポイント: 紐がない場合は、1~1.5cm幅に切った紙を手首に巻きつけることで代用ができます。手首の周りに巻いた時に長さが確認できるよう、印刷可能なメジャーを掲載しているウェブサイトもあります。

  5. 5
    手首で重なった部分の紐に印を付ける 紐がぴったり肌に合った状態であることを確認してから印を付けましょう。マーカーで、紐同士が重なる部分に点を描きます。正確に計測できるよう、両方の紐に印を付けましょう。[6]
    • メジャーを使う場合は、「0」と重なる数字を確認しましょう。
    • 手首の幅を測る場合は、手首の内側のくるぶしのような骨に触れる部分で印を付けます。
  6. 6
    紐を定規と並べて長さを測る 紐をまっすぐになるように伸ばして、定規に並べて置きます。印の1つが定規の端に来るように並べ、2つ目の印までの長さを測りましょう。忘れないように数値をメモしておきます。[7]
    • 定規がない場合は、メジャーで代用ができます。
  7. 7
    ジュエリーがきつすぎないように、数値に1.3cm加える ブレスレットや腕時計がきつすぎると、つけ心地が悪くなります。計測した長さに1.3cmを追加して、ブレスレットや腕時計をつけた時に余裕ができるようにしましょう。[8]
    • 例えば、手首周りが14cmであれば、最終歴な長さは15.3cmとなります。
    • 心拍計用に測る場合は、心拍を正確に計測するために心拍計を肌に密着させる必要があるため、数値には何も足さないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 2:
体格サイズを知る

  1. 1
    手首のくるぶしのような骨の上で手首周りの長さを測る 手首のくるぶしのような骨を触って、その上に紐の端をのせます。紐が肌にぴったりと合うようにして手首に巻き、端と重なる部分に印を付けます。紐をまっすぐに伸ばして定規と並べ、長さを測りましょう。長さを忘れないようにメモを取っておきます。[9]
    • この寸法には他に数値を足さないようにします。
    • もしあれば、メジャーを使うこともできます。その場合は、メジャーの「0」と重なる数字を確認しましょう。
  2. 2
    身長をメジャーや定規で測る 壁を背にしてまっすぐ立ち、まっすぐ前を見ます。足を床につけて踵も壁につくようにしましょう。誰かに手伝ってもらい、頭のてっぺんまでの長さで壁に印を付けます。壁から離れ、メジャーを使って床からの高さを測って、身長とします。[10]
    • 正確な測定ができなくなるため、カーペットではなく硬い床の上に立つようにしましょう。

    ポイント: 身長を測る際は、髪の厚さを含めないように気をつけましょう。頭蓋骨の頭頂部までの長さを測るようにします。

  3. 3
    体格サイズ表を使って、手首の寸法と身長を比較する オンラインで体格サイズ表を探し、自分の身長を探します。次に、手首のサイズを身長と比較して、S・M・Lどのサイズに当てはまるかを確認しましょう。[11]
    • 例えば、身長が160~170cmの女性の場合、手首周りが15cmより小さい場合はSサイズ、15~16cmであればMサイズ、16cmより大きければLサイズとなります。
    • 体格サイズ表は以下のURL(英語)から確認できます。https://medlineplus.gov/ency/imagepages/17182.htm.
    • かかりつけ医に体格サイズと理想体重、またはBMI(体格指数)との関連性を聞いてみましょう。
    広告

ポイント

  • 自分の手首のサイズと、購入したい腕時計やブレスレットのサイズ表を見比べる際、全く同じサイズが無い可能性もあります。その場合は手首に合うように、少し大きめのサイズを選びましょう。
広告

必要なもの

腕時計やブレスレット用のサイズを測る

  • マーカー
  • 定規

体格サイズを知る

  • 紐またはメジャー
  • マーカー
  • 定規

関連記事

太ももを太くする
胸筋を動かせるようになる胸筋を動かせるようになる
腕に脂肪をつける腕に脂肪をつける
立った姿勢で腹筋を鍛える立った姿勢で腹筋を鍛える
太ももの内側に隙間を作る太ももの内側に隙間を作る
トレーニング用のウエイトを手作りするトレーニング用のウエイトを手作りする
わき腹の脂肪を落とすわき腹の脂肪を落とす
肩幅を広くする
カラスのポーズをする
ヨガを毎日練習するヨガを毎日練習する
チェストバインダーを使わずに安全に胸を締め付けるチェストバインダーを使わずに安全に胸を締め付ける
ヒップディップスをなくすヒップディップスをなくす
側転をする側転をする
ヒップを大きくするヒップを大きくする
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,334回アクセスされました。
カテゴリ: フィットネス
このページは 1,334 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告